2009-12-25

我が家のサンタ事情2009

テーマ:育児話

今朝、


日本中の子どもたちに起床一番に叫ばれたであろう言葉。



「きた~~~!!ヽ(゚◇゚ )ノ」



よかったですねえ。




もちろん、我が家にもサンタさんはちゃんときましたよ。



長男 よっちゃんの頭上には…





イナズマイレブン2 ~脅威の侵略者~ ファイア [DS]

途中まで全く気付かなかったんだけど、

ファイアとブリザードがあるんですって!

紛らわしいよね。

サンタさん間違えなくてよかったね。


それにしても、小学校低学年がもらうには高価だねえ。

母親としては、スキあれば追放したい…と

ついつい思ってしまう玩具です。



このお兄ちゃんのプレゼントのせいで、妹には

けっこうな、シワ寄せがきましたよ。




娘 真魚の頭上には…



プリンセス スリッポン



プリキュアプリキュアって

言ってた気もするんだけど、

同じピンクだからかまわんでしょう!ってことでサンタさんも

これにしちゃったみたいね。

値段もさすがスリッポンてなくらいで格安。


実物はギョっとするくらいドピンクだったけど本人は

気に入ってくれてセーフ。


実用的なクリスマスプレゼントほど

嬉しいものは無いと親の立場になって改めて思う。


次男 皿男くんの頭上には…


サウンドトレイン E233系京浜東北線


やはり男の子ですね。

きっちり興味が出てきましたよ電車関係。

京浜東北線を選んだのは、主人の勤務先と

何か関係があるんでしょうかね?サンタさん。



それにしても、どのおもちゃも

可愛い包装紙に包まれて、ちゃんと子どもたちの枕元に

用意されているんですから、

ここだけの話、主人もがんばりました。


エライ、パパだなあ~。


と思っていたなら…



あら?


これは何でしょう?



パパの枕元にも赤い包装紙が…。






すると、

その包装紙を開いたパパが


大きな声でこう叫びましたよ。





「うわ~!サンタさん、




パパにもくれたんだ!


WiiのNEW スーパーマリオ~




∑(゚∇゚|||)え?




これね↓


New スーパーマリオブラザーズWii





夫「欲しかったのどうして分ったのかなあ~」


子「パパ、すごいじゃん。よかったねえ~」


と子ども相手に熱演中の夫。


いやいや、おかしいでしょ。ソレ。


いったいどういったサンタ事情なのか、問いただしたなら


本人曰く



「だって、子どもたちの沢山買ったら



ポイントが余ったんだもん!


だそうです。



ヨドバシカメラでついつい長い行列に並んでしまったんだとか。


こんなことしてるご主人、

けっこう多いのではないでしょうか?



ちなみに、私の頭上にも赤い封筒がありました。


その中には、私が一度は食べに行きたいと常々口にしていた

なかなか予約のとれない超人気料理店の…





予約券が!




(*⌒∇⌒*)うわ~~~♪




しかし、すぐに異変に気付きました。





∑(゚∇゚|||)




これって、よく見りゃ






主人の手作り!!







しかも券のすみっこには…





「予約は自分でしてください。」



との記入あり。




lllll(-_-;)llllll



いったい、なんのぬか喜びなプレゼントさ。



夫「いや~、気分出るかと思ってさ~(笑顔)

  いや、いつか行こうよ!絶対に!」



そういいながら、

とってもうれしそうに、スーパーマリオのソフトを

抱きしめる主人でございました。


まあ、そんなこんなで今年のクリスマスは

それなりの、ほしいものをゲットでき、

子どもと夫にとって、満足のいく年となったくるくる家です。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2009-12-17

歯抜けのその後と、子どもの安全対策。

テーマ:育児話

前回の日記にてお知らせしました

あの惨事からおおよそ10日。


再び歯医者さんに行ってきました。






息子の歯、無事 



奇跡の復活。



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。



お医者さんも


「すごいねえ~。戻っちゃったね~」


とビックリしてましたよ。


神経やら、血管やらいろんな問題が

あったはずなのに、


本当に、腫れたりすることもなく、

すんなり何事もなかったかのように

戻ってしまったんですよ。




「やっぱ若さでしょうか?」


と先生に聞いたなら、



「そうですね。



やっぱ若さですね。」


と真顔で答えてくださいましたよ。



今後、変色などの問題もあるみたいですが、

とりあえず、ほっと一息ってとこです。


皆様、いろいろ心配のコメントありがとうございました。

おかげさまで奇跡的にこうして復活でき、

息子の運の良さに夫婦して驚いております。

ありがたや、ありがたや。



さて、あれから


この息子に対しては、いろいろ頭を痛めております。


一人目のヨッちゃんは割りとおとなしいタイプだったのですが、


この末っ子は動きは活発だし、身体は大きいし、

好奇心は旺盛だし、



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


ホールドされてるはずの、

食事用グローアップチェア だって

いつのまにか抜け出してこんな状態。



危険なものほど大好きで、

いつ大惨事第二弾が起きるのか

ハラハラしております。



我が家のセーフティグッズもどんどん増えるばかり。




もちろん、ありますよ。



一家に数台。


「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


がっちり存在感のベビーゲート


お兄ちゃんお姉ちゃんが持ってる触られたくないグッズは

すべてこの扉の向こうへどうぞ。が我が家のルール。



そして台所周辺の必需品は




「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

引き出しロック


親がいちいちあけるの面倒だけど、

フライ返し探して、急いでるときとか

キィ~~!ってなるけど、


これがないと、



ふと気付くと息子が…





キッチンバサミで机を刺してた。



∑(゚∇゚|||)ヒッ




つ~、衝撃的なシーンを目撃し、凍りつくはめになるのです。




あと、もう一つ重要な危険場所が



コンセント。



今までは椅子や敷物や、ゴミ箱などで隠しておりましたが、


そこに



楽しそうな穴がある。


と気付きつつある息子。



穴を見つけると、なぜかそこに差し込む棒を

キョロキョロ探すのが赤ちゃんの本能。



ああ、



大惨事はもうすぐそこまでな予感。




コンセント用にもいろいろ対策はあります。



世間にはこんな





ラブリーセーフティグッズもあるみたいですが、


1歳半をすぎた息子にとっては、これらのものは逆に





危険への誘惑グッズ


間違いなし。


一度くらいついたら、はずすまで

しつこく離れなさそう。



結局は、



ひっそりと気配を消す…

「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


『私は壁の一部です。』


的な、地味めなフタで様子をみております。




この他、


机の角やら、階段の角やら、ちょっとした段差などなど


気になりだしたらとまらない続々危険ゾーン。


またそれらへの安全グッズも次から次へとあって


キリがありません。



お金もかかるしねえ…。



となると、



結局、ここに落ち着いてしまうのが



貧乏人人間の本能ではないでしょうかねえ?







「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


万能プチプチ…0円




「わ~、なんか、これって…(;´Д`)」


かもし出す貧乏テイストに、少しびびり気味の主人に、



「大丈夫!大丈夫!



大事なお客さん来たら取るから!(゚Д゚) 」



と言いながらも、


3日もすればすっかり慣れちゃって


お客が来てもつけっぱなし、なのは言うまでもありません。

(そもそも大事なお客ってだれ?)


それどころか、どんどん増殖するしまつ。



いいんです。


あと1年。

奇跡の偉業のために、

母は、見てくれには負けず、危険を乗り越えてがんばりたいと思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-12-09

油断がまねく、子供の事故。

テーマ:育児話

週末のことです。


末っ子@1歳がお姉ちゃんの真魚@4歳と

部屋の隅っこの椅子に座って

いつものようにふざけていました。


すると、ステーンと音がして


1歳の息子が椅子からひっくりかえったようです。


泣き声をあげながらワーワー騒いでいるので、


「ほらあ、気をつけないと痛い痛いでしょ。」


モップで床を拭いていた私は、


いつものことだと思いながら、


小言を言いながら息子に近づいていったなら



そこに見たのはいつもと違って



口から血をタラタラと流している息子の姿。



∑(゚∇゚|||)ヒイ





「うわあ~~、口切っちゃったの~?」


あわてて息子を抱きかかえ、

シタシタと落ちる血をティッシュでおさえます。


どこを切ったの?大丈夫?大丈夫?


と必死で口の中の傷を確認しました。


すると、


あら、なんでしょう?


前歯の横に


ポッカリとあいたこの




黒い穴。



そこからどんどんどんどん


血があふれてくるじゃないですか。


もしかして、


これは、これは…。




そこに


騒いでるうちらの声を聞きつけてやってきた主人。


その主人に大声で私はこう叫びましたよ。




は!



は、落ちてない?



たぶんここに並んでいたはずの




が無い気がするんだけど!!」




∑(゚∇゚|||)ヒッ




「まさかあ~…。」


そういいながらも、流血した現場をキョロキョロと

捜索する主人。



「歯なんて、そんなもん、



な、ない…



!(゚Д゚)




あった! 」



そういって主人が拾い上げたのは、

赤ちゃんの小さな歯つ~イメージとはかけ離れた

根元からごっそりぬけた、


「じつはこんなに長いの隠れてたのね」


てな感じの



歯の本体そのもの!


←隠れ部分イメージ画像




ギャアアア~~~!!



抜けた、抜けてしまった。



((((;゚Д゚)))



ええ?

あんなことで?

あんな短時間で?

こんな大事なもんが抜けてしまった!


そりゃ、永久歯じゃないから

まだいいのかもしれないけど、

これからどんどん歯が育ってくる、大事な時期に

よりによって前歯の横が抜けちゃうなんて!


と、


頭の中がパニック。




私「どうする?どうする?どうしようか?」


夫「わからん。わからんけど。」



そういって、主人はおもむろにネットで検索を

始めました。




しばらくして、


主人はパソコン前でこう叫びましたよ。



「あ!こ、これだ!


じゃあ、



その歯を軽く洗って…







元の穴に戻して! 」




∑(゚∇゚|||)




戻す??



「ええと、その歯


生きてるってさ!


タイムリミットは


30分


だから、


早く戻して!」




((((;゚Д゚)))




ひええええええ。



落ちた食べ物を3秒以内に口に入れればセーフ。



昔そんな言い伝えがあったような気がしますが、


同じく


歯も、



30分以内に戻せばセーフ?



あった?そんなルール?




とにかく、


ネットを信じて、


一刻も早く戻してみるしかありません。


しかし、


このちっちゃいのに、根元がやたら長い歯を


あの




出血しまくりの穴に?





「ムリムリムリ、やって!きみやって!」



「え?おれ?ムリムリムリ」




しばし、




本気の押し付け合い。



しかし、時間がもったいなく



恐る恐る主人がトライ。




「ぎゃ~~~!!」



子供の悲鳴におののく私ら夫婦。


夫「ムリだ~~。俺絶対むりだ!


だいたい、この歯




どっちが前? 



確かに、

先っちょは小さくってよく見分けもつかず、

おまけに、子供のギリギリと閉じる小さな口に

うちら大人の手をつっこむのは至難の業。



ああでも、


この子の大事な前歯

なんとかこれをクリアできるのなら、クリアしたい!



そう思い、今度は私がその歯をつかみ


嫌がる息子の口をこじ開けて、



その穴へ



強引へグリグリGO!




「ぎゃ~~!入ってく~!!」



そして、なんとなんと、


その小さいけれどやたら長い歯は


すっぽりと息子の歯茎におさまってくれたのです!


「うわ~~、入ったよ。入ったよ。


なんだこりゃあ~~。


で、これからどうすんの??」



ネットによると、歯を入れたなら

抜けて誤飲するのに注意しながら

その後すぐに病院に行けとのこと。


(どうしても出来ない場合は、牛乳に

漬けるって手もあるそうです)



しかし、はたと気付く。



今日は日曜日。



いったいどこへ?



出血して歯が抜けた大惨事ではありますが、

救急車を呼ぶほどでは無いような、

この微妙な感じ。


かといって、泣き叫ぶ小さな子を抱えて、

大病院の救急外来で、何時間も待たされるのも

不安でたまらないじゃないですか。


すると主人が、おもむろに

消防庁のサイトを調べ始めました。


「前に、救急車をやたら呼ばれる事が問題で、

救急車が必要の無い微妙な人に病院を紹介するための

窓口があるって…



ラジオで言ってた。」



おお~。


さすがラジオ好き。


こんなところで役にたつとは!


救急相談窓口に電話をかけると、

今日この時間帯にやっている

日曜診療当番の歯科センターを紹介してくれました。


そして、すぐさま


ほぼスッピン、着のみきのまま状態で、

子供を抱えてそのセンターに

駆け込んだうちら夫婦。


運がいいことに、

たまたま紹介されたのが、

家からそう遠くない地域で、そう時間もかからず

到着できました。



そして、これも偶然なのですが、

たまたまこの日に当番をされてたのが、

小児も担当されてる歯科医の先生で、

あと30分遅ければ帰ってたであろうというタイミングに

診てもらうことが出来たのもラッキーでした。



「いやあ~、歯をすぐに戻すなんて


そりゃ適切な対応でしたね。


つ~か、


よく戻せたね。ビックリだよ!」



と先生。



はあ、そりゃもう必死でしたから。



とりあえず、抜けるのを防ぐために

隣の前歯と接着していただきました。



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


分りづらいですが、チラリと左に見えてるのが

差し込んだ歯。

横の前歯と接着されてます。



この歯が生き残るかどうかは

まだはっきりしておりません。


その抜けた歯が、途中で折れていなかった事と、

歯をもどした時間が早かったことが幸いしているので、

今後、膿んだりすることなく定着すれば

そのまま維持できる可能性が高いそうです。


今は紫色に腫れてますが、

10日くらいは様子を見ることになりそう。



30分ルールをクリアできたんだから、

是非とも生き残ってほしいわ。(切望)



いやあ、しかし


子供って油断ならないですねえ。


だって、


息子が娘と座って遊んでいた椅子ってのは


いたって普通のキャプテンチェアーなんですよ。


←よくみるアウトドアな感じのやつ。


軽いし、布で柔らかいし、高さも低く、

立ち上がったりするんでなく、

おとなしく遊んでたはず。


息子もガッチリ体格で↓


「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

(いつのまにかこんな巨体になっております@1歳児)



とくに警戒すべきもんでもないと思ったのに…



その油断が




歯の喪失


につながると思ったら、本当に恐ろしくなりました。



((((;゚Д゚)))




3人目の子育で、もうベテランね~なんて言われたって




未知なる落とし穴


そこかしこにあるんです。





てことは…

五体満足でこの子らを成人まで仕上げるってのは


もはや




奇跡の偉業


といえるかもしれませんねえ。


ああ、そんな偉業、

このズボラな私に成し遂げることが

出来るのかしら?


はるかなる道のり…。



子供のための教育とか、

将来のための才能を伸ばすとか

そんな云々以前に

五体満足に育てるだけで、こりゃ充分よ!

奥さんあんたたちよくやってるわよ!!

大いに威張れる大仕事よ!

と声を大にしていいたい。いや言ってほしい。



とりあえず、

健康体で成人したみなさん、

今さらながらにその奇跡と

親の運の良さに感謝しましょうね。




今回、あまりの衝撃的な出来事に、


また、


すこしでも多くの育児中の奥様に




「抜けた歯はすぐに歯に戻せ!」


とゆ~メッセージをお届けしたくて


ご報告させていただきました。



落ちた食べ物は3秒内。

落ちた歯は30分内。


お忘れなく。




◆今回歯を戻せと教えてくれたページ

http://www.e-baby.co.jp/tv/report/010822/tv010822.html


◆東京消防庁ホームページ

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/




AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2009-11-06

南国よりおめでた報告。

テーマ:血のつながった家族話

突然ですが…





超、超、超、ほったらかしで

心苦しいほどの久しぶりのアップなんですが…




うれしいことがあったので、


これだけはなんとしてもお伝えしなくては!


そう思い、報告させていただきます。





先日、結婚しました。





「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。



姉王の手下、ちーまるが。


皆様おぼえてらっしゃいますでしょうか?

元、私の同級生でその後、わが姉に手下として

寵愛を受けてる友人その①です。


まあ、長い人生すったもんだいろいろありまして、

ちょっぴりゆっくりめな、お嫁入りとなりましたが、

素敵な伴侶を得て、とても幸せそうなちーまる。



お天気にも恵まれ、お洒落なレストランでのウエディング

となりましたよ。


お料理だって、とっても美味しくて

彼女たちやシェフのおもてなしの心が

十分参列者にも伝わってきます。


一軒家の、こじんまりとしたレストランですから、

参列者は60人ほどです。


親戚や、本当に親しい友人ばかりを招いた

ささやかながらも温かい結婚式にしたいと

彼女は言っていました。



そんな、素敵な結婚式に



あら、不思議





ふと、斜め前を見ると、そこには…





姉王様の姿が!




∑(゚∇゚|||)




ま、


まあ、


なんだかんだといっても、長いつきあいですもんね。

独身時代の後半はほぼ


姉王様にささげた人生

ともいえますし、

この晴れの姿を彼女が見逃すはずもありません。



何度も言うようですが、

もとは私の同級生なんですが、

そんなことは、今となっては関係ないのです。




ま、



それはよいとしても、



あ~らあ~ら不思議



その彼女の左隣に座っているのは…






うちの100キロ兄! (久しぶり)



∑(゚∇゚|||)




兄「まあ、僕もそれなりに付き合いがあるからねえ。」


そ、そうですね。

長いつきあいですから、たまにはうちの兄だって

からんできたりしたのです。

いろいろいろいろ、ありましたよね。

まあ、そこまではなんとかよしとしましょう。



しかし、


いくらなんでも、


これは不思議をと~りこしちゃいません?





なんと、



その斜め横に座っているのは…




初登場、



ピンコの妹!じゃありませんか(うちらの叔母)





∑(゚∇゚|||)




??



いったい、


ピンコの妹さんまでがどうして??


と当然疑問におもわれるでしょうが、



初登場ではありますが、


このピンコの実妹、エイコおばちゃん



ピンコに遜色なしの強烈キャラ。



分け隔てない博愛主義者精神の持ち主で、




「あなたの手下は、わたしの手下♪」



てな大らかムードで

ガッチリ数年前からちーまるを抱え込んじゃってたんですね。

(もちろん、ちーまるの携帯番号、メールアドレスは登録済み。)





ちーまるの人生


どっぷり、くるくる実家連中


取り込まれちゃてますよ。





こうなると、


その体質がアダとなってしまわないか心配です。


頑張りすぎる、彼女のことです。


今後は


新しく家族となる、ご主人の実家


完全はまっちゃうんでしょうかね。


長男の嫁ですし…。




まあ、


結婚ってのはそーゆーもんですし、

それなりの覚悟はあって当然だと思いますが、


それでも、あんまりはりきっちゃうと

後が続かないから…



そう心配になり、


長男の嫁経験者の私としては、黙っていられず


思わず、こうアドバイスをしてしまいましたよ。



「ちーまる!


最初が肝心だからね。


あんまり頑張りすぎないのよ!」



そんな私のアドバイスに、

うんうんと笑ってうなずく花嫁ちーまる。




すると、私の横からも

同じような声が聞こえてきましたよ。



「最初が肝心なのよ!



舐められないように、ビシッとね。!」



見れば、


身振り手振りでアドバイスしているのは


ピンコの妹、エイコおばちゃん



ああ、おばちゃんも

彼女のことをよく知っているから、

同じような心配をしてくれてたんですね。


そうそう、


新妻ってのははりきりすぎず、

自然な感じで、ビシッと…



…。



あら?



でもおばちゃんが話しかけてるのは、

ちーまるの方向じゃありませんよ…。


話しかけているのは、


私らのテーブルに挨拶にいらした、

着物を召したご年配の女性…



「いい?


甘やかしちゃダメよ。


最初から



嫁にはガツンとね!(゚Д゚)


∑(゚∇゚|||)




そう、




エイコおばちゃんが、アドバイスしている相手は


なんと…





ちーまるのお姑さん


(新郎のお母様)



∑(゚∇゚|||)




エイコおばちゃんのガンガンアドバイスに、

ただうんうんと頷く、

人の良さそうなお姑さん。



((((;゚Д゚)))




きけばこのお姑さん、


エイコおばちゃんのご近所散歩仲間だそうです。


そして、


今回の新夫婦の縁談の

きっかけとなったのも、エイコおばちゃんだったのだそうな。



「そうなのよ~。ご近所のお世話になってるお友達なのよ~。ホホホ」



そう豪快に笑うエイコおばちゃんと、

その横で何度もお辞儀をしている

お姑様の関係はどうみても…




女王とその手下



((((;゚Д゚)))



すごいですね。



手下は手下を呼び寄せる。でしょうか?


とにかく、




こうして


めでたく、ちーまるは


さらなる手下ワールドの秘境


足を踏み入れたのでした。



めでたし。めでたし。




























いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-07-07

気付けば7月。近況報告。

テーマ:ブログ

気付けば7月。


相当おひさしぶりになってしまいました。


思わず閉鎖されてしまったのか?ってくらいの放置ぶり。

のぞきに来てくださってた方ごめんなさいね。







ここ数ヶ月はいろいろあって、


バタバタしておりました。




おかげさまで



先日、




ようやく法要も終わり、




いろんな思い出を



主人と語り合ったりしました…。




…。




…。







あ、





ちがいますよ。







まだコチラ





「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


ご健在です。(かろうじて)




誤解させちゃったかしら?




いってきましたのはコチラの法要です。



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


石原裕次郎23回忌法要





なんせ主人が、西部警察大好き世代ですから


「こりゃ、参加せねば!」


ってなことで、大門軍団に会いに

のこのこ出かけてしまったのです。






そして、




現実を思い知る。








「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

隊長!!列の最後尾が見えません!





「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


隊長!われわれの番号が呼ばれるのは


この群衆のさらに後ろだと思われます!




気を失うな!しっかりしろ!!



推定平均年齢50歳を超えているであろう群衆にまみれ、

後戻りすることさえ出来ず、ひたすら待機を続け、

出口まで要した時間



約5時間。



すごいね、裕ちゃんパワー。



そして、ちゃんとコチラもゲットしました。



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

75万通の中の当選。


ぬかりはないぜ。当たったのはジジだけど。






5時間も子連れでそりゃあ大変だった

ことでしょうって?


いえいえ…



3人の子供はお姑さん部屋に




そっと放流。


義父も一緒に飛び出してきたので、





お姑さんは1人で




子供3人世話+老婆介護!



∑(゚∇゚|||)



ええ、ええ、


鬼嫁とお呼び下さい。



そのかわりといっちゃなんですが、

この裕次郎記念品は感謝をこめて

お姑さんにプレゼントするつもりなんですよ。



と思っていたなら…



それを聞きつけた



あのお方が電話でこんなことをつぶやきましたよ。




「まぁ、お母さん…



一目見たいわあ~!ソレ(゚Д゚)」




もちろん、鹿児島のピンコさん



え?でも、これはこっちのお義母さんにどうかあなあって

思ってるんだけど云々…


「いえいえ、どっちかてゆ~と、


お母さんにくれた方がいいんじゃないかしらぁ~。


だって、それはどうみても、



お母さん向きだわあ~~。 」



向きってなんだよ。向きって。


こんなロコツなねだり方があるんでしょうかね。



「おかあさんの、



裕次郎コレクションの横に並べたいわ~。」



え?裕次郎コレクションって

あの数年前に購入して、ホコリまみれで放置されてる

あのワインのこと?




しょうがないので、お義母に相談したら、

「是非かごしまのお母様に贈った方がいい」ってことになり、

苦労した戦利品は娘からの



お中元もどきとしてとっとと鹿児島へ送られることとなりました。







どうしてあの年代は裕次郎とか、美空ひばりとかの

メモリアル品にこうも弱いのか…。





とまあ、

相変らずの3世代生活をぼちぼちと、

おくっております。



最近すっかりブログの更新が

遅れちゃってますのは

介護が大変とか、問題が起こっちゃったとかではなく、


単に、末っ子が激しく動き回る気難しいお年頃になり、

私がパソコン前に座っているだけで、

すぐにやってきて、怒ってキーボードを叩きまくることが

増えているのが原因です。


赤ちゃんながらに、嫌なんですねえ。

親の興味がよそにいっちゃうのは。



一人目育児の頃は

そんなパソコンも触れないような束縛が、

けっこうなストレスでしたが


三人目ともなると、




「じゃあ、しばらく諦めっか。」


と手放すのも、放置も気にならなくなりました。


そんな時期もあるさ。と気持ちの切り替えも簡単テキト~な日々です。




あ、


諦めといえば、うちの末っ子


4月からの保育園申し込みに見事落選し



先の見えない待機児童となっております。





裕次郎献花も待機。



保育園も待機。



もちろん、




特老だって待機中



がんばれ厚生労働省。がんばれ姑、がんばれ私。
















いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。