としくにのぺろぺろぺーろ

渋家としくにの素敵で愛に溢れ過ぎているオフィシャルブログ


テーマ:
今年の3月くらいから仕事の企画の予定をパンパンにした。
仕事にしても活動にしても自分がしたことだ。

僕は基本的に一人じゃなにもできないので人を誘って集団でなにかをする。
企画、仕事がまだ一段落していないのだけどもこの三ヶ月間感じたこと。



まず自分の容量の60%~70%で何かをした方がいい。
これは自分自身でもよくいっているのだけど改めてそう思う。
容量を常に100%にしておくとベストパフォーマンスは出ない。
いっぱいいっぱいは効率化できないし、冷静じゃない。
いっぱいいっぱいは面白いもといよいものが出てこない。
もちろん100%やることを全否定したいわけじゃない。
100%でやると確実に容量は大きくなるし技術というか経験は一気に増える。
大切なのは100%でやっている自覚と意識的に100%でやっているということ。
100%でやっていると反省や振り返るということに欠けていく。
それがなによりより危ない。


仕切っている人間は一緒に仕事やなにか活動している人間を殺さないようにしないといけない。
まず相方を大切に。これは何をしていても複数になれば確実にいると思う。
その人に負担をかけないようにということではなく気を遣うこと、つらいことは相談すること。
あと完璧な人間はいないっていうこと、それによって集団ってのは能力に偏りがあることが多いということ。
偏りがあるのに成立しているということはきっと誰かが無茶をしている。
その無茶に気づかず放置しているとその集団ってのはいつかその人が壊れて崩壊する。
それに気づかないといけない。


お金との付き合い方。
お金ってのは依存性が高く、でも利便性の高いツール。
遣い方を間違えると本当に危ない。
お金は約束になる。お金は責任になる。お金はものを買える。人を守ることだってできる。
でもその分病ませることも多いし、だめにしてしまうことも多い。
だからこそ丁寧に付き合わないといけない。
きっとそれは自分の使い方というより相手の使い方への許容なんだと思う。
相当経験と技術と重ねないとなかなかうまく付き合えない。
それを仕事や活動していく人間と一緒にやっていけるようにしないといけない。






ってなことを感じた。
まあ何より自分がうまくできてなくて悔しいとかくっそおおおおおっていう感情。
難しいけども総じてうまいことやれるようになっていきたいもんです。




一段落したら休んで改めて考えたいし反省していきたい。





無茶せず
徹夜せず
やりたいことだけをやって生きていくためにがんばろうと思う。



PR
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード