こんにちは!^^
琉球まちぐわーです!  

 

宮古和牛の契約農家さん訪問レポートの続きです!

 

↓以前のブログ↓

宮古和牛 愛情こだわり肥育 その1

宮古和牛 愛情こだわり肥育 その2

宮古和牛 愛情こだわり肥育 その3

 

【農家さんの誇り】 

 

宮古和牛の農場を訪問して、最後にお聞きした、

農家さんの一言が、とても印象に残りました。

 

 

『美味しいお肉をたべたら、みんな幸せな気持ちになるし、笑顔になる。

栄養もついて、元気な身体を作ってくれる。

 

そうやって、私たち皆を幸せにしてくれる牛さんだから、

一緒に過ごしている間、まず先に、牛さんを幸せにしたい。

 

その為には何が出来るのかと、考えてみると、

おのずと自分がすべきことが分かってくる。』

 

「変なこと言っちゃったな~・・・!」と、

少し照れながら話してくれた農家さんに、生産者としての誇りを感じました。

 

☆終わり☆

AD

こんにちは!^^
琉球まちぐわーです!  

 

宮古和牛の契約農家さん訪問レポートの続きです!

 

↓以前のブログ↓

宮古和牛 愛情こだわり肥育 その1

宮古和牛 愛情こだわり肥育 その2

 

【リラックスできる環境づくり♪】 

 

農家さんは、牛さんの身体のメンテナンスを抜かりなく行っていると、

前回レポートしましたが、実は、身体だけではなく、心理面にも、

気を配っていられました。

 

それは、とにかく、牛さんがのんびりと、リラックスして過ごせる環境を

作るとこと、だそうです!

 

そういえば、私たちが、農場を訪問した時も、牛さんたちは、

こんなにのんびりしていました。↓↓

 

 

こうやって、知らない人が訪問してきても、立ち上がったり、

そわそわしたりしていないのは、精神が安定している証拠です。^^

 

人間と同じで、ストレスは一番身体を痛める理由になるので、

ボディメンテナンスに加えて、よい環境づくり、心配りを充分にしてあげたい、

という理由から、

 

「牛の気持ちをもっと知りたい」

 

と、農家さんは私に語ってくれました。

 

猫さんたちも、稲わらの上でのんびりお昼寝しています。

とてもいい雰囲気です。

続く

 

 

AD

こんにちは!^^
琉球まちぐわーです!  

 

宮古和牛の焼肉用・並が、新発売されました。

こちらは、A4等級以上のモモ肉を使用しています!

 

その為、脂身は少なく、さっぱりとした赤身のお肉です。

リブロースの様なサシ入りの脂も美味しいですが、

赤身のしっかりとしたお肉の味もまた、美味しいですよね!

A4等級のお肉ですので、赤身でも、全く固くなく、

ふわっと柔らかくて、食べやすいお肉です。

 

個人的に、私は焼肉では、サシ入りと赤身は、5:5くらいの

割合で食べたい方です!焼肉をする際は、是非、上と並の両方、

それぞれの美味しさを楽しんでいただきたいと思います♪

 

↓☆宮古和牛 焼肉用・並の詳細はこちらから☆↓

 

 

AD

こんにちは!^^
琉球まちぐわーです!  

 

宮古和牛の契約農家さん訪問レポートの続きです!

 

↓前回のブログ↓

宮古和牛 愛情こだわり肥育 その1

 

【ボディメンテナンスをぬかりなく!】

 

農家さんは、牛さんを農場に迎えると、まず最初に、

身体のメンテナンスをくまなく行うことからはじめます。

 

 

足の爪をケアしたり、お腹の調子を整えるためにミネラルを与えたり、と念入りに身体の隅々まで、ケアをほどこしてゆきます。

 

その理由は、もし牛さんが少しでも足が痛かったり、腰が痛くなったりすると、人間と同じで、筋肉のバランスが崩れてしまうため、肉の状態も悪くなるからです。

また、喉やお腹の調子が悪くなると、エサをおいしく食べられなくなってしまうので、綺麗に太れないし、大きくなれません。なので、外から見てもわからない、体内の状態も把握できるよう、常に牛さんの体調が良いか?悪いか?と、毎日気にして、見ているそうです!

 

言葉で訴えられない牛さんなので、人とのコミュニケーション以上に、繊細に接している様子が伺えました。すごいなー!

 

続く

 

こんにちは!^^
琉球まちぐわーです!  

 

宮古和牛の焼肉用・上が、新発売されました。
A4等級以上のリブロース、肩ロースを使用しています!



綺麗にサシの入った、宮古和牛焼肉用・上!



口に入れると溶けるような焼肉を、ぜひお試しください^^

↓☆宮古和牛 焼肉用・上の詳細はこちらから☆↓

http://store.shopping.yahoo.co.jp/miyako-zima/wagyu-yakiniku-jyo.html