**黒狸庵**

「毎日ヲおもしろおかしく」がモットーなヒトの記録


テーマ:

日曜日は暖かかったので、

お昼のパン3つを解消すべくポケモン探しの散歩に出かけた。

所要時間は1時間。

近所に歴史散歩なるコースが設置されているので、

何かを見ながら歩いてもさほど不審ではなかろう・・・と考えていたが、

ポケステに指定されている史跡でスマホを持つオトナに遭遇。

みんな・・・とんがり帽子のピカチュウを探しているんだね顔

件のハッピーピカチュウは家の中ではレーダーにかかるのに、

外では現れないという天邪鬼さんだったりする。

そもそもこの限定イベの配信が遅く、

3日で探せという難題をつきつけられてしまったガクリ

しかもお香を焚くと古いポケモン達が寄ってくるという悪循環で、

結局捕獲することはできなかった落ち込み

ところで、

この散歩で黒狸は珍しい小鳥に出会った顔

どうせならボールも大量に・・・と考えポケステに留まっていたら、

何やら珍しい色の鳥がいるではないか。これは写真撮らなっ!!と慌てて撮影顔

しかし妙に大人しい。徐々に距離を詰めたものの動かない。

もしかして、人形では?と疑った瞬間、首を少し回してしっかりと見つめてきた!!!!!!!!!!!!!

その瞬間の恐怖感といったら・・・

これはカラスの子で上から親カラスの襲撃があるのでは!?という恐怖だった。

もう少し正面から・・・と更に近づいたら飛んでいってしまったううっ・・・

帰宅後に、じっくりと見るとまったく見たことのない鳥だった。

平八殿に尋ねたら「文鳥みたい」との返答、もう1人に尋ねたら「鳩みたい」との返答。

仕方がないのでネットで検索してみたら、ヒットした!!

正解は「イカル」でした。(パフィンかと思ったショック

 

AD
いいね!した人

テーマ:

録画した「精霊の守り人Ⅱ」を改めて見たが、

そんなに悪い内容ではなかった。勿論、ツッコミたいところはある。

シハナの台詞が殆ど聞き取れないとか、ところどころ学芸会風だとか。

そういうのを帳消しにした柄本明の不意打ちシーンと、

鈴木梨央の表情の変化。高笑いはあの年齢の子ではあれが限界だろう。

本当なら、2話に分けてもよさそうなのに

1話に凝縮したためやや駆け足な展開ではあったけれど、

原作とは異なる未来のあるラストでよかったと思う。

その直前の、

「意識があったらとても飲めない」とタンダを弄るバルサがよかった。

 

綾瀬はるかは不思議な女優で、

ときどき素が出過ぎるかと思ったらバルサにしか見えなかったり。

もっと訓練すればいい女優になれそうなのに、何かが惜しい。

 

サブタイトルは「神の守り人」。

アスラが邪神と化して殺戮に走る直接的な表現はなく、

「ご想像におまかせします」的な演出だったため

アスラが何をしているのかバルサが言うまで謎だった。

 

王の威厳を保つために不遇の民を殺させる、

神のせいにして人を殺す、

国を統一するために不遇の民を利用する、

まるで現在の世界を模しているような世界感でさすがだ。

深いなあ。

 

 

 

 

 


完全オリジナルエピとして、

マーサの家で幸せに暮らすアスラとチキサにまた会いたい。

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

「精霊の守り人Ⅱ」のテーマ曲が好きだ。

あの壮大な音楽に乗ると、

バルサとシハナの女子の喧嘩のような殺陣が

とてつもなくカッコイイ場面になる

という魔法が見られた昨夜、アスラ編が呆気なく終了したショック

 

夜中に録画を見たので、

ホラーちっくな壇蜜が苦手でしっかりと画面を見ていないが、

殺陣は良かった舞台経験のある真木よう子は動きが大きいので

黙っていればかなりカッコイイ。交互に振ってるだけなのに!

初めてキャスティングの妙を見た気がした顔

しかし、タル人の主張を唱える人が微妙で場が盛り上がらず、

クライマックスの演出が子役頼みだったのは少し残念だった。

予算をCGにかけ過ぎだ。(そのわりに鳥の襲撃がイマイチ)

 

タル人とロタ人の垣根を曖昧に描いたために

緊張感のない仕上がりになった感は否めない。

しかし、

この先の展開は別にいいや・・・と思っていたりするべぇぇ

 

AD
いいね!した人

テーマ:

東日本大震災の発生の日が近づき、

新聞やテレビで特集が組まれることが多くなってきた。

 

今朝の毎日新聞に大川小学校の2人の遺族の話が掲載された。

当時6年生の子どもを亡くした父親と、

教員である父親を亡くした息子、

両極の立場となった2人の遺族の6年だ。

息子さんは当時中学生。彼の父親は2年生担任だった。

中学校で被災した彼は、怒声をあげる教員たちに命を守られた。

地震が起きたら高台に逃げろと教えた父親は、

山に避難するべきとの主張が叶わず、亡くなった。

 

大川小学校というと、遺族と学校側が争っているイメージが強い。

昨年、彼の父親の還暦祝いが市内のレストランで開かれた。

遺族を含める保護者が企画し、

震災の年に、犠牲となった児童に線香をあげた彼と母親が招かれた。

保護者からは先生の思い出話があり、彼は教員としての父親を知った。

しかし、教育大学に進学した彼は教壇に立つのを迷い、実習を断ったという。

 

被災地では、記憶の風化が危ぶまれているという。

悲惨な体験というのは、当事者にしか分からないことなので、

それだけを強調する語りは一時的な衝撃にしかならないと黒狸は考える。

この記事がとても良く思えたのは、

恨みつらみではなく、

誠実な彼の人柄と、6年の間に変化した1人の遺族の思いを

静かに描き出しているからだと思う。まあ、これは黒狸の勝手な感想だが。

 「コノ先ニ家建テルベカラズ」

こうした石碑もまた語り部のひとつだ。録音や録画のない時代の人々の教えを守った

土地では津波の被害を免れたところもあるらしい。

事実を語り伝えることの大切さを

6年目の3月11日に日本人はいま一度肝に銘ずるべきだろう。

 

2012年7月に宮城県仙台市荒浜地区にて撮影。

個人タクシーの運転手さんに駅で「荒浜地区まで」と告げて乗車した黒狸。

運転手さんは気さくな方で、市内では仙台城下の歴史のお話をしていたが、

高速道路の高架を過ぎた辺りから被災当時のお話をしてくださった。

荒浜地区は「東北の湘南」と呼んで皆が親しんでいた海浜で、

震災当夜の速報で「200人~300人の遺体発見」とされた地区だ。

写真は運転手さんの許可を得て撮影したが、

暗黙の了解のように地区の被災状況を見せて当時のお話をしてくださった。

流れ着いた車には「死人あり」の張り紙、

流された人の腫れ上がった顔、

信号待ちをしていた車が故障したかと思うくらいに揺れたこと、

避難所に食糧が届かず雪山を超えて調達に行ったこと、

避難所の備蓄毛布が水をかぶって使い物にならず焚火をして暖をとったこと、

眠る赤ちゃんを必死に起こそうとする母親を見たこと、

これらが「本当のこと」なのだ。

 

この「語り」を忘れないように帰宅後にすぐにパソコンに打ち込んだ黒狸は、

結果的に「ひとつ」の記憶の一部を共有することになった。

 

 

いいね!した人

テーマ:

昨夜の「精霊の守り人Ⅱ」だが・・・

とうとうチャグムメインのお話にされてしまい、

学芸会度がアップUPチャグムより高良が・・・。

原作を読んでからドラマを見返すつもりだったが、

来週のエヴァ予約不可になったので

芸会度の高い回削除した。

だって・・・「最後のシ者」の回なんだもん。

 

それにしても、鈴木亮平はイイ体してるなあ

拷問の場面は

「え?それだけ?」な中途半端さがあったが、

あの体勢であの場面の誰よりも滑舌よく芝居をする

ってもう、昨日の回は鈴木亮平だけが支えだった。

(ちょっと声が銭形よりだけどショック

 

次週はアスラが邪神と化すらしいううっ・・・

マーサとの約束は果たされるのか!?

ドラマ版ということで、ハッピーエンドを望みたい。

 

いいね!した人

テーマ:

「直虎」も「カルテット」も挫折した黒狸だが、

「精霊の守り人Ⅱ」だけは毎回楽しんで見ている。

第3話の見所は、狼vsバルサなのだろう。

CGの狼がなかなかの出来で、

「ネバーエンディングストーリーⅠ」のコワイ場面を

想した。ドラマの展開は、アスラがカミサマの力

で狼たちを皆殺しにするのだけど、襲撃からカミサ

マ降臨までの展開が若干端折られ感情移入する

暇がなく、尚且つ鈴木梨央も怪演とまでいかず、

綾瀬はるかは畏怖の念を表現できず、何とも消化

不良な場面となったショック

 

ところで、

原作のアスラは救われない存在なのだが、

ドラマでは異なる展開となるのだろうか?

渡辺えりとアスラの涙の別離がそんな展開に期待

を持たせた。カミサマを宿すだけでも異質なのに、

アスラは虐げられる民族の子なのだからそういう事

情にとらわれないこの女主人の存在は物語の希望

なのかもしれない・・・などと、

原作3ページ目で寝落ちする黒狸が語ってみるべぇぇ

(オモシロいのに睡魔に勝てない・・・ガクリ

 

次週はいよいよ動き出すシハナに注目!!

ニヤリと笑うシハナ・・・

こういう顔は真木よう子上手だな~。

 

 
 
ジグロの台詞がいい。
「るろ剣」のお師匠さんは吉川が良かったなあ。
 
いいね!した人

テーマ:

成田山で行われた節分の豆まきに

成田屋から可愛い2人が参加した様子を

テレビで見損ねたのでyoutubeで見た。

 

楽しそうにこにこ

 

麗禾ちゃんは5歳、勸玄くんは3歳。

この年齢でこんなにも着物姿が板について

いるのはやっぱり血統を感じずにはいられ

ない。麗禾ちゃんの髷のような前髪の結い

方が黒狸にはツボだった。可愛い。

 

小林麻央さんの本日の記事が興味深い。

こんな素敵な臍の緒入れがあるんだ!!

黒狸の臍の緒は小さな箱に入れられて、

とある棚の引き出しに入っていた。偶然に

それを見つけた黒狸は軽い気持ちで開け

てギョッとしたものだ。母上との絆を感じる

前にグロテスクになってしまった「結び」の

形を見てしまったので、こういう素敵な器に

納めて儀式的に手渡す方がいいかもしれ

ない。先日立ち読みした「成田屋の食卓」

からも感じたが、住む世界が違うなー。

 

 
成田屋の食卓 成田屋の食卓
 
Amazon
 
素敵すぎる顔
 
いいね!した人

テーマ:

「精霊の守り人Ⅱ」の第3話を見た。

この回までに少しだけ原作を読み進めておく

計画だったが、仕事が忙しくて夜は眠くて眠く

て・・・とても読書をする余裕がなかったので、

またしても予習なしだ。Ⅰの再放送またして

くれたらいいのに・・・。

 

渡辺えりの館で休息する場面が良かった。

普通の少女の一面を見せるアスラと今後の

神と化すアスラの対比が見られるのだろう。

この役のために、憎しみの表現パターンを

研究したという鈴木梨央。プロ意識が高い!

子役の領域を超える演技力があると思うが、

食べる姿はまだまだあどけなくて可愛らしい。

 

さっぱり意味が分からないドラマではあるが、

何故か楽しみで、次週も気になる顔

チキサ役の福山康平君も要チェックだ!!

 

 
劇中登場の
食べ物にもう少し予算をかけて欲しかったショック
 
いいね!した人

テーマ:

「精霊の守り人Ⅱ」の原作を買った。

シリーズものの真ん中からの購入なので、

人物相関図が頭の中に無いが、

何度見ても全然名前が頭に入ってこない

ドラマ視聴の手助けになればいいや・・・

と思ってまず本屋で立ち読み。ラストも立ち

読み。危うく涙が出そうになったううっ・・・

 

タンダを気に入っている。

タンダに扮する東出がツボなのだLOVE

決して演技派とは言えないが、

何だか味のある俳優になってきた。

カッコイイし、優しそうだし、

バルサを幼馴染の立場から見守る役は適役

で、「幻影だ」の場面にはドッキュン恋の矢した。

いいな~バルサ顔

 

乙女心を満喫した昨夜、

眠りについて30分も経たない内に覚醒した

黒狸。最近不眠ぎみなんだけど、目を閉じて

横たわっていれば体は休息できると聞いたこ

とがあるのでそれを実践して知らぬ間に寝て

いるという1週間だ。昨夜も実践。しかし、そこ

に浮かぶのは闇ではなく、

 

白い凹凸が上下する真ん中に渦巻き

 

奇妙な光景だったドーン

珍しいので目を閉じたまま見ていたら、

渦巻きが消え、耳の奥でぼわ~~という音が

してきた。そして、何とも言えない怖~い感じが

あったので背を向けて一生懸命に寝た。

 

今朝それを母上に相談したら、

「脳の病気か?」と一蹴されたガクリ

まあ、何でもそうだけど、まずは経過観察だな。

もっとオリオン座見なきゃびっくり

 

 
いいね!した人

テーマ:

毎日、仕事を終えて帰宅して、

車を降りてから夜空を見上げて、

オリオン座を見るのが楽しみだ。

 

星座に詳しいわけではないので、

唯一知っているオリオン座を見てほおっと

する瞬間が楽しい。今日も1日がんばった

なーと自分で自分を労うのだ。

 

たまに、飛行機のランプが不意な動きを

するのを見て、UFO!?と勘違いする

瞬間も何だか楽しい。この、ちょっとした事

を楽しめる心の余裕を持ち続けたいのだ顔

 

がんばろーっとカナヘイうさぎ

 

 
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。