2016年01月22日 11時12分46秒

横浜水道のKAIZEN文化【第13回はなぴょんカップ2016】

テーマ:上下水道
くさまです。

議員になってからずっと水道問題に取り組んでいます。「蛇口をひねればどこでも安全でおいしい水が飲める」という僕らの当たり前は、海外に行けばいくほど、歴史を知れば知るほど貴重なことなのだと、これは絶対に次の世代に引き継いでいかなければならないと確信して取り組んでいます。

横浜の水道行政は横浜市水道局という公営企業が担っています。皆さんからの水道料金と皆さんからの税金も使いながら水道局を運営していますが、同じ横浜市の職員でも、例えば、常日頃、皆さんと向き合う区役所や本庁の市民局、文化観光局、健康福祉局、水道と同じインフラを扱う道路局や建築局は市民利用者をお客様と呼びません。ですが、交通局や水道局などの公営企業は市民利用者を「お客様」と呼びます

言葉には言霊がありまして、目の前の人をお客様と呼ぶかそうでないかにより、行政として管理する相手としての市民か、共に歩むパートナーか、全く意識が変わっていきます。

職員の意識が確実な行動に移るように、また、常に改善を目指す組織風土を保つために、横浜市水道局では、13年前から、職員からの提案型改善推進大会として「はまぴょんカップ」を開催し、多くの改善事例を生み出しています。僕は議員になってから5年間、ずっとこの大会に参加させていただいていますが、一昨日も大勢の参加者の下で開催されたこの大会を視てきました。



新たな「災害時給水所」ロゴもKAIZEN。



水道局長もKAIZEN!(水道局のTOPが1日中ずっと職員の改善事例を聞く姿勢は大変重要だと思います)



多くの改善発表がありましたが、投票によって1位を獲得したのは川井浄水場、浄水課の職員提案、膜処理工程の見える化~セラロッカミニの作製~』。工場見学に来る大人や子供たちの為に、分かりやすく膜処理装置のミニチュア版をつくたっという事例ですが、局内のKAIZENチャレンジ制度で80万円の予算を獲得してできたということで、僕としては水道局内に内発型の取組を応援する支援制度があることが嬉しかったです。

また、個人的にこれはいいと思ったのは、「よこはまっぷを用いた水道工事情報の提供」です。僕の家の近くでも長い期間水道工事が行われていて、「これいつまで続くんだ」「いったい何やってるんだ」といつも思うのですが、わざわざ現場に行って聞くほどでもないし、電話かけると僕の場合圧力にもなりかねないので、ちょっと知りたい場合に検索できると便利だなと思っていたのですが、実はそういうものが既に職員提案で実現されていました。
http://gistat.city.yokohama.lg.jp/yokohamap/php/view/map.php?mapid=255



このシステムはお客様(市民)だけでなく、職員も使うことにより現場でKAIZENが行われており、今までは問い合わせ電話を受けた職員が1人で複数の工事発注元に電話で工事内容の有無を確認をしなければならなかったのが、工事個所と共に工事情報を載せているので、どこの課が担当しているのかすぐにわかり、何か所も確認することなく時間短縮などの業務改善につながっています。

こういったKAIZENの積み重ねが、今の横浜水道を支えています。人口急増時代が終わり、もう人口減少時代に突入している中で、全国の水道行政は大変厳しい時代を迎えますが、ここで重要なのはこのKAIZEN風土だと思います。先送りにせず、目の前の課題を自発的に解決していく風土につながっていると信じています。はまぴょんカップそのものも年々、運営や発表のやり方がKAIZENされてきているように見れます。県内は勿論、東京や神戸、多くの自治体からも視察に来ていました。

今後、個人的には、民間企業とのKAIZEN事例も是非みてみたいです。水道は国民の生命や安全保障にかかわる社会インフラなので、僕はずっと公営維持派として議論をさせていただいていますが、その中で、できることは多いに日本の民間企業力を使っていくべきだと思います。虎視眈々と日本水道を狙っている外国企業にガツンと言わせるためにも、業務改善の分野でも日本版PPPを期待します。日本の、横浜の水道KAIZEN矜持を見せつけてやりましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

くさま剛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み