春の日の

テーマ:


母を見舞う

水面にたつかげあわき橋なればそっとわたりぬ明日ある方へ

あけぼののプラットホームに横たわる電車は鯨ときどき鳴きぬ

霧かかる野原のなかをあそぶ声  あぶくたつまでにえたつまでの

わらいあう闇夜の花のひかりかな彼岸ばかりに菜の花ならぶ

黄沙ふむ音のようなり休日の客車にもたれうたつづる時


AD

知らぬ者どうし

テーマ:
川沿いを海までゆく

父しらぬものとしてあり春さきのなぎさの風にわれと仔犬は

ビニール傘それでじゅうぶんずぶぬれの仔犬のしっぽいたく細いが

ほんとうに守れるだろか痛いほどしろき爪さきさげて少年

名前はと問うまあいなく走りさる照れ屋の少年しっぽふる犬



AD

ネプリ/花の記憶

テーマ:

花の記憶   草野浩一

花ひらくようにひらけり薄闇にきみのさしだす透明の傘

慕わしく散る花のこと伝えずに手紙の末尾とどまりのなく

菜の花のむこうに海があったこと焦がれた先を見たかもしれず

あっただろう 花こぼしつつゆく貨車の傷みのような幼き時は

くちびるに指おしあてる感覚をよびさますため選るシクラメン

パステルに霞む少女の夢のなかみちのしるべの薔薇撒きたし 

十二月の視野のかたすみ孤をひらくしろき水仙たがわず咲きぬ




AD

ネプリ/PATCHWORK

テーマ:


ランプ   草野浩一

指さきにまわす電球たましいのほのほのひえてうすぐらき部屋

しばらくは硝子をすべる雪があり   あゝいくつもの手まねきのよう

まだそこに人のぬくみのあるようなゆれ方をするランプのあかり

愛に尽き   記したのちのしずけさは書架のすき間へさし戻したり

部屋のすみつかい古した言の葉をたばねて抱けば俺という人間      (人間:ひと)








文学フリマ東京

テーマ:
11月23日(月祝)文学フリマ東京
Fホール【エ-19】

短歌同人誌cahiers~カイエ~ vol.3を販売します。

文学フリマって何?とおもう方はこちら→http://bunfree.net/?tokyo_bun21


{7D60F16D-EBE6-4EB3-A414-671CF8CE2030:01}






それと、フリーペーパー 短歌十四集(8頁)をつくりました。

『草蜉蝣』は一つの季節をふり返り詠んだものを少しだけまとめたものです。
今回は十代後半から二十歳の頃かな。
(文フリで配ります)

{E8A4B746-A6FF-4F5A-A12D-0309447E68AA:01}


くさの