2007-05-31

ときめきの3世帯同居、近況報告。

テーマ:4世代同居の話

半月ほど前、


主人の実家の壁に、こんなものがはりつけられました。












建築計画のお知らせ。






∑(゚∇゚|||)


キターーーーー!!




ついにきたのね!



3世代同居のための、

お家の建て替え!!


くるくるさんちってば、順調に同居話がすすんでるのね!!



ええ、ええ、そうなんです。

ブログをさぼっていたその間、私だって遊んでいたわけじゃありません。


家の建て替えのために、建築家さんを探しまわり、

これぞとう先生にめぐり合い、

何度も何度も家族間と話し合い、

間取りや、設備やなんやらで揉め合い、言い争い、

打ち合わせに打ち合わせを重ね、


ふと気づいたら




壁にこれが貼ってあったのです。




コレね。


何度見ても、感慨深いですねえ…。



しかし…、



一つだけ、問題があるんですよねえ。




確か、まだ




見積もりが…







1千万円以上

合わなかったんじゃありません?






∑(゚∇゚|||)ヒッ






知らなかったですねえ。


この建築計画のお知らせってのは、

予算があってろうがなかろうが、

とりあえず、一定期間前から



「予算は合うであろうことを仮定して、


ご近所の皆様に建てちゃう宣言!


(着工予定日つきで)
 」



しないといけないらしいんですねえ。
(え?ちょっと違う?でもたぶんこんな感じ。)



銀行からの借り入れだってまだ正式には

決定したわけでもないこの時期に!



こんなもん貼られちゃったもんですから、

建て替えの噂は、またたく間に近所に広まっていきます。



「あらあ~、おたくついに建て替えるのねえ。

○月○日っていったら、もうすぐじゃない~。」


「すっごいわねえ。頼もしいわねえ。

親孝行な息子さんを持ったわねえ~。」



何も知らない皆さんが、口々にそう声をかけてきますよ~。


((((;゚Д゚)))うわわわわわ ←プレッシャーに押しつぶされそうな主人




言い訳させていただきますが、

なぜか発生してしまった1千万円以上の差額ですが、


なにも、特別贅沢な建物を作ろうとしているわけじゃないんですよ。


玄関は総大理石だとか、お風呂はジャグジー付だとか、

そんな仕様を取り入れてる家ではないんです!

どうも、ここ数年、

北京オリンピックへ向けての中国国内の建築ラッシュや、

石油高騰の影響により、建築資材がぐんぐん値をあげており、

数年前に比べて2割ほどお高くなっているんだとか。


本当に本当に、厳しいです。


おまけに、2世帯分の設備ですから、普通に1軒家を作るよりも

1.5倍ほどは価格は跳ね上ちゃうのですよ。


かといって、1世帯設備の同居には踏み切れません…。



だってそんなことしたら、その新居は1ヶ月もしないうちに




女たちの戦場


と化すことでしょう。





なんとか価格を下げるために、建築家さんと削れる部分は無いか

必死で話し合います。


「う~ん、この床材をもっと安いメーカーに変えてみましようか…。」


「ここの照明は、必要ないかもしれませんね。はずしましょう。」


「ベランダのウッドデッキですが…。」


ああ、設備と一緒にどんどんも削られていきますよ。




しかし、あちこち見直して、削ってはみるものの、

なかなか目標の金額にたどり着かないこの現実。

いったいどうなってるんでしょうねえ?



建築家の先生も、だんだんとあせってきますよ。


「ええと…。後はどこを削れるかなあ…。ここはもうこれ以上無理だしなあ。」


苦しそうな表情を浮かべています。


「う~ん、でもあんまりキッチンの設備を

落とすのは嫌だからなあ…。ある程度、ちゃんと残せるところは残さないと

せっかくの新居ですからねえ…。」


ああ、さすが先生。いくら予算が厳しいからといっても、

ちゃんとポイントは押さえてくれてるわあ。


先生の気遣いにしみじみする私。


すると、先生はふと思いついたように、こう言ってきたのです。



「ところで、この…






トイレのドアっている?
 」






∑(゚∇゚|||)




ト、トイレのドア?




こくんとうなずく、

いたって真剣な表情の先生。





((((;゚Д゚)))




きてる?

もしかして、きちゃってます?

先生の


限界も、すぐそこまで!?





((((;゚Д゚)))うわわわわ




言葉につまった私と主人は


「ええと。


とりあえず…





両親と相談させてください。」



と答え、

家路に着くしかなかったのです…(;´Д`)。




毎日がテンパリ祭り。

リミットはもうすぐそこまで!

いったいどうなる、建て替え計画?

頓挫してご近所のいい笑い者?



現在 超リアル進行中につき


つづく。




※うちが貧乏なばっかりに、

思わずあんな言葉がでちゃった先生ですが、本当は

こんな↓専門の本にのっちゃってるようなちゃんとした方なんですよ。

 

悪いのはうちなんです。
貧乏って罪ねえ…。

------------------------------------------
●いやあ、噂には聞いていたけど大変なもんだねえ~(*´д`*)●

できれば、トイレのドアは死守すべきでしょう!ってご意見の方は

       ↓ ↓ ↓ ↓
⇒ドア温存クリックを!人気blogランキング
 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

くるくる奥さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■トイレのドア

初めまして

そのトイレを誰が使い、誰が掃除するのか、で、ドアの設置は決まると思います。
自分にとって一番負担の無い形がストレスレスの我が家(^^♪ですよん。

9 ■近況報告待っていました!

いつも更新楽しみにしています。書き込みは
初めてです。 いくらなんでもトイレのドアは死守すべき!です。 だってドアの役目は個室って
役目もあるけど、、、匂い(汚くてごめんなさいっ)
も留めてくれるじゃないですか?!それに音とか・・・(あぁぁ、、汚くてすみません)
頑張って死守して下さいね

8 ■あぁ~でも・・・

凄く大変ですけど お安くする方法があります。

洋服でアウトレットってあるでしょ?
建材にもあるんです。
そういうのを使えば少々はお安くなるのではないでしょうか?
どこに行けば売ってるのかは 調べてください。

また 新品でないと嫌な方にはお勧めしませんが
リサイクルを使うというのもあります。
手間は掛かりますが お安くなると思います。

では 健闘を祈ります。

できれば 次は早めの更新をお願いしますね。

7 ■うちの実家で・・・

はじめまして、某奥様の所の方からやってきました。
トイレのドアと言うと、数年ぶりに実家へ帰ったらリフォームしてたみたいで、外壁からなにから新しくなってまして、ええ、素通りしてしまいました。(^^;)
中に入ってみると、トイレの大小どちらともドアがネェ。ちょうつがいもネェ。母曰く、「中で倒れでもしたら、あぶないからねぇ」。むむぅ、確かに鍵かけて中で倒れられてたらそりゃ困るけど・・・。おちつかねぇんだよ。(^^;)
お年寄り組の方は、ドアなくてもいいかもですが、こちらは、付けといた方がよろしいですよ。

6 ■無題

はじめてコメントします。

我が家のトイレは、ズバリ、個室じゃありません。

トイレをオープンにするのならば、せめて1箇所は「ちゃんと個室」になるところが確保できれば、いいんじゃないですか(無責任)。

5 ■でも

娘さんがお年頃になったらドアが無くちゃ嫌かも(^_^;
ホームセンターで板を買ってきて、ご主人につけてもらったら少しは安くなるでしょうか....

4 ■(>m<*

リゾート地のバリでは、トイレはオープンですし。
バリ風にアレンジしたトイレってことで♪


3 ■トイレのドア。

建築士、という人種はトイレのドアを意外と
つけなくていいもの、と思うことが多々あるようです。
吹き抜けのトイレ作った人もいますし…。

希望はしっかり出さないと「俺の案が受け入れられた」
と勘違いされるので、お気をつけて…

2 ■そうそう・・

予算が合わないってのはありました。
つーか、うちの場合、私はカヤの外で同居話が進行していたという悲しい出来事でしたが(笑)

1 ■ドア

ドア要らないかも!!
100均でカーテン買って
つければ良いかも♪

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。