ゴッチの紅葉 秋も深まり京都の紅葉は一段と鮮やかになってきました。

自称歴女のいぬいですわんわんイチョウの葉

 

 

地元ながら久しぶりに京都の秋を満喫しようと東山を散策してきました走る人音譜

さすがキラキラ人気のスポットだけに人が多かったですびっくり汗

私もですが、おひとり様も増えてますねウインクアップ

 

 

神社八坂神社の南楼門 (ただ今、工事中) を抜けて、石畳と石塀が美しい情緒溢れる「石塀小路」を歩いてみました。

最近は男女とも着物で観光される方が増えてきて、京都の街並みにとても似合っていましたよキラキラ

何だか私も着物が着たくなりましたよぉ舞妓はんラブラブ

 

      

 

今回は臨済宗建仁寺派・高台寺塔頭の『圓徳院』 を訪ねてきました。

こちらは北政所ねねが、豊臣秀吉の没後に「高台院」の号を勅賜され、秀吉を弔いながら余生を送った地です。

 

『圓徳院』は伏見城から移築したお庭と方丈の重要文化財絵画の襖絵、ねねにまつわる文化財などが堪能できます。

学芸員さんが話される長谷川等伯の襖絵 (重文・複製) のエピソードには笑いがおこりましたよ顔

 

 

お庭は「枯池泉座視式」で、北庭の巨岩は鶴・亀・蓬莱山に見立てられ、傾斜のある正三角形に配置されています。

書院からの眺めは国の名勝に指定され『圓徳院』の見所となっています。

 

 

(南庭)

(北庭)

 

 

 

抹茶 茶室では古田織部考案の武家茶点前でお薄 (お抹茶) をいただきました。

天目台のお茶碗には、息がかからないよう扇子を被せて出てきます扇子

お菓子は秀吉の馬印であるヒョウタン瓢箪の型をした生きんつばでしたペロリ

係りの方から、武将のように豪快に戴いてくださいと教えてもらい、サムライ刀気分は秀吉になって頂戴しましたmaccha*

窓から庭を眺めていると悠久の歴史を感じますうんうんバラ色吐息

お軸やお茶やお庭など丁寧に教えていただいて、とても贅沢な時間が過ごせました。

 

 

出口付近にある 「三面大黒天」 は大黒天・毘沙門天・弁財天の三天合体の尊像で、一度のお参りで三つのご利益がいただけるそうですメラメラsss

さすが秀吉の出世守り本尊ですよね。

毎月3日には 「三面大黒天」 の縁日がありますよでんでん太鼓

  圓徳院    拝観時間   9:00~17:00(最終受付)
                拝観料      大人500円 中高校生200円 小学生以下無料(保護者同伴)
                高台寺、掌美術館との3カ所共通拝観券900円
献茶点前(10:30~16:00)1,500円(記念扇子付き)
                圓徳院HP http://www.kodaiji.com/entoku-in/idx.shtml

 

 

もみじ 現在、京都では紅葉が見ごろを迎えていますもみじ 

弊社HPの京都紅葉情報 をご参考に京都の秋を思いっきり楽しんでくださいね!!

 
東山を散策されるなら、こちらの駐車場が大変便利ですくるま。R
ご利用お待ちしております招き猫
京都市円山駐車場 京都市鴨東駐車場 西橘駐車場 くるっとパーク縄手通新橋
 
 
道路は渋滞しますので,レンタサイクルで廻るのもオススメです自転車
~京のレンタサイクル~ るぽるぽ
 

 

AD