関節を動かすのは

テーマ:

おばんです。

富士宮市の出張整体師、村松屋でございます。

 

 

雪が降ろうが槍が降ろうが毎月第三日曜はDojo&RooTsの日。

 

2015041913120000.jpg

 

身体の歪みというのは骨・関節の歪みであり、身体が動かないというのは関節が動かないという事である。

身体をしっかり動かすには関節の可動域を広げる、これが重要になってくる。

 

とは言え、最近流行りの「とにかく開脚とにかく前屈!」みたいなのは、靭帯ユルユルになって脱臼しない?と心配になってしまう。

関節を動かすのはあくまで筋肉、これを忘れてはいけない。

 

つまり、関節の動きが悪いという事はその関節を動かす筋肉の動きが悪いのだから、その筋肉にしっかり仕事をさせる事で関節の動きを改善させる。

その為にはその筋肉にきちんとアプローチする必要がある。

 

柔軟性が落ちて動かない筋肉にアプローチをすれば、大概において結構な痛みが出る。

残念ながらこれは避けられない。

今日の勉強会の最中もあちこちで悲鳴と笑いが起きていた。

特別ボクがドSな訳でもない事が証明された(笑)。

同時に、巷に増えた「無痛整体」って何するとこなの?という疑問も深まった。

 

患者さんにおかれましては、力いっぱいグリグリするから痛い訳じゃない事、ご理解下さいますようお願い致します。

 

 

それでは、また。

 

AD