クローン病患者が上京して夢を叶えるブログ。

理学療法士として働いていた矢先、クローン病を発症。
それから、紆余曲折あり公認会計士を目指し、運良く合格しました。
現在は、病院を中心としたヘルスケア分野の監査・アドバイザリーを行っています。
医療福祉を中心とした地域づくりを目指して・・・。


テーマ:

こんにちは。くろわです。

 

今日は下記の本の紹介です。

 

 

介護の仕事には未来がないと考えている人へ

 

濱田孝一

AIやロボットによって仕事が奪われ産業構造が変化しても、市場価値の高い「介護のブロ」になることで介護の仕事で生き残ることができる、ということが書かれています。

 

私は個人的に介護の仕事はロボットに全て奪わることはないと考えています。

 

それは、創意性のある仕事であり動作も複雑だから、という単純な理由ではなく、「この人の介護を受けたい」という利用者側のニーズが確実にあるからです。
 

本の中では、ケアマネジメントの重要性が説かれています。介護保険制度の根幹の部分であり、この考え方を職員それぞれが共通認識として持つ必要があります。
 

 

この知識としてのスキルと適切な介護技術があってはじめて利用者に質の高いサービスにつながるわけですが、無資格でも介護の仕事ができる現状では、個々のスキルにバラツキがあり、これを適切にマネジメントできる人材が不足しています。
 

そこに危機感を感じて現場の知識・経験のある志の高い経営者が運営する事業所とそうでない事業所との差はますます開くでしょう。
 

利用者はもちろん職員にも喜んでもらえる組織を作りたい、そんな気持ちにさせてくれる本でした。
 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

くろわさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。