「ライフ~いのちをつなぐ物語~」
  を今朝一番で観てきました。

私達が住む地球には、当たり前ですが私達人間だけではなく
500万種の生き物が共存して生きており、
それぞれの立場でそれぞれ違った
500万の生き方がある。
そしてみんなこの地球上で繋がっている。霧


とても小さなアリや蛙カエルから人間と同じようなサル。
大きなゾウやゴリラに、優雅に海を泳ぐアザラシやイルカ
そして更に大きなザトウクジラ。
自由に空を飛びまわる鳥たち。
虫を取る植物でさえ、生きるためにさまざま「知恵」を絞り出し
時に勇気や瞬時の決断力を出し、大切な何かを守るために行動し
一生懸命生きている。てんとうむし


もちろんそれは時に残酷なことでもあります。
それでも「生きる」ということ。
「いのちを繋ぐ」ということ。。

私達が今一番必要としている大切なメッセージ手紙を伝えてくれています。

また、この映画を観るとやっぱり人間も動物なんだということ
改めて感じます。目

私達人間が壊し続けている自然。
その自然の驚異に時に脅かされ、
何も出来ずただ呆然と無力感に襲われる。

やり過ぎている今を、
反省すべき時が来ているのかもしれません。しょぼん


内容だけでなく、驚くほどすばらしい映像も必見です!
最新の技術と忍耐そして運で、奇跡の映像がたくさん撮られています。映画



また、この映画の主題歌音譜は私も大好きな
Mr.Childrenさんの「蘇生」。

ちょっとプライベートな話ですが、
私自身はもともと生まれてくる予定の子ではなく、
わずか6歳で命を落とした姉の変わりにこの世に
生命を授かりました。

なので小さな頃からいわゆる「生まれ変わり」だと
言われ続けてきました。
それもあってか、私の中では逢ったこともない姉の存在が
ずっと心の中にあるし、まだ子供の頃から
「なんの為に生まれて来たのだろう?」って考える事が
多かったと思います。

今もまだその答えは見つかっていませんが…。


それでも、いつかは私もいなくなって
きっとまた何かに、誰かに生まれ変わって、
その答えを探し続けていくのかもしれません。

でも、その時の未来が汚染された地球であってほしくない。

今の子供達が、そのまた子供達が住みにくい世界に
なっていてほしくない。
残念ながらすでにもうなり始めてますが…。

だから今、私達がしなきゃいけない事がある。
変えていかなきゃいけない未来がある。

それが小さな一つでも。。

そんなことも含めていろいろと考えさせられる
映画でした。
本日から公開してますので、
是非劇場で迫力の映像と共にご覧ください♪

きっと何か心に感じるものがあるはずです。ニコニコ


ライフ公式サイトはこちらから。

http://onelifemovie.jp/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Mr. Children
           
作詞・作曲 櫻井和寿
            


「 蘇 生 」

二車線の国道をまたぐように架かる虹を
自分のものにしようとして
カメラ向けた

光ってて大きくて
透けてる三色の虹に
ピントが上手く合わずに
やがて虹は消えた

胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間に その姿消すんだ

でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行く
そしていつか君と見た夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
そうだ心に架けた虹がある

カーテンが風を受け
大きくたなびいている
そこに見え隠れしている
テレビに目をやる

アジアの極東で
僕がかけられていた魔法は
誰かが見破ってしまった
トリックに解け出した

君は誰だ?そして僕は何処?
誰も知らない景色を探す
旅へと出ようか

そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
ノートには消し去れはしない昨日が
ページを汚してても
まだ描き続けたい未来がある

叶いもしない夢を見るのは
もう止めにすることにしたんだから
今度はこのさえない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ
そう思ってんだ
変えていくんだ
きっと出来るんだ

そう何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
今も心に虹があるんだ
何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そうだ まだやりかけの未来がある


http://www.youtube.com/watch?v=QG-M-fxy2bQ&feature=related
AD