2006-08-24

これぞ究極リゾートライフ②~ギャンブルのすすめ~

テーマ:ブログ

tv


初めての民宿話の続きです。


100円玉を入れなきゃテレビが見えない

この懐かしいシステム・・・・。


いつもダラダラテレビをつけっぱなしの

我が家にとっては斬新なシステムです。


だってあのテレビ大好き主人が


「この時間帯、見たいテレビが無いから

つけるのはやめようか・・・・」


って言うんですもん!


あのテレビバカ大好物のうちの主人がですよ!!



テレビばっかり見て困るわ~ってお宅には

是非おすすめのシステムです。

導入いかが?


しかし、息子にとってこのシステムは

納得がいかないらしく、

100円分の放送時間が終わり、プツリと画面が

消える度に

「ああ!消えちゃったよ~!」

と言ってベソをかいていたのですが、

そのうち100円のシステムを理解したらしく




「だ~れ~か~、ひゃ~く~え~ん

く~だ~~さ~~いいい~~~♪」


とクネクネしながら変な歌を歌って

大人の間を物乞いするしまつ。

ハハはなんだかせつなかったわよ。



てなことで、せっかく民宿に来たのですし

テレビに釘付けになっているのもどうかと思い、

宿から歩いて数分の海に出かけることにしましたよ。


こちらは、内湾で波も穏やかな御浜海水浴場です。


おはま


後ろに松林が広がる風情ある海水浴場です。



そのすぐ反対側の外海はこんな感じ。


おはま

対照的ですねえ~。なんか荒々しいよ。



おはま

浅瀬には小さな子供用のすべり台も設置してある

家族連れに人気の海水浴場ですよ。


息子も大喜びです。




しかし、


入水して30分もしないうちに・・・・






おはま

どろんどろんどろん。




え?なに?なに?


??((゚Д゚≡゚Д゚))??




砂浜の人々も

バタバタと荷物を片付け始めます。


おはま

蜘蛛の子を散らしたように退散する人々。



気づけば空は





おはま


真っ黒。



∑(゚∇゚|||)



ところどころで、真っ白な光の線が海に走ってるじゃないですか。.



そうです。


この日は、関東地方で電車を止めてしまうほどの

雷雲が発生したあの日だったのですね~。



静岡にも、律儀に雷雲さんやってきてたんですよ~。


「落雷の恐れがあります。

至急海からあがってください~」


そんな放送も流れ、しぶしぶ海からあがる息子たち。



天候の回復も見込めず

結局、息子の海水浴は…





30分で終了。




ああ、せっかく海の民宿にやってきたのに・・・・。



旅館について、ガックリかたを落とす私たち。
友人夫婦と来ていたのですが

「いったい誰が雨男、女なのか?」

と責任のなすりあいをする始末。


いやしかし、海の民宿の楽しみは他にもありますよ!


そうです、海の幸たっぷりの夕飯!!


「食事の時間は何時頃だろうねえ~」


そわそわするうちらは、部屋の隅で

またもや支配人からの細かい気配りを発見しましたよ。








みん


食事の時間のおしらせ。



蛍光グリーンの湿気でよれた紙が

部屋のインテリアにマッチしてますよ。




つ~か…





5時半って、早くない?



いやいや、海の家ではこの時間設定は常識

なのかもしれませんね。


急いで食堂にむかいました。



そして、これが夕飯です。


おはま

基本プラン料理。


貝や、海草などもついてけっこうな品数です。



そしてコチラが、追加した船盛りです。


おはま


びっしり海の幸!!



盛り付けはちょっと平坦でしたが、
豪華でしたよ~。

どれもこれも鮮度バッチリで、

サザエはコリコリ、鯛もキレイな桜色でした。



大人4人でビールを飲みながら

海の幸をたっぷり楽しませていただきました。


途中、旦那がお皿をもおうと、厨房の方へ行ったのですが、

すぐにアタフタ戻ってきて、言いました。



「厨房の中で・・・







家族全員でご飯中だった!」




∑(゚∇゚|||)




「親子3世代で厨房ご飯・・・。」



ああ、

これぞ民宿ですね。


家族全員で準備をして,

家族全員でスキをみて食事をし、

また家族全員で片付けをするんでしょうねえ・・・・。



しばらくすると、

うちらの後方にいた、お客の一団が食事を終えたらしく、

立ち上がり、自分たちの部屋に戻っていきました。


すると、それを見はからったように、

大女将さんらしきお婆ちゃん@推定70歳が

その一団の食べ終わったテーブルのそばやってきて

ポツリと言いましたよ。




「あららあ、散らかってるわねぇ・・・


ええと・・・


(チラリと名札に目をやり)







鈴木さんね。 」





∑(゚∇゚|||)





一瞬にして凍りつく、



その他の家族たち



大女将さんは、テーブルのそばに

あらかじめ用意してあった

バンジュウに食器を移し、

サンコーPP大型番重(ばんじゅう)【B型】 ←ばんじゅう参考写真



ヨッコラショとそれを持ち上げて

さらにポツリとつぶやきましたよ。








「ああ、腰が痛い・・・・」





∑(゚∇゚|||)ヒッ





(;´Д`)

ええと、ええと・・・・。



そのつぶやきをきっかけに、

周囲の家族がバタバタと動き出しましたよ。


食事を手早くすませ、残飯のった皿を一まとめにし、

各テーブルに1つずつ用意されているバンジュウに移し、

カチャカチャと片づけを始めるじゃないですか。



我がテーブルも例外じゃあありません。


「ええと、この入れ物に残飯入れていいんだよね?

食器はこっちでいいのかな?」


せっせと片づけをはじめますよ。

うちの主人に至っては


「ええと、僕、このバンジュウ、






厨房まで

持って行って来る!(汗)
 」



と、
よっぽどあの大女将の言葉が効いてる様子。



さすが民宿ですねえ。


きっちりとお客に、民宿宿泊客としての心得


絶妙の圧力
で悟らせているんですから!!


ブラボー大女将@推定70歳。



都会の、のほほ~んと宿泊しちゃえる

高級シティホテルなんかとは

緊張度合いがちがいますから!!




皆様にも、是非おすすめいたします。


夏の最後の思い出に、

南の島のリゾートホテルなんかやめちゃって

今からでも間に合う、

是非、いきあたりばったり



民宿ギャンブル


チャレンジしてみてくださいね。



ちなみに、


今回の宿泊代金は1泊2食付で7000円前後でございました。

(お刺身船盛りはオプションです)


子供は約半額ですよ♪


財布にも充分優しい。



おまけですが、

翌日の朝食は、


前日にみんなで予想をした

的中率ほぼ90パーセント


伝統的献立が用意されてました。





おはま

これぞ日本の正しい朝食


------------------------------------------
●私も民宿ギャンブル挑戦したいわあって方~(*´д`*)●

いや、ちょっと勇気が出なくて踏み出せない…方も
       ↓ ↓ ↓ ↓

⇒とりあえず大女将に敬意のクリックを!人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-08-18

これぞ究極リゾートライフ♪

テーマ:ブログ

毎日暑いですねえ~。


あっとゆ~間にお盆もあけてしまいましたね。


皆様、夏休みはいかがお過ごしでしたか?


我が家も、主人が連休を頂いたので

またどこかお出かけしたいな~なんて、

旅行ガイド本をパラパラ。


そういえば、五月には沖縄のリゾートホテルで

家族のんびり過ごしたわねえ~。


お部屋のテラスにはジャグジーがついていて、

そこからエメラルドグリーンの海が臨めて、

プールサイドでブレックファーストを楽しんだり、

とっても優雅な休日を過ごしたんでした・・・・。


そう、こんな感じ。



りぞ

あら、

なんだか自慢みたいに聞こえちゃったかしら?

ごめんなさいねえ~ついつい・・・(*´д`*)




確かにあの時の沖縄は素敵だったけど、

連続で同じ場所はちょっとねえ・・・。


今夏は沖縄から、さらに飛行機で足をのばして

石垣島あたりのリゾートホテル?

それとも、娘も1歳になったし、

そろそろハワイのコンドミニアムデビューしちゃう?

個人的にはバリ島あたりで

エステ三昧も魅力的だわ~♪



そんな想像にふける私に、主人が

声をはずませて、言いましたよ。




「やった!なんとか予約とれたよ!!」



さすが!うちの主人ったら頼りになるわ~♪

夏のこの時期は、人気が集中して予約をとるのも

一苦労ですもん。



旦那「広い部屋が押さえられそうだよ♪」



あら~♪
スィートルームなんてまだ空いてたの?



旦那「「ニシーズの…」



ん?ニシ-ズ?

東南アジア方面かしら~?











旦那 「 西伊豆民宿!(゚Д゚) 」






∑(゚∇゚|||)







ズササササササササササササササササ・・・・・


↑現実に引き戻される音





・・・・・・・・・・。






はい。


どうもすみません。(;´Д`)



数行上の想像は、どちらかというと・・・




妄想に近いものでした。



今年の我が家のバカンス



海の民宿デビュー
とさせて頂きます。





いやいや、でも

あこがれていたのよ。民宿。


なんだかアットホームなイメージもあるし、

夏の家族連れにはピッタリじゃありません?

海のそばの民宿だから、きっとお魚も美味しいと思うし。


ただ気になるのは・・・


主人が思い立って電話をしたのが

お盆休み直前だったにもかかわらず、



「はいはい、空いてますよ~。」




っておばちゃんが即答してくれたことと、




いったいどんな民宿かしら?

と思って、ネットで検索しまくっても、

その民宿についての情報が


皆無
だったことくらい・・。

(当然ホームページなし)



そう、




民宿はギャンブル。






てなことで、行ってきましたよ。

うちら家族にとって、

ドキドキワクワク初めての民宿に。






ああ~、よかった。(;´Д`)


思ったよりも大きくて、小奇麗な家族経営の民宿です。

お部屋は8畳くらいで、ちょっと古いですが

きちんと整頓されていますよ。


水着を干せるように洗濯ハンガーが用意されていたり、

濡れたクーラーバッグを置く台が用意されていたり、

随所にさりげない気配りも見られます。


そういえば、部屋の隅に置かれていたテレビにも

さりげない気配りがありましたよ。








tv




∑(゚∇゚|||)ヒッ




ピ、ピンコマジック?

って、一瞬我が母を疑ってしまったくらい。

   (懐かしい、ピンコマジックのお話はコチラ



ご年配のお客様が現代文明に戸惑わないようにと

支配人からの優しい気遣いでしょうか…。

それともさっき見かけた、民宿のご隠居らしき

じっちゃん@推定75歳の独断マーキング?


なんにしても、
テレビへの直書きマジック文字ってのは

見てる人の気持ちを落ち着かなくさせますねえ・・・。



そのテレビの左となりには、

さらに我々の気持ちを落ち着かなくさせるものがありましたよ。








tv



∑(゚∇゚|||)ヒッ





金とるんかい!?


今時、けっこうめずらしいシステムですね~。 

もう数年前に絶滅したかと思ってました。(;´Д`)


あ、ビジネスホテルなんかで見かける

エロビデオのシステムとは別もんですからね~。





……。



…(;´Д`)




懐かしい小箱に一瞬動揺しましたが、

これも民宿ならではの演出かもしれません。


ゆがんだ、『のみ』って文字を見てると

だんだん子供の落書きに見えてきましたよ。


もしかしたら、この小銭は


子供の小遣い箱


なのかもしれません。

さっきのご隠居が、孫かわいさに設置したのかも。


そう思うと、1コづつ入れてみようじゃないの!

って素直な気持ちになるような、ならないような・・・・。




民宿って奥が深いねえ・・・。


なんだかそうつぶやかずにはおれないんです。


長くなったのでとりあえず、次回につづく。

------------------------------------------
●あら~うちも民宿は未体験よ~んって方います?(*´д`*)●

我が家はすっかり民宿通!いきつけの民宿もありますぜって方も
       ↓ ↓ ↓ ↓

⇒1コづつクリックを♪人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-08-09

正しい海水浴場でのすごし方。

テーマ:ブログ

東京は本日、雨です。

台風が近づいているらしく、少し涼しく感じますよ。


しかし、数日前までは厳しかったですねえ~、あの猛暑。


あまりの暑さに、知人の家族を誘い

ただひたすら涼を求めて夏のレジャーに出かけてしまいました。


向かった先は



海水浴場in千葉!


umi


千葉県の岩井海水浴場 です。


こちらの海水浴場は、内房のため波も大変穏やかで

混雑もそうなく、家族連れにはおすすめの海水浴場ですよ。



でも言い換えれば、


ほとんど波がなくて

マリンスポーツを楽しむ若者も少なく

必然と、ビキニ姿のギャルもいなくて


ただただ


波打ち際でちゃぷちゃぷと遊ぶ女子供や、

浜辺に打ち上げられたトドのごとく

背中を焼くとうちゃん

絶対に焼くまいとタオルを頭からかぶった

美白命のママ族などなど・・・・

湘南方面とは一味違った平和な風景です。


ひと夏のアバンチュールを求めて迷い込んだ方は

ひたすらボーっとするか、フテ寝しながら背中を焼くことに

なるでしょう。ご注意。



ほんと、のどかです。




umi


近所のお砂場と大して変わらん娘@1歳





数分後には・・・



umi
砂まみれ。


この状態で抱っこを要求されるのはつらいねえ。

(もちろん陸で美白組の私。)



今回は、

4歳、2歳、1歳の子供5人の子沢山グループでしたので、

海水浴と言うよりは・・・




umi


穴掘り軍団。
しかも各自孤独な作業。




umi

まるでお風呂場のような泥水かぶり。

スケールの小ささが自慢です。


立派な腹もすばらしいでしょ。友人息子@2歳




umi

疲れたらパラソルの下、

ちょっとビールでくつろぐよ。(うそ)



1歳児達は、持参したテントでゴ~ロゴロ。

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ) ビーチタイプなど、キャンプ場以外のシュチュエーションで... ←あると便利

着替えも昼寝もこの下でまかなえました。

とゆ~か、この炎天下で唯一日陰になるテント(パラソル)は

命綱といえるでしょう。

でもテントも風が抜けるタイプじゃないと、

逆に熱中症になりかねないので要注意。


そしてそして、

今回の海水浴では、憧れのアレをやっちゃいましたよ♪


数年前に海で見かけて、とても素敵で気になっていたんです。











海辺のバーベキュー





ホラ。

umi


小さなテーブルを用意して、
おにぎりやとうもろこしを用意して、
こ~んな晴れ渡った日に、

みんな大好きなお肉やウィンナーを焼いて、
青い空と海を見ながら食べるバーベキューはもう…












地獄のようです!(゚Д゚)





この日の気温、34度前後。




ジリジリと照りつける太陽の下、

メラメラと熱される鉄板の熱風から逃げることも許されず

汗だくになりながら、交代で火の番をする大人達。



背後からは


「に~く!に~く!に~く!!」

とガッついた子供たちの肉コールが聞こえます。


ようやく焼けた肉を急いで子供たちに配っても、

その直後に




「お~と~し~た~~ああ~~!」


と、タレの入った皿ごと床にひっくりかえす2歳児。



かろうじて敷物はしいているけれど、

砂まみれでなんの意味のない床に

無残に転がる肉たち。


そしてそれにフト目をやり、おもむろに寄って来て、

鷲づかみにして口に入れようとする



1歳児×2人。






∑(゚∇゚|||)





「まってまって!!」


ちょっと洗うから、洗ってくるから!!

そう思って見渡しても、真水の出る水道までは

はるかなる道のり。

気のせいか、

地面からユラユラしたものが見えますよ。蜃気楼?



いや、その前に落ちた肉って洗ってすむの?





…………(;´Д`)



ちょっとあきらめ気味の私の横では
4歳児と2歳児が、おにぎりをつかみ、
せっせと口に運んでおりますよ。




砂にまみれた手のままで。



食べる直前には手を拭いたはずなのに、

瞬時にして砂まみれになる、シーサイドマジック。


もはやそのおにぎりについた黒い点が、





まぶしたユカリなのかなのか

見分けがつきません・・・・。



(;´Д`)



「ああ、もういいか・・・。食べちゃいな・・・。

昔の人はきっとこんな暮らしだったわよ。

砂食べたからって、死にゃあしない・・・。」



ジャリジャリ言ってるであろう肉を、

気にせずむさぼる子供たち。




…。




結論。




夏の海水浴場でのバーベキューは・・・・







炎天下サバイバル。




ノリや思いつきでやっちゃうには、




苦行すぎ。



ファミリーレジャーを大きくはみ出してますから

ご注意下さい。


「もう2度目はないね・・・。」


誰かのつぶやきに、満場一致でうなずく大人達。




ただでさえ海水浴ってのは疲れるのに、

何よくばってバーベキューなんてしちゃったのでしょうねえ・・・。


炎天下での後片付けだって、荷物運びだって

フラフラになってましたよ、お父さん。

次の日は一日ぐったりして死んだようでしたよ。

その次の日は背中が痛くて死んだようでしたよ。


まあ、なかなかに疲れるレジャーではありましたが、

子供たちにとっては良い思いでになったかと思います。

ひとつ気になることは、


今回、

こんなうちらグループを見かけたよその家族が


「ああ、バーベキューも楽しそうだなあ。

来年は、

うちもバーベキューをするかあ(*´д`*) 」


なんてつぶやいてないか、

それだけが心配のくるくるです。


※海水浴場ではバーベキューが禁止されている所がありますので、

 予めご確認下さいね~。え?こんな記事読めばやらないって?

------------------------------------------
●それでもじっとしちゃあいられないのが夏さあ~(*´д`*)●

海辺のバーベキューでうちも地獄みたことがありますって方も
       ↓ ↓ ↓ ↓

⇒ねぎらいのクリックを!人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2006-08-02

子供の成長が眩しい今日この頃。

テーマ:育児話
寝相

アメブロを開くたびに、様子が変わっていて

「え?なに?このページ・・・。

前の、あの緑のボタンどこ??ねえ?」

と一瞬かたまってしまうくるくるです。


なんかアメブロさんやる気満々リニューアル中なのね。


ところで、皆様うれしいうれしいコメントありがとうございました。

修行僧のように、

「毎日のぞいてました、うれしいです。」

なんて方を発見すると、

こんなブログなのに超超超恐縮ですよう。


「大変そうですから、無理しないでくださいねえ~」

って優しいコメントもありがとうございます。


その後の


「でも、更新してくださいね。見てますから!」


的な静かなプレッシャーもしっかり受け取りました。


尻を叩かれないとやらないタイプなんで、

程よいプレッシャーは効果的です。

(強すぎるプレッシャーからは高飛びの恐れあり)




さて、


我が家は皆元気です。

息子も娘もぐんぐん成長しておりますよ。



先日、我が家に私の友人のエルコちゃんが

遊びにきてくれました。


家族ぐるみでお付き合いすることも多いので

息子も娘もとてもなついているのですが、


とても楽しく遊んでいた息子が、

エルコちゃんを見て

フトこんな言葉をつぶやきましたよ。





「ねえ、エルコちゃんって・・・・・








豚と、おばさんに








似てるよね~(*´д`*) 」







∑(゚∇゚|||)





豚とおばさん??


しかも…



似てる!?




一瞬にして凍りつく現場。






息子からの予想だにしない発言に

ひきつり笑いをうかべるエルコちゃん。



慌てる私。

フォ、

フォローをせねば!!




「もう!よっちゃんたらあ。(;´Д`)

何言ってるのよぅ~~。


エルコちゃんのどこみてそんな・・・」





息子すかさず






「鼻。」 (即答)





Σ(´Д`lll)あぅ ←墓穴掘り






結局、微妙な空気を残したまま

何のフォローもできず、

そのままそそくさと

エルコちゃんは我が家を後にしたのでした。



いやあ、

4歳児って恐ろしいねえ・・・・。


30代っつ~心も身体も微妙な年頃の女性に向かって、


「豚!おばさ~ん!」

って悪態をつくならいざ知らず、




「似てる」



って、何かを予感させるような、

とてつもないものを含んでいるような、

暗に反省を要求されているような、

発言をしちゃうんですから…。




いえいえ、エルコちゃん。

あれはグラマーボイン(死語)って

意味ですからね。

大人っぽいっ意味ですからね。

言葉足らずな息子を許してやってね。


なんにしても、
そんな息子の発言は、親の責任。

こんなことが2度とないように、

私もしっかりと息子には教育しときますから!

次回、あなたが我が家に来たときは、



「エルコちゃんって・・・・





デンジャラスボディ



アデージョ(艶女)だよね!
 (゚Д゚) 」



って言わせてやろうじゃないの!(出血サービス)



だから許して。





この話を旦那にしたならば、



「ああきっとそれは、よっちゃんが


『似てる』って言葉を使ってエルコちゃんに





気を使ったんだよ~(*´д`*)


優しい子に成長したねえ。しみじみ。」


との堂々親バカ発言でございました…(;´Д`)



いや、親バカ以前に、

コレ読んでまたもやエルコ嬢の怒りをかいそうですね、

この親にあの子ありか…・・。



↓アデージョ発祥元。作り方ものってるそうです。

NIKITA (ニキータ) 2006年 05月号
※一番上の写真は、息子(4歳)と娘(1歳)の寝姿。
 同じポーズは妙に笑える。

------------------------------------------
●子供は正直よねえ。とめられないのよ~(*´д`*)●

超久しぶりすぎて怖いのこのボタン。いったいどうなってる?
       ↓ ↓ ↓ ↓

⇒私の代わりに見てきて!クリックを!人気blogランキング


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。