2006-09-30

BOTTOM SUNK

テーマ:弟子日記
 

弟子B君沈没?!

高校時代にラグビーをしていた彼は、喩えるならば 「山の不動」。
いつだったか表の道路で轢かれていた猫の死骸を保健所の人が
取りに来るまで、小箱の中に丁重に収めてくれたことで判るように、
大きな体格ながらも動物好きでとても優しい一面がありました。
元々人見知りしない愛犬クーちゃんですが彼には力一杯尻尾を。。

だからなのかも知れません。
その外見からは想像出来ないほど繊細なところがあったのでしょう。
9月、胃潰瘍を患い24営業日中7日欠勤。 そして本日付け退社。


ボットム ( bottom ) 」 という言葉があります。

チームの中で、最も地位の低い下部構成員を指して使われます。
これは上下関係の厳しい組織に限らず、どのような職場の場合でも
必ず多少は気遣いや恭順といった姿勢を求められる辛い立場です。

「新人さん/新米さん」 と似たニュアンスですが、決定的な違いは
何年経とうとも下が入ってくるまではボットムであり続けるということ。



弟子A君とB君は、整備士養成学校同期卒で仲良く入社してきて早5年目。 その間ずっとのボットム生活ご苦労様。
人の出入の激しい自動車整備業界では、これはそこそこ長続きした部類に入ると思います。
B君が休みがちになってブログ更新がパタリと止ってしまったことでも判るように、これは痛恨の戦力ダウンですね。
私は何年ぶりかで工場のシャッターを閉めたり、自販機横の空き缶入れを掃除したりという雑務を手伝いだしました。
居なくなって初めて気がつくのは世の常。 今となっては彼の病の快癒と、次の会社での活躍を祈るのみであります。

約半月の感傷的だった期間を経て、ようやく私の中での日常が戻ってきました。
来春卒業予定の11名もの学生達が工場見学に来りと、目を瞑っていても時は淡々と過ぎてゆくようです。
数年後には、勤続20年以上の番頭格の方が定年を迎える予定なので、当分は新しい血を欲し続けることでしょう。

私も今よりもっとしっかりしなくては!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-09-11

妖艶寝姿♪

テーマ:MY PETS♪

上の写真は、我家のクーちゃん。  久々の登場になります。 

これは激写でもなんでもなく、常日頃からの寝姿で、クーちゃんは あお向け派 のようです。
だから熟睡中はほぼこんな感じなのですよ。  フラッシュ数回たいても起きませんから! (爆)
一応、クーちゃんはレディーなんですけどねぇ~ (^_^;

足元で安心しきって、しどけない寝姿を見せてくれるのは飼い主にとっては微笑ましいのですが
「しどけなくうちみだれ給へる御さまにて」 と、好意をもって他所様が見てくれるかどうかは微妙。。

実はクーちゃんの就寝スペースは、ガラス張りの玄関ドア近くにあるのです。
だから朝方、妖艶寝姿が通行人から丸見えなのであります!
事務所はタバコ屋さんも兼ねているので、近所の人達との交流も多く・・・
「ワンちゃん、いっつも凄い格好で寝てへんかぁー (笑)」 という会話になるのです!!

そこで出番のクルマ屋君。 (。・_・。)ノうい♪ w

玄関の下半分に自動車用の一番濃いフィルムを貼ってやりました。
( 全部貼ると危ない事務所になりそうなので、それは避けたのは言うまでもありません。 www )

せっかく外から見えなくしたのに、ブログで晒したら意味ないという噂も聞こえてきそうですが。。
げらげら o(^▽^)o げらげら
道路で丸洗いしてあげた直後なのでサラサラ♪
AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2006-09-09

中古品スターターモーター

テーマ:スーパーヅガン
リサイクルパーツの使用というのは、ある意味ギャンブルに似ています! (ToT)

右の画像は、過去記事から借りてきたスターターモーター。
強力な洗浄剤を使えば、細部の汚れまで綺麗に出来るので、
外観から中古品かリビルト品かを判断するのは難しいかも。

しかし、内部の必要なグリスまでも溶かすであろう脅威的な
油脂分解能力の薬剤をぶっかけるのはどんなもんでしょう。
むしろ車両から取外して薄汚れたままの方が本当は良いと
思うのですが、市場に出す場合はそうもいかないようです。
実は・・・・・

2006年の正月明け早々、マツダボンゴトラック ( 車歴7年 走行13万キロ ディーゼル ) のお客様から
「エンジンが始動できない」 との御連絡があり、急遽出張して拝見するとスターター不良でした。
しかし、クルマの代替も検討中であり今回の整備費用は極力抑えたいとの強い御要望があり、
無保証ながらも中古品スターターに交換 = 最も安価であろう方策・・・ を採用したのでした。
全国ネットのリサイクル網はかなり充実しており、需要があるパーツならほぼ揃っていますね。

それから7ヶ月、なんとか検査満了日まで無事にお勤めを果してくれたボンゴ君だったのですが
もうあと1年やっぱり車検通して乗るわ!」 ということになり、盆前に再び拝見することに。
そして入念にチェックして整備後納車したにもかかわらず、先日またもやスターター急死!?

車検後僅か1月ほどでこれでは誠に申し訳ないかぎりですが、こればかりは防ぎようもなく。。
多少の工賃値引きも焼け石に水? 結局、正規リビルト品に交換する羽目になってしまいました。
3ヶ月保証の格安リビルト品も出回っているようですが、はてさてどんなものなんでしょうね。

マツダ スクラム スターター(セルモーター)リビルト品【31100-70D30】
\14,000 エンジェルプランニング
今度は1年保証です!(ToT)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-09-07

Blog27/LOL

テーマ:BGM♪
Uh la la la ~で アッパー気分に♪ w

¥2,100 アサヒレコード

FM京都アルファーステーションの、「Splash Groove September」 = 9月のパワープレー曲。
私の職場では常にFMラジオのBGMが流れているのですが、日に何度も繰り返しかけられると嫌が応にも覚えます。
月によってはただ右から左の時もあるのですが、この曲はシンプルなメロディーのくせに妙に陽気になれるので好き♪

Blog 27 : avex Official Web site

ポーランド発のキュートなユニット、双子姉妹の トーラ と アーラ 。  1992年11月27日生まれというからまだ13歳?!
ユニット名の由来は、ブログに夢中な2人の誕生日が27日だからなんだそうです。  アクセス数 300万件・・・ (^_^;

"Uh La La La" がFIATのタイアップ曲になるなど、ヨーロッパで爆発的な人気をみせており、日本でもブレイク必至!

確かにフィアットのCM曲にいいかも♪
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-09-05

ミツオカ ラ・セード

テーマ:クルマ屋 奮闘中!
これが日産シルビア S13?  ∑(゚∇゚|||)∇゚|||)∇゚|||)



上の画像は、S13シルビアをベースとした 1990年製 初代ラ・セード
全長 X 全幅 X 全高 = 5100 X 1870 X 1280mm と堂々としたサイズに生まれ変わっています。

書類上では確かに 「S13改」 となっているものの、ボディーの大半部分がFRPで象られており、
ホイールベースまで延長されていることからも、容易にその大手術ぶりが窺がえるでしょう。

この度の御依頼内容は、車検 ( 中古車新規登録 ) + モニター取付

外観上はそこそこ綺麗に補修されたクルマだったのですが・・・・・
お客様本人がNETで見つけて名古屋から引いた車歴16年の古車。
中身はというと、ビスやナット欠損しまくり、デッキの配線こよるだけ?

アイドリングは不安定で、急激にアクセルオフするとハンチング。
しかも排気温ランプは妙な感じに明滅しだしてくれるのですよ。。
目の届く範囲内で気が付いたところは虱潰しに修理しまくりました!

獅子奮迅の活躍したつもりなのですが、それでも納車の数日後、
突然エアコンスイッチが反応しなくなってしまったとのご連絡が。
他にも運転席P/W、叩けば動き出すことが何度かあったそうです。
まぁ、気長にボチボチ完成度を上げていきましょう。  


右はこの記事のトピックス、フロントカメラの設置状況
ステンレス製オリジナルステーを使った会心作?! w

左右側方がニ分割で映し出されるフロントモニターは、ロングノーズタイプの車両の場合、狭い路地などの旋回時や
鼻先出しての一旦停止の時にとても役に立つのではないかということで、お客様自身の達ての御所望でありました。

どうせ引き受けるからには、なるべく外観を損ねないよう、視認性の最も良いであろう場所に設置したいものです。
フロントに限らずバックカメラもそうですが、実際にモニターでの映り具合を確かめながら決めてあげるとGOOD♪

精密加工でボルトオン♪ (^_-)v
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-09-03

燃圧計

テーマ:工具等あれこれ
      

上の画像は、昭和55年 ( 1980 ) いすず 117クーペ PA96 、 燃圧モニター中の風景です。

実は2ヶ月ほど前のこと、「月に数回、走行中に突然パワーダウンしてエンスト。」 との相談を受けていました。
再始動は可能なんだそうですが、アイドリングが暫らく安定せず、何かの拍子に突然正常に戻るのだそうです。
ご本人はどうも燃料がいってないような感じがするとおっしゃっておられましたが、それに対する私の回答は・・・・・
何よりも重要なのは、症状の再現! 残念ながら現状ではあらゆる系統の可能性を捨て切れません。」
という、少し冷厳すぎるようにも受け取れる言葉でした。  しかしこれは真実なのでどうしようもないと思うのです。。

ガソリンエンジンの3大要素は、「良い火花」 「良い圧縮」 「良い混合比」 。

これらは旧車・新型車どんなエンジンでも不変の基本要素。
エンジン不調の点検診断とは、多かれ少なかれ消去法による地道な絞り込み作業であると考えて間違いないでしょう。
エンジンが全く問題ない状態の時に幾ら方々を調べてみても、出てくる答えは必ず 「正常」 。
消し込んでゆく具体的な方法としては、不具合発生時にその系統が正常であることを確認出来るのが最良なのです。
症状の再現が重要な理由は正にここなのですが、月に数回程度の発生頻度ではそれ自体が困難になってきます。。

しかし10日に1回といえどもエンジン不調になることがあるクルマでは、おちおち安心して乗っていられないのが人情。
必然的な流れとして、確証を得ないまま推定整備することになり、費用を投じてみたものの直らないという地獄に?!



このような困った症例の時に、素晴らしい威力を発揮してくれるのが 燃圧計 です!

燃圧に深く関っているのは、単にフューエルポンプだけに限らず、ポンプリレーに代表される電源系統全般や、
燃料タンク内の異物、フューエルフィルター、プレッシャーレギュレーター、リターンホース目詰まり等など。
これら多くの項目を一気に消去出来るか、はたまた逆にその中に限定されるのか?
指針をモニターしているだけで、数少ない一瞬のチャンスを逃すことなく簡単に診断可能にしてくれる優れ物♪

このケースでは丸3日、燃圧計を取り付けたままの状態で、暇をみつけてはエンジン君をなだめすかしてみた結果、
やっとこさ不具合現象に遭遇し、取り沙汰されていた燃料系統の大半をバッサリ斬ることに成功したのでした。 (^-^)


 左の画像は、26年前に製造された
 古式ゆかしいエンジンECUの中身。

 当時の基板の片面ハンダは、目視
 では非常に判別しにくいのですが、
 微かに浮いて導通不良になることが
 無きにしもあらずだったらしいです。

 加振テストにより、ほぼECU不良と
 断定することが出来たのですが・・・
 勿論、部品供給はとっくに打切り。
 中古も品薄となれば、勇気を奮って
 修理トライしてみる一手でありました。

 ご覧の基板2枚で、合計約50箇所!
 怪しいと思う所全てに、細心の注意を
 払いながらのハンダ流し修理敢行!


この処置後、再び丸3日間の試運転を重ねてみて、幸い症状が出ないでいてくれたので仮納車いたしました。
以来1週間余りが経つのですが、お客さまからの御連絡がないようなので見事修理に成功してしまったようです。
もしそうだとしたら、これは素晴らしい快挙なのではないでしょうか♪
どうかこのままずっと大丈夫でいてくれますよーに! o(^-^)o

今後なるべくなら触れぬのが肝要かも? (^_^;
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-09-01

幼稚園バス

テーマ:職人気質
   

上の画像は、1999年 日野 リエッセ II  全長およそ7m。
幼児専用シートを有する車両の定員計算は少し特殊で、車検証の記載は 「3 + 49/1.5 人」 となっています。
わかりやすく言えば約32人ということで、運転するには大型免許が必要になります。


  
京都モンテッソーリ教師養成コース附属 友好学園  深草こどもの家

  モンテッソーリ教育とは :
  日本での知名度はそれほど高くはないかも知れませんが、永くイタリアの旧1000リラ紙幣の肖像になっていた
  マリア・モンテッソーリ ( 1870.8.31 ~ 1952.5.6 ) によって創始され、以来、世界各国で一世紀の長きに渡り普及。
  具体的には・・・  自発性を自然なかたちで芽生えさせることにより、「自立心」・「集中力」・「表現力」・「実行力」
  などの多岐に渡る要素を伸ばし、ひいては生涯学び続ける姿勢を持った人間に育てることを目的とした教育法。


上記はかなりの舌足らず、言葉不足でありましょう。  どうかお許しあれ。
数行の紹介文で語り尽くすことなど出来ませんが、日本国内では数少ないモンテッソーリ教育を実践している幼稚園。
幼児教育を志す人の中では多分知らない人はないであろう高名な施設の園児送迎用バスを、お世話すること35年!

子供達を乗せて走るバスであることを思うと、整備する者の責任は重大であると認識しています。
しかしえてして、興味心旺盛な腕白王子お転婆姫ほど、様々なことをしでかしてくれるものです。。
リヤガラス曇り止め熱線端子を折曲げて千切ってみたり・・・
運転席への遮断棒にぶら下がり関節部を折ったり・・・
幼児用シートの土台をグラグラにしてしまったり・・・
これらはすべてここ数年間の実話であります。 (^_^;


右の画像は、幼稚園バスであることの表示マーク。

新車から7年が経ち、ひび割れが目立ちだしたので
車両の前後左右すべてを貼り直すことになりました。

粘着力のそこそこ強力なカッティングシートの場合、
塗装面に気をつかいながら綺麗に除去するだけで
それはそれは大変な労力が要ったりします。

貼るのもまた一苦労!
水で滑らせるデカールタイプならまだ楽なのですが
往々にして、何もない純粋な平面である方が珍しく
段や曲面であることの方がむしろ多いかもです。。


決してシワを入れないためには、ドライヤーで少し暖めてやり若干伸ばしながら慎重に貼るのがコツでしょうか。
これは本職の看板屋さんの仕事の見よう見真似の作戦なんですが、まずまずの出来映えになり一安心。
またこれで、気持ちよく乗って下されば幸いと存じます♪

伏見区の皆さん~!と叫びたくなるような達成感♪(爆)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。