2009-03-11

介護と家族の心情について

テーマ:4世代同居の話

皆様こんにちは。

春の気配を感じる今日この頃、

いかがお過ごしでしょう?



我が家でも、進級の時期だからでしょうか?


ちょっとした変化が起こっています。




おばあちゃんが、


ついに


自分の入れ歯を






異物と判断するようになりました。





∑(゚∇゚|||)




これまでも、何度も

洗浄のために取り出した入れ歯を、

はめるのを嫌がることがあり、


その度に、なだめたり、説得をしたり、

大人2人がかりで、スキをついてはめてたり

していたのですが、


それも限界がきたようです。




家族で話し合った結果


「入れ歯はあきらめよう。」


って事になりました。




おばあちゃん、






入れ歯の卒業です。



ああ、季節感のある話ですねえ。


この決断は家族にとってけっこう

重いものとなりますよ。




だって、


入れ歯をやめるってことは、




食事の介助難度が上がる。


ってことですから。




とりあえず、

家族のご飯とは別に

お婆ちゃん専用のおかゆを用意

しなくてはなりません。


「おかずはどうしたらいいのかしら?

栄養バランスってどうするの?」


今日の夕飯はお刺身だ、揚げ物だ、

と、今まで気にせずに用意できていても、

お婆ちゃんの食事のことを考えると


「いや、やっぱ煮物にしちゃう?

おかずは刻んじゃう?」


と、お義母さんは頭が痛い様子です。




すると、我が家の頼れるティーチャー

訪問看護士のBさんが

アドバイスをくれましたよ。



「そんな、深刻に悩まずに、





歯茎でつぶせるアレとか、



利用したらいいわよ。」






歯茎でつぶせるアレ。




またまた、未知なる介護ワールドの



扉がギギギ~っと開きましたね。





その界隈では話題?のグルメな世界。



ちゃんとありましたよ。


おばあちゃんの好きな



けんちんうどんも。





しかし、




初めての世界のはずなのに、



初めてな気がしないのは


やっぱり




ついこないだまで息子がお世話になっていた






離乳食シリーズと、くりそつ


ラインナップのせい?




つ~か、



メーカーが同じなんですね。


なんか微妙な気分よ…。




左上の可愛いキャラマークが

キューピーちゃんに似てるようで、


じつは、


まったく違う方向に


いっちゃってる気がするのは気のせい?






こんな便利なグッズですが、


「でも、毎日のことでしょう?

費用のことを考えたら、

そこまで頼れないわよねえ…。」


と、義母は思案顔。


確かに、

どんどん成長する赤ちゃんのものなら、

「今の時期だけ」と割り切って、活用もしやすいですが


先の見えない介護生活の場合、

それ以外にもかかる費用もいろいろあるので、

贅沢品に感じてしまうのかもしれませんねえ…。




ぶっちゃけ、




介護はお金がかかります。



基本的にお家で介護をしていても



レンタルベッド代金、

ベッドにつける柵、器具レンタル代金、

床ずれ防止マットレンタル代金

車椅子のレンタル代金、

デイサービスの送迎、介護、入浴代金、昼食、

ショートステイ代金、

訪問看護士代金、薬代

紙おむつ代金、などなど



ありがた~い一割負担であっても、


その請求額は



月5~6万円



∑(゚∇゚|||)ワオ。




いくら、お婆ちゃんの年金から払っているとはいえ、

今まで無かった出費ですから

家族にとっちゃ痛いですよねえ。。。



でも、これらを省くということは

こちらの負担がモロに増えるとゆ~ことですから

そのバランスを見極めるのが難しいもんです。



入れ歯の卒業一つとってみても、

いろいろ奥が深いんだなあ~ザ・介護。



そして、


入れ歯をはずしたお婆ちゃんにとって、

もう一つ浮上した問題が。



それは…




人相がかわっちゃった。


ってこと。




なんてゆ~か、お口がいつも…







梅すっぱい人


みたいな?





この家に嫁にきて10年足らずの

私としては、ついつい



「う~ん…。


やっぱ似てるなあ。




くしゃおじさん…」



って感想が出ちゃうくらいの、

冷たいあっさり割り切りぶりですが、



長年一緒に暮らしてきた、

義父さんや義母さん、


ましてや、小さい頃から

可愛がってもらった主人にとって、

こんな風に、

お婆ちゃんの老いていく姿を

目の当たりにするのは、

さぞかし寂しい気がすることでしょう。




最近のおばあちゃんは、


名前だって思うように出てきません。


数十年も一緒に暮らしてきたのに、すっかり

どこかに名前がいっちゃった様子です。



そんなお婆ちゃんの姿をもどかしく思ったのか、

義父が、




「俺だよ、俺、


お婆ちゃん、わかるかい??」



と、自分のことを指差して

大声をはりあげたりします。




そうするとお婆ちゃんは顔をしかめて




「この人…





嫌い。(゚Д゚)




とだけ答えたりするのです。





息子としては、


あまりの返事に言葉もありません。




もはや、この人は誰か?って事じゃなく

お婆ちゃんにとっては、


声が大きくて低くて、嫌な感じ。

ってことだけが残ってしまったんですね。



まあ、もともと義父は

おばあちゃんが元気だった頃から

ケンカもよくしていたので、

こんなもんなのかもしれませんが…。



すると、


ここはやっぱり、俺の出番ではなかろうか?



そう思ったらしき、

お婆ちゃんにとってたった一人の孫、

主人がお婆ちゃんの前に、

ズイッと出てきましたよ。


そして、


優しい笑顔でお婆ちゃんに話しかけました。



「おばあちゃん。僕だよ。


わかる?」




すると、お婆ちゃんは表情を少し和らげて


ゆっくりと口を開きました。



「ああ…


ああ、久しぶりだねえ…。」



お婆ちゃんの言葉に、

主人の顔もパア~っと明るくなります。



「そうそう。


おばあちゃん、わかるんだねえ~。」

やはり、いくつになっても孫の力は

偉大なものなんでしょうか。



そして、


お婆ちゃんはこう続けました。




「久しぶり…


ええと…






16番。





∑(゚∇゚|||)





16番?



ば、番号??




呆然とする、主人に向かって

お婆ちゃんは何度もその番号を繰り返し、


そして、後は


何事もなかったように


口を閉ざしてしまいました。




(;´Д`)



もはや、せつないを通り越して…



なんつ~か…


家族一同






笑うしかない。


って感じ?




てなことで、大爆笑。



主人も、ここまできちゃうと


「いやあ、うちのお婆ちゃん、

やっぱ笑わせてくれるなあ。」


と、知人に笑い話として紹介するくらい。




せつないだの、なんだのって感情が

無いっていえばうそになりますが、


そこばかりに気持ちを残していても

仕方がありません。



なんせ介護は現在進行形。



私たちの意志とは関係なく、

状況はどんどん変化しているのです。



90年以上も前に赤ちゃんで生まれた

お婆ちゃんが、

また赤ちゃんに戻っていくってことは

ある意味人間として、自然なことで、

いつかは自分たちも通るであろう道ですから

あたふたしてもしょうがありません。


ありのままに受け入れるしかないですよね。



そんな、


おおらかな気持ちになりながらも


たまには




ペットボトルのコーラを



フタがついたまま


口でモゴモゴさせているお婆ちゃんを

発見して、





「おばあちゃん(^^)








ボケもたいがいに


せえよ!



と、ついつっこまずにはおれない、


家族一同でございます。











AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2009-02-15

未知なる介護ワールドへようこそ

テーマ:4世代同居の話

時がすぎるのは早いもので、



あっとゆ~間に、一番末っ子の皿男が


1歳になりましたよ。





「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

左、皿男1歳、右よっちゃん7歳。



ついこの間、産まれたような気がするのに



気づけば、寝返りをうち、

気づけば、お座りをし、

気づけば、ハイハイもはじめ


あと数ヶ月もしないうちに


歩き始めることでしょう。




ほんと、一日一日と成長しています。


子供の変化の早さには驚かされるばかり。





早さに驚かされるといえば…


こちらの方も、


なかなかのもんです。





ひさしぶり。



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

我が家のご長老。




なぜか、頭には

娘がもらったサンタさんからの王冠と、

耳にはピンクのお姫様イヤリングがつけられてますね。


女はいくつになっても、女よねえ。



顔に、あきらかに加工された画像がついてますが、

これは、最近すっかり眼鏡をかけるのを

嫌がるようになった彼女への

孫嫁からのサービスです。



息子の成長も、目を見張るものがありますが、


うちのおばあちゃんだって負けておりません。




ついこないだまで、


歩いていたと思っていたのに、






気づけば、トイレに行けなくなり



気づけば、眼鏡をはめないようになり、



気づけば、言葉をしゃべらなくなり、




あと数ヶ月もすれば



きっとベッドに



……



……。




ああ、



ああ、



いくらオープンな嫁と言われる私でも、

これ以上は具体的にかけないわ。



ムリムリムリ



と思っていたなら






「年寄りの





寝たきり と ボケを避けるには、


やっぱストレッチよ!(゚Д゚)」



そう、言いながら



嫌がるおばあちゃんに、

ガンガンリハビリして下さるのは、




訪問看護士のBさん。



ありがたいですねえ。



昨年5月頃に、お婆ちゃんが大腿骨を骨折してから、


我が家も、真剣に介護保険などの事を調べ、

いろんな、行政のサービスを受けております。


デイケアサービスやら、


ショートステイやら、


介護器具のレンタルやら、


調べたらいろいろありますよ。



中でも、この訪問看護のBさんは頼りになります。


50歳くらいの、きもったま母さんなのですが、

偶然にも、南九州出身。


あっさり、さっぱり、していて、

ついついマイナス思考になりがちな、介護家族の

悩みやグチにも、即答アドバイスをくれるんです。




義母が、

「おばあちゃんが、食事の時、洋服をすごく汚して…」


といえば



看護士さん


「ああ、でっかいエプロンがあるから。


あれ買えばいいわ!」






でっかいエプロン。






義母が

「なんだか、寝てるときに

勝手に、洋服を脱いじゃうんですよ…」



看護士さん


「ああ、


自分じゃ脱げない服があるから、


あれ着せればいいわ!」






自分じゃ脱げない服







義母が

「世話をしているときに、嫌がってひっかいてくることがあるんです。」



看護士さん

「ああ、そんなときはグローブよ、グローブ!






闘えないグローブ。





介護用品には、なかなか抵抗があって


「え?それ必要なの?うちのおばあちゃんそこまで??」


なんて、思ってる家族も



ぐいぐい未知なる世界へつれていってくれるんです。




看護士さんは言いますよ。



「いいのよ~。

使えるものはなんでも使って、楽しなきゃ~。


1人で大変を抱え込んで、介護するほうが倒れちゃ


もともこもないんだから~。」



なるほど、ごもっとも。



「まあでも、


おたくのおばあちゃんなんて、良いほうよ。


先日行った家庭の、おじいちゃんなんて、私に





殴りかかってくるんだから~!



よっぽどリハビリがイヤなのね。



あっはっは~~(^^)」






つられて、こちらも 「あっはっは~。」



イヤ、プロですな。Bさん。






介護なお婆ちゃんをかかえて、つくづく思うのは



介護は一人じゃできない。



ってこと。




体力的にきついこともモチロンですが、

精神的にも、やりきれない事態が

ついてまわりがちな介護。



年齢のせい、認知症のせいだって

頭ではわかっているのに

嫁姑問題で多少なりとも苦労した義母は


「どうして?、おばあちゃんそんなことするの?

わざとなんでしょ?

私に意地悪してるんでしょ?」


と、ネガティブな方向へ方向へいっちゃいます。


そんな時は、周囲の人間が

「まあまあまあまあ。」


とクッションに入って、

介護疲れで気持ちもすさみがちな義母の

メンテナンスをしてあげなければなりません。


でも、たまに我が家一番のKY(空気読めない)な義父が



「そりゃ、お前の考えすぎだろ~。


いちいちそんなこと気にしてっからダメなんだよ~」


なんて、発言をかまし、


あげくのはてには


「いや、俺がやってもいいんだけどさあ。。。


でも俺、




介護って



向いてないんだよなあ~。(*´д`*)」



てな、のうてんき発言で、






「向く向かないの問題じゃないでしょ!!


私だって、向いてるつもりは無いわよ!(怒)」


と義母の怒火に油をそそいだりしております。



そりゃ、怒るわ…(;´Д`)

義母の介護ストレスを増やしているのは

おばあちゃんだけじゃないのは間違いないわね。




でも、


我が家はまだいいほうですね。


1人の要介護人に対して、大人が4人いるのですから。


なんだかんだと言っても、4人知恵を出し合えば

それなりに乗り越えていけます。


でも、この時代


1人で、ずっしり抱え込んでいる方は多いはず。


しかも、おそらくそう若いともいえない自分の体力とも

相談しながらの、大変な介護。


赤ちゃんと違って、成長の喜びも、

未来も見えないこの重労働に
せつない思いも多いことでしょう。。


ついつい、ベールに包んでしまいがちな

介護のお話しですが、

この高齢化社会では、避けられない現実として

参考になれば程度に、今回もご紹介してみました。


だって、


育児について書かれているブログはいっぱいあるけど

セキララ介護ブログってあんまし多くないですもんね。


(まあ、介護世代がパソコンに弱いって事実も

ありますが。)


そこの奥さん


「うちは、関係ないわ~。」


なんて、のんきに構えてる場合じゃありませんよ。


介護はいつ、どこからやってくるかは分りません。

(いや、分るって?)


今から、手抜き介護の楽ちんグッズ、制度チェックをしていても

ちっとも早すぎることはありませんよ!



とまあ、



くるくる家はこんな感じに盛りだくさんで



順調な日々でございます。ご安心くださいね。


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2009-02-02

介護つき同居について

テーマ:4世代同居の話

同居生活も半年を過ぎ、

お正月もあっとゆ~間に過ぎ、


「で、


同居生活ってどうなのよ?」


と聞かれることも少なくない今日この頃。




介護付き同居について語るとすれば



それは




昼下がりにふいに、内線電話が鳴り





助けて!



お婆ちゃんがガンとして…







入れ歯をはめないの! 」



とテンパった義母から突然の呼び出しを受ける


そんな生活です。





とりあえず、

2009年もぼちぼち元気に生きておりますくるくるです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。(遅いよ)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2008-12-12

クリスマスのステキ演出のすすめ

テーマ:ブログ

お久しぶりです。くるくるです。


皆様体調はいかがですか?

我が家では、四国から戻ってからというもの

常に誰かが風邪っぴきで、

「今年の風邪はしつこいなあ~」と

ぼやいている日々です。


もうすぐクリスマスもやってきますねえ。

12月はいろんなイベントが目白押しなので

どうにか、それまでにはカゼ菌をやっつけたいとこですが…。



さて


けっこう前のことになるのですが、


主人の会社の方からお庭でのホームパーティに

招かれたことがありました。


そちらの奥様が、ご自慢の手料理を

ご馳走してくださったのですが、


「もう少ししたら、


ローストチキンも焼きあがりますからね。」


とおっしゃるので、


「うわ~、自家製ローストチキンなんて、素敵。

本当に、お料理が上手なんですね~♪」


と、いたく感心していたら、


ご主人が


「うちのローストチキンは美味しいですよ~。

一度食べたらヤミツキ。」


なんておっしゃるので、

ああ、奥様のお料理をこんなに誉めて

夫婦仲も良くって、

ほんとにステキ~。(*´д`*)


と、さらに感心しちゃったのですが、


「そんな、料理上手だなんて。

大したこと無いんですよ~。

ほんと、


機械まかせなんですから~。」


なんて、

恥ずかしそうに謙遜される奥様。


「いえいえい~。ほんとに。


ほらっ。」



ってキッチンの奥からぶらさげて来たのが





コレ。






「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

筒型ロースターグリル。



∑(゚∇゚|||)ヒッ



なんか、立ち上がった鶏がピッタリサイズの筒の中で

ぐるぐるまわってますよ。


その様子まるで




日焼けサロン?


(え?違うって?いえ、行った事ないから)



「味付けも、シンプルに



塩コショウだけなんですよ~(*´д`*)。」



ってはずかしそうな奥様。




(;´Д`)





軽く塩コショウしてこの焼き方なら

じゃあ、どっちかってゆ~と…





でっかい焼き鳥?って感じ?


(;´Д`)


いえいえ、

普通にすっごくシンプルで

焼きたてで美味しかったんですよ。

素材の旨味が生きてるってヤツ?


衝撃を受けながらも、

「おいしい、おいしい」とうちらが

ガツガツと食べているさまを見て、


旦那さんが


「あ、じゃあ、


急いで



もう一羽焼く? 」


ってゆ~くらい、こちらのご家庭では

とっても日常的に使いこなされた

マストマシーンみたいでした。



クリスマスも近くなり、

斬新な演出をお探しの方に、絶対

参考にしていただきたく、ご紹介してみました。


パーティである意味注目を集めるのは

間違いないかと思われます。


筒型オーブンロースター



ちなみに、

こちらのご主人は、ホームセンターで

2000円くらいで投売りされているのを見つけて

思わず買ってきたそうです…。

(トースターより安いってどうよ?)



また、

このマシーンのスゴイところは、

これだけではありません。


説明にはこうも書いてありますよ。



串焼きから丸焼きまで

料理の幅が広がります。

クルクル回りながらムラ無く焼きあがります

野菜も



トーストも焼けます




∑(゚∇゚|||)



普段はトーストとしても使えるなんて!


1人暮らしの方にもぴったり♪



今年は彼女と慎ましやかに

ホームパーティなんて

考えているカップルにピッタリではないでしょうか?

部屋の電気を消して、

じ~っとこのグリルの温かい光を


焼きあがるまで眺めるってのはいかが?


愛が深まるような、

そうでもないような気がしますね~(*´д`*)



クリスマスの演出といえば、

もう一つお薦めがあります。


それは





「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

お菓子の家


これは、四国の姉王様が作ったものです。


子供たちと一緒に作ると、

とても盛り上がるそうですよ。


モチロン、これはある程度まで出来上がった

お菓子のおうちキットらしいです。

屋根についてるのはマーブルチョコ。



手作りケーキを作るほど凝ったことは出来ないけど、

手作り感を出したいわ~って家庭には

おすすめかもしれません。


今年は、

こんなご時勢ですし、

定額給付金の話もうやむやになってるし、

(年寄りと子供が多いのでなんだかんだ言いながら期待してた我が家。)


あんましお金はかけずに、

それでいて、ウキウキするような

クリスマスにできるといいなあ~と思っております。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2008-11-18

姉王家便り~2

テーマ:王様(姉)の話

姉王家では、



一杯までと決めているそうです。











お風呂場のおもちゃたち。



ここから溢れるぶんは、処分すると

ルールを作っているそうです。



最初の頃は、

夢も希望も膨らんで

こんなキュートな

お風呂おもちゃネットなんぞ

用意したらしいんですが…




姉曰く




「すぐカビた。」


だそうです。




「けっこう、カビちゃって困ってる家多いはずよ~。


だいたい、これにおもちゃ入れると

どんどん増えて、

ほとんど使わないおもちゃが、

底にたまって、

ついでに水滴もたまって

ぬめりが倍増するのよ~。


可愛くていいものなんだけど、

よっぽどきちんと換気できる家じゃないと

難しいんじゃない。


うちには合わないわ。」


と、あっさり。


「その点、


オケ一杯なら、


毎回お風呂にぶちまけるから



カビのつけ入るスキがない。」


だそうです。



ほんとに、無駄なく暮らしている

姉王様ですね。


参考になりますね。


しかし、そんな彼女でも

心が揺らぐ時があるみたいです。




「半年使ってないけど…


捨てられないのよねえ。」









ステッパー。


なんだか懐かしいわ。


実家に帰った際、弟のとぼれんちんから

奪ってきたらしいけど、

あっさり飽きて、リビングに放置すること早半年。


「え~、じゃあ、処分しちゃえば?」

と、言うと。



「処分したいけど、


これを処分するって事は


ダイエットを諦めたみたいじゃない?


そう思ったら、もう




収納することさえ出来ないの!」


だそうです。


おとめ心は複雑なり。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。