悲しみの果てに、死者の群れを

『演歌・オブ・ザ・デッド』(c2005-2012りょんりょん)公式ブログ
映画の感想は、ネタバレ全開です。


テーマ:
うーん、期待し過ぎたんかなぁ。なんかね、もうちょっと突き抜けてて欲しかったっていうのが、正直な感想ですねぇ。

3Dにしてる意味もあんまし感じなかったしなぁ。

ただでさえ群像劇っぽく(まぁ、実質的な主人公はマックイーンの孫だろうけど)、魅力あるキャラとかを登場させているわりには、それぞれが独立したまま絡みも少なく、点と点でしか繋がらないわりには、接点時の強烈さもなく、そこにまた映像的な点も投入してくるものだから、豪華になるというよりも、とっちらかってしまいましたって印象が濃く残りました。


よっし、ここから、ネタバレオンリーで書くぜ!



各キャラは凄く魅力的なんですよ。そういうのを描くのはうまいと思いました。ただね、メインのキャラが死なない。喰われないんですよね、最後以外(それも、ある程度予想出来たというか、脇役のはずなのに主人公的な活躍をかなりするという、死亡フラグっぽいのが立てられていたキャラだし)。だから、予定調和になっちゃって、ちっとも緊迫感がないんですよ。

そうなると、大量に一般市民が喰われる映像を欲してしまうわけですが(←あぶないおっさんやないかい)、これも、後半は一気に弾けそうになりながらも、結局は中途半端で終わっちゃうわけですよ。

なんかね、ピラニアに襲われている、喰われているという阿鼻叫喚の絵図がないんですよ。確かに、肉が喰われて骨だけになった人とか、運んでいる最中に体がまっ二つになる人とかは連発されるので、そういう耐性のない人にとってはショッキングな映像の連続なのかもしれませんけどね。

うーん、なんていうんだろう。例えば、理科の実験室にある白骨人形を、昼に大勢で見てもそんなに怖くはないでしょ?そんな感じなんですよ。それでね、画的に怖くもなんともないんですよ。

これ、こういう映画としては、かなり致命的です。

そんでね、こういう映画を観る人って、まぁ、メインキャラで誰が喰われるか想像しちゃうと思うんですけどね。

メインキャラっていうと、マックイーンの孫とその母親の保安官とガールフレンド、それに妹と弟になるのかな。それと、調査員の生き残りの人。

母親の相棒とか、ポルノ映画のスタッフ、女優も一応メインキャストなんかな。

マックイーンの孫は、実質的な主人公だし、生き残ることは確定。その母親は、キャストロールのトップだし、生き残ることはこの人も確定。小さい娘と息子(主人公は三人兄弟で、父親は死んだか離婚したかでいないみたい)もいるしね。マックイーンの孫のガールフレンド(幼馴染みみたいなもんかな)は、一応映画のヒロインなので、生き残るだろうし。小さい娘と息子は流石に喰われるのはOK出ないだろうしね。

後の人は、もう喰われ要員なのはわかりきってるので、喰われてもびっくりしないんですよね。喰われ方にも芸がないし。あ、ポルノ映画の監督のアレは面白かったですけどね。

唯一、さっきも書いた、調査員が大活躍して、最後の最後まで生き残っての喰われ方には拍手喝采でしたけどね。ただ、彼も、劇中で死亡フラグビンビンだったわけだし。最後の飛び道具的なやり方は、受け入れ難い人もいるだろうし。

ここはね、マックイーンの孫の母親が喰われるとか、小さい娘か息子くらいが喰われないとね、緊張感が出ないんですよ。まぁ、商業映画だから無理なんだろうけど。なんなら、マックイーンの孫の前でヒロインが喰われるとかね。それくらいしないとインパクトないんよね。

ということで、目の保養にはなる映画だったけど、もう一回観る?って言われても、別に観なくていいやって答えちゃう出来映えでした。

あ、マックイーンの孫は、雰囲気がよかったです。彼は、大成するかも。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

りょんりょんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。