俺的糞ゲー処刑ブログ

※このブログは、独断で決めた糞ゲー(クソゲー)を処刑し、良ゲーを褒め称えるゲーマーのためのレビューブログ(稀にゲームと関係ない話あり)である


テーマ:

最近はオープンワールド系RPGと呼ばれるものが一部で持てはやされているが、

そこには広大なマップと無数のつまらないクエストがあるだけで、やっていることは

しょぼいアクションRPGと変わらず、面白くはない。

「何をしても自由です」がセールスポイントのようだが、単に村人を殺したりアイテムを盗んだり、

クエストを選択できるだけで、そこに面白さの広がりはない。


例えば、最近プレイしたオブリビオンで言えば、

メインとなるストーリーがあり、その他に無数のサブストーリーがあるが、

まずこのメインとなるストーリーがつまらない。

言われた通りにアイテムを集めたり敵を倒すのは他のRPGと同じだが、

マップがやたら広いため、歩いていくと時間が掛かり、面倒である。

結局、ワープをすることになるが、

ドラクエで言えば、最初から全部の町にルーラで行ける状態であり、

ひたすらルーラを繰り返しておつかいを進めるようなもので、全く冒険感がない。

Fallout3に至っては、同じような廃墟をひたすらうろうろするだけであり、

綺麗な景色もなく、これはもはや拷問とさえ言っていい。


そして、オブリビオンのサブストーリーだが、結局は、

ギルドに属して依頼をこなして地位を上げる、というオンラインRPGによくあるもので、

新しさも何もなく、オンラインに比べて一人でプレイするため、余計につまらない。


オープンワールド系RPGというのは、結局の所、オンラインRPGをソロでプレイするようなものである。

広大なマップをひたすら進んでも、人との出会いはなく、常に孤独、時には頭の悪いAIの仲間を

引き連れ、ひたすらアイテムを集め、敵を単調なアクションで倒すの繰り返しである。


日本のRPGは、ドラクエやFFが代表するように、バトルの楽しさやイベントムービーの演出、

キャラクターの描写、ストーリーの楽しさに重みを置いて来た。

例え海外でオープンワールド系RPGがいくら売れようが、日本で売れない=プレイしたくない

のは当然の話である。

AD
いいね!した人  |  コメント(79)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇