2007-09-21

秋の味覚、我が家に旬がやってきた。

テーマ:グルメ話

秋ですね。

食欲の秋ですねえ。


秋といえば、いろんな食材が美味しいですね。

秋刀魚もスーパーで安くなってますよ。

塩焼きに大根おろしとポン酢なんて最高じゃないですかあ~♪


我が家は果物もお菓子も大好きなので、ついついネットで

ショッピングをしちゃったりしますよ~。


つい先日も、衝動買いをしちゃったんです。


やっぱり秋の味覚といえば…




き・の・こ♪




炊き込みご飯でも、バターソテーでも、天ぷらでも

いろいろ楽しめちゃうのもいいですよね~。


ネットで産地直送のと~っても新鮮なキノコを

見つけてしまい、前々から欲しかったのもあって

思い切って購入しちゃいました。


で、届いた商品がコレです。














旬のシイタケ、菌床付き。




その名も


椎茸デル蔵くん。



佐倉きのこ園、しいたけデル蔵くん




やっぱり、

旬ってゆ~ものは



収穫してこそ喜び倍増
でしょう。




お店側からの説明によると、

6ヶ月で

40個~50個のしいたけが


次から次へ
生えてくるとか!


うひょ~!しいたけパラダイス?




前々から

いいなあ~って狙っていたんです。

でもズボラな私では、夏の猛暑を乗り切ることは出来ないと

あきらめておりました。


しかし、もう夏も終わりだし、もしかしていけるんじゃね?と思い

トライすることにしましたよ。


2個買うなら、送料が無料って言葉に引かれて、





ご近所の奥様 にも


ムリヤリ買わせる
ことにしました。





上の写真は、届いたその日の写真なのです。


でも、もうすでに椎茸がポコポコ♪






けっこうしっかりしたのが生えてるの。

いい仕事するねえ。佐倉きのこ園さん。



ああ、じ~っと見つめていると

なんだか愛嬌さえ感じてくるわ~。




すると、我が家のシイタケを見たご近所の奥様が一言。



「あら、でもごめんなさいね…うちの方が






大きいみたい。」



Σ( ̄ロ ̄lll)




愛着がわいちゃったせいか、

そんな、さりげない一言にもつい、



「あら、でも…


うちの子はとても姿勢がいいもの~。

シイタケってのは、


ただ大きければ


いいってもんじゃないのよ~
。ホホホ」



返す言葉にも力が入りますよ。



シイタケと共に生まれる、ご近所さんとの確執!?


「うちの子ってば英会話教室で誉められちゃって。

ひらがなの読み書きなんてもう、とっくですしね。ホホホ」


てなお受験的ママバトルへ発展する勢い??
(いや、お受験も英会話も縁はないけど…)



そういえば、

ご近所の奥様は、日光があたらない玄関に

このデル蔵くんを置いているらしいのですが、

購入当日の深夜、
愛人の所
接待から帰ってきたご主人の


どぎもを抜く事に成功したそうです。


疲れて帰って、薄暗い玄関に宇宙人のような数本の影。

恐怖ですね。

さぞかし妻の


無言のメッセージ
を感じたことでしょう。



まあ、なんにしても
両家のシイタケが大豊作になったら

シイタケ合宿かしらねえ~♪


なんて話しておりましたが…




その2日後には…










赤丸急成長中。



つ~か、今日にでも食べごろなんですけど?




シイタケの生命力ってすごいのね。

とりあえず、年内30個収穫を目指そう。

一人、8個は食べられる計算で。


(今後もシイタケの様子を随時アップ。え?どうでもいいって?)



追記…


ちなみに、うちの主人に

「しいたけ、ネットで購入したいんだけど~」と言ったら

「キノコかあ、いいんじゃない?」って返事をもらったのですが、

届いたコレを見た時、彼が発した言葉は




「そっちかい!」


でした。


そんな彼も、

夜とかにそっと霧吹きをかけてるみたいです。

わが子よりも可愛くなる日は近い?


------------------------------------------
●ああ~、じつはうちにもキノコがおりますよ~って方います?●

私もこのキノコの生命力が今後も気になる!目指せ50個!って方は

       ↓ ↓ ↓ ↓
⇒応援クリック要請♪人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2007-02-20

春節 日中 『手作り餃子対決!』

テーマ:グルメ話

とある昼下がり、

主人が会社の同僚とふとこんな会話になったそうな。


主人「おれ、餃子好きなんだ~」

同僚「うちも好きでよく作りますよ。」

主人「うちの奥さん、たまに手作りで作ってるよ」

同僚「うちも皮から作ったりしますよ~」

主人「いいねえ~。じゃあ、今度餃子作り対決でもするかあ~(`∀´)」

同僚「おお!しましょう!しましょう!


    けっこう美味しいですよ~。うちの奥さん






    中国人ですから。」




∑(゚∇゚|||)あっ。



そうだった。…忘れてた…。

同僚クン1年ほど前に中国の方と結婚したんでしたねえ。



同僚「で、いつにしましょうか?2/18あたりはどうですか?


    

ちょうど




中国の旧正月ですし。」





∑(゚∇゚|||)うっ




確か中国では春節のお祝いに、家族で餃子を作る風習が

あるって聞いたことがありますねえ。



どんどん話ははずんじゃって、進んじゃって、

今さら後にも引けなくって、せっかくだからってさらに

友人家族も呼ぶことになって

気づいたら




対決会場


我が家。



参加人数





12人(大人6人、子供6人)


決定。





∑(゚∇゚|||)ヒッ←電話で連絡を受ける私。




餃子対決??

餃子が得意??

主人が語っているのはあの、数回作ってみたけど、

やたらと


皮が堅くて


どっちかって~と…


餃子ピザ
みたいなあれのことかしら??



だいたい参加人数もすごいことになってません?

まあ、うちは広々30畳の西洋風リビングですから

ちいとも問題なく、余裕だとは思いますけど…。

(現実逃避ワールド突入中)



そんな、ドギマギするうちら夫婦のもとに、

数日後、

さらに同僚クンから連絡が入りましたよ。


「本格餃子はどちらかっていうと


嫁さんより、


嫁のお母さんの方が得意なんですよねえ…


だから






一緒に連れて行きますね!(゚Д゚)」





∑(゚∇゚|||)ヒッ




お母さんもいっしょ ←NHK風で




中国三千年の味が、我が家に?


なぜにそこまで本格化??



もはや笑うしかない夫婦。



とにかく、我が家でそんな旧正月をお祝いすることに

なってしまったのです。


てなことで、当日の様子がこちらです。



例の広々リビング




みっしり。


30畳のわりにはまるで6畳間のように見えるのが不思議ですね。

お客様もすっかりくつろいでらっしゃいます。



あぶれた人間はソファのすみに直すわりもありですよ。


たとえその方が初対面のお客様でも

我が家では弱肉強食が基本なのだ。





『足の踏み場も無い』も実践してみました♪






どちゃ~~。



正確にはマットの上なら踏めます。


このマットは、何度言っても、ジャンプして暴れるのをやめない

ガキどもお子様から床を保護。

いや正確には




階下の方の休日を保護。

(苦情予防ともいう)



そんな騒がしい中でも、対決は始まっておりますよ。





やっぱ、本場の方は違います。

なんか、バチッバチッって生地をちぎる音が違うの。






皮をのばすスピードも速いよ。


中国では水餃子が主流らしく、茹でている時に

中の具が出てこないように、皮の中央を厚めに残し

端を薄く延ばしていくそうですよ。


麺棒は少し細めの方がやりやすいですね。

お母さん持参の麺棒は直径1.5センチくらいでしたよ。





餡を包むスピードも速い。カメラついてゆかず。




んで出来上がり~。




つるんとして、中がじゅ~し~で…


やっぱ三千年の味は、

美味しいねえ~~(*´д`*)





具には、干し海老、生海老、豚挽肉、白菜、ニラ、

生姜などが入っているらしいですが、

分量などは不明。

なんせ言葉の壁がありますから…。

深くは追求できないのです。


つけタレに、ポン酢を使おうとしたら、

ビシッと止められました。


ホワンさんのイチおしのタレは




彼女が持参してくれた、本場の辛そうなラー油タレ

(同じものは日本では手に入れにくいですが、

辣椒油 系のタレが近いらしい )にまぜたのが、


なんと…




すき焼きのタレ
(肉じゃがのタレ)


です。



最初はギョッとしましたが、

つけてみると、意外と相性がよくて、

この絶妙な甘みとやさしい辛味が嫌いじゃないわ~。



これぞ日中融合の味でしょうか?


まあ、普通にポン酢に定番柚子胡椒. でも

問題なく美味しいです。



13人がみんな一気にガッついて、瞬く間に餃子が

消えていきましたよ。

食べるのに夢中で、気づいたら3個しか残ってい

なかったのが上の写真です。


さて、


中国代表がここまでやってくれるのですから、


日本代表も黙っているわけにはいきません。


ほどよく水餃子でお腹がふくれた頃に

私と主人は目で合図をし、

おもむろに日本代表の調理に入りましたよ。


日本の餃子といえば、やはり焼きでしょう。


こんがりパリパリキツネ色に焼きあがったこちらの

餃子も中はジューシーで、

美味しさでは決してひけをとらないはず!



見よ!この美しき餃子を!





美味しそうですねえ~。

上手に焼けていますねえ~。


でも…



どっかで見たことあるカタチですねえ。


……。


そう。


餃子ツウのあなたならもうおわかりですね。



日本代表は





泣く子も黙るホワイト餃子


です。


ごめんなさい。

ダメなうちら夫婦を許して。


数日前に、練習で餃子を作ってみましたら、

主人がボソっと


「……、やっぱ、


ホワイト餃子買ってくっか?」


て、つぶやいちゃったのよ。


普段なら、その一言に怒りまくる私ですが、

さすがにこの時は…





「ん、だね…。」


と即答しちゃったのでした。




こんな狭い2DKの部屋でムダに日中摩擦

起こすわけにはいきませんから…。


とにかく、おいしいおいしい餃子天国な一日でございました。

------------------------------------------
●やっぱ大勢で食べる手作り餃子は美味しいねえ~(*´д`*)●

おもわず我が家でも作りたくなっちゃった♪って方は

       ↓ ↓ ↓ ↓
⇒春節気分でクリックを!人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2006-02-08

イタリアーノでトレビアーノな午後

テーマ:グルメ話

最近、ブログの更新が遅れ気味でごめんなさい。

こんなノー天気ブログでも、こまめに覗きに

きてくれてる人がいらっしゃると思うと、

心が痛いような痛くないような気がするくるくるです。




じつは最近、主婦業に目覚めちゃったんです。


例えば…

本日のお昼ご飯。







パスタ


若鶏と舞茸のトマトパスタ。


冷蔵庫の残り物で作った、

いたってシンプルなパスタなんですよ~(*´д`*)


火にかける前の、たっぷりのオリーブオイルに

つぶしたニンニクを入れて炒め、じ~っくり香りをオイルに

移して、そこに鶏肉を入れてじっくりソテーして

ペーパーで、余分な鶏のアブラを除いて、

エリンギも同じくソテー。そして軽く塩コショウ。

ワインと煮込んだトマトソースを砂糖やケチャップで味を

整えて、そのソースにソテーした鶏肉と舞茸をあわせて

パスタのゆで汁を入れて、茹で上がったアルデンテの

パスタと急いで絡めます。

パスタ麺に鶏肉と舞茸の旨みがしみこんだソースが

じっとりなじんで、美味しい~~♪


本当にパスタはソースが命ですよね。


一口食べて思わず

「ああ、ほんとうに美味しいわ~、幸せ~」

とつぶやくと、


背後からこんな声が聞こえます。







スカ


??((゚Д゚≡゚Д゚))??


空耳?





最近ではこんな私の手作りパスタの味に

慣れちゃった主人に


「おれ、もう外(レストラン)では



パスタ食べれなくなったよ~



なんて言われちゃいましたよ~(*´д`*)



いくらなんでも、そこまでは大げさよ~。

なんて思っていると、



また背後から…








スカ




……。



(;´Д`)




はいはい…。


あちらこちらとはしごする、通な読者の方でしたら

もうお気づきですね。


そう、


このパスタを作ったのは




変態内職イラストレーター師



ご近所の奥さん です。


旦那とのやりとりもすべて、そうこの奥さんちの生夫婦会話。




いえいえ、カン違いしないで下さいね。

私が自分の家で、彼女を手下のように

使ってるんじゃないんですよ!

(あの女のブログ拳王とかに騙されるな!!)


お昼時に遊びにきた彼女に、いつもお世話になってるから

少しでもおもてなしをしようと、

「お昼ご飯、パスタでも食べる?」と

すすめたんです。


ちょうど、戸棚に残っていた

うちの旦那の週末のささやかな贅沢、






■予約でいっぱいの店のボロネーゼ145g


高級パスタソースを!

(今我が家で一番のとっておき人気ソース)




すると彼女は、



「それはやめとく。ふふん」






鼻で笑って断ったのです!




我が家では主人に




レトルト業界に

革命が起きた!
とまで言わせた



ラベットラ落合シェフのソース
を!!


どんなに、このソースのこだわりを伝えても、


「ごめんなさいねえ~、私ってばレトルト食品は口に

あわないのよね~ん(*´д`*)」

と言い張るこの女。

カップラーメンはあんなに美味しそうに食べるクセに…。



そして、彼女はうちの冷蔵庫の食材を確認し、

適当な材料を取り出し、

ブツブツ上記のようなウンチクをのべながら

あのパスタを作ったのですねえ。



ええ、


ええ、


確かに美味しいですよ。旨かったです。


でもねえ、でもねえ、


食べてる間中






「いや~、旨い。マジ旨い。

本当に旨い、ああ最高!」



と連呼するのはやめましょう。


そして私に



「ちょっと、この私の作ったパスタの




最高ぶりを

ブログで讃えなさい
よお!」



って言うのもやめましょう。

(結局のせたけど、これでも満足?)


んでもって、

さも当然って感じで








スカ


って主張するのもやめましょう。



いくら美味しくても、無駄に








ムカツきますから!(怒)




普段は、小心者ぶりな雰囲気を漂わせてるくせに

なんでしょうね?

料理がからむとやたら怪しいハイテンションぶりは…。


普段から誉め言葉と縁の無い、主婦の不満が

たままってるのは分るんですけどね。

ああでも、やっぱり誰か、誰か
あの女の高く伸びきった鼻を

料理の味とレシピ

ヘシ折ってくれる人いないかしら?


あの女のためですよ。(多分)

これ以上天狗にさせちゃあいけない。

私が生きにくくなる。

こんなこと書いてると、遠くから

「ほほほ、折れるもんなら折ってみなさ~い♪」


って高笑いが聞こえてきそうですけどね…。

-----------------------------------------
●いつか私がレシピでへしおります!って方
(*´д`*)●

それでもやっぱり料理上手はうらやましいです…って方も

       ↓ ↓ ↓ ↓
⇒食後のいつもの1クリックを♪人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005-09-15

エスニックバカと呼ばれて

テーマ:グルメ話

本日、姉の手下チー丸が鹿児島に帰ります。

彼女は上京するといつも


「エスニックが食べたい、エスニックが食べたい、

タイカレーが食べたい!辛いもの食べさせて!」


と言います。

どうも、鹿児島には本格的タイやベトナムやマレーシア

なんぞの料理店が無いらしい。

あっても、どんどん消えていくそうですよ~。

ま、確かに彼女の大好きなファーストフードサブウェイも

ずっと前に閉店しちゃったしねえ。(エスニックじゃないけど)

気難しいお土地柄なんでしょうか?


ですから今回も、あちこちエスニッキー(?)な料理を

食べまくりました。


記録がてらご紹介。


最初の夜は

恵比寿にある、韓国家庭料理『ソナム』に行きました。

このお店はけっこう有名ですよね。

名物のカムジャタンが美味しかったです。

チジミも表面がカリリとして中もっちりでしたよ。




翌日は池袋のベトナム料理 『フォーベト』

バインセヨって料理を食べました。

P1000314.jpg
カリカリで中がもっちりした海老ともやしの入った

お好み焼きのようなもんを

添えられた野菜にくるんでエスニックタレで食べます。

お好みでパクチーや紫蘇の葉をいれると、

おお~!異国風味。

ヘルシーで美味しい。

その他フォーなんかも食べましたが、どっかで

ご紹介されてたので、省きます。(かぶるの嫌)




昨日は吉祥寺のタイ飯&カフェレストラン

『アムリタ食堂』に行ってきました。


P1000325.jpg

んま~、素敵な店内。

オープンテラスもありますよ。


暑いから

「テラス素敵ですね~♪


でも中がいいです。 」


って言っちゃったけど。



はい、チー丸待望の
『茄子と鶏肉のグリーンタイカレー』

P1000326.jpg

ランチタイムは小ぶりなサラダバーとドリンクバーと

デザートバーもついてました。


もう一つは『特製アムリタセット』

P1000327.jpg

このパパイヤのサラダみたいなのを、添えられてる

キャベツにのせて食べると美味しい。

籠容器に入ってるのはもち米ですねえ。

左にあるのは・・・・。


P1000329.jpg

「水だよなあ~?」

って思って飲んだらぬるくて・・・。


ん?



Σ(゚*゚;)!!







フィンガーボールでした。


いやあ、どっかの国の優しい王女様が

間違えた客人のために、一緒にフィンガーボールの

水を飲んだって話を思い出しましたよ~


まあ、チー丸は一緒に飲んでくれませんでしたけどね。



P1000330.jpg

小ぶりデザートバーに、かぼちゃのタルトと

桃のぷりんがありました。

ほどよい甘さで、多分タイ風。

満足でございます。


それにしても、私ってグルメのリポーターは向いてない

ですねえ。

名前もよく覚えてないし、

「あ~、美味しかったねえ。」以上は何もなし。



だからグルメ話ってテーマの記事がようやく2話なんですね。

納得。(そんなジャンル作っつとくなって?)


いや、それにしても今回うろうろした街がすごいですよ。


池袋・渋谷・青山周辺・代官山・恵比寿・吉祥寺と・・・






埼玉の新都心

ショッピングセンター

コクーン




すごいフットワークだねえ。

すごいエネルギーだねえ、

でもしょうがないよね


だってうちら











田舎モンだから!


(全国の田舎モン協会の皆様すみません)


余談ですが、

彼女はエスニックバカでもありますが・・








立派なスタババカ


でもあります。



今回滞在中だけで立ち寄った回数


合計5回!


多分本日も2回はよるであろう。
(鹿児島にもできたんだけどねえ)

-----------------------------------------
●やっぱ都会は刺激的よね~(*´д`*)●

スタババカって意味分かるかしら?分かった方は

       ↓ ↓ ↓ ↓

⇒ぜひ回答クリックを♪人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005-01-21

どっぷり、博多長浜ら~めん。『ぼたん』

テーマ:グルメ話
そういえば、昨日久しぶりにラーメンを食べに行った。


あんまりグルメ~なことはグロブに書いたことは
無いんだけど、じつは食べ歩き大好きなの。
秘密にしてるけど、実家はラーメン屋。うふふ。(秘密なんか?)

まあ、コブつきなんで、
昔みたいにウロウロできませんが、

出来れば死ぬほど
美味しいもんを食べたい!


って常々思ってる人生です。ハイ。



「どうも大塚に美味しい長浜ラーメンがあるらしい。」

ってな旦那の一言ですぐに2人で飛んでいきました。

JR大塚駅の北口から徒歩3分ほど、
おお~並んでる、並んでる。

博多長浜らーめん『ぼたん』

古いお店じゃないんだけど、テレビや雑誌で
話題になってるらしく、待つこと約25分。

店内にはぷ~~~んと
豚骨特有の匂いがするする~~♪

出身が九州なんで、豚骨ラーメン大好きな私。

でも、東京の豚骨ラーメンは都会チックに
アレンジされていて
そんなにドンピシャな長浜って
なかなか無いなあ~って思ってました。


でもここのは違う感じ…。

スープだって背脂が相当入ってるらしく
チャッチャとスープを濾すザルが重そうだ…。
その寸胴一つにいったい何頭ぶんの豚が!?
見せて!!
ゲンコツ数えさせて~!!
って言いたいくらい。


ようやく順番がまわってきて、注文しました。
普通のラーメン600円と、トッピング「ばくだん」200円

ん?ばくだん?

なんか、これを入れると、スープにパンチが出て、
2度美味しい!って入り口の記事に書いてあったのヨ。
自慢のトッピングらしい。

でも『ばくだん』ってネーミング。
いまいちかなあ~。
商品のイメージと実際見た目がちょっと違うような…。
(見た目はけっこういろいろ入っていて繊細)

でも、気持ちは分かります。
きっと店主様は

「君の心にばくだんさ!!(*´д`*)」
って言いたかったに違いない。(勝手に納得)


次に運ばれて来たラーメンは
ん~んもう、バッチリでした!!


これぞ長浜~~~~~~!
ギンギンの豚骨!!


もう見た目スープギラギラで、麺はキチ~っと細くて、
いやあ、濃厚、濃厚。
スープ冷めないうちに、
さあ!替え玉!替え玉!
って旦那はなぜか慌てて、麺2口くらいで
替え玉注文してました。
(胃弱ってるくせに…)

んでお会計の際に、レジに立っていたおねえちゃん。
この人がまたよかった。

最初から最後まで大きな声でハキハキ接客してて、
お客さんのみならず、厨房スタッフにも冷たい
お水なんてさりげなく用意してあげてて、
美人だし、髪もきっちり一つ結びして清潔感あるし、

レジでおつりを私にくれる時は、
おつりを握った
右手と、左手を私の手に上下添えて
しっかり私の目を見つめ、にっこり満面の笑みで
「ありがとうございました~」って
送り出してくれたのよ~~~。\(>◇<)/

思わず
「是非、うちの息子の嫁に!!」
 
ってスカウトしたいくらいだったわ。(まだ3歳だけど…)

タダだけど、忙しいとなかなか出来ない
愛のこもった接客よね。


旦那が支払いしなくてよかったよ。
舞い上がって
「是非、オレの嫁に!!」
って言っちゃったかもしんないもんね…。


そういえば、出口にまだズラリと並んでたお客さん
ちょっと秋葉系(もしくは池袋系)の独身男性、一人客が
やたら多かったなあ…。





 




いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。