テーマ:


間 黒助




現在の日本で大人がかかる病気は大抵 “ 老化現象 ” で、

医者にかかったり、

薬を飲んだりして治せるものではありません。


1996年、

当時の厚生省は、

高血圧、高コレステロール血症(高脂血症)、糖尿病などの呼び名を、

それまでの 『 成人病 』 から 『 生活習慣病 』 に改めました。

生活態度が悪いから病気になるんだということです。

そして健診を義務化し、

血圧や血糖値が “ 基準値 ” から外れると薬で数値を改善、

などの指導が厳しく行われるようになりました。


しかし、

それらの病気の元の原因は老化なので、

抵抗してみても川の流れに逆らうようなものです。

『 成人病 』 という表現の方がずっと本質を突いていたように思います。


体の具合が悪いとき、

何か病名が付くと安心し、

年のせいと言われるとムッとする人が多いですが、

それは体も自然の一部と捉えた方がいいでしょう。


老化とは細胞の遺伝子に傷が付き、

それが蓄積して、

体に様々な障害を引き起こす肉体の変化のことです。

成人病の他、

足腰の痛み、ガン、不整脈、骨粗鬆症、更年期障害、シミ、シワ、白髪や薄毛、ボケ、

全て老化現象で、

早い人は20代から気になり始めます。


家や車が年が経つほど傷んでくるのと同じで、

体も年と共に、あちこちガタが出てきます。

家や車は修理できますが、

人間はリフォームも部品の取り換えも、そう簡単には出来ません。


現在、盛んにアンチエイジングや若返りが叫ばれていますが、

結局やっていることは、

役に立たないか、

見せかけの化粧や整形のことです。

いくらボトックス注射でシワを消しても、

基の皮膚は年々着実に水分量が減ってシワが増えていきます。


多少の痛みや不自由は、

自然の摂理だ、仕方ない、我慢と捉えて、

仲良く付き合っていくというのが1番理に適っています。


むしろ高血圧、高コレステロールなど、

年と共に出てくる症状には意味があり、

老いに立ち向かうための必要な変化なので、

不用意に薬で抑えてはいけません。


血圧もコレステロールも高い方が長生きします。


年をとると血管が硬くなるので、

血圧はやや高めの方が血液がきちんと体や脳の隅々に届きます。

体に良い血圧を保つにはよく歩くことです。

血液が下半身に滞留しないでスムーズに体を巡るからです。


また、

コレステロールは細胞を丈夫にするので “ 減らさない ” ことが大事です。

日本人はコレステロールが高い傾向の人ほど長生きしているというデータがあります。




$ブラックジャックの孫 間 黒助 の ガン治療研究ブログ




※詳しくはこちら 『 生活習慣病予防のための従来のダイエット




炭水化物を多く含む主食(米・パン・麺類)や根菜等以外は、

焼肉、ステーキ、トロ、イクラなど、好きなものを食べましょう。

美味しいものを食べる喜びは生きる意欲に繋がり、長生きします。

手も足も口も脳もまめに動かして体を錆びつかせないよう喜怒哀楽を豊かにして、

五感を活性化し続けることです。

“ よどまない ” ことが何よりの健康法ですよ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ブラックジャックの孫 間 黒助さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。