2007-09-27

魔の2歳児~イヤイヤ期は続くよどこまでも~♪

テーマ:育児話

今日は、ちょっと怖い話を…。



暑さ厳しい8月の夜のことです。


私たち家族が、川の字になってすやすやと眠っていた


深夜2時頃、



突然、暗闇をつんざく悲鳴が!





「ギャ~~!イヤ~~!!」



Σ(゚*゚;)!!





何?


火事?どろぼう?




??((゚Д゚≡゚Д゚))??






慌てて目を覚まし、周囲を見回す私と主人。


すると、目に入ったのは火事でも泥棒でもなく





「ギエ~!イヤアア~!」


と雄叫びをあげながら、目は閉じたままで

のたうちまわる


娘@2歳。





(;´Д`)「……。」


どうも、寝ぼけているようです。



最近、増えてきたんです。夜中の寝ぼけ。


しょうがないので、適当に身体をポンポンと

叩きながら寝かしつけようとしましたが、

いつもと違って、なかなか治まりません。


そのうち、自分のでっかい泣き声に

目が覚めてしまったらしく、

目をパッチリと開いたまま、号泣しはじめます。





深夜2時の絶叫&号泣。




やたら脳天に響きます。



主人の顔も険しく、暗闇から

『どうにかしろよ』的な視線も送ってきますよ。



そこで私は、彼女の気持ちを落ち着かせるために、

麦茶を飲ませることを思いつきました。


育児も2人目となると、余裕があるってもんです。


夏場はのどが渇くので、夜中にいつでも

飲めるように、枕元に子供用の

ストロー付き水筒に

麦茶を用意していたのですねえ。
← 勿論、こんな感じのこぼれにくいヤツ必須。


これぞ育児書も認証の正しい育児。



「じゃあ、真魚ちゃん。おちゃ飲もうか?」


優しい声で水筒を渡す私。


すると、それを見た娘が…







「いや!(怒)ぎええぇ~!」




∑(゚∇゚|||)




まさかの
怒り倍増。




ひっくりかえって、のた打ち回って、

一気に怒りの泣き声がマックスに!!


なに?この反応?育児書と違うくない?



「お茶いやだった?いやだった?

じゃあナイナイしようね??」


って慌てて遠くに放り投げると、

これまた

カンに触った
らしく




えええええ~~!!」



怒りさらに
加速!





あまりのおたけびに、息子までもぞもぞと動き出し

「うるさいよ~。ねむいよ~。シクシクシク」

と泣き出します。



(;´Д`)うはああああああ。



2歳児経験者のお母様ならもうおわかりと思いますが、


これがあの有名な…




魔の夜泣き



ってヤツですね。(多分)



娘の場合、それに反抗期ってのも加わって、

非常にタチが悪いです。


なかなか泣き止まない娘に、


主人は、無言で窓を閉め

クーラーのスイッチを入れ始めます。(長期戦の覚悟?)



とにかく、どうにかして泣き止ませなくては!

深夜2時という現実が、私の心をあせらせます。



「うちわ、パタパタする?お腹スリスリする?」


娘にいろいろ声をかけますが、彼女の

泣き声はその度にヒートアップするばかり。






「どうしろっちゅうんだ!(怒)」


思わず、逆ギレもかます私。



すると娘は、グシャグシャに泣きはらした顔で

ヒクッヒクッとしゃくりあげながら、

こう言ったのです。









「ジャーする。」




……。






ジャー?


な、


なんだろう?ジャーって??


一瞬シーンと静まる、寝室。




「ジャーする。」


娘はもう一度そう繰り返し、






静かに、先ほど私が放り投げた


水筒を指差したのです。





(゚Д゚|||)…。




と…、とりあえず水筒を手元に引き寄せる私。



娘は水筒を手に取り、フタを開けろと

合図を送ってきます。


「お…


おちゃ、飲むのね?はいはい。」



ストローの口を開けて娘に差し出すと

娘は怒りの顔でイヤイヤをし、

またもくり返します。




「ジャーする。」



∑(゚Д゚|||)




どうみても、ストローではなくて、

フタそのものを取れといっている様子。


しょうがないので、一応フタを取る私。


すると娘は満足そうにそれを受け取り…




じゃああ~~っと…




ぎゃ~~!!!」




今度は悲鳴を上げたのはです。

勿論、慌てて水筒を娘から奪い取りましたよ。



「こ、こぼす気!?(゚Д゚)」



急な私の大声と、水筒を奪われたショックで




またもや娘の絶叫復活。


「ぎええええええ~怒」



すると、その様子を見ていた主人が

非常に眠そうな、そして不機嫌そうな声で

こう言ってきたのです。


「なんだよ~。今のはママが悪いよ~。

せっかく泣き止んだのに…」



「はあ?(怒)」



あまりの主人のセリフに怒った私。


「なに?じゃあコレをジャーしろって言うの!?」


力いっぱい主人に水筒を渡しましたよ。


そこには、


いつもよりも、


なみなみと注がれた満水の麦茶が…。



∑(゚∇゚|||)うっ ←主人



そんな、うちら夫婦がもめている間も、

娘が怒り狂いながらその水筒を

よこせ、よこせと言ってきます。


事態は最悪な局面を迎えております。



しょうがない、しょうがないから


とりあえず、主人に目で合図を送りましたよ。



とりあえず、



『オ・マ・エ 飲め!』





∑(゚∇゚|||) 
←主人




『一気に!でも悟られるな!』



娘の前に身体をずらし主人からの視線を

はずします。その瞬間に主人は


深夜の麦茶ガブ飲み。



娘に怪しまれない程度の四分の一程度を残し

口をぬぐいながら、


「はい、まおちゃん、おちゃ。」


と手渡したのです。


娘は、怒りの表情で水筒を受け取ると中身を確認して

当然のように…







布団の上にジャー。




∑(゚∇゚|||)




ぎゃあああああああぁぁ…』 (私の心の声)



そして、全部お茶をこぼすと、

満足そうな表情を浮かべて




その お茶の上にバタンと横になり

スヤスヤと眠ってしまったのでした。



……。




呆然とする、残されたうちら夫婦…。



……。



とりあえず、無言でぬれた布団をふける所だけ

そっとふき取り、(娘の下は放置)

お互い何も言葉は発することなく

ふたたび、静かに床についたのでした。




ホントに



怖いですねえ…。


魔の2歳児。



3歳までまだ半年もあるって現実が

受け止めきれない。

いや、そもそも3歳で終わるって保証も無いのか…。




とりあえずこの話を、最近4人目を出産したママ友に

したなら、かえってきた言葉が





「だからあ、うちでは




麦茶じゃなくて水よ!(゚Д゚)
寝室では絶対!」


でした。


うはっ、そこなんだ…。(;´Д`)



ああ、夜が怖い。寝るのが怖い。


しかし、
魔の2歳児の奇行は昼、夜関係なく続きます。



主人の実家から借りてきた

数十年前の、



こーんなマッサージ機を

(ブルブルと震えるだけの大雑把マシーン)
発見した娘が、

ギリギリとひきずって

持っていくと言って聞かなかった先は…








コチラ。








ああ、確かに似てるね。



←多分こんなのとカン違い中





そして、





見るな、ドアを閉めろと足をバタバタさせながら

1人になることを要求。

笑顔で、1人になって何をする気なのか…。



「便器の中に落としませんように…。」

そう祈りながらそっとドアを閉めるやる気の無い無力な母。


2歳児って世界一自由だなあ。



1人目育児の時より、ずっとあきらめが早くなった事を

長所が増えた

自分を納得させるのがせいいっぱいの母でございます。


------------------------------------------
●本当に、本当に忍耐の日々なんですよ。やってらんないぜえ●

大丈夫。明けない夜はないのよ!と気休めでもいいから

       ↓ ↓ ↓ ↓
⇒はげましのクリック要請♪人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2007-09-21

秋の味覚、我が家に旬がやってきた。

テーマ:グルメ話

秋ですね。

食欲の秋ですねえ。


秋といえば、いろんな食材が美味しいですね。

秋刀魚もスーパーで安くなってますよ。

塩焼きに大根おろしとポン酢なんて最高じゃないですかあ~♪


我が家は果物もお菓子も大好きなので、ついついネットで

ショッピングをしちゃったりしますよ~。


つい先日も、衝動買いをしちゃったんです。


やっぱり秋の味覚といえば…




き・の・こ♪




炊き込みご飯でも、バターソテーでも、天ぷらでも

いろいろ楽しめちゃうのもいいですよね~。


ネットで産地直送のと~っても新鮮なキノコを

見つけてしまい、前々から欲しかったのもあって

思い切って購入しちゃいました。


で、届いた商品がコレです。














旬のシイタケ、菌床付き。




その名も


椎茸デル蔵くん。



佐倉きのこ園、しいたけデル蔵くん




やっぱり、

旬ってゆ~ものは



収穫してこそ喜び倍増
でしょう。




お店側からの説明によると、

6ヶ月で

40個~50個のしいたけが


次から次へ
生えてくるとか!


うひょ~!しいたけパラダイス?




前々から

いいなあ~って狙っていたんです。

でもズボラな私では、夏の猛暑を乗り切ることは出来ないと

あきらめておりました。


しかし、もう夏も終わりだし、もしかしていけるんじゃね?と思い

トライすることにしましたよ。


2個買うなら、送料が無料って言葉に引かれて、





ご近所の奥様 にも


ムリヤリ買わせる
ことにしました。





上の写真は、届いたその日の写真なのです。


でも、もうすでに椎茸がポコポコ♪






けっこうしっかりしたのが生えてるの。

いい仕事するねえ。佐倉きのこ園さん。



ああ、じ~っと見つめていると

なんだか愛嬌さえ感じてくるわ~。




すると、我が家のシイタケを見たご近所の奥様が一言。



「あら、でもごめんなさいね…うちの方が






大きいみたい。」



Σ( ̄ロ ̄lll)




愛着がわいちゃったせいか、

そんな、さりげない一言にもつい、



「あら、でも…


うちの子はとても姿勢がいいもの~。

シイタケってのは、


ただ大きければ


いいってもんじゃないのよ~
。ホホホ」



返す言葉にも力が入りますよ。



シイタケと共に生まれる、ご近所さんとの確執!?


「うちの子ってば英会話教室で誉められちゃって。

ひらがなの読み書きなんてもう、とっくですしね。ホホホ」


てなお受験的ママバトルへ発展する勢い??
(いや、お受験も英会話も縁はないけど…)



そういえば、

ご近所の奥様は、日光があたらない玄関に

このデル蔵くんを置いているらしいのですが、

購入当日の深夜、
愛人の所
接待から帰ってきたご主人の


どぎもを抜く事に成功したそうです。


疲れて帰って、薄暗い玄関に宇宙人のような数本の影。

恐怖ですね。

さぞかし妻の


無言のメッセージ
を感じたことでしょう。



まあ、なんにしても
両家のシイタケが大豊作になったら

シイタケ合宿かしらねえ~♪


なんて話しておりましたが…




その2日後には…










赤丸急成長中。



つ~か、今日にでも食べごろなんですけど?




シイタケの生命力ってすごいのね。

とりあえず、年内30個収穫を目指そう。

一人、8個は食べられる計算で。


(今後もシイタケの様子を随時アップ。え?どうでもいいって?)



追記…


ちなみに、うちの主人に

「しいたけ、ネットで購入したいんだけど~」と言ったら

「キノコかあ、いいんじゃない?」って返事をもらったのですが、

届いたコレを見た時、彼が発した言葉は




「そっちかい!」


でした。


そんな彼も、

夜とかにそっと霧吹きをかけてるみたいです。

わが子よりも可愛くなる日は近い?


------------------------------------------
●ああ~、じつはうちにもキノコがおりますよ~って方います?●

私もこのキノコの生命力が今後も気になる!目指せ50個!って方は

       ↓ ↓ ↓ ↓
⇒応援クリック要請♪人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2007-09-10

あの夜の彼は… 感想。

テーマ:ブログ




みなさま、おめでとうをありがとう。


すっごく強要したみたいで、いい年をして恥ずかしいわ~。




でも、あの日の夜、あの彼も…




『ハッピーバースデーツーユー』を






自分からすすんで熱唱してましたよ~。


(2回目のアンコールでこらえきれず歌いだした模様)



やっぱり幾つになっても、お誕生日はうれしいのね。


今回、やっぱりステージに近いお席で

主人はいたく感激しておりました。

腕も筋肉痛になってました。(ファンなら何故か分るはず)



あんまり感激しすぎちゃったのか、

次の日に、こんなことも申してましたよ。


「じつはさあ、昨日は黙ってたんだけど、俺…





長渕と目があった
 んだよ~。マジで!(゚Д゚)」





∑(゚∇゚|||)


いたって真剣な主人の2つの瞳。




しょうがないので、私もこう答えましたよ。




「私は、クチビルだけを動かして、そっと…






お・め・で・と・う
 
って言われたよ。


長渕ってば、なんで私が誕生日って知ってたんだろう?」


と答えておきました。





長渕崇拝者はどんどんエスカレートしてすごいことになっちゃうので

そっと差し水をしてあげるのも、優しい妻の務めです。



とにかく、そんな熱いコンサートでした。


ちなみに上の写真は長渕ではありません。


コンサート会場の前で熱唱する、なりきり長渕ファンの皆様です。

長渕コンサート会場の外に、いっぱい出現するのです。

皆さん、姿も歌声もそっくりです。


そしてそんな皆様のために、コンサート会場の入り口には

お荷物、カメラ預かり所と一緒に




『ギター預かり所』も設置されているのです。



長渕の愛を感じますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2007-09-07

強要、おめでとうをありがとう。

テーマ:ブログ

突然ですが、本日


お誕生日です。私。



いえいえ、いいの。いいのよ。そんな







『おめでとう』コールなんて♪


そんないいのよ!いいんだってば!


ブログ上とはいえ、ホント、気を使わないで。


ほんと、ほんと、お気持ちだけ受けとっとくわ!(親戚のおばちゃん風に)





まあ、いくつになったかは




我が家のトップシークレット
につき言えないけれど♪




懐かしのこの人と一緒♪とだけは伝えておきましょう。

奇遇にもおフランスで育児中





もう、お誕生日を喜ぶ年齢でもないんですけど、


ある日主人がこう言ってきたんです。



「ねえ、その日は、子供たちを実家にあずけて




二人でコンサートに行こうか?
 」



え?


コンサート?




やだあ、そんな気を使ってくれなくてもいいわよ~♪


そんな、そんなコンサートなんて~ぇ。(*´д`*)


でも、でも、まあ

2人でコンサートに行くなんてすっごく

久しぶりのことよねえ?(´0ノ`*)


たまには、たまにはいいかしら??


ついでに、2人でディナーなんてしちゃって

夜景なんて楽しんじゃう?♪♪




私の喜ぶ姿を見てか、主人もうれしそう。



「だってさあ、


やっぱり、この記念の日にコンサートで


お祝いできるってのは


僕としてもうれしいんだよねえ、



やっぱり特別な日じゃない?9月7日の…









長渕の誕生日は!(*´д`*) 






∑(゚∇゚|||)ヒッ






この人のっすか!?

←まさかの同一人物→ 



思い出しました。たしか…







剛の誕生日私の誕生日




(;´Д`)



さらに思い出しましたよ。


私の誕生日を初めて聞いて、


「長渕と、誕生日も出身地も一緒なんて…






運命感じちゃうなあ~~(*´д`*)」


ってのたまってた主人のセリフ。



確かそれで結婚を決めたとかなんとか…?

(いったい何の運命だったのか?そして正しかったのか?)





しかも、がんばって入手したチケットは


アリーナ、一桁列の良いお席。


運がよければ、



剛の熱いシブキが飛んでくるかもしれません。


剛の唾液付ハーモニカだって飛んでくるかもしれません。


彼のコンサートは熱いことで有名ですから。



そのうち、会場中から


「つよし~!おめでとう~!!」


ってコールが湧き上がるかもしれませんね。


きっと、主人も声を枯らして叫ぶことでしょう。

「つ~よ~し~!最高の日だぜ~~!!」とかなんとか。





横にいるもう一人の主役完全無視して。



どうやら

この上ない



思い出の誕生日
になりそうです。うふ♪





ところで、

話は変わりますが

知り合いのご主人が、うちに来たときに

しきりとこんなことを言っておりましたヨ。


「世界陸上を見ていて思ったんだけど、


砲丸投げの人って、


投げ終わる瞬間に必ずといっていいほど…





長渕キック
するよねえ!?


あれっ絶対、長渕キックだよねえ~??」


どうも、それが頭から離れない様子。





それは、あの長渕ならではの…


「バァ~ロ~」キックのことかしら?



とにかく、


その件も、本日じっくり生で検証したいと思います。


------------------------------------------
●長渕キックを解明したいと思う方はぜひ砲丸投げ動画ゲットを●

とりあえず、ミポリンと同年代の奥様は「おめでとう」代わりの

       ↓ ↓ ↓ ↓
⇒応援クリック要請♪人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。