クルクルポンイズム 〜意識革命!過去の叡智と未来のテクノロジーの融合! ★☆常識を疑うと引き出される超治癒力 !☆★

星座(惑星)と心と体の関係を通じて、その人の人となりを見て行き、体の修復や感情面の解放を促し、自分軸の調整・自己の開花を目指します!体のツボから、心と体のメッセージを聞く。天のエネルギー、地のエネルギー、人のエネルギー。そこに紐解くヒントがあります。

天のエネルギー

地のエネルギー

人のエネルギー

この天地人のエネルギーをとても大切にしております。

天運:星の影響(星導術)

地運:家、空間、場(いやしろち)

人運:その人自身のエネルギー、軸の状態(スターライト)


これら三位一体のエネルギー調整をすることで、

その人本来のエネルギーを内側から活性化し、

自らの力で、己の道を切り開く。

そんなお手伝いをさせていただいてます。


クルクルポンHP



テーマ:


やってしまいました。
ぎっくり腰。

昨年に続き、2年連続!
しかも、同時期!

嬉しくないけど。


一昨日、畑に行ってて。
実はその前日辺りから何となくの腰の違和感。

んで。
作業を始めてたら、やはりおかしくなり。
その後、みかんを取りに行き、夢中になってたら更に痛くなってました。

この痛みは誤魔化しが効かないのね。
そして、笑いが出てしまうのね。

ほんの5メートルが歩けなくて。
2段の階段が登れなくて。

座ってて、立ち上がると腰が立たず。
寝ててトイレに行こうにも立ち方を忘れ。

今までできていた事が出来ないのね。
今までできてた事って凄い事なのね。


んで。
気付いちゃいました。

この痛み。
マインドフルネスだと。

どーしたって、今に引き戻されるのです。
痛みを認識せざるを得ないのです。
痛いから呼吸止まるし。
だから、吐く事を意識し、痛みと向き合う。

肉体って、ほんと偉大だなとつくづく感じます。


心、精神、スピリチュアルが大切で。
意識がそちらに向かう事が多々あります。

でもやはり、肉体あってこそのスピリチュアルであり、生命の営みなんだなと感じざるを得ない状況です。

痛みは今この瞬間。
今に引き戻す大いなる身体からのサイン。

意味合いを探り解決する事も大事かもですが、この痛みと向き合い、感じる事もまた大切な事と感じるこの3日間です。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今日はチビ君のお休み。
虫取りがしたいと言っていたので、だったら、畑に行くかと。
トニーズファームに行ってきました。

10月に行った時とは景色が大分変わり。
開墾も進み。
小屋も立ち。
{1D3B18AD-1A9D-4F61-B8F9-B66486649071}


素晴らしかった!

畑作業をやるつもりが。

みかん狩りに!
どんだけ実ってて。
どんどけ採れるのか。
{523241EF-7232-45ED-ADDB-1ADE158CE7EB}


木によって味もほんと違くて。

その場で採って、
むしって食べる。

美味かった。

チビ君も率先して初のみかん狩りをする事が出来ました。
{3AA1ADBE-2FAA-44D6-B423-3EECC7E759A0}


楽しそ〜!

その後は畑に戻って玉ねぎの苗植え。
上手に出来てたね!
{90D6998E-47F4-4485-B9D4-911357B10DE2}


子供にこんな体験をさせる事。
とても贅沢、喜びです。

みかんは50個くらいは頂いてきました。
欲しい方はうちのサロンまでお越しあれ〜(^o^)/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ここ最近。
娘がある声優さんにハマっていて。
その声優さんは歌も歌っているのですが。
この数ヶ月は毎朝その人の音楽を耳にするのが日課となってます。

その歌の中で。
とても印象に残ってる歌があります。

【フロンティア】

"最前線"

という意味の歌の様です。

今この時が人生の最前線。

当たり前と言えば当たり前。
それ以上でもそれ以下でもなくて。

その歌にはこんなフレーズがあります。

『ただ 今は ここが最前線
ただ 今は 自分が最前線
今は ここが 自分の最前線
そう今の最前線
I'm standing strong
ここが最前線』

どんな自分でも
今の自分が
今の人生の
もっとも前、先を歩いていて。
最前線、最先端の自分。

喜びも悲しみも苦しみも。
起こる出来事。
感じる感情。
その全てが今の自分の最前線。

できる事しかしてなくて。
起こる事しか起こっていなくて。
起こるべくして起こっている。

その全てが自分にとってのベスト。

そう思うと、
今溢れる想いや
目の前に起こる現象
過去の思い、記憶
ご縁ある人
ご縁ある土地

その全てが大切で。
それを素直に感じ、
素直に表現して行く。
自分の感じるままに。

なぜなら、
それが自分の人生における最前線だから。

歌を聞き、
響き、
それがスーッと心、身体に溶け込む。
心地良いですね。

この瞬間の
今の想いこそが全て。

それを味わい、
体感し、
そして次のフロンティアに繋がっていく。

日々はその繰り返しなのでしょうね(^^)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


70年前。
出口汪仁三郎は、

【どの様な物質も、細かい粒がスピンして成り立っている。
硬いものは密度が濃くて。
柔らかいものは密度が薄い。
物質の差はその粒の密度の違いだけなんだ】

と言っていたようです。
今から70年前です。
今程科学も発達してなかった頃の話。

細かい粒とは、おそらく電子の事。
そのスピンの事を言っていた様です。



遡る事数ヶ月前。沖縄のある方と話をしていて。
そんな事を直接本人から聞いたんだよと話してらっしゃいました。

その方は、10歳の頃まで出口汪仁三郎にとても可愛がられ、その当時いろんな事を話して聞かしてもらったよとおっしゃってました。

現在御年78歳。

スターライトをオランダで故江本勝氏に紹介し、日本への架け橋を作った人物。


その出口王仁三郎の話と、スターライトの原理、電子のスピンの話がまさにリンクしてて。
それを今、機械を通して体現しています。
不思議なご縁です。


そもそもその方となぜ電子のスピンの話になったのか。

それは、2014年5月号の雑誌【アネモネ】に載ってる櫻井さんと言う方の記事を読むと良いよと言われ。(その櫻井さんにはという方が、出口王仁三郎の甥に当たる方だったとか、そんな話から広がりました)

見てみようとしたらなんと、僕もインタビューを受け、載っていた号と同じだったのです。

【現実を好転させる 体内電子の幸せスピン】

{9BC05AB5-B34F-4384-97CD-E15BA47EB1FF}



なんて内容で電子のスピンについてインタビューを受けてまして。


そこから出口汪仁三郎に教わったその話に繋がり。

『全てはスピンしてるんだよ。
物質はその密度だよ!』


・・・



鳥肌が立ちました。


目に見えないけど、
確かにある。

振動、回転、波長。
それがもたらす影響について。


目に見えない事。
でも、とても大切な事。


出口王仁三郎はその事を70年も前に言っていた。
それがまた驚きでもあります。

今の時代の先取り!

そして、今の自分の行っている事にも繋がり。
驚きの連続でした。


目に見えないけど既にある。
僕らの中に既にある存在。
《既在力》
この既在を自在に扱っていける様な時代!

それはきっと、波動もさる事ながら、微生物などにもリンクしているはず。


意識
電子
微生物


これから見えない世界が広がり、楽しそうです(*^_^*)


なんだか、楽しくなりそうです。(*^_^*)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



何かある時、人は気付きと発見を得る。
普段当たり前にしていた事が、当たり前でなかったり。
過去の出来事も。未来の不安も。
今の在り方こそが全てで、当たり前の中に在る有り難さ。そして芽生える感謝。


今日来られたお客さんは数年前にお兄さんを亡くされ。
同時にお母さんがメンタル疾患を患い。

そこから見えない世界の事を意識し、スピリチュアリティを学び。
命について考え。
自分を見つめ直したそうです。

死があるから輝く生。
人がいるから認識できる自分。
傷が人に優しさ、安らぎを与え。

そんな今を感じ生きる事の大切さを改めて感じ、考えさせられました。

今をより意識的に生きられる自分で在りたいと思いました(^-^)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。