2009-02-15

未知なる介護ワールドへようこそ

テーマ:4世代同居の話

時がすぎるのは早いもので、



あっとゆ~間に、一番末っ子の皿男が


1歳になりましたよ。





「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

左、皿男1歳、右よっちゃん7歳。



ついこの間、産まれたような気がするのに



気づけば、寝返りをうち、

気づけば、お座りをし、

気づけば、ハイハイもはじめ


あと数ヶ月もしないうちに


歩き始めることでしょう。




ほんと、一日一日と成長しています。


子供の変化の早さには驚かされるばかり。





早さに驚かされるといえば…


こちらの方も、


なかなかのもんです。





ひさしぶり。



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

我が家のご長老。




なぜか、頭には

娘がもらったサンタさんからの王冠と、

耳にはピンクのお姫様イヤリングがつけられてますね。


女はいくつになっても、女よねえ。



顔に、あきらかに加工された画像がついてますが、

これは、最近すっかり眼鏡をかけるのを

嫌がるようになった彼女への

孫嫁からのサービスです。



息子の成長も、目を見張るものがありますが、


うちのおばあちゃんだって負けておりません。




ついこないだまで、


歩いていたと思っていたのに、






気づけば、トイレに行けなくなり



気づけば、眼鏡をはめないようになり、



気づけば、言葉をしゃべらなくなり、




あと数ヶ月もすれば



きっとベッドに



……



……。




ああ、



ああ、



いくらオープンな嫁と言われる私でも、

これ以上は具体的にかけないわ。



ムリムリムリ



と思っていたなら






「年寄りの





寝たきり と ボケを避けるには、


やっぱストレッチよ!(゚Д゚)」



そう、言いながら



嫌がるおばあちゃんに、

ガンガンリハビリして下さるのは、




訪問看護士のBさん。



ありがたいですねえ。



昨年5月頃に、お婆ちゃんが大腿骨を骨折してから、


我が家も、真剣に介護保険などの事を調べ、

いろんな、行政のサービスを受けております。


デイケアサービスやら、


ショートステイやら、


介護器具のレンタルやら、


調べたらいろいろありますよ。



中でも、この訪問看護のBさんは頼りになります。


50歳くらいの、きもったま母さんなのですが、

偶然にも、南九州出身。


あっさり、さっぱり、していて、

ついついマイナス思考になりがちな、介護家族の

悩みやグチにも、即答アドバイスをくれるんです。




義母が、

「おばあちゃんが、食事の時、洋服をすごく汚して…」


といえば



看護士さん


「ああ、でっかいエプロンがあるから。


あれ買えばいいわ!」






でっかいエプロン。






義母が

「なんだか、寝てるときに

勝手に、洋服を脱いじゃうんですよ…」



看護士さん


「ああ、


自分じゃ脱げない服があるから、


あれ着せればいいわ!」






自分じゃ脱げない服







義母が

「世話をしているときに、嫌がってひっかいてくることがあるんです。」



看護士さん

「ああ、そんなときはグローブよ、グローブ!






闘えないグローブ。





介護用品には、なかなか抵抗があって


「え?それ必要なの?うちのおばあちゃんそこまで??」


なんて、思ってる家族も



ぐいぐい未知なる世界へつれていってくれるんです。




看護士さんは言いますよ。



「いいのよ~。

使えるものはなんでも使って、楽しなきゃ~。


1人で大変を抱え込んで、介護するほうが倒れちゃ


もともこもないんだから~。」



なるほど、ごもっとも。



「まあでも、


おたくのおばあちゃんなんて、良いほうよ。


先日行った家庭の、おじいちゃんなんて、私に





殴りかかってくるんだから~!



よっぽどリハビリがイヤなのね。



あっはっは~~(^^)」






つられて、こちらも 「あっはっは~。」



イヤ、プロですな。Bさん。






介護なお婆ちゃんをかかえて、つくづく思うのは



介護は一人じゃできない。



ってこと。




体力的にきついこともモチロンですが、

精神的にも、やりきれない事態が

ついてまわりがちな介護。



年齢のせい、認知症のせいだって

頭ではわかっているのに

嫁姑問題で多少なりとも苦労した義母は


「どうして?、おばあちゃんそんなことするの?

わざとなんでしょ?

私に意地悪してるんでしょ?」


と、ネガティブな方向へ方向へいっちゃいます。


そんな時は、周囲の人間が

「まあまあまあまあ。」


とクッションに入って、

介護疲れで気持ちもすさみがちな義母の

メンテナンスをしてあげなければなりません。


でも、たまに我が家一番のKY(空気読めない)な義父が



「そりゃ、お前の考えすぎだろ~。


いちいちそんなこと気にしてっからダメなんだよ~」


なんて、発言をかまし、


あげくのはてには


「いや、俺がやってもいいんだけどさあ。。。


でも俺、




介護って



向いてないんだよなあ~。(*´д`*)」



てな、のうてんき発言で、






「向く向かないの問題じゃないでしょ!!


私だって、向いてるつもりは無いわよ!(怒)」


と義母の怒火に油をそそいだりしております。



そりゃ、怒るわ…(;´Д`)

義母の介護ストレスを増やしているのは

おばあちゃんだけじゃないのは間違いないわね。




でも、


我が家はまだいいほうですね。


1人の要介護人に対して、大人が4人いるのですから。


なんだかんだと言っても、4人知恵を出し合えば

それなりに乗り越えていけます。


でも、この時代


1人で、ずっしり抱え込んでいる方は多いはず。


しかも、おそらくそう若いともいえない自分の体力とも

相談しながらの、大変な介護。


赤ちゃんと違って、成長の喜びも、

未来も見えないこの重労働に
せつない思いも多いことでしょう。。


ついつい、ベールに包んでしまいがちな

介護のお話しですが、

この高齢化社会では、避けられない現実として

参考になれば程度に、今回もご紹介してみました。


だって、


育児について書かれているブログはいっぱいあるけど

セキララ介護ブログってあんまし多くないですもんね。


(まあ、介護世代がパソコンに弱いって事実も

ありますが。)


そこの奥さん


「うちは、関係ないわ~。」


なんて、のんきに構えてる場合じゃありませんよ。


介護はいつ、どこからやってくるかは分りません。

(いや、分るって?)


今から、手抜き介護の楽ちんグッズ、制度チェックをしていても

ちっとも早すぎることはありませんよ!



とまあ、



くるくる家はこんな感じに盛りだくさんで



順調な日々でございます。ご安心くださいね。


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2009-02-02

介護つき同居について

テーマ:4世代同居の話

同居生活も半年を過ぎ、

お正月もあっとゆ~間に過ぎ、


「で、


同居生活ってどうなのよ?」


と聞かれることも少なくない今日この頃。




介護付き同居について語るとすれば



それは




昼下がりにふいに、内線電話が鳴り





助けて!



お婆ちゃんがガンとして…







入れ歯をはめないの! 」



とテンパった義母から突然の呼び出しを受ける


そんな生活です。





とりあえず、

2009年もぼちぼち元気に生きておりますくるくるです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。(遅いよ)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。