ただいま帰宅。

午前5時30分。


今から自分の決算→確定申告はじめます。

新記録です。あと、24時間ありません。

さっき行ったお客さんが、昼間に追加データ持ってくるみたい。


…はぁ。終わるんだろうか。

眠くなったら、眠気覚ましにブログに実況しようかな。…

AD

表計算の講師をはじめて体験してから18年。
今日、初めて、”サブ”といわれる講習のアシスタントを体験した。

人手不足の折の臨時サブ講師なので、もしかしたら最初で最後の体験かも??


前に出て講義をするでもなく、パソコンに向かって作業するでもなく、講義で困った人を横からフォローしたり、間違えた作業している人にこっそり教えてあげたり、密かな活躍をして自己満足を楽しんでいた。


なんともおもしろいポジションである。


それにしても、社会人の講習会というのは、思ってもいないような質問が来るのでおもしろい。

実務というのは課題では予測しないような難題をはらんでおり、それを攻略するのがたまらない。(攻略できないのもまた一興)

今回も、”最小値をとるのにゼロ値だけはずしたい”との質問。関数を混ぜ合わせればできるのだが、その”ゼロをはずさなければならない現実”がたまらなく予想外で、ムキになってしまった。


やめられない。

AD

先日書き込んだブログの内容に、回答をいただいた♪


モヤッとさんだったのが、思いっきりすっきりしたので、とてもうれしいです。

出来上がった罫線の色を、すっぱりと全部変えるのは、ツールで設定を変更するという技でした。
なんとも!よく見る画面の中にいたとは!


…そんなもんなのでしょうか。

今日、OAナガシマ沼津本店で、弥生シリーズの店頭デモをしてきた。

ソフト導入前のお客様の相談にのるのが仕事である。


実は弥生のコーナーには、先月から店頭にホリエモンの等身大立て看板が鎮座している。

ライブドア系列に入ったので、広告塔がホリエモンなのだ。


「撤去されてるかも…」なんて思いつつお店に行ったが、しっかりと立っていた。


しかし、昨日今日の事件の余波は、お客さんも衝撃だったらしく、

「大変だよね」と、必ず言葉が出てくる。


…実は、新製品の勉強会が2/3に六本木ヒルズである。

どうも講習会の場所が変更になったらしい。

ぷち☆ショック!

衝撃的に運命を感じる時!

テーマ:

長い沈黙を破る再会に立ち会ってしまった。


最近おじゃましだしたお客様のところで、親交を深めるためにお互いの身の上話をしていた。えらく長話をして、お互いの考え方など交換したところ、当初の印象と全然違う奥様の考え方を知ることができ、大変有意義だった。

さて、いよいよ業務へ…という矢先、私の居住地の話になった。

私の町の名前を言ったとたん、奥様の顔が期待に満ちた方向で険しくなった。

「もう長いこと会ってないけど、私の親友がいるのよ。昔酒屋さんをやってたんだけど…今は引き払ってどこかで会社やってるみたいなんだけどね。」と、力のこもったお話。

私は、

「全く同じ話を聞いたことがある。…というか、お客さんなんだけれど、同郷なので盛り上がったあげく、中学の部活仲間のお母さんの兄弟さんだったりして、更にご縁を感じちゃった方がいる。もしかして…」

と詳細を話し、確認してみたらば同一人物だった。


なんという偶然!

偶然にもほどがある!

いったい何分の1の確率なんだ??


お客さんと二人で最高に騒いだ末に、親友さんに電話してみることになった。

長いこと音信普通状態だったらしく、私の携帯電話にある番号が二人をつなぐことになった。


どんな反応が返ってくるのか…ちょっと見守る。

奥さんが電話をする間、関係ないかもしれないのだがドキドキしてしまった。

しかし、音信不通になっていたとはいえ「さすが、親友というだけある!」テンポの良い会話が聞こえてきた。安心である。


電話の終わりに私に代わってくれた。電話先からも「もうびっくり!わたしの親友なのよぉ」と同じ言葉。

…生活におわれて世界が小さくなって行ってしまうけれども、こういうことがあると気持ちのよりどころが増えて、またがんばれるかな。仕事がつらそうだった奥様に、笑顔が見られてとてもうれしかった。


さあ、一緒にがんばろう!

たまたま国政モニターを募集しているHPに出くわしたので、登録してみようと試みた。

ちょっと改行をしようとENTERキーを押したら、確認もなく、改行するでもなく、いきなり入力途中の画面が送信されてしまった 。


「…ど、どうなっているんだ!」


再度挑戦してみるも、またもや途中で送信してしまった。


ちょっと昔によくあったとりまわしのHPの入力方法だよね、これ。最近はページ単位で送信するせいか、一度確認画面が出たりして、入力に戻れるようになっているものが多いのに、国のHPがこれかい…。


二度も罠にはまった私も私だが、「なんか違う!」と思うのはいけないことだろうか。


で、お国にイタメを二つも送ってしまったことも反省…

新しくテーマを作ってみました。

その名も「あなたなら、どうする!?」

いいアイデアがあったら、コメントつけてみてください。


そのテーマの最初を飾る課題は、昨日個人的に格闘していたもの。


とっても凝った表をエクセルで作成。

ところが、文字も罫線も真っ黒なのがなんとなく気に入らなくて、全部色を変えてやろうと思い立つ。

文字の色は左上の角をクリックして全範囲を指定し、一気に文字色を変更して一発OK。

次に罫線の色を変えてやろうと思い、同様に範囲指定をしてプロパティの罫線の色の部分を変えてみたが無反応。

「色を指定してから線を引く」から、後から色を変えても効かないらしい。


悲しい…。

とっても込み入った罫線…またもや作り直すのはごめんこうむる…。


はっと思い立ち、コンビニに走り

「単色カラーコピーだぁ~!」とセットしたが、なんと1枚50円。

物は日報ゆえ、仕事の稼働日分必要。1枚50円はコスト高すぎ…。


でも、一枚でもいいからほしい色付の表をGETしなくては満たされなかったのでコピーしてみた。


が、無理やり一枚に詰め込まれた巨大な表は、左右の余白をほとんどもっていなかった。

余白は、プリンタの限界最小値で印刷されており、コピーされた表は確かに色は野望どおりだったが左端の縦線が消されていた。

つまり、プリンタの最小限界余白 < コピー機の最小限界余白 で、コピー機の解読再生不能な場所に線のある表だったのである。


「あぁ、正月早々なんという難題!!」


で、コピー機作戦を断念して無念の帰宅を果たし、反則技を駆使して色違いバージョンを作成した。

反則技を使ったので、一本一本罫線を引きなおす作業に比べたら多分100分の一くらいのほんの10分で完成したが、エクセルの機能を使ったわけではないのですっきりしない…。


あなたなら、どうする????

あけました

テーマ:

怒涛の年末年賀状攻撃を制覇して、年が明けました。

今年も自分の年賀状は、空けてから新年気分の中で徹夜で作りました。


いつもの年の事ながら、年末には何人分作るかわからないくらいなのに

自分のはいつも新年です。もはや、年明けに書くのが信念??


ことしもよろしくしく!

年末の年賀状

テーマ:

去年のブログにも沢山の年賀状を作った話を書いたが、今年もまたタクサン作っている。

すでに10件は超えたが、自分の物ができあがっていない。

まあ、いつものことだが…。


ただ、子供たちにパソコンを講習している手前、ここの生徒さんの分は非常におもしろいものを作っている。あ、子供に向けた年賀状というのではなく、子供の作る年賀状だ。


なんといっても、子供の絵は味があって面白い!


大人がやるようなパーツを選んで並べて住所をつけてハイ印刷…なんていのではあまりにこどもたちのカラーがでなくてもったいない。


そこで、こどもの生き生きした色がでるように、A4の紙に子供たちの手で絵を書き出すところから製作をはじめる。線は、太目のマジックで閉じた線(書き初めと書き終わりが一致する線)で清書をしてもらう。

次にこれをスキャナでスキャンし、白の部分の消しゴム跡などをきれいにおとし、ソフトを使って着色をする。

場合によっては、タブレットを使い手書き文字を追加したり、ロゴ文字のような文字を作ってくれるツールでカラフルな文字をのせて、完成をさせる。

最後に、プリンターにて印刷をする…。


こんなかんじでやる。


子供の個性を楽しめる大人たちからは、毎年「どうやって作ってるの?」と質問されるが、そんなにむずしい作業ではないので、ぜひ、やってみてもらいたいな。


子供の絵は、生が一番だけどね。