お猿さんのご利益

テーマ:

角松 新年明けましておめでとうございます


今年も弊社の駐車場をご愛顧くださいますようよろしくお願いいたしますごめんなさい




申年のブログトップバッターは自称歴女のいぬいですわんわん


今年も良い年になりますように、心だよお猿さんのパワーを授けていただけるお寺をご紹介いたします。




八坂庚申堂 (やさかこうしんどう)


日本三庚申の一つで、ご本尊は青面金剛です。


庚申とは干支 すなわち庚(かのえ) 申(さる) の日のことです。この日の夜、人間の体の中にいる三尸の虫が寝ている間に抜け出して、天帝にその人の悪行を告げ口に行き、天帝は罰として、その人の寿命を縮めるといわれています叫び


庚申の日は三尸の虫を封じるために徹夜で青面金剛を祀っているのが庚申信仰だそうです。








































山門の屋根の上から「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿がお出迎えしてくれます。










山門の中に入るとカラフルな「くくり猿」が目を引きます。











この「くくり猿」は、お猿さんが手足をくくられて動けない姿をあらわしたお守りです。これは欲に暴走した人の心を戒めているものです。この「くくり猿」に願い事を託し、欲を一つ我慢してご本尊の青面金剛に奉納すれば、願いを叶えてくれるそうですよ。











八坂庚申堂周辺の民家やお店の軒先にも、この「くくり猿」が飾られているのをよく見かけます。











おみそ汁 八坂庚申堂では、庚申の日 (年に6回偶数月)に「こんにゃく炊き」が行われます。お猿の形にくり抜かれたこんにゃくを北の方角に向いて無言で3つ食べると無病息災のご利益があるそうです。


庚申さんは良い人が大好きだから、良い人にはご利益を与えてくれます。


また、良い人になろうと努力する人を全力で応援してくれると言われていますよ。


申年の今年は、ぜひ訪れてみてくださいねおさるのジョージ音譜






山門前から見た八坂の塔











八坂庚申堂


京都市東山区金園町390


拝観時間 9:00~17:00


拝観料  無料





雪うさぎ 八坂庚申堂や京都東山を散策されるならコチラの駐車場が便利ですびっくりマーク


   ご利用お待ちしています獅子舞


京都市円山駐車場


京都市鴨東駐車場


大阪町駐車場


西橘駐車場





京都市清水坂観光駐車場
 


  


※ 観光駐車場のためバス・タクシー優先駐車場となっております。混雑が予想される場合にはマイカーのご利用をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。(月ぎめ車両を除く)






AD

コメント(4)