2009-03-11

介護と家族の心情について

テーマ:4世代同居の話

皆様こんにちは。

春の気配を感じる今日この頃、

いかがお過ごしでしょう?



我が家でも、進級の時期だからでしょうか?


ちょっとした変化が起こっています。




おばあちゃんが、


ついに


自分の入れ歯を






異物と判断するようになりました。





∑(゚∇゚|||)




これまでも、何度も

洗浄のために取り出した入れ歯を、

はめるのを嫌がることがあり、


その度に、なだめたり、説得をしたり、

大人2人がかりで、スキをついてはめてたり

していたのですが、


それも限界がきたようです。




家族で話し合った結果


「入れ歯はあきらめよう。」


って事になりました。




おばあちゃん、






入れ歯の卒業です。



ああ、季節感のある話ですねえ。


この決断は家族にとってけっこう

重いものとなりますよ。




だって、


入れ歯をやめるってことは、




食事の介助難度が上がる。


ってことですから。




とりあえず、

家族のご飯とは別に

お婆ちゃん専用のおかゆを用意

しなくてはなりません。


「おかずはどうしたらいいのかしら?

栄養バランスってどうするの?」


今日の夕飯はお刺身だ、揚げ物だ、

と、今まで気にせずに用意できていても、

お婆ちゃんの食事のことを考えると


「いや、やっぱ煮物にしちゃう?

おかずは刻んじゃう?」


と、お義母さんは頭が痛い様子です。




すると、我が家の頼れるティーチャー

訪問看護士のBさんが

アドバイスをくれましたよ。



「そんな、深刻に悩まずに、





歯茎でつぶせるアレとか、



利用したらいいわよ。」






歯茎でつぶせるアレ。




またまた、未知なる介護ワールドの



扉がギギギ~っと開きましたね。





その界隈では話題?のグルメな世界。



ちゃんとありましたよ。


おばあちゃんの好きな



けんちんうどんも。





しかし、




初めての世界のはずなのに、



初めてな気がしないのは


やっぱり




ついこないだまで息子がお世話になっていた






離乳食シリーズと、くりそつ


ラインナップのせい?




つ~か、



メーカーが同じなんですね。


なんか微妙な気分よ…。




左上の可愛いキャラマークが

キューピーちゃんに似てるようで、


じつは、


まったく違う方向に


いっちゃってる気がするのは気のせい?






こんな便利なグッズですが、


「でも、毎日のことでしょう?

費用のことを考えたら、

そこまで頼れないわよねえ…。」


と、義母は思案顔。


確かに、

どんどん成長する赤ちゃんのものなら、

「今の時期だけ」と割り切って、活用もしやすいですが


先の見えない介護生活の場合、

それ以外にもかかる費用もいろいろあるので、

贅沢品に感じてしまうのかもしれませんねえ…。




ぶっちゃけ、




介護はお金がかかります。



基本的にお家で介護をしていても



レンタルベッド代金、

ベッドにつける柵、器具レンタル代金、

床ずれ防止マットレンタル代金

車椅子のレンタル代金、

デイサービスの送迎、介護、入浴代金、昼食、

ショートステイ代金、

訪問看護士代金、薬代

紙おむつ代金、などなど



ありがた~い一割負担であっても、


その請求額は



月5~6万円



∑(゚∇゚|||)ワオ。




いくら、お婆ちゃんの年金から払っているとはいえ、

今まで無かった出費ですから

家族にとっちゃ痛いですよねえ。。。



でも、これらを省くということは

こちらの負担がモロに増えるとゆ~ことですから

そのバランスを見極めるのが難しいもんです。



入れ歯の卒業一つとってみても、

いろいろ奥が深いんだなあ~ザ・介護。



そして、


入れ歯をはずしたお婆ちゃんにとって、

もう一つ浮上した問題が。



それは…




人相がかわっちゃった。


ってこと。




なんてゆ~か、お口がいつも…







梅すっぱい人


みたいな?





この家に嫁にきて10年足らずの

私としては、ついつい



「う~ん…。


やっぱ似てるなあ。




くしゃおじさん…」



って感想が出ちゃうくらいの、

冷たいあっさり割り切りぶりですが、



長年一緒に暮らしてきた、

義父さんや義母さん、


ましてや、小さい頃から

可愛がってもらった主人にとって、

こんな風に、

お婆ちゃんの老いていく姿を

目の当たりにするのは、

さぞかし寂しい気がすることでしょう。




最近のおばあちゃんは、


名前だって思うように出てきません。


数十年も一緒に暮らしてきたのに、すっかり

どこかに名前がいっちゃった様子です。



そんなお婆ちゃんの姿をもどかしく思ったのか、

義父が、




「俺だよ、俺、


お婆ちゃん、わかるかい??」



と、自分のことを指差して

大声をはりあげたりします。




そうするとお婆ちゃんは顔をしかめて




「この人…





嫌い。(゚Д゚)




とだけ答えたりするのです。





息子としては、


あまりの返事に言葉もありません。




もはや、この人は誰か?って事じゃなく

お婆ちゃんにとっては、


声が大きくて低くて、嫌な感じ。

ってことだけが残ってしまったんですね。



まあ、もともと義父は

おばあちゃんが元気だった頃から

ケンカもよくしていたので、

こんなもんなのかもしれませんが…。



すると、


ここはやっぱり、俺の出番ではなかろうか?



そう思ったらしき、

お婆ちゃんにとってたった一人の孫、

主人がお婆ちゃんの前に、

ズイッと出てきましたよ。


そして、


優しい笑顔でお婆ちゃんに話しかけました。



「おばあちゃん。僕だよ。


わかる?」




すると、お婆ちゃんは表情を少し和らげて


ゆっくりと口を開きました。



「ああ…


ああ、久しぶりだねえ…。」



お婆ちゃんの言葉に、

主人の顔もパア~っと明るくなります。



「そうそう。


おばあちゃん、わかるんだねえ~。」

やはり、いくつになっても孫の力は

偉大なものなんでしょうか。



そして、


お婆ちゃんはこう続けました。




「久しぶり…


ええと…






16番。





∑(゚∇゚|||)





16番?



ば、番号??




呆然とする、主人に向かって

お婆ちゃんは何度もその番号を繰り返し、


そして、後は


何事もなかったように


口を閉ざしてしまいました。




(;´Д`)



もはや、せつないを通り越して…



なんつ~か…


家族一同






笑うしかない。


って感じ?




てなことで、大爆笑。



主人も、ここまできちゃうと


「いやあ、うちのお婆ちゃん、

やっぱ笑わせてくれるなあ。」


と、知人に笑い話として紹介するくらい。




せつないだの、なんだのって感情が

無いっていえばうそになりますが、


そこばかりに気持ちを残していても

仕方がありません。



なんせ介護は現在進行形。



私たちの意志とは関係なく、

状況はどんどん変化しているのです。



90年以上も前に赤ちゃんで生まれた

お婆ちゃんが、

また赤ちゃんに戻っていくってことは

ある意味人間として、自然なことで、

いつかは自分たちも通るであろう道ですから

あたふたしてもしょうがありません。


ありのままに受け入れるしかないですよね。



そんな、


おおらかな気持ちになりながらも


たまには




ペットボトルのコーラを



フタがついたまま


口でモゴモゴさせているお婆ちゃんを

発見して、





「おばあちゃん(^^)








ボケもたいがいに


せえよ!



と、ついつっこまずにはおれない、


家族一同でございます。











AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2009-02-15

未知なる介護ワールドへようこそ

テーマ:4世代同居の話

時がすぎるのは早いもので、



あっとゆ~間に、一番末っ子の皿男が


1歳になりましたよ。





「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

左、皿男1歳、右よっちゃん7歳。



ついこの間、産まれたような気がするのに



気づけば、寝返りをうち、

気づけば、お座りをし、

気づけば、ハイハイもはじめ


あと数ヶ月もしないうちに


歩き始めることでしょう。




ほんと、一日一日と成長しています。


子供の変化の早さには驚かされるばかり。





早さに驚かされるといえば…


こちらの方も、


なかなかのもんです。





ひさしぶり。



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

我が家のご長老。




なぜか、頭には

娘がもらったサンタさんからの王冠と、

耳にはピンクのお姫様イヤリングがつけられてますね。


女はいくつになっても、女よねえ。



顔に、あきらかに加工された画像がついてますが、

これは、最近すっかり眼鏡をかけるのを

嫌がるようになった彼女への

孫嫁からのサービスです。



息子の成長も、目を見張るものがありますが、


うちのおばあちゃんだって負けておりません。




ついこないだまで、


歩いていたと思っていたのに、






気づけば、トイレに行けなくなり



気づけば、眼鏡をはめないようになり、



気づけば、言葉をしゃべらなくなり、




あと数ヶ月もすれば



きっとベッドに



……



……。




ああ、



ああ、



いくらオープンな嫁と言われる私でも、

これ以上は具体的にかけないわ。



ムリムリムリ



と思っていたなら






「年寄りの





寝たきり と ボケを避けるには、


やっぱストレッチよ!(゚Д゚)」



そう、言いながら



嫌がるおばあちゃんに、

ガンガンリハビリして下さるのは、




訪問看護士のBさん。



ありがたいですねえ。



昨年5月頃に、お婆ちゃんが大腿骨を骨折してから、


我が家も、真剣に介護保険などの事を調べ、

いろんな、行政のサービスを受けております。


デイケアサービスやら、


ショートステイやら、


介護器具のレンタルやら、


調べたらいろいろありますよ。



中でも、この訪問看護のBさんは頼りになります。


50歳くらいの、きもったま母さんなのですが、

偶然にも、南九州出身。


あっさり、さっぱり、していて、

ついついマイナス思考になりがちな、介護家族の

悩みやグチにも、即答アドバイスをくれるんです。




義母が、

「おばあちゃんが、食事の時、洋服をすごく汚して…」


といえば



看護士さん


「ああ、でっかいエプロンがあるから。


あれ買えばいいわ!」






でっかいエプロン。






義母が

「なんだか、寝てるときに

勝手に、洋服を脱いじゃうんですよ…」



看護士さん


「ああ、


自分じゃ脱げない服があるから、


あれ着せればいいわ!」






自分じゃ脱げない服







義母が

「世話をしているときに、嫌がってひっかいてくることがあるんです。」



看護士さん

「ああ、そんなときはグローブよ、グローブ!






闘えないグローブ。





介護用品には、なかなか抵抗があって


「え?それ必要なの?うちのおばあちゃんそこまで??」


なんて、思ってる家族も



ぐいぐい未知なる世界へつれていってくれるんです。




看護士さんは言いますよ。



「いいのよ~。

使えるものはなんでも使って、楽しなきゃ~。


1人で大変を抱え込んで、介護するほうが倒れちゃ


もともこもないんだから~。」



なるほど、ごもっとも。



「まあでも、


おたくのおばあちゃんなんて、良いほうよ。


先日行った家庭の、おじいちゃんなんて、私に





殴りかかってくるんだから~!



よっぽどリハビリがイヤなのね。



あっはっは~~(^^)」






つられて、こちらも 「あっはっは~。」



イヤ、プロですな。Bさん。






介護なお婆ちゃんをかかえて、つくづく思うのは



介護は一人じゃできない。



ってこと。




体力的にきついこともモチロンですが、

精神的にも、やりきれない事態が

ついてまわりがちな介護。



年齢のせい、認知症のせいだって

頭ではわかっているのに

嫁姑問題で多少なりとも苦労した義母は


「どうして?、おばあちゃんそんなことするの?

わざとなんでしょ?

私に意地悪してるんでしょ?」


と、ネガティブな方向へ方向へいっちゃいます。


そんな時は、周囲の人間が

「まあまあまあまあ。」


とクッションに入って、

介護疲れで気持ちもすさみがちな義母の

メンテナンスをしてあげなければなりません。


でも、たまに我が家一番のKY(空気読めない)な義父が



「そりゃ、お前の考えすぎだろ~。


いちいちそんなこと気にしてっからダメなんだよ~」


なんて、発言をかまし、


あげくのはてには


「いや、俺がやってもいいんだけどさあ。。。


でも俺、




介護って



向いてないんだよなあ~。(*´д`*)」



てな、のうてんき発言で、






「向く向かないの問題じゃないでしょ!!


私だって、向いてるつもりは無いわよ!(怒)」


と義母の怒火に油をそそいだりしております。



そりゃ、怒るわ…(;´Д`)

義母の介護ストレスを増やしているのは

おばあちゃんだけじゃないのは間違いないわね。




でも、


我が家はまだいいほうですね。


1人の要介護人に対して、大人が4人いるのですから。


なんだかんだと言っても、4人知恵を出し合えば

それなりに乗り越えていけます。


でも、この時代


1人で、ずっしり抱え込んでいる方は多いはず。


しかも、おそらくそう若いともいえない自分の体力とも

相談しながらの、大変な介護。


赤ちゃんと違って、成長の喜びも、

未来も見えないこの重労働に
せつない思いも多いことでしょう。。


ついつい、ベールに包んでしまいがちな

介護のお話しですが、

この高齢化社会では、避けられない現実として

参考になれば程度に、今回もご紹介してみました。


だって、


育児について書かれているブログはいっぱいあるけど

セキララ介護ブログってあんまし多くないですもんね。


(まあ、介護世代がパソコンに弱いって事実も

ありますが。)


そこの奥さん


「うちは、関係ないわ~。」


なんて、のんきに構えてる場合じゃありませんよ。


介護はいつ、どこからやってくるかは分りません。

(いや、分るって?)


今から、手抜き介護の楽ちんグッズ、制度チェックをしていても

ちっとも早すぎることはありませんよ!



とまあ、



くるくる家はこんな感じに盛りだくさんで



順調な日々でございます。ご安心くださいね。


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2009-02-02

介護つき同居について

テーマ:4世代同居の話

同居生活も半年を過ぎ、

お正月もあっとゆ~間に過ぎ、


「で、


同居生活ってどうなのよ?」


と聞かれることも少なくない今日この頃。




介護付き同居について語るとすれば



それは




昼下がりにふいに、内線電話が鳴り





助けて!



お婆ちゃんがガンとして…







入れ歯をはめないの! 」



とテンパった義母から突然の呼び出しを受ける


そんな生活です。





とりあえず、

2009年もぼちぼち元気に生きておりますくるくるです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。(遅いよ)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2008-07-22

進化し続ける新居。

テーマ:4世代同居の話



ついさっき、


主人の両親世帯で



思わぬものを発見したんです。





まえに、さんざん自慢しました



リモコンまでもおっしゃれ~な最新便座。






TOTO ネオレスト




そうコレ。


親世帯も、後でケンカにならないようにと

まったく同じものを入れていたのですが



新居に住み始めてから早3ヶ月…。



より住みやすく、


より快適さを求めたためでしょうか?



親世帯なりに、アレンジされていましたよ。











直張りテプラで。



すごいですね、

ポイント数も上がって大胆ですよ。



こうなると、なんだか


お洒落なスティックリモコンも、


ただの


怪しいボタンに見えますね(*´д`*)






つ~か、その前に…










ムービって何?





(;´Д`)







ほぼ100%



このボタンの使用法は、



把握されていない


いえ、




押したことがない。



と思われます。






このテプラなトイレを、嫁として


激しくつっこみを入れるべきか?


見なかったことにするか?


はたまた




急いで

ブログにアップすべきか?





この忙しい夕飯時間に、


迷わず


3番目の選択をさせて頂きました。





ちなみに、このリモコンの設置位置も

1度自分たちで下にずらした模様。

(壁に空いた穴が確認できますでしょうか?)


自由だなあ…親世帯。




今後もどのように進化するのか

いろんな意味で、目が離せません。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2008-06-27

さくっと介護なご報告

テーマ:4世代同居の話

いろいろご心配おかけしました。


大姑無事、退院して戻りました。



んでもって、いろいろアドバイスも

頂きました介護認定






要介護3


いただきました。



要支援2からの大きなステップアップ。



おかげで、買えば数十万するであろう

ハイテク?電動ベッドも




室内向けの小型で小回りのきく


ビックリ6輪タイプ車椅子も


格安
でレンタルすることが

できましたよ。





とはいっても、


やはり


3度の食事、排泄問題、

睡眠、病気管理、入浴などなど…


ああ、


つくづく介護って大変。




「トイレ…」って言うから

どうにかトイレに連れていっても、


「やっぱ違う…」

みたいなことになって、

ベッドにもどって


その直後に


「あ…」


って声が聞こえる

みたいなスリリングな出来事も日常茶飯事。




本当に、
想像以上のじわじわハードさに

家族みんなが翻弄されています。


しかも、この等級まだまだ

上がりそうとか。

(じつはこの等級は骨折前に申請していた状態での

ものなので骨折後はまた変更になるらしい)



今はただただ、

24時間つきっきりで世話をしている

義母さんが倒れてしまわないように、

嫁としては出来る範囲でサポートするだけです。




先日も、


美容院に行けず、のび放題になった

お婆ちゃんの髪を

軽くカットしてあげましたよ。


ベッドに横になることが多いので、

暑くならないように、襟足などはすっきりと。

でもあんまり短くなると女性らしさが

なくなるから、トップは長めに…


そんな気遣いをしながらカットしていたなら

気づけば…












ベッカム!?



モヒカンとやらによく似てます。

(周辺の毛のムラも気になるねえ)

微妙に残ったトップのそれを切るべきか

切らないべきか、義母としばし悩む。



だって、これ以上切っちゃったら





おじいちゃんになっちゃわない?




そういえば、

前に骨折した時にやってきた

救急隊員が




「おじいさん!おじいさん!聞こえますか?」


って声かけしてたなあ。


すでにあの段階で見分けつかなかったか。


じゃあ切っちゃってもいいのか?


う~ん。。


ナイスな嫁としては判断に苦しむわ~(*´д`*)





てなこと考えていたならば、


訪問看護士さん(推定50歳)が、お家にやってきましたよ。


そして、お婆ちゃんを見るなり









「んまあ!素敵よ~!!」



と、大絶賛。





「年寄りはこんくらい、

ガツ~ンと刺激与えないとお~!!

いいわよ。似合うわよ~!!


きっと





デイケアセンターでも


大人気よ~!
(゚Д゚)」



∑(゚∇゚|||)



絶妙な誉められ方ですね…。


でも、

介護プロ?の方に誉められたので

ちょっと安心?








それではもう一度確認。




ガツーンな髪型。(横)



こうなると、

トップのソフトクリームみたいな箇所を

紫色に染めて、

その人気を不動のものにしたい。


そう思うのは私だけ?




とまあ、


そんなこんなな育児+介護な日々でございます。




まだスタートしたばかりですが、

今後どうなっていくのか、この介護な日々。





子供の成長と違って

明るい未来や楽しいエピソード等とは

縁遠いのが介護の現実。


いったいどの程度まで

このブログで、ご報告していいのか…

それも微妙に思うところです。



この高齢化社会に

介護問題を抱えてる方は

少なくないことでしょうから、


「参考にしてもらえるなら、セキララ報告を~♪」


なんて思ったりもするのですが、


「やっぱりお婆ちゃんの思い出は美しいままに…キラキラ


って気持ちもあったり。

微妙にゆれる乙女?心…。


どうしたもんでしょうねえ~?



てなかんじで


やはり、



介護問題はいろいろと奥が深いようでございます。

いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。