1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-05-16

赤い彗星♪

テーマ:クルマ屋 奮闘中!


上の画像は、H18.03 スバル・サンバーディアス TW2 のエンジンルーム。
サンバー系はリヤエンジンなので、可倒式のリヤバンパーを開くと、こんな風景が広がります。
綺麗な赤いヘッドカバーにご注目♪

実はお客様から教わるまで知らなかったのですが、巷を走りまわっている赤帽サンバーには、
出力などのスペックは一般向けエンジンと同等ながらも、強化部品の組み込みなどにより
耐久性を大幅に向上させたという 赤帽専用エンジン が載っているそうな。

スバルさんもやることが心憎い。
差別化として仕上げにカバーを赤く塗るあたり、実に粋な計らいだと思います。
平成24年にダイハツOEMに移行してからは赤帽専用エンジンも無くなってしまったんでしょうか?
もしそうだとすると、それを惜しむ声は少なくなかったかも知れませんね。



花より団子と思うなら・・・・・
耐久性向上の為の変更点を洗い出し、内部パーツ組替こそが望ましいのですが、そこはそれ。(笑)
画像のクルマはノーマル車でありまして。 達てのご要望により、上部の赤いカバーだけ替えました。
気分はレーシー! これ、中々良いじゃないですかぁ~♪

噂では赤帽専用パーツ、都道府県によっては赤帽関係者以外への販売はしてくれないそうな?
しかし幸い京都府ではそのようなこともなく、普通にオーダー出来てしまいました。
私におっしゃって下されば、いつでもお取り替えいたします。^^v



さて、綺麗な赤いヘッドカバーへの交換作業についてですが。
正直な話、これ相当気を使います。 そこそこ距離走った車両だと尚更ですね。
なぜならば、エキマニ真下にして大きく傾けられたエンジンなので、熱の影響喰らって
カバーのパッキン部からオイルが滲みはじめてるのとか日常茶飯のことですし。
周辺パーツ・・・ プラグコードや黄色いオイルフィラーキャップなんかも薄汚れてるのが普通です。

純粋に見た目の良さを狙った仕事なわけですから、
作業途中、黒ずんだオイルの付着した手でうっかり触ろうものなら新品カバーを汚してしまいます。
ピカピカの新品カバーとアンバランスにならぬよう、周辺パーツも洗浄美化してそれを保たねば!

事前に必要パーツ取り寄せておいて、いざ触ってみると
おっとどっこい!なーんてこともよくありますね。

右の画像は、No.1シリンダー用のプラグコード。
白い斑点模様は失火の跡です。
これ、エキマニ遮熱板との間隙が小さいために、
劣化すると筒横に火花が逃げてしまう現象。
肝心のプラグ部のスパークが弱くなるので、勿論NG。

しかし、たとえば過給機付きなどで元々パワフルなエンジンは、初期段階の僅かな失火では、
不調であることを中々体感出来なかったりします。 この例でも、実際市街地走った感じ普通でした。
とはいうものの、このような明らかな失火跡を見てしまうと、プラグコードは替えておくべきでしょう。
写真の青いプラグコードは社外品NGK製。 車歴8年、走行14万弱で2度目の交換ということに・・・
そう考えると結構短命。 期せずして、カバーとお揃いの赤いプラグコードになりました♪



H21.10 スバル・サンバーディアス TV1 も全く同じご要望により入庫してきました。
TV1/TW2、どちらもEN07型エンジンで、赤帽専用ヘッドカバーに換装可能。

  13285KA361 : 赤帽専用ヘッドカバー ( ブローバイ2本 )
  13285KA381 : 赤帽専用ヘッドカバー ( ブローバイ1本 )

  8,330円+消費税 ( 2014年5月現在価格、別途パッキン類+工賃必要 )
♪
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2011-06-27

Range Rover Classic その3

テーマ:クルマ屋 奮闘中!
エアサス → コイルサス + 構造等変更検査 について

上の一連の画像は、1993-09製 レンジローバー LH40D
以前からエアサス車高調整機能、散発的に変調きたしてたのですが、走行約118,000kmで顕在化。
悪戯している犯人は、コントロールユニットかバルブブロックか・・・ エア漏れは無さそうでしたが、ベローズ ( ちょうちん )
には亀裂がかなり見受けられ、エアサスポンプの作動音も決して静かとは言えないレベルになってきており、満身創痍。。
これ年貢の納め時ちゃいますかぁ? どないしますぅ~? というわけで、コイルサスに変更してしまうことに決定!


緩衝装置の構造を変更する場合は、必ず構造等変更検査を通しておかねばなりません。
( エアサス~コイルサスという根本構造を変えた場合の話。 元々コイルサスの車のショックやコイル交換では不要。)
改造後、この通過儀礼を経ずにそのまま乗るのは違法です。 ひた隠しても次の車検で発覚し、大騒ぎに。。
「改造自動車等の届出は、原則として、改造自動車等の製作者または施工者とする。」と謳われていますので、
構造変更に纏わる申請一式は、本作業のオプション扱いというスタンスではなく、必須のセットとお考え下さい。

今回、多数の申請書類の冒頭、改造等の概要の目的欄の文言を、「トラブル頻出するエアサスの抜本塞源」としました。
これは他所様からの頂きものにあらず。 いかにもお役所に提出する書類の題目として言い得て妙だと思われませんか。
とはいうものの普段日常会話の中では、「そくげん」なんて単語は絶対使わないですよね~?(爆)



実作業面では、4輪駆動車専門雑誌「 CCV 」編集長 石川雄一氏からの全面サポートを賜りました。
エアサス電気系統の処置や、交換作業そのものは意外なほどあっさりしたもので、右前微調整しただけで無事完了。
最重要ポイントは、使用するコイルスプリングの選定でありましょう。
このケースでは、前述石川氏からディスカバリーLJ22Dの中古品一式を供給して頂きました。
中古品といえば聞こえは悪いかもですが・・・・・
取り付け後の「へたり」が既に済んでいることや、「登録識別情報等通知書」か「一時抹消登録証明書」という、
部品の出所を証するしっかりした書類の添付が出来る安心感! 審査をする側の感覚もきっと同じだと思います。
多少の汚れや錆浮きなどは、清掃・研磨・錆止めの薬剤処置後に黒色塗装。 これで十分甦るのです。
ベストチョイスが功を奏したか、構造変更申請後の新しい車検証は、元々と寸分違わぬ車高 179cm を記録!
検査場はレーザー式測定器による一発勝負なんですよ。 これは素晴らしい快挙であると密やかに自画自賛♪w

上の書類は、構造変更申請に要する提出物からの抜粋。
冒頭写真も同様で、各輪を真横・前側・後側からの12枚プラスアルファー要撮影。
特筆事項としましては・・・・・ 強度計算書作成のため、車両装着前にコイルスプリング諸元を採寸しておくこと。
申請を念頭に置かずこれを怠ると、自然長を測りたいがためにコイル脱着とか理不尽なことになるのでご用心。
あと、構変は登録地の運輸支局での持ち込み検査になります。
この車両は神戸ナンバーだったため、事前の書類審査は京都支局に提出し、合格を意味する「審査結果通知書」を
待つこと約十日。 そして予約した上で神戸支局へという流れになりました。 遠方の他府県だとちょっと厳しいですね。

最後にこの場をお借りして謝意を述べたいと思います。
正直な話、これら一連の作業・申請事務は疑問点数多く、独力では決して円滑に運ばなかったでありましょう。
ご支援下さいました皆様方、本当にありがとうございました。^^
♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-24

アウディーのサーモスタット

テーマ:クルマ屋 奮闘中!


上の画像は、1992年 アウディー100 、V6 AAH型エンジンです。
エンジンオーバーヒート」 で、とりあえずサーモスタットだけを交換との御依頼だったのですが
お恥かしい話、サーモ君が上手に隠れていて簡単に見つけることが出来ませんでした。。

普通はラジエターのアッパーホースかロワホースを辿っていけば、一目でそれと判る膨らみが
見つかるのですが、このアウディーのエンジンにはそのような箇所がどこにもありません!

こういう時は、自力で探し続けるか人に尋ねるか、どのタイミングで
踏ん切りつけるか難しくないですか? 道を聞くのに似ています~w

このケースで私は30分以上も無益な時間を費やしてしまった挙句、
結局ディーラーさんに電話して聞いたらすぐに教えてもらえました。

種明しをすると、エンジン右バンク側のタイミングベルト裏あたりに
サーモスタットはありますとのこと。  タイベル緩めるだけでOK。

基本方針さえ判れば、多少面倒な作業でもどんどん進むものです。
もっと早い時点でサクッと尋ねれていたら・・・ これでも昔に比べると
随分早く切りかえれるようになったほうなのですが。 (^_^;


余談になりますが、右の画像は左バンクのタイミングケース内。
銀色の細かい破片が無数に散らばってるのが判りますでしょうか?
これはアルミが削れた粉です!

異音は全く出ておらず、分解してみないと一切見えない部分なので
手をつけるまでは予想だにしていませんでした。  しかし明かにウォーターポンプは逝ってしまっている模様。。
オーバーヒートしたのが原因というよりも、以前から密かに痛んでいたのかも知れませんね。
当然、お客さまにご報告したのですが、直さずにオークションで売却するとのことでした。  私は従う他なしです。

今頃は、外れ玉を引いてしまった方がどこかにおられるのでしょうねぇ~。  合掌! (-人-)

♪
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-09-05

ミツオカ ラ・セード

テーマ:クルマ屋 奮闘中!
これが日産シルビア S13?  ∑(゚∇゚|||)∇゚|||)∇゚|||)



上の画像は、S13シルビアをベースとした 1990年製 初代ラ・セード
全長 X 全幅 X 全高 = 5100 X 1870 X 1280mm と堂々としたサイズに生まれ変わっています。

書類上では確かに 「S13改」 となっているものの、ボディーの大半部分がFRPで象られており、
ホイールベースまで延長されていることからも、容易にその大手術ぶりが窺がえるでしょう。

この度の御依頼内容は、車検 ( 中古車新規登録 ) + モニター取付

外観上はそこそこ綺麗に補修されたクルマだったのですが・・・・・
お客様本人がNETで見つけて名古屋から引いた車歴16年の古車。
中身はというと、ビスやナット欠損しまくり、デッキの配線こよるだけ?

アイドリングは不安定で、急激にアクセルオフするとハンチング。
しかも排気温ランプは妙な感じに明滅しだしてくれるのですよ。。
目の届く範囲内で気が付いたところは虱潰しに修理しまくりました!

獅子奮迅の活躍したつもりなのですが、それでも納車の数日後、
突然エアコンスイッチが反応しなくなってしまったとのご連絡が。
他にも運転席P/W、叩けば動き出すことが何度かあったそうです。
まぁ、気長にボチボチ完成度を上げていきましょう。  


右はこの記事のトピックス、フロントカメラの設置状況
ステンレス製オリジナルステーを使った会心作?! w

左右側方がニ分割で映し出されるフロントモニターは、ロングノーズタイプの車両の場合、狭い路地などの旋回時や
鼻先出しての一旦停止の時にとても役に立つのではないかということで、お客様自身の達ての御所望でありました。

どうせ引き受けるからには、なるべく外観を損ねないよう、視認性の最も良いであろう場所に設置したいものです。
フロントに限らずバックカメラもそうですが、実際にモニターでの映り具合を確かめながら決めてあげるとGOOD♪

精密加工でボルトオン♪ (^_-)v
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-08-24

マーブルコート

テーマ:クルマ屋 奮闘中!
傷付き、焦げ付き、臭い付きなし!
新技術マーブルコーティングのフライパンがついに登場!


これは先日、何気に見たTVコマーシャルの売り口上。
おおぉ?! 新素材かぁ~?  「MARBLE」 といえば大理石・・・・・
興味を抱いて調べてみると、確かにテフロン加工よりは高性能そうでしたが
最終表面層に使われているは既成技術のフッ素樹脂コーティングとのこと。

このフライパン、チーズトーストが油なしで焼けるんだそうです!  凄いと思いませんか?
ちょっと欲しいなとは思いましたが、自動車に流用できそうな目新しい技術ではなかったようです。  うむむ、残念。。


まぁ、アンテナ張る姿勢が大事なんだと思っています。
着目した100のトピックスの内、1例でもモノになってくれれば恩の字でしょう。 ww

まったくもって悠長な話なのですが、クルマ屋、地味~に奮闘中! (^_^;
この夏の大発見、公開準備着々♪
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-07-27

工場のW・C

テーマ:クルマ屋 奮闘中!
右の画像は、お客さまも使われる弊社事務所脇の工場トイレ
2004年以前のかなり煤けてどす黒くなった塗り壁の様子です。

トイレは会社の裏の顔?
心機一転、壁紙貼りにチャレンジしたのは、もう2年も前の事。

お陰様で今月もブログ経由の御来店は12件を数えました。
ひょっとすると、その中の何名かの方々は・・・
まだ綺麗なリフォーム後の様子を直接ご覧になられたかも♪



近くのホームセンターで安価な材料を調達。
限られた素材の中から私の独断で模様決定!

痛んだ壁面の下地処理は自動車用を流用しました。 w
贅沢にも底辺にボーダーテープを用いると引き締まりますね。
しかしこれは誤魔化し兼用だったりします。。 (^_^;


 左が、リフォーム完成後の全景です。

 点検口の蓋や、いびつな屈曲部がかなり難しかったですが
 総予算は僅か¥2670円で済みましたぁ~。

 細かい部分には粗がありますが、それは大目に見て下さい。
 皆様の御来店お待ちしております♪ o(^-^)o
今月も奮闘しまーす♪
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-05-15

燃料噴射ポンプ 車上整備 ( 2 )

テーマ:クルマ屋 奮闘中!


上の画像は、1996年 マツダ・ボンゴフレンディー SGLR 、ディーゼルエンジンの燃料噴射ポンプ。
軽油が漏れるとのことで一旦綺麗に洗浄し、テスト後に判明したのはちょっと厄介な箇所でした。

この噴射ポンプは 「分配型」 といい、各気筒用の高圧パイプが後端に集中するのが特徴です。
そして高圧パイプの中心には、プランジャーストロークを測ることで噴射時期を調整するための
サービスプラグが必ず設けられています。  ( 余談 : 分配型噴射ポンプの開発元はドイツBOSCH社 )

ところが一部のマツダ車のサービスプラグ土台部分は非常に特殊な形状で ( 三角おにぎり状 )
ゴム製Oリングを使ってシールされているのですが、ここから稀に漏れることがあるのです。
今回の軽油漏れもまさにそこだったのですがモンキーレンチでは決して緩まず難渋しました。。

通常、不用意に緩められては困る肝心部分のみ
特殊工具を要するなどの処置で注意を促します。

しかし部品図を調べた限りでは・・・
特に祟りは無さそうに思え、単にメーカーの意地悪?
いいえ、「規定トルク厳守」 とのお達しなのでしょう!

こういう事を関西弁でケッタクソ悪いと言います。
いまいましいの意。 だから万難排して奮闘調達!!

右の画像がその問題の おむすび型ソケット
出来ればこのような攻撃はやめて欲しぃ~~。
これは整備士共通の願いだと思うのですが。。 (^_^;

追記 :
このSSTが入手困難だからといって、お客さまにASSYオーバーホールの選択肢しか与えないというのは
少々恥ずべき行為と思われても仕方がありませんが、車上整備で噴射ポンプを修理するのも問題点多々あり。

1箇所のOリングから軽油が漏れ出したということは、他の個所も推して知るべしなのです!
過去記事 「 燃料噴射ポンプ 車上整備 ( 1 ) 」 の定番アッパーカバー部以外にも、漏れ出す可能性のある場所が
幾つもあったりするのですが、車上整備では100%交換してしまうことが不可能なのです。。

これは言い替えるならば、修理後に別の箇所からいつ漏れ出すか全く予測不能だということを意味します。
車上整備で済ませた場合、費用的には軽く7~8万円は安くなるものの、ギャンブル性が少なからずあるのです!
唯一、一例のみですが・・・ 車上整備後僅かに2週間で、痛恨の最深部から漏れ出したことがありました。。
とはいえこの10年の間、いきなり外注に出してフルオーバーホールする完璧コースの御依頼は皆無。 ww

皆様悩まれますが結局車上整備を選ばれます
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-05-07

GW♪

テーマ:クルマ屋 奮闘中!
右の画像は、破損したテールランプユニット。

レンズのみの補給がない一体部品で、小型車用でも
決して安価ではありません。 ( ご覧の品は定価¥9,345円 )

工賃的には微々たるものなのですが・・・・・
唯一レンズ部分のみを上手に割られるケースは少なく
往々にして周囲ボディー側にも傷が入ってしまいます。
ご覧のケースでもリヤバンパーに軽微な損傷があり、
コンパウンドで傷落し後にタッチアップが必要でした。
標準作業時間12分では絶対無理だと思います。 (^_^;

実は、GW谷間の弊社営業日、5月2日午前中のこと。
ブログをご覧下さっている静岡県の方から一通お便りを頂戴し
「明日所用で京都に行くのでテール交換を」 との御用命でした。

これは正直、少なからず戸惑いました。
初取り引きの方の部品を先行オーダーして実際来られなかったらどうしよう?
しかも過去最遠方記録を塗り替える静岡県からの御依頼です。。
ですが電話で直接お話しさせていただいた結果、意を決してお引き受けいたしました。
翌3日早朝、お約束通りの時刻に御来店下さり、無事に上記の交換作業と相成った次第です。
正にブログあればこその御縁。  御来店誠にありがとうございました。  この場をお借りしてお礼申し上げます。



その他にもこのGW中には、私の在宅中に鳴った電話はすぐさま取るようにしたのですが、
お得意さまからのバッテリー上がりの御相談が2件あり、どちらも即座に緊急出動いたしました。
JAFなどのロードサービスではなく一番に電話して下さるという信頼には必ずお応えしなければ!

たかがバッテリー上がりですが、この対応は中々奥が深いものです。
上がった原因は何であるのか、充電系統は大丈夫なのかを必ずチェックする必要があるのです。
しかる後に 交換対応でいくか充電対応にするかを悩むことになります。
最近では任意保険についた無料ロードサービスが普及してきたので、出張料が取りにくい状況下、
敢えて充電対応をしてくれる人はかなり減っているだろうと思うのですがどうなのでしょう?

とはいえ、休日の私の在宅率は約50%くらいでしょうか。。
いや、パチンコ屋さんを一度も儲けさせていないので、今年の在宅率はもう少し高い? (爆)
どちらにしても、非在宅時は何卒御容赦のほどを。 m( _"_ )m
GWも奮闘の巻♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-02

エンジン換装

テーマ:クルマ屋 奮闘中!

上の画像は、1997年 スズキエブリー4WD DF51V 、 F6A ターボエンジン本体及びその諸々。
推定走行距離 約14万キロでオイル消費が激しくなってしまい、中古エンジンに載せ替えました。

 ブログをご覧になられた京都市山科区の方からオイル消費量増大に関しての御相談があり、普通なら
 クルマの代替が賢明かもですが、現行モデルが余り好きになれず出来れば修理したいとの御要望でした。
 紆余曲折の末、上記のような作業に相成ったわけですが、この対応は色々悩み多きものでした。

 というのも実は去年の秋にタイミングベルト切れによる吸排気バルブ破損でシリンダヘッドをめくっているとの事。
 僅か半年余りほど前に、ディーラーに10万円以上支払われたエンジンには、かなり未練がおありのようでした。
 しかし、バルブシールは交換済みでオイル下がりの心配はないものの、通常この作業ではピストン側は無配慮。
 しかもターボエンジンなので、オイル消費の主原因はオイル上りの他にターボ系統も考えられるのです。。

私は第一にターボ本体不良を予想したのですが、軽自動車の小さなターボは往々にして・・・
固定ボルトの1本くらいは必ず折れるので、車上整備で簡単にというわけにはいかないのですよ。
エキマニごと脱着してバーナーで炙り、超慎重に作業しても折れずに外れてくれるかは微妙。
上記に加え、新品タービンは決して安価ではないので、費用総額は馬鹿にならないと思います。

エンジン本体側にしても同様です。
ピストンリングのみの交換予定で実際に開いてみて、シリンダー側にも傷が見つかれば大騒ぎ!
ボーリングも必要となると費用は一気に増えますし、かと言って目を瞑れば結果は今一でしょう。
そもそも軽の過給機付きエンジンは、元々の耐久性が低いのでボーリングはお勧めできません。



と順を追って御説明し、中古エンジンを利用する方法を御提案したのですが・・・・・
リサイクルパーツの全国NETで検索して唯一見つかったのは、走行6万7千の少し割高なエンジンのみ。
これには少々弱りました。  気長に出物を待ってみるかお伺いしたのですが、清水の舞台から飛び降りる御決断!

以上のような経緯から、弊社側の工賃をかなり抑えた額でお引き受けしたのです。
ですがスズキのF6Aというのは長年使いまわされたエンジンで、恐ろしく豊富なバリエーションがあるようです。
細部までドンピシャ同じ中古が見つかる方が珍しい?
その上、交換したてのウォーターポンプなど、現車エンジンの方がましなパーツはあれこれ組替作業をした結果、
ご覧の通り要らなくなったエンジンの残骸は見事にバラバ~ラ。  これは大誤算でありました。 ww

整備前のオイル消費量は1000キロ当り2L以上だったそうですが、どうか1L未満に復活しますように!
電子制御は祟りがとても怖いので、脱着した全てのコネクタ端子には接点復活のお祓い済みですから。。 (-人-)

記事は地味ですが、実際はかなりの奮闘!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-04-02

CROWN JZS151 車検

テーマ:クルマ屋 奮闘中!
このブログをご覧になられた名古屋の方から車検整備の御依頼がありました。
新車購入に際して、今迄乗っておられたトヨタ・クラウンを京都市南区在住の息子さんに譲られるとのこと。
地元の整備工場で車検を通す選択肢もあられた中、私に白羽の矢を立てて下さりありがとうございました。
以下の記事は旧オーナー御夫婦および新オーナー御子息の方への、作業説明を兼ねています。
感謝の意をこめつつ、いつもと変わらぬ職人気質で対応させていただきました♪




車両データ : 車歴9年、走行距離 102,000km、今後の推定年間走行距離 約6,000km
  自動車を整備するにあたっては、上記のような使用状況の把握が何よりも重要になってきます。
  ドライバーが変わることが明らかな場合には、特にしっかり聞き取りしておく必要があると認識しています。
  これらのデータを参考にしつつ、次回車検も見据えて各部整備にあたらせていただきました。

まず 「ブレーキ関係」 について。
心配しておりましたディスクブレーキパッドは、まだ前後とも 5mm=50%強 残っておりました。
交換は見送りながらも、完全に分解して清掃・各摺動部注油、鳴き止め処置を施しています。
油圧系統に関しては、今回ブレーキマスターをオーバーホール、インナーキット交換いたしました。
  あえて画像は載せていませんが、トヨタ純正キットと高級シリコングリスを使用して丁寧に作業しております。
  オーバーホール後の本体外観、リザーバータンクの透明度をご覧下されば、整備品質を実感頂けるはずです。
  ディスクブレーキキャリパーシールキットは交換を見送り、次回車検時の実施予定にいたしました。
  交換はせぬものの今回はきっちり延命処理を施してありますので、ブレーキに関してはご安心下さい。 (^-^)

     

上の画像は、エンジンマウント
決して安価な部品ではありませんが、交換を御提案したのは大正解でありました。
このタイプのマウントは車両に装着された状態では、亀裂有無の判断が少し難しいのですが、
Dレンジでの振動が気になるので信号待ちの時にはNレンジにしている」 との御報告と
これといったアイドル不調がなかったことから、必ず劣化しているであろうと推定いたしました。
結果はご覧の通りで、見事な端部亀裂を確認!
新品と比べてもマウント全高は若干衰損していました。  交換後、不快な振動は一切解消♪

     

上は、左後ドア用のドアロックアクチュエーター新品と、不具合を生じていたドアロックASSY。

集中ドアロックが効かなかった原因はこれで、解り易く言えば 「電磁石不良」 でした。
手動でロック操作する分には全く問題はないのですが、運転席から一番遠い左後ドア。。
しかも解錠状態ではワイヤレスドアロックも作動しなくなる車種のため、かなり不便なのです。
今回、修理するか迷われましたが、後席に人を乗せられた時に必ずや真価を発揮するでしょう♪

追記 :
最初にお聞きしていた御予算からオーバーしていた関係上、エアコン系統の御提案は控えさせていただきました。
匂いへの対処だけでなく、コンプレッサーオイル若しくは WAKO'S PAC の注入等、シーズン前に改めて御依頼下さい。
今後とも末永く御愛顧賜わりますれば幸いと存じます。
果して車検整備後の御感想は♪ o(^-^)o
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。