プロっぽい!

テーマ:

昨日から今日にかけて、手ごたえのある仕事が連続。


お世話になっている会計しさんとこでサーバーが異音をたて

…というか、うなりをあげ、周りで仕事をしている人たちまで

うるさすぎて仕事に集中できずうなりをあげ…。という状態に

なり、「この音なんとかしてぇ~」という依頼。


もともと退役の方向で話が進んでいたサーバーなので、

サーバーを介していた印刷作業を、サーバーを介さないように

設定しなおせば、サーバーの電源を落とせる予定だった。


しかし、クライアントのマシンが20台。

全部のワークグループを変更しながら、何台ものプリンタの

設定をしていくと、延々マラソンのような作業になることが

判明。しかも、ワークグループを変更したことで、LANに

入れなくなるパソコンまで登場し、こいつ一台に3時間を要したり…。


いつゴールするのか見えない状態に突入…。


悲しんでいたところに、「機械屋」が助けに来てくれた。


サーバーのファンの異音だが、ファンが特殊形で、パーツの

オーダーを待っていたらいつになるかわからない。

といあえず、パソコン屋で大きさだけ一番近いものを購入してきて

目の前で部品改造を始めた。とりあえず、切り替え処理を完了する間

異音が止まっていてくれれば、急ぎで全台の設定をしないで澄む。

改造によりパーツに保証がなくなっても、あまり問題ではない。


わたしは、この改造の手際のよさに感動!

ひごろの口の悪さに腹立つことが多いのだが(職人だし!)、今日だけ(*^_^*)は

尊敬した。


改造したパーツをつけ、何度か認識してもらえなかったのだがどうにかクリアをし、

異音のないサーバー稼動状態をとりもどした。

わたしが、3時間もLANに入れないパソコンと格闘している間にである。


日付が変わる前になんとか帰宅できた。


だんなに借りがまた一個できた。(T_T)/~~~


AD

できないっ!!

テーマ:

毎度の事ながら、windowsのXPのプロフェッショナルとホームエディションが

こんがらがっているLANの共有設定がむづかしい!


とある瞬間には共有がかかり相互で見えているのに、何分か後にはできなく

なっていたり、逆に、何分間か放置した後に見えるようになっていたり…。

いかないなら”何度やっても絶対にいかない”なら対処も楽なのに、時々いく

のである。どうしたものだろう。


毎回お約束のように悪戦苦闘するので、もう、うんざりぎみである。


今日は大事な友達のところだったので、できないわけにいかなかったのだが

12時過ぎまで格闘しても、毎回思ったようにアクセスがかからないという

ていたらくのまま撤収してきた。


なんとかしなくちゃなぁ…。とほほ(死語??)

AD

こんなのナシだよ~(^0_0^)

テーマ:
今日は走行距離も多かったのだが、それ以上に疲れたのがトラブルの原因。

事はADSLを光に変更するところから始まった。

所長は用意周到に変更日と変更内容を調べつくしすべて手配してあったので、回線が変更される今日、すんなりと事が運ぶ予定だった。

しかし、回線の変更ができ、モデムの配線も完了、回線の速度チェックまで完了しているのに、ルーターをつけかえてインターネットをすると正常に動かない。…よく見ると、ルーターのpppランプが消灯している。回線が確立していない… 所長は、本来業務を中断して、自力で解析にあたりだした。書類をネット経由でダウンロードして利用しているため、ネットが動かなくては業務に支障をきたすのだ。

しかし、何時間格闘しても、トラブルが解消される気配がない。
朝9:00からはじめて7時間後、私が所長のところに登場した。

所長が格闘してきた流れを伺い同様な作業をなぞってみた。…確かに何も起こらない。ルーターの初期化もしてみた。モデムのチェックもしてみた。…何も改善されない。モデムにパソコンを1台だけ接続し、ルーターを介さない接続でインターネットにトライしてみる…。

全く反応しない。
…だが、ここでひとつのヒントが出る。

フレッツのおまけページとか速度測定のページは動くのだ。

「通常のネット接続以外は動くのだな…」
つまり、プロバイダ経由していなければ正常なのだ。

「プロバイダに何かあるんじゃないのか?光への変更はされているのか?」

この質問に対し、所長が言うには「◎TTが回線変更と同時にプロバイダに連絡を入れてくれるといっていた。プロバイダにも確認とったが変更済みだと回答を得ている」
…問題はないか…とは思ったが、プロバイダ以外に原因が考えられない現状に、かったるい作業をやらされること覚悟でプロバイダのサポートに電話をした。あそこを見て…ここを設定確認して…あの手を使って…ここを見て…

「そんなこたぁ、今日一日で全部やったんだよ!」という内容ばかりを1時間以上やらされた。
「だから、プロバイダ経由しなければつながるんだから、そっちが何かあるんじゃないの?」って、再三言っているのに、「パスワードが違っていませんか?」とか「大文字小文字まできちんと入力されていますか?」だって…。そんなもん聞いてんじゃねぇ!とか思いながらも指示通りに全部こなす。
「エッジでつないでプロバイダのサービスページに入って、会員サービスのところを見るときにこのパスワードを打つんですが、有効ですよ」という内容を伝えたところ、やっと自分の所を調査してくれた。

調査結果は、…。「光のタイプが登録内容とそちらの回線タイプと違っていました。」
…って、「はぁ??????」
所長と私の格闘は泡になった。

回線変更の電話を受けている最中に、pppランプが点灯した。プロバイダの登録を正常にしてもらって30秒後、何もなかったかのようにすべては解決したのだ。

所長と私は大きなため息をついて「おつかれさま」を連発した。その後、頓挫した今日の業務を始めた所長であった。ほんと、おつかれさまである。

後は、何も非のなかった所長に、私の作業代を請求しなくてはいけない。胃が痛いことだ。プロバイダに請求できないものだろうか…。
AD

役に立った。

テーマ:
我が家の本家筋にあたる家からのオーダー。
「メディアプレーヤーを新しいもんにしたらおかしくなった」
というもの。
「おかしいって?」という問にお姉ちゃんは
「音が鳴らない」という回答。

早速拝見。

確かに音は鳴らないが、それよりも横長のディスプレイなのに
従来縦横対比の画面表示。…正しく扱われていない雰囲気。

早速ドライバをチェックにいくと、思ったとおりディスプレイドライバと音源部分にビックリマークがついていた。
「なんでこんな事に…」原因はいまさら追究しても何の根拠もあげられないが、スピーカー一体型のディスプレイであるから、音が鳴らない原因がここにあるには違いなかった。

トライバの更新をかけてみた。スピーカーの方は簡単に修復が効いた。
問題はディスプレイ。更新が途中で止まる。どうもファイルがひとつ見うなわれているらしい。リカバリーのディスクも見当たらないので、見うなわれていそうなファイルを別ウィンドウで検索して、そこへつなぎながらインストールを継続してみた。
ファイル自体が破損していた訳ではなかったらしく、なんとか復活。

ディスプレイの表示解像度を調整したら、完成。音楽もちゃんとなりました。

考えながらいろいろ操作するおねえちゃんなので、変な操作をしたとは考えにくいけど、こんな事態になると、この「簡単パソコン」時世でも、「簡単」とは言いがたくかんじるなぁ。

こんな事もある。

テーマ:
今日はなんとなくカワイイミスの相談。

一人は尊敬するお姉さま。
FDを入れたまま再起動して起動できずに…

もう一人、うちの息子。
ノートPCのロックを知らぬ間にかけてしまい
起動しなくて泣きそうになって…

年末に向けて厄介なトラブルでなくてよかったです。