1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-02-28

mixi 足跡帖 2005

テーマ:交流の広場♪


   なんでも一言、どうぞ御自由に書き殴ってお帰り下さい。

   紙面は十分! 鉛筆も、たっくさん削ってお待ちしております♪  o(^-^)o

( お手数ですが、URL欄に ID番号だけでも入れて下されば必ずお伺いします )

AD
いいね!した人  |  コメント(302)  |  リブログ(0)
2005-02-28

ドライヤー

テーマ:職人気質

ドライヤーの画像を検索すると、マイナスイオン ウインドプレス というのが HIT。
ふむふむ?  「クールマイナスイオンと温冷ツインフローで毛先まで天使の輪 」
最近のドライヤーは凄いのが出てるんですね。  値段も1万超えてるし! (^_^; 

こんな上等の品は使いませんが、自動車整備でも日常的にドライヤーを利用します。

樹脂・ゴム製品の柔軟性は温度と密接な関係にあり、常温範囲内でも著しく変化するからです

例えば、配線コネクタートラックのアンダーミラー
冬の寒い日に脱着しようとすると、とても固くて外れてくれません。
それでもパワーで無理やり脱着してしまうと、大抵の場合、痛めるか割れてしまいます。
エンジンの ブローバイホース もまた同じで、差し込み部に亀裂が走ってしまい、要交換に。。

ではどうすれば良いかというと・・・
ドライヤーでちょっとだけ暖めてやればいいんですね♪

しかし、この 「ドライヤーを出してくる」 という行動を誰しも億劫がってまずやりません。
弟子A・B君に、黙っててもドライヤー使うように仕込むのには丸3年かかりました。

濡らす・暖める というのは、全てに通じる大事なことだと思うんですが。
貴方も身近でぜひやっくみて下さい。  必ず違いが解ります!  (^_-)v

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-02-27

配線類の防振

テーマ:職人気質
      

左上の写真は 「インシュロック」 、右は 「クッションテープ」です。

発進・制動時や路面の状態によって起こる 「走行振動」、それと 「エンジン振動
これらの 振動はクルマにとって宿命的 なものです。

ですから、クルマの配線・コネクターには、防振対策が施されています。
( 安いクルマだと、ここらへんが手抜きされているのですが・・・ )


配線類が共振すると、どうなるでしょうか?  答えは2っ。

1) 長期的には、擦過により被覆がダメージを受けショートする怖れあり

2) 打音やビビリ音が発生しやすくなる

これらを痛いほど熟知している整備士は、全国にどれほどいるのでしょうか。。
カーステ・カーナビ・ETCなどの 後付け部品 は、高確率で手抜き されています。
余りに安い工賃の為、「そこまでやってられっか!」 というのが実情かも w

この 「結束」 という作業、ただ結べばいいというものでもないんですね。
アンテナ系・信号系電源系 は、極力分離 してやるのが、プロの技。
だから、インシュロック と クッションテープ は、惜しげもなく使います。


今頑張ってるエアコン修理のモンデオ君、あと半日程で仕上がる予定なのですが、
後付けETCが、久々に見る職人仕事だったのでちょっと感動したのですが・・・
弟子A君曰く、去年私が取付けたそうな。。(*/_ _)/  ( 頭の中は RAM 仕様 w )

あちこちかっちり固定されてると、外すのも余計に手間だったりして  (^_^;

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-02-26

ガラス油膜落し

テーマ:クルマ屋 奮闘中!
     

久しぶりに雨の中、サービスカーの軽トラに乗りました。 やっぱりマニュアル車の方が好き♪

そしたら、フロントガラスに全く油膜がついてなかったんです。
「うん。 これもやっぱり気持ちいいな」 と思いました。
撥水処理されたフロントガラスに慣れていましたが、元々は油膜なしなのが基本でしたよね。

そこで今日の記事では、「ガラスの油膜取り」 に関して簡単に述べてみます。

ポイントは単純明快・・・ ひたすら気合あるのみ です。 (^_^;

ガラス研磨剤を使うのですが、頑固な油膜には左上の写真のように機械が必要なほどです。
手がけでも出来るのですが、相当な時間と労力を要します。
体重乗せて面圧かけて、ゴシゴシゴシ・・・ ( 右上の軟弱な手は私のではありません w )

力も入れずに上っ面だけ撫でても決して油膜は取れません!
普通の油脂分 ( WAX等 )の場合だと、乗用車のフロントガラスで最低 5分 ~ 10分?

フッ素系とかの化学的に結合したものだと、普通の 2・3倍は磨いてやる必要があります。

撥水処理の前処理にも必要です。 上塗りを繰り返すと効果が薄れてしまうからです。
再施行の際は、数回に1回はリフレッシュの為の油膜取りをお勧めします。

これらは、新人整備士に必ず教育する項目の一つなんですが、答えは概ね決ってて
「えぇ~! そんなに磨くんですかぁ?」 とビックリ顔。

こればっかやらせると、ギブアップして仕事辞めてしまうので割り振りが難しくて・・・
つまりはクルマ屋、奮闘中? (^_^;

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-02-25

エアコン修理 (3)

テーマ:カーエアコン

散々梃子摺ったモンデオ君でしたが、遂に完成しました!
脱着したスイッチ類のテストも問題なし。  インパネ類にも整備傷なし♪
明日、試運転して異音の有無を確認し、洗車・室内清掃してから納車です。  (^-^)

まだ冬で、エアコンを本格的に使う季節ではありませんが・・・
折角の機会なので、幾つかの大事なポイントをお話ししておきましょう。


1) コンプレッサーオイル量の管理
オイルは年間 約 5cc が自然に消費され、ガス漏れがあるとそれにつれ流失します。
冷媒ガス中のオイル量が少なってしまうと、コンプレッサーの内部損傷を招きます。
配管各部のシール材 ( Oリング ) も、乾燥してガスが漏れやすくなってしまいます。
逆にオイルを混ぜ過ぎても、冷え不良の原因に。。

このオイル量の具体的な管理法ですが・・・ 紙面が足らないので割愛します。
(  企 業 秘 密 と い う こ と に ! (爆)  )


2) ガスチャージ量の管理
過充填は厳禁です!  冷え不良・燃費低下・コンプレッサー損傷に直結します。
昔は、「サイトグラスの気泡が消えるまで」 と言われていましたが、あれは真赤な嘘 w
基本は、車種ごとの適正充填量を守ることです。
外気温度と高圧側ガス圧の特性グラフを使って、最終充填量を微調整すれば完璧です。


3) 天候と整備タイミング
新フロン ( R134a ) は、旧フロン ( R12 ) の 20倍の吸水性があります。
事故修理で僅か1日、配管内を大気に晒しただけでレシーバータンクは要交換なほど。
したがって、雨天などの湿度の高い日には極力整備しないのが望ましいのです。


総括:
R134a になってから、上の3項目の調整等が本当に ピンポイント になってしまいました。
はっきり言って滅茶苦茶シビアです。。 だからフルオートの充填マシンも発売されてます。

従来の 「サイトグラスによる充填法」 は外気温度で気泡の見え具合に差があり過ぎ、
覗きながら充填する = エアコンに関して無知な証拠 で、恥かしいことでした。
それでもつい 覗いてしまうのは男の哀しい性 なのだろうかと笑っていたのですが・・・

最近のトヨタ車は、新方式を採用しだしたみたいで、気泡が消えてから+何グラムに戻りました。
エアコン修理は本当に奥が深いですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-02-24

エアコン修理 (2)

テーマ:カーエアコン

京都は終日ぐずついた天気でしたが、世間の事とは無関係に終日黙々と作業していました。
そして見事に分解バラバーラになりました!  というのが上の写真です。

ちなみにこれで、やっと 折り返し地点 です ...... (  ̄ - ̄) 遠い目


左右の写真は 強力ボンド で固定されていた問題の場所のアップです。

カッター・糸ノコ・タガネ・
電熱カッター、あれこれ試して格闘すること3時間 w


まぁ、アメ車と言えばそれまでですが・・・
なんで普通にボルト使ってくれへんねん?  はっきし言うて設計者を憎みました!
これ組む時、またボンドでくっつけて、乾くまで待たなあかんねんな。。  (>_<)ヽ

次に苦労したのが、ヒーターホース。 これまたゴムが貼り付いてて取れません。。

クーラーのパイプ接合部も一筋縄ではいかなくて・・・

左のようにアメ車特有の、
差し込みチャック式になっていて、脱着には右の特殊工具が必要です。
SSTが揃ってて少し慣れれば簡単なのですが、それだけに漏れやすいです w

さぁやっと、明日から復元なのですが・・・
読んで下さってるそこの貴方!  ちゃんと元通りになるか疑ってるでしょ! (;¬_¬) じ っ

クルマ屋、明日もまだまだ奮闘中!

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-02-23

エアコン修理 (1)

テーマ:カーエアコン

上の写真は、フォード・モンデオ WFONNG   インパネ本体 が外れましたよの図です。

エアコンが全く効かない原因は・・・「 エキパン詰り + 室内ユニットガス漏れ 」 でした。


エキパン : EXPANSION VALVE ( 膨張弁 )

細い針穴のようなもので、これが詰ると冷媒ガスが循環しません。


室内ユニット : 熱を奪って冷たい風を出す部分

車種により ヒータークーラー が、独立していたり一体化していたりなのですが、
非常に残念ながら、今日の相手の モンデオ君 は、後者でした。
整備する為には、運転席・助手席前側の インストルメントパネル を脱着する必要があります。

かなりバラバラにしましたが、残念ながら折り返し地点まで到達していません。
ここから更に中央部に見える 「黒い箱」 を外すわけなのですが、
その上の 「左右のフレーム補強材」 が、強力ボンド で固定されてて外れません (ToT)

ある意味、過去最強の難易度で・・・・・・  クルマ屋、明日も寝起きで奮闘かぁ ww 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-02-22

エアコン修理 姫始 w

テーマ:カーエアコン

まだ最低気温は零度前後と寒い日が続いていますね。 春が待ち遠しいです。
そんな中、本年度初めてになるエアコン関係の修理が、立て続けに入ってきました。

今年の第1号車は、鈑金塗装後の仕上げ。  事故で前側グッシャリだったのです。
私が、「 真空引き + コンプレッサーオイル補充 + ガスチャージ 」。
不思議なもので、1台来ると同じ系統の作業が続きます。

暑くない時期でも、無いと不便なエアコン君。

フロントガラスの曇りを簡単に除去してくれる働きもあるのですが、
先月、車検整備したクルマのエアコンが完全に壊れてて、修理見積り出していました。
それがやっと、GOサインが出て入庫してきたんですね。。

多少なりとも効いてれば夏以外は問題ないのですが、今回の症状は 「エキパン詰り」。
割りとよくある定番の故障なのですが・・・ 車種によって楽勝だったり難作業だったり。

明日から相手する車種は、フォード・モンデオ君。   数日の覚悟でトライします!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-21

ドライバー

テーマ:工具等あれこれ

上の写真は、私が使っているドライバーの中の1っです。
去年、近くのホームセンターで調達。  購入価格は 1000円以内だったと記憶しています。

プラスドライバーは比較的寿命が短く、一番買い直す頻度が高いのではないでしょうか?
今回は、案外知られてない ドライバー選びのポイント について述べてみます。


1) 「ボルスター付き」 であること

これは絶対に譲れないポイントです。 bolster : 支持用の台座

右の写真は、「根元六角タイプ」のボルスター。

ここに、メガネ・モンキー・スパナを当て強力な回転力を与えます。

軸全体が角軸になってるタイプも、ボルスター付きと見做せます。


2) 「貫通タイプ」 であること

緩みにくい時などは、ハンマーで叩いて 「どやす」 必要があります。

これは案外知られてないのか、それとも知っているけどハンマーで叩くのが億劫なのか・・・ 非貫通ドライバーばかりが売られています。

ガツンと先ず最初に一発! 何の世界でも大事なことです。 w

強力に固着した手強いビスには、最終兵器のインパクトドライバーを使いますが、どやしてボルスターを使うだけでも 99% 緩みます。

例外として、高電圧を扱う場合 ( ハイブリッド車など ) には不向きです。
静電気に弱い電子部品・基板を触る時にも使わない方が無難でしょう。
スタッビやロングドライバーの場合、「どやす」 使い方をしないせいか、まず貫通されてません。


3) 「マグネティックタイプ」 であること

先端部が磁化されていないと、狭い場所のビスを脱着する時とても不便です。

コンコロッ カチャ! ・・・  落して奥に引っかかって出てこない! (ToT)

こんな経験ある人は、迷わずケチらず磁化されたタイプを探して下さい。


補足) プラスドライバーの先端には 0番 ~ 4番 までの種類があります。
     必ず、ビスに適合したサイズを使いましょう (^-^)

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-02-20

紅梅♪

テーマ:日々のこと
クルマ屋・生録 「梅ポン」 w

気付けば2月も中旬、全国あちらこちらの梅の名所からは、開花情報も♪

「 東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 主(あるじ)なしとて春を忘るな 」

これは菅原道真公が詠まれた有名な歌で、命日にあたる2月25日、
菅公ゆかりの北野天満宮では、梅花祭が斎行されるそうです。

京都の梅は、2月下旬から3月中旬までが最も美しい時期でしょうか (^-^)

詳しくは 北野天満宮 梅ニュース  をご覧下さい

尚、この記事のメイントピックスは、クルマ屋の肉声になっております w


いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。