思わぬルーツ|д゚)

テーマ:

みなさん、こんにちはヾ(@°▽°@)ノ


突然ですが,落語は聞いたことがありますか?


特に休日の早朝や昼間にテレビでやっていますねo(^▽^)o


新作落語や創作落語など現代的な素材をチョイスした話もありますが,古典落語は時代を経て多くが淘汰され,それでも残ってきた面白みがあります(=⌒▽⌒=)

お囃子,話術,動作,聞き手の想像力が相まってリアルな映像よりもリアルにその世界へ誘われます。


さて,落語発祥の地と言われているのが実は京都なんです。

それも市内ど真ん中,新京極通の中ほどにあるこのお寺,誓願寺さんだそうです。

京都の人ならこの光景見おぼえがあるはずヾ(@°▽°@)ノ




そして落語の祖と言われているのがこの方,安楽庵策伝上人(1554年~1642年)です。




どうしてお寺で和尚さんなんだ?と思われる方も多いと思います。


策伝上人は仏教を説かれる「お説教」にふとした笑い話を含め人々に分かりやすく,また親しみやすくお話になられました。そしてそれらのお話を集めた「醒睡笑」という書物を著し,それが後世の落語のネタ本となったというわけです。


現在でも落語家のみならず,俳優さんやタレントさんなど芸能関係者が多く訪れ,扇を奉納し芸道上達を祈願されております。


ちなみに,誓願寺は清少納言や和泉式部が極楽往生した場所としても有名であり,和泉式の逝去後「歌舞の菩薩」として現れたということから芸能の世界に生きる人々の信仰を集めるようになったそうです。


芸能のご利益はもっと古くからあったのですねェ(*^▽^*)







お車でお越しの際はこちらにどうぞ!


鴨東駐車場







AD