• 19 Nov
    • 柄杓

      数日前、明治神宮へ伺いました。少しひさしぶりです。紅葉はまだこれからというところ。明治神宮はいつも外国人でいっぱいでみんな思い思いに写真を撮っている。手水のところでもいつも撮っている人がいます。わたしは日本人だし写真こそ撮らなかったけれどこの日はこの手水の行為を象徴的に感じました。きれいな手水舎の水、それをすくうひしゃく、水でよけいなものを流そうとするときの大きなものを前にする心もち。わたしたちはふだんもめいめいのひしゃくを持っているのだと思う。じぶんのひしゃくでしっかり、ある意味決然と、水をすくうことは大切なことだけれどすくった水は大きなもののお水で、わたしのお水ではないというようなこと、目に見えるとはっと切り分けられ明快になるような気がします。

      25
      テーマ:
  • 16 Nov
  • 14 Nov
    • 小さな花

      8月31日に載せたにんじんについた花の蕾を撮る。11月14日、雨の匂いのする朝。

      34
      テーマ:
  • 12 Nov
    • 言葉のなかの音

      11月26日のコンサートの演目のひとつシューベルト「楽興の時」の断片による梨木香歩「ペンキや」に寄せて書いたものから- - - - -シューベルト「楽興の時」は6つの小品で成っています。ふとしたインスピレーションから生まれたと思われる一筆書きのような小品たちです。「楽興の時」と「ペンキや」はそれぞれの軸をもつ、まったく別の作品で今回わたしは初めたんたんと回るふたつの歯車といった演目をめざしました。でも、演ってみると自然と音は言葉によって表されているものになろうとします。言葉なしで音が1曲通すときでさえソロのときとは異なる言葉のなかの音としての「楽興の時」になるのを感じます。そして、「楽興の時」と「ペンキや」は共振もしています。「ペンキや」のしんやのちょっとした才能とそれによって定められていく人生の流れはシューベルトの音楽の神様にとりつかれてマグマのように作品を生み出し夭逝する運命とそっと符合します。ひやっとするような空気がふたつの作品には共通して漂っています。

      29
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 優しい関係

      こないだ、遠くから来てくれたお友達がわたしの本棚をみて(本のレパートリーが)おんなじ‼︎と言っていた。そうとは知らずに今までお付き合いしてたのでそうなの⁈ と驚き思っていたより彼女とは近い関係なのかもと嬉しい瞬間でした。その日のお洋服が似てたりその日おなじようなメニューを作っていたりおなじ時期におなじ作品のことを考えていたり、、そんなシンクロの多い人というのはいる。そしてそれがお互い嬉しい‼︎となるのは幸運なことなのでホットに感じる関係いただきものだと思う関係を感謝して大事にしたい、、と最近よく思います。

      29
      テーマ:
  • 07 Nov
    • すっきり

      どんな曲にも思い出があるけれどどんなお洋服にも思い出が、、なかなか、悩ましいながらそれでもきのうもういいことにしたお洋服は大きな袋ふたつになりました。お花はわたしたちのエネルギーを吸ってくれるといいますが。お洋服もそうじゃないかな?かたちはいいのに、もう着ると気持ちがはっきりと言えば落っこちるものってある。そういうものには感謝して潔く、なんだなーと思う。最近は無意識的に本もどっさりと処分してすっきりしました。ベラルーシの家庭料理のお店に取材に行ったときのもの大好きなものばかりでできているのだろうと思わせるすてきなお店でした

      29
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 満月

      これは先月30日のものです。夕方、お月さまが出ているのを撮ったもの。それから日が過ぎてきょうは満月ですね、、そのせいというわけではないのだろうけれどきょうはわたしはとても眠かったです。でも時間配分的に寝る時間もなく夜はお世話になっているお店に伺ってシューベルトのソナタを弾いてきました。こんなに眠くて弾けるだろうか?と恐怖を感じるほどだったけれどなんとか弾く。行き道、思っていたのは、腹八分目にしておけないものだろうか、、ということ。まあ前よりよくなったしこのへんでみたいに、、そんなふうにできたらもっとさっぱりできそうだけれど人から見たらなんの変化もないであろうほんのひとかきもそれが前より少しでも深いときそこには新しい鮮やかさがあり美しさやひろがりがあり、、、どうしてもこのへんでとは言えない。なにかにひっぱられていく気さえします。11月1日の空

      34
      テーマ:
  • 30 Oct
    • 10分でも、、

      よく思うのだけど人は、10分でも、他の人になれたら自身について本当にいろいろなことがわかるだろう!と思う、、感じかたにしてもまた、傍から見たじぶんにしても、、でも、なれないのでそのときそのとき感じたことを大切にしていく、、だなと思う。井の頭公園で

      37
      テーマ:
  • 23 Oct
    • 本の周辺

      きのう、絶版になっていて手に入れるにはなかなかお高いお値段がついている本をしかしほしいなーと思い注文したのだけどその翌日のきょう、アマゾンのユースドに出していた本が立て続けに、どっさりと売れた!おかげで? 大した出費ではなくなりました。小さなことながら、わたしのお買いものをいいねーと応援してもらった気分。ユースドで売れるとその本をひっぱりだしてくるわけだけれどいつも、ひさびさに見るそれらの本はん? と思わせる力を持っていてそのときのわたしにヒントになるようなことを梱包前に読ませてくれることが多い、、放っておいたら読みもしなかったものをほらここにあるよと教えてもらったような気にもなるのが不思議です。きょう売れたもののなかには数秘術の本もあって発送する前におもしろいかなーと末っ子にも見せてあげた(彼の誕生数のところを)。末っ子の人生のテーマは自由の探求、みたいなことでそれは、わたしにはなるほど! としか言いようがないのだけど10歳になった息子は最高に納得していた、、「ぼくが生まれてやりたいことは自由の探求か‼︎だからいま◯◯がすごくいやなんだー‼︎」と興奮、、、なんで売っちゃうのと言われましたがまあそこは。ちょっとした恵みと出会いでした。夕空を撮りたかったのだけど間に合わなかった。5時半。虫の声が気持ちいいです。

      33
      テーマ:
  • 21 Oct
    • 気分転換

      ちょっと前の、雨があがったばかりのタイミングで気分転換に歩いていたときのもの。今週も無事に過ごせたことに感謝です!

      29
      テーマ: