エコ・ブログトップへ エコ・ブログ
2011年07月01日

八戸市神明宮「茅の輪祭」

テーマ:八戸市内



八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ1


昨日の八戸地方は小雨が降ったり止んだりしてパッとしない天気でしたね。

夕方、来るくるから歩いて5分とはかからない神明宮の前を通りかかったら、屋台が並んでいて毎年恒例の「茅(ち)の輪祭」の準備中でした。



八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ2


金魚屋さんが金魚の最終チェックをしています。


八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ3


「ちょっと、生臭いな」と小さい声でつぶやいたら、金魚屋さんから「生き物だもんな」とぼそっとした声が聞こえてきました。

八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ4


人気の露店なのか、たいやき屋さんの前に子供たちが群がっています。



八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ5


十三日町から二十六日まで露店、露店でびっしりで、たいやき屋さん、飴屋さん、金魚屋さん、チョコバナナ屋さん、お面屋さん、オムそば屋さん、焼きそば屋さん、お好み焼屋さん、わたあめ屋さんと祭の定番の店が並んでいました。


八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ6


こちらは神明宮のご神木です。

この神社は皇祖皇大神宮で皇室の御先祖を御祭りしています。



八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ7


これ、おかめとひょっとこですね。

今でも売られているなんて懐かしい!!


八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ8


現代の人気者アンパンマンとトーマスは私もファンです。



八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ9


奉納の盆踊り大会の準備中で下の写真が景品でした。

八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ10


八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ11


茅の輪祭は上半期の厄を祓って後半期の無病息災を祈る神事で、7月1日午前零時から行われ、茅(ち)の輪をくぐってから神前でお祈りします。

八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ12


この裏通りは、ほとんど深夜営業の店がないので、暗いのですが次の信号の辺りまで沢山の人たちが並んでいました。



八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ13


これが茅の輪です。



八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ14


今回は昔からの神事に大勢の若者たちが参加していて、一見、無神論者のように見える現代人の神に対する敬虔さを感じました。


八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ15

八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-イメージ16

通りは順番待ちの若者でごった返していました。






毎日二つのバナーをワンクリックして下されば上位表示に

つながります。本日のご協力に感謝しております!



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ   人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村        人気ブログランキングへ



    八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ
             

                 かわむら

    来るくるのホームページです
            
ダウン


 八戸の居酒屋 串焼きと旬菜「来るくる」
  


   ビックリマーク 宴会のご予約を承ります ビックリマーク


ご予約は6~20名様程度まで可能ですので


お気軽にお申し付けください。  


料理コースは、お一人様 3000円から


飲み放題コースは お一人様 4000円から


料理についてはご希望に応じ、串焼、鍋、寿司、


天ぷら、刺身、揚げ物、他のお好みのものを


お出しします。



  「来るくる」のメニュー

八戸沖で獲れた銀サバで作った「親父の〆サバ」です



八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-親父の〆サバ

八戸の居酒屋 来るくる の気ままブログ-くるくるの料理



アクセス 八戸線本八戸駅徒歩15分

住所    八戸市六日町12 大松ビル1階

       (六日町バス停向かい)


TEL    0178-22-3689


AD

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

お祭りの準備って、昔を想像します。
独特の匂いがありますね。
それは夜店の匂い。

金魚すくいは得意でした。
私の場合は弱ってる金魚からいつもすくっていたので、
貰って帰っても長くは生きてませんでしたね。
そんな匂いを感じさせる夜店風景ですね。

2 ■Re:無題

>こうともさん

こんにちは

金魚を買ってきて店に置きたかったのですが、昔ながらの金魚鉢は手間がかかって、大きな水槽を置く場所がなくて諦めました。

夜店を歩いていると童心に返って楽しいですね。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?