2005-02-21

わが家の最強の暴君!~姉の話~

テーマ:王様(姉)の話
最近、4人兄妹話をよくプログに書いておりますが、

前に、ちょっとご紹介したことある、
姉について、今日はもうちょっと詳しく
書いてみたいと思います。



彼女は、私より4歳年上なんですが、
私は彼女がどんな性格か、
20歳を過ぎるまで全然知りませんでした。

小さい頃は、「年下はキライなの~」なんて言って、
あんまり私らとは遊んでくれなかったのですね、彼女。



でも、2人とも成人して、それまで離れて暮らしていたのに、
また地元で一緒に生活するようになってから、
一緒に買い物に行ったり、旅行に行ったりと、
急に接近するようになりました。





その時しみじみ感じたことは…。





「この女、なんつ~自己中心な女だ。」


ってことでした。





前にも書きましたが、
なにしろうちの 姉の前世は王様 です。

はっきりモロッコ系の国王だったと占い関係の人に言われ、

それを聞いた時、私も友人もみんな

「そうかあ~、やっぱり…」と妙に納得したくらいです。

           (モロッコ系ってのもよく分かりませんが…)




うちの兄も妙な自信のある人間ですが、


それをド~ンと上回る

妙な自信のある女なのです。

(困った姉弟だなあ…)





彼女はたまに

「ねえ、私ってさあ、友達少ないと思わない?」

って私に聞いてくることがあります。



私はまあ、性格に問題が?とは思っていても

「う~ん、ま、この年齢になると、
狭く深くの友人でいいんじゃない?
数の問題じゃないんでは?」

って適当な返事をするのですが、



姉は、指を折って友人の数を数えだします。

「○○でしょ、○○子でしょ、あと○○も入れとくか…」


そして、片手を使い終わらないうちに
数え詰まると

ちょっと考えて、




「ねえ、あんたも、
数に入れていい?」



って聞いてくるのです。




私は

「え?、いやあ…。つ~か、友達じゃないし。」

と一応、お断りしてみます。



すると姉は

「じゃあ…、あんたの友達でもいいや」

って言って、指を折るのです。


はあ??


意味がわかりません…。



でも、

その本当の意味はすぐにわかりました。





ある日、
私が、高校時代からの友人、
ちー丸(あだな)と、
遊ぶ約束があって、出かけようとしたら、

姉が「私も行くわ。」

と言って車に乗り込んできました。



「え~?なんで姉ちゃんがいくのさ!」

って私が言っても、

「いつも話しに出てくるちー丸でしょ?いいじゃない」

と言って降りません。


まあ、気心の知れたちー丸だし、いいか。
と私は姉を連れていきました。

案の定、人の良い友人は
「わ~、お姉さんですか、初めまして~」
って違和感なく受け入れてくれました。


姉は人見知りなんてしない人間なんで、
どんどんちー丸にも話しかけ、
その日はそこそこに盛り上がり、
楽しい休日でした。



でも数日後、

ちー丸と電話で話す機会があった時、

彼女はちょっととまどった感じでこう言いました。



「ねえ…。お姉さんって変わってるね。

こないだはビックリしたよ…」



私は、何にも思い当たることがなかったので、
不思議に思い、詳しく聞いてみました。


チビ丸の話はこうです。


先日3人で遊んだ日、
姉とチビ丸がデパートの化粧室を
利用することがありました。


チビ丸が個室から出て洗面台で、手を洗っていたら
うちの姉が出てきて、
自然と2人並びながら、
軽く口紅などの化粧直しを始めました。



すると姉が横で



「いや~、それにしても、

かわいいよね~。ホントかわいいわ~」


って呟いたらしいのです。





初対面のチビ丸は、
姉のストレートな誉め言葉に、
ちょっと照れながら


「え~~?そんなぁ…♪」


って鏡ごしに姉の方をチラリと見たら





姉は








「ほんと、

かわいいと思わん?



私って。



と、一言。






一瞬チビ丸は、

「これはジョークなんだろうか??」


と思ったけど、

姉があまりにも真剣に、
視線もそらさず鏡を見続けているので、

なんて返したらいいかわからず。
とりあえず、「そう…ですね」と答えたそうな。



言っておきますが、

うちの姉は可も無く不可も無い、
ふつ~の庶民顔です。

それまで、かわいいやら美人などの言葉で
チヤホヤされた経験は無いと
思うのですが…。


いったいこの彼女の自信はなんなのでしょう?




私は、チビ丸に

「変な姉でごめんね~~~。
もう今度遊ぶ時は
連れていくのやめるから」

って言いました。


すると、チビ丸は



「それが…」


って言葉を濁します。




「いや…、あの次の日にお姉さんから電話があって…」



は??( ̄Д ̄;;


電話??




そういえば…。




私は姉が
「チビ丸にちょっと聞きたいことがあるから」
って電話番号を聞いてきたことを
思い出しました。




どうも姉は、チビ丸に電話をし、



いきなり





「私たちもう
友達ってことで
いいかなあ~?」


って言ってきたらしいのです。




チビ丸は相当ビックリしたけど、
とまどいながら、とりあえず、

「え、そうですねえ」

と答えたら




うちの姉は





「じゃあさ~、
次の休みはいつ?」





ってのたまったそうな。







そういえば、思い出しました。

うちの姉は学生時代も、
学校内で見かけた、名前も知らない女子生徒に

いきなり

「ねえ
友達にならない?」

って声をかけたナンパ師。


モチロン、その時はその彼女には
怪しまれて断られるのですが、
ガッチリ狙いを定めて、
結局最後は
自分の手下にしてしまうのです。


チビ丸も例外ではありませんでした。

彼女もこれがきっかけですっかり今では
姉の手下です。

私抜きで遊びに行くこともしょっちゅうです。



姉はときどきこう言います。

「私もあんたも友達が少ないんだから、
共有すればいいじゃん。細かいこと、
気にしなさんな~~~」



でも、



最近、腹が立つのが


私の友人に



「ねえ、正直に言って。

私と妹、どっちがより

親友かって聞いたら


どっち?


やっぱ私?




って聞くことです。


友人がもし

「ええと…。どっちも大切だから…。
 でもつきあきが長い分、○○ちゃん(私)
 の方かな……。」

なんて答えようもんなら、


「もう~~~。(笑)


妹には気を使わなくて

いいから、ねえ



本当の事を言って! 」



と自分の名前があがるまで、

しつこく

聞き続ける王様ぶり。





女にしておくには惜しい

と何度も周囲の人はつぶやきます。






結局これまでに、姉に強引に共有された

私の友人は3人、

兄の彼女は1人です。(←こんなところにも被害あり)

くるくる奥さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。