◎街頭演説実施中!
都筑区内を自転車で駆け回り、
駅や交差点などでくさまの思いを伝えています。
お見かけになりましたら、応援宜しくお願いいたします。
皆様のご声援が力になります。

◎「くさまチャンネル」 毎日配信中!
4/3~11の選挙期間中、毎日22時からオンエアしています。
Twitter/Facebookとも連動していますので、
ご意見ご感想をお寄せください。

◎「くさま剛公式サイト」にてマニフェスト公開中!
マニフェストの2015年バージョンを公開しています。
くさまの考える6つの柱を、是非ともご覧ください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月23日 08時34分32秒

関東学院大学の最終講義も水素で。

テーマ:大学講義

くさまです。

 

関東学院大学でこの秋から非常勤講師として担当している「KGUかながわ学(政治)」ですが、今日で最終講義になります。

 

毎週月曜4限、議会を優先に、議会のあった日は他の議会の議員にお願いしながら、国会、県会、市会と県内のマニフェスト大賞受賞者を中心に多くのゲストの皆さんに来ていただきました。

 

 

 

最初の講義では政治に対しても政治家に対しても正直不信感しかないような学生の皆さんが、15回の講義を経てどう考え方が変わったか、最終レポートでは実はそのような設問も設定しています。

 

半期やってみて、多くのゲストの政治家と学生の皆さんが接することで、学生からしてみれば、選挙ポスターや広報だけでは伝わらない、「いろんな政治家がいる」ということも理解してもらえたと思います。

 

正直言ってこんな人たちばっかりでがっかりしたという人もいるでしょうし、結構頑張ってるじゃん、考えていた以上に優秀な人というような感想もあると思います。政治家にもそれぞれあると理解するだけでも、この講義は主権者教育として非常に有効だと思います。少なくともちゃんと選ばなきゃダメだよねと思ってくれればありがたいです。

 

また、様々な政治家の政策を通じて、より多角的に神奈川県や横浜市などの自治体もみれたと思います。実は僕がかなり勉強になりました。こういった講義を考えた関東学院大学は素晴らしいと思います。

 

今日は今期の最終講義ですが、今日は水素で行こうと思います。福田峰之衆議院議員から国の水素政策を以前話してもらいましたので、今回は自治体の水素政策の取り組み。学生の微妙な反応が楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年01月20日 22時05分35秒

GReeeeNが公式テーマソングで波瑠さんがアンバサダーの都市緑化よこはまフェア。

テーマ:花・みどりの政策
くさまです。

ずっと今までGReeeeNを知らなかった大先生方が今は得意げにGReeeNを連呼するようになった横浜市会、その理由はなんとGReeeeNが3月から開催される全国都市緑化よこはまフェアの公式テーマソングを歌うからです。




そして、なんとこのイベントのフラワーアンバサダーには、NHK連ドラ女優の波瑠さんが就任しました。



東アジア文化都市の親善大使、でんぱ組.INCの皆さんもぶっ飛ぶようなキャスティングです。

東アジアよりも気合が入っている全国都市緑化よこはまフェア、メイン会場を彩る100万本の花々とともに、市内18区で行われる連携事業にもご期待ください。半世紀に一度イベントにプランター祭りじゃ意味がないって騒いだら、「プランター」の文字が消えています・・・さすがです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月18日 22時05分12秒

厳しい時代に突入した中での「はまピョンカップ」【横浜市水道局業務改善推進大会】

テーマ:上下水道

くさまです。

 

横浜市水道局では、「より良いサービス」「より効率的な仕事の実現」のために、職員の皆さんが日常業務を通して気づき、実践してきた取り組みや研究の成果を発表する「はまピョンカップ」を毎年開催していますが、今日がまさにその日でした。

 

 

僕は2011年に議員に当選してから、毎年このはまピョンカップに参加して、普段なかなか接することのない現場のみなさんからの提言を参考にさせていただき、勉強しています。

 

2011年「はまピョンびっくり!水道局業務改善大会。」
http://ameblo.jp/kusamatsuyoshi/entry-11109396017.html
2014年「はまぴょんカップ2014。内発的な気づきの連鎖を目指す水道局。」
http://ameblo.jp/kusamatsuyoshi/entry-11980315413.html
2016年「横浜水道のKAIZEN文化【第13回はなぴょんカップ2016】」
http://ameblo.jp/kusamatsuyoshi/entry-12120239221.html

 

今年も、多くの皆さんからのKAIZEN事例発表がありました。

 

 

 

災害時の給水所がどこにあるか知らない市民が6割以上いる中で、給水場所の認知度向上のためにスマホアプリの「ロケスマ」を活用した事例では、初めて質問もしてしまいました。

 

 

 

 

給水所マップへのアクセスは3443回ということでしたが、まずは1万回目指して頑張って頂きたいと思います。

 

 

運営も発表も、初任の若い皆さんの存在が目立っていました。

 

 

みずじゅん、全市展開しましょう!

 

途中で失礼してしまったのですが、いかに市民の皆さんに水道行政をPRするかという工夫の発表も多かったと思います。

 

先程も触れましたが、今回は初任のようなかなり若い皆さんの事例発表が目立ちました。若い職員の皆さんからの発表からは、初々しさやより市民に寄り添おうとする気持ちはとっても感じて、大変いい空気を感じましたが、会場の空気感も含め、これからの水道行政に対する危機感はあまり感じませんでした。

 

皆さんまだ自分の仕事も慣れてないでしょうから、そりゃそうかもしれません。ただ、60名程度入ったという昨年の新卒の皆さんのこれから時代は特に、水道行政の大変革の時代です。

 

先日、厚労族の国会議員と意見交換させていただいた時には、与党の自民党の厚労族の中でも、今の水道インフラをこのまま維持していくのは難しいから、飲み水はペットボトルで、あとの生活用水は飲めないレベルでもいいのではないかという話を真顔で言っていたので、とっても驚いてしまいましたが、この危機感、現場にはもちろん伝わってないでしょう。

 

研究発表の中では横浜水道と岩手県矢巾町の事例もあって、資料をあとでよく読ませていただきたいと思いますが、今回の委員会視察で矢巾町に行った意味というのもまさにそこの危機感に基づくもので、「蛇口をひねればどこでも安全でおいしい水を飲める」横浜水道の矜持であり当たり前のことが、当たり前ではなくなるかもしれない時代に突入しています。

 

「ペットボトルでいい」と考える国に対して水道事業体の誇りをみせ、この課題を突破し、持続可能に運営していくためには、まさにこのはまぴょんカップで表れる職員1人1人の改善意識や強い公共意識が重要です。

 

僕は知り合いもいないのでわかりませんが、もし、水道の労働組合がしっかり機能しているのであれば、組合運動の中心はまさにこうした時代の認識を若い職員の皆さんにもってもらうことでしょう。それを切り開いていく意識は、今から準備しておかないと自分たちの存在にも関わってきます。少なくとも、アマチュアである僕の意識よりは高くあってほしいです。

 

菊名のサービスセンターの看板を毎月工夫して変えている新人職員の皆さんが、これからもずっと誇れる水道局と水道行政であってほしいと、自分も議員としての役割を果たしていこうと気持ちを新たにしました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月17日 13時00分16秒

35歳になりました。

テーマ:くさまの履歴書

くさまです。

 

昨日無事に35歳になりました。人生の折り返しといった感じがします。あと半分生きられたらこの世のために何ができるのか、改めて感じさせられました。

 

名前を残したいとか、お金の欲とかは相変わらずないのですが、とにかく全力で生きていきたいと思います。

 

「この世のために何ができるか」というのも考えてみたら烏滸がましく、議員として、困難を抱えるそのひとりに向き合いたい。全部ではなく、自分にしかできないだろうミッションを果たしていきたい。

 

まだやらなけれなばらないことが沢山あることだけは見えます。目の前にありますので。目の前にないものも見えてしまいます。それは先進性と言って褒められるものなのかどうなのか分かりませんが、おそらく癖なのかもしれません。

 

今年も多くのみなさんに支えられて生きていきます。感謝を忘れずに、35歳を過ごしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月14日 10時58分00秒

来年度予算案のギリギリ調整。

テーマ:議会

くさまです。

 

 

 

新年会のピークで、今日も朝ごはん食べれません。日中も夜も新年会だらけですが、議員になって6年目でこれを6回転していくと、新年会でしか会わなくてもだんだん顔なじみの方が増えていきます。顔しか分からなくてもうすでに親しい方とどうやって名刺交換すればいいかドキドキなこの頃です。

 

さて、この新年会の嵐の合間に、議会では着々と2月の予算議会への準備が進んでいて、来年度予算案に関する当局からの根回しが始まっています。

 

僕は今年、自民党横浜市会議員団副団長、そして自民党横浜市連政調副会長と、副(と書いて雑用係と読みます)職についていて、先輩議員方からありがたいお仕事をいっぱい頂いているうえに、こういった会議日程も入ってくるのですが、国もそうですが市も予算編成は大変です。

 

昨日は僕の直属の渡邊議員から、来年度予算に対する区からの「意見具申」について話がありましたが、僕も議論に加わって、渡邊議員が委員長を務めた大都市行財政特別員会で区の分掌条例をつくった際に入れ込んだ議論です。

 

市内18区のそれぞれの意見が横浜市全体の予算にどれだけ反映されるのか、行政体としてはフランス以上の中央集権型、本庁主導型になっている横浜市役所の予算編成で、どれだけ区の意見が反映されるのかも、今回試された予算編成なのだと思います。

 

予算をまとめている財政局の「財政」の皆さんは限られた人たちですが、まさに横浜市の英知であり、そうあってほしいところです。全国ほとんどの自治体は今でも財政担当者がスーパーエースで、ここに総務省から人を呼ぶか、もしくはプロパーでまわしている場合が多いのですが、横浜市は横浜市のプロパーの皆さんが主に頑張っていらっしゃいます。

 

財政責任条例をつくった時に、この財政の皆さんとかなりやり合いましたが、肉を切らせて骨を断つ作戦には参りました。ここがやはり他局や事業局と違います。

 

人間関係やこういった役所のマネジメント、政治力みたいな観点から予算案を見ても、客観的には面白いのかもしれません。ただ、つくるほうはそれこそ死ぬ気でめっちゃストレスかけてやっていますので。だからこそ僕らも真剣に議論をしていきたいと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み