「ブログを書くまでがイベントです」なのに、こんなに遅くなって申し訳ありません。

無事、Agile Japan 2012 仙台サテライトのふりかえりワークショップで、ファシリテーターのお役目を終えることができました。

ご参加いただいたみなさま、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

わたしの出番は最後のセッションだったので、みなさんと他セッションに参加させていただきながらも、みなさんと会場の様子をうかがっておりました。

ご当地、仙台で技術者のコミュニティ活動をされており、今回の委員でもある石川愛さんの事例発表から、サテライトのセッションはスタート。ご自身がSEとして仕事をする中で経験してきたアジャイルの導入に際しての「姿勢」を、参加者のみなさんとの「問答」で説明されていく内容でした。自分の経験からの想いを伝えていくと、とても熱のある言葉になってくるのがよくわかりました。

2番目のセッションは、東京での業界仲間というか、大阪時代からよく存じ上げている、現在はVOYAGE Groupでアジャイルの導入を推進しているこしばさんのセッション。
こちらも、自身の辛い経験を乗り越え、今の自分がどのように「在る」のかを語る熱いセッションでした。まあ、こしばさんは普段から熱いんでどってことないんですが。(・∀・)

熱いこしばさんのセッションで生まれた言葉の数々と、ふりかえりのKPT。
$How to make a smiling face ~笑顔の作り方~


最後にわたしの「ふりかえり」ですが、当初のテーマは「ふりかえりを通して参加者のみなさんに、明日から何かを変える勇気を持ってかえってほしい」という、石川さんの想いにお応えする内容にしようと思っておりました。

しかしながら、もうここまでのセッションで、会場のみなさんは自分たちがなぜここにいるか、次に繋がる行動への勇気、明日から何をしようか。もう十分盛り込まれておりました。

なので、わたしは「もうここまで『想い』は出来上がっているのですから、明日から使える『テクニック』のお話をします。」ということで、内容をちょっと変えてみました。

変えるといっても、ふりかえりのワークそのものは実施しました。ただ、それはもう「これまで十分みなさんで討議してきたことはわかっていて『ロールプレイング』として対話をしてください。」という前置き。

ちょっとだけにしようと思っていた「ふりかえりとは何か」の部分を、予定より多めにしました。

この本の内容をご紹介して


アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き/Esther Derby

¥2,520
Amazon.co.jp


ふりかえりのフレームワークを説明しました。



とまあ、セッションはこんな形で進みまして、いよいよ懇親会。
普通、懇親会のほうが盛り上がるぐらいがちょうどいいと思っているので、ここが本番ですね。

特にわたしは意図して「震災」の言葉を使いませんでした。いや、自分のセッションでワークを始めていただくときには、自分でもこの言葉をどう使っていいのか考えながらここまできた、という話をしました。
参加されたみなさんは、わたしが経験した以上のことや思いを、震災に対してもっていらっしゃる方ばかりです。そしてみなさんとお話する中で、震災からの復興というのは、まだまだ実感できない状態なんだということもわかりました。

仙台は東北の中でも屈指の大都市です。これだけの産業的地盤があれば、これまでは地元の仙台で働き続けるつもりでいた方ばかりでしょう。しかし、震災の影響でいまだに雇用が不安定な状況とのことです。特に今までは仙台でできていた仕事も、東京やその他の都市でやらざるを得ない状況とか。

仕事をみつけるために東京に行くことはできたとしても、それでは本当の意味での復興にはならない。

今、仙台に必要なChange!は、震災を乗り越えて新しい仙台を作ること。

わたしには、そんなメッセージを感じることができました。

ノマド、Co-workingなど、新しい形での仕事の仕方が可能になってきたIT業界ですから、この業界が先頭になってできることはたくさんあるはずです。

幸か不幸か、東北では今まで「制約」とされていたかもしれないことまで、自然の力が壊していってしまった部分もあります。元通りではないかもしれない。それでも立ち上がるしかないのが人なわけですから、思い切っていろいろなものを、いや、意識を変えていくチャンスなのかもしれません。

とにかく未来をどう作っていくか。そんな話で盛り上がった懇親会からは、チャレンジしたくなる大胆なアイデアも出てきました。わたしもそれに加担させていただくつもりです。

他会場にご参加のみなさま、そして仙台サテライトに参加できなかったみなさま、ここから始まる「新しい仙台・東北」に、乞うご期待です!

$How to make a smiling face ~笑顔の作り方~
AD