「よつば」での出来事の数々をレポート

グローバル時代に対応した“新しいメディアシステム”を創造するプロジェクト「よつば」のアーカイブブログ。
※現在「引越し造作」作業中!


テーマ:

平成28年9月21日(水)放送

 

【イラストレーター・紫藤みやおの手作り焼絵】

≪放送看板≫

 

あなたも身近な日用品を、紫藤みやお「オリジナル焼絵」で彩ってみませんか?

詳しくは「よつば」まで。

 

よつば公式Facebookページ

https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

 

【笛田ちひろの天気予想】

ウェザーニュースの編集に参加している ハイパーマルチタレント・笛田ちひろ が、放送2日前 に天気と照らし合わせて 放送日の天気を予想 するコーナー。

 

≪筆者附則≫

3連勝を飾った「笛田ちひろ」!

私の姑息な減点主義をものともせず、軽やかに当ててしまった。

「ウェザーニュース」の情報がかなり的確だったおかげだったのはあるが、それにしても脱帽ものである。

 

≪笛田ちひろの活動予告≫

「笛田ちひろのワンコインリコーダーライブ」

平成28年9月24日(土)18:00~

北九州市八幡東区中央区商店街「くるくる」

 

「笛田ちひろのまわしよみ新聞」

平成28年9月25日(日)12:30~14:30

北九州市八幡西区藤田なかばし商店街「よつば」

 

 

【松並木通信ピックアップ!】

世界のニュースの中からピックアップして筆者が解説するコーナー。

 

≪テーマ≫

生産管理体制の終焉

 

≪放送内容≫

日本の労務体系が前近代的で留まっている理由の根本には、教育の問題、いまだに「生産管理体制」が続いていると勘違いしている問題など、日本の根源的な社会的問題に原因がある、と話した。

 

≪筆者追記≫

日本の労務体系の雛形の整備は、小栗忠順ら、幕府遣米使節団のメンバーが中心となって、徳川幕府が推進した。

米国の最先端「機械産業」を視察した彼らは、その生産力と効率に圧倒され、日本の農業生産力を基盤とし物品融通のための流通を基本とした体制では、これからの国際競争時代を生き抜けない、と確信したのである。

日本を国家ぐるみで「機械産業に適した体制」にしていかなければ、日本は海外からの圧倒的安価な製品に席巻され生活必需品の自給すらままならなくなり、専ら消費地として生活の根幹(経済の主導権)を列強に握られ、遠からず「列強の植民地」とされてしまう。

これを避けるべく、小栗を中心とした改革派は「慶応の改革」を断行した。

その目玉はなんといっても、横須賀に建設した「製鐵所(造船所)」で、時間労働制、複式簿記、賃金制度等、当時機械産業を導入する上で最先端の社会インフラを日本に初めて導入した。(※現在、横須賀に米海軍・海上自衛隊の基地があるのは、このときの幕府の遺産である。)

これによって、彼らは日本の国家システムそのものを「機械産業を育成・保護」し、遍く国民が「機械産業に従事」できる仕組みに変えていこうとした。横須賀はそのためのスタートに過ぎなかったわけである。

小栗らは時代遅れの幕藩体制を廃し、廃藩置県と四民平等による「大統領(将軍)」と「衆議会(幕藩代表&万民代表による会議)」を中心とした中央集権国家へと変貌させようと画策していた。ところが、これが守旧派の大きな反発を招き、それを大政奉還の力技で押しきろうとしたものの、「小御所会議」での多数派工作に敗れて自壊に向かう。

こうして歩み始めのまま残された「国家改革プラン」は、薩長が中心となった明治政府の下、改革派幕臣が官吏となって主導し、教育・労務・法務・金融・流通・国防・行政・通信のすべての分野で、「機械産業を育成・保護」し、遍く国民が「機械産業に従事」していくためのシステムとして組み上げられていった。義務教育・六法制定・裁判所設置・銀行設立・郵便設立・国民軍設置・議会制定・廃藩置県は、それぞれ教育・労務・法務・金融・流通・国防・行政・通信における改革の代表例である。

それが「明治維新」の本質である。

この国家改造はあらゆる紆余曲折を経て、日露戦争後に本格的に機能し始める。

しかし、「機械産業」がさらに進み、生活必需品が衣食住に留まらなくなってくると、次第に明治システムも時代遅れとなっていく。そうして発生した断続的な不況が日本を襲い、日本はそこを解決する根本的な自己改革できぬままに破滅の戦争を行ってしまう。

そんな問題を一掃したのが、戦後改革である。

敗戦を逆手に、日本は改革を断行し、大型化した「機械産業」体制の理想形を産み出す。いわゆる日本版「生産管理体制」=「護送船団方式」の完成である。

国家ぐるみの「資本・資源・情報・責任の集中」による取捨選択システムと、「教育・流通・通信の徹底」による利益配分システムの確立である。「機械産業」を管理運用するエリートたちが一手に責任を背負い国家を運営し、一般国民は課せられた「機械」へのひたむきな従事によって配分を得る、というシンプルな仕組みが日本を「機械産業」時代の頂点へと押し上げたのである。ところが、これに基づく機械化の領域が生産行為の大半を担うようになる(一般国民が「機械」への従事を必要としなくなってくる)と、日本は迷走を始める。そこに「冷戦崩壊」と「情報革命」の進化が追い打ちをかけた。

「情報革命」の発生は、これまでの「機械産業」時代の価値観や方程式を根底から覆した。いや、正確にいえば、近世時代に引き戻した。それまで誉れとされていたことの多くが否定され、文献で美徳とされていた価値観が再び注目されるようになってきた。ただ、近世時代と現代が異なるのは、近世時代の「一般庶民」の役目を「機械」が担ってくれるということである。

つまり、現代の人類はすべて、近世時代の「武士」「貴族」といった役回りを担う必要があり、教養人であることが前提で、文化伝統を守り、宇宙真理を追究し、社会を先導していく義務を背負っていくことになる。

 

これからの時代は「機械」に従事し生産を効率よく行うことが求められるのではなく、生活の中で人々が新たな進化を得られるような「情報」を生産することが求められる時代である。

「機械」に従事する必要がないのだから「時間給」的な考え方は理屈に合わず、これから必要なことはどれだけ「生活」を大切にできるか、にかかっている。当然ながら、職種や役職での優劣は問題とならず、「生活」「経験」「研究」を通して真理に近づき「情報」を生産できた者だけが尊敬を受けることができるようになる。

 

しかしながら、日本は江戸末期から、ただひたすらに教育・労務・法務・金融・流通・国防・行政・通信のすべてを「機械産業」に合わせていった。それで大成功してしまった日本では、日本国民の価値観・文化・習俗・流行にまで、そんな「機械産業」に資する形が深く刻み込まれてしまっていて、容易に変えようがない。

たとえば「正社員」の条件が良い理由はそれだけ従事する「機械」に忠誠を誓っているからであり、「サービス残業」が頻発する理由は疲れない「機械」に従事することを優先させてしまう風潮が醸成されているからではないだろうか。これをやめられないところに、日本国民の現状の限界があるのだと思う。

これからの時代は、中央(機械産業の作動決定権を持つ者)に認められる(目立つ)必要もなく、「機械」に従事する必要もない。重要なことは「いかに生活に立脚するか?」であり、「機械」も「インフラ」もそのための手段として取捨選択されるのである。

仕事の在り方も従事から奉仕、求められる人材もスペシャリストからゼネラリスト、組織の在り方も中央集権から多種分権(マルチワーク)となる。賃金も従事の対価として支払うこれまでの在り方から、奉仕(機械・インフラ提供含む)における御礼か「情報」に対する対価でしかなくなるだろう。

これからの時代の人々は、これまで以上に「あらゆることに対して努力」し続け、自己ですべての責任を負い、必死に日々の生活をかみしめるようになっていく。そんな時代がやってくる、今はその転換期にある、と言ってもいい。

そう、もはや「機械産業」の時代は終わっているのである。「生産管理体制の終焉」と題名に謳った理由は、そこにある。

日本社会は、国民の価値観・産業構造・インフラ・組織体系、どれをとってもこの事実に即した体制に移行できていないのが現状である。この点において、日本は後進国といっても過言ではない。

これらの点を少しでも改革していくこと。日本がこの転換期に自己改革できたとき、日本は「バブル崩壊」以後続いた、長期にわたる景気低迷に終止符を打てるのである。

 

蛇足だが。

「よつば」では、上記の考え方に基づいた実践研究を、日々展開している。そして、世界から遅れ気味の日本社会に対して、「情報革命」への対応策を提示し、それを社会化していく試みも多数行っている。

今のところ、これが理解されることはなかなかないが、なかなか興味深い成果が幾つか出ており、ささやかながら筆者のほくそ笑むところである。

今後とも、北九州市黒崎という街全体を、「黒崎まちごとラボラトリー」として実験場で活用できるメリットを活かし、人知れず実践研究を続けていく所存である。

興味のある方は、引き続き、お楽しみに!

 

【次週 平成28年9月28日(水) の予告】

テーマ:シークレットゲスト

放送時間:17:00~17:58

松並木通信GP:https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

放送制作:AIR STATION HIBIKI

周波数:FM88.2MHz

インターネット:http://listenradio.jp/

(「全国のラジオ局」→「九州・沖縄」→「AIR STATION HIBIKI」)

企画制作:よつば (https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成28年9月15日(木)

九州国際大学1年生・青柳雄也 プレゼンツ

 

黒崎グリーンバード第7回活動 が行われました。

今回、筆者は訳あって よつば で御留守番。

 

みんながどんな活動したか?は取材できなかったけど、

 

その前後の様子だけはしっかりと撮りました(笑)

そして、今回は初の試みで

 

活動終わりに青柳氏が 打ち上げを行いたい と言いだしたので、

 

みんなでワイワイ食事しました。

話題は KOBAYAAAAAAAAAN でした。

 

興味が沸いた方はぜひ、次回の 黒崎グリーンバード に参加してくださいね。

次回開催日:平成28年10月20日(木)18:20~19:30

集合場所:よつばhttps://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ラジオ・松並木通信@AIR STATION HIBIKI vol.24

 

【イラストレーター・紫藤みやおの描きおろし焼絵】

≪焼絵キーホルダー≫

 

あなたも身近な日用品を、紫藤みやお「オリジナル焼絵」で彩ってみませんか?

詳しくは「よつば」まで。

 

よつば公式Facebookページ

https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

 

 

【笛田ちひろの天気予想】

ウェザーニュースの編集に参加している ハイパーマルチタレント・笛田ちひろ が、放送2日前 に天気予報と照らし合わせて 放送日の天気を予想 するコーナー。

 

≪筆者附則≫

天気・雲量だけでなく、今回から加わった湿度・気温というハードル!

一発目でこれを軽やかに超えてしまった「笛田ちひろ」。

広島東洋カープのリーグ優勝セールに沸く広島市・本通り商店街からの収録放送は、これまでの放送の中で最も「笛田ちひろ」の力強さ(本人はまだまだか弱いと言うが・・・笑)が伝わる放送となったように思う。

カープファンやっていて良かった~♪

そんな想いが余すところなく電波に乗った放送になったように思う。

また次回、さらなる「笛田ちひろ」の飛躍に期待したいところである。

 

 

【vol.13~vol.23総集編】

ダース回ごとにこれまでの放送を振り返るコーナー。

これまでご紹介できていない リスナーからのご意見・ご投稿を紹介 しながら、話を進めていく。

 

≪筆者追記≫

「笛田ちひろ」の天気予想に対する合否判定が厳しすぎる!

というご指摘から、

「小堀のぶや」はどちらにいったんですか?

という「松並木通信」ならではの謎に対するご質問、

そして、園田さんを嫁に欲しい。

という問合せまで、様々なコメントをくださいまして、ありがとうございました。

ぜひこれからも引き続きご贔屓にお願いいたします。

下記グループにご登録いただきますと、編集部側と円滑にコミュニケーションが取れるようになりますので、ぜひご登録ください。

 

「松並木通信」グループ

https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

 

【次週 平成28年9月21日(水) の予告】

テーマ:生産管理体制の終焉

放送時間:17:00~17:58

「松並木通信」グループ:https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

放送制作:AIR STATION HIBIKI

周波数:FM88.2MHz

インターネット:http://listenradio.jp/

(「全国のラジオ局」→「九州・沖縄」→「AIR STATION HIBIKI」)

企画制作:よつばhttps://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

九州女子大学さんぽがーるず

 

新よつば (造作前)での最初の活動は、責任期が 6期目 を迎えた自分たちの方針を見つめ直すことから始めました。

 

何度か本ブログでも書いていますが、

さんぽがーるず はそもそも 大学に身を任せているだけでは以下の形で活動ができない という問題を解決するために産まれたものです。

 

・自己責任に基づく実地訓練の場を確保したい。

・自己の目的に沿った学外活動への関わり方を選びたい。

・どうせ活動するなら稼ぎたい。

 

こういう想いを実現し続けながらも、紆余曲折ありつつ 自主経営でサークル運営できている ことが、このサークルの凄いところなのですが。

 

今期は 6期生が2人だけ ということもあり、なかなか 上記の想いを実現しているとは言い難い 感じで活動が推移していました。

 

そこで新よつばに活動拠点が移ったことを契機として、その見直しを行うことにしました。

参加者は 3年生1人、2年生2人、1年生1人

 

先輩から引き継ぐ中で徐々に薄れてきていた さんぽがーるず本来の目的 を再確認した上で、活動の在り方を見つめ直していきました。

 

その結果、これからの活動方針が決定!

 

仕事で中座した筆者に対し、彼女たちは頼もしいほどの 自分たちの意志 を届けてくれました。

 

彼女たちの 新活動方針 は以下。

 

・活動場所・時間には拘らない。

・子どもと触れ合えたり、何かを具体的に造作する活動機会を積極的に獲得したい。

・活動費が赤字にならないようにしたい。

 

なので、これからはそういう機会を、彼女たちに提案していこうと考えています。

 

というわけですので、もし上記方針に即す機会を提供できる、という方がいらっしゃいましたら、下記連絡先までご連絡ください。

 

【連絡先】

よつば

https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

 

※話し合い後にはイラストレーター・紫藤みやおさんから「イラスト焼絵」を教わる。

 

彼女たちのこれからのさらなる活躍に、ご期待ください!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ラジオ松並木通信@AIR STATION HIBIKI vol.23

 

【イラストレーター・紫藤みやおの描きおろし焼絵】

焼絵コースター¥600(制作者希望価格)≫

今回の放送テーマを焼絵で表現!

 

焼絵木枠付コースター¥1,000(制作者希望価格)≫

「よつば」の公式キャラクター・よつばちゃんを焼絵で象る!

 

あなたも身近な日用品を、紫藤みやお「オリジナル焼絵」で彩ってみませんか?

詳しくは「よつば」まで。

 

よつば公式Facebookページ

https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

 

【笛田ちひろの天気予想】

ウェザーニュースの編集に参加している ハイパーマルチタレント・笛田ちひろ が、放送2日前 に天気予報と照らし合わせて 放送日の天気を予想 するコーナー。

 

≪筆者附則≫

放送日の天気のみならず、雲量まで正確に予想せねばならない高いハードル。

そのハードルに苦しみ3連敗を屈していた「笛田ちひろ」だが、今放送ではついにそのハードルを越えて見せた。「さすが!」といったところだろうか。

そうして次週より新たに課せられたハードルが「気温」「湿度」に関する予想。

いやあ、このさらなる課題にいかに取り組むのだろうか?

「笛田ちひろ」のさらなる進化が楽しみでならない。

 

ハイパーマルチタレント「笛田ちひろ」に会える機会があります。

 

≪笛田ちひろの天気講座≫

平成28年9月11日(日)16:00~18:00

黒崎コムシティ3階 市民サポートセンター

 

【ソノダがききました】

本放送サブパーソナリティーの園田が、身近な疑問を話題として提供して、おしゃべりするコーナー。

 

テーマ:本放送メインパーソナリティー・寺下りょーまの正体を大解剖!(←筆者)

 

≪放送時概要≫

筆者はいったい何者なのか?

放送を聴けば聴くほど、ブログを読めば読むほど、関われば関わるほど、謎が深まってしまう・・・。そんな筆者の正体を大解剖したい、ということで、園田未来が筆者の生い立ちからプライベートの過ごし方まで、様々なことを尋ねてみた。

 

≪筆者追記≫

自分のことを聞かれるというのは、なんとも不思議な気持ちである。

果たして聴取者や読者にとって、私に対する興味がどれほどなのか?自分ではなかなかわからないもの。孫子の最も著名な言葉に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」とあるが、その「己を知る」ことほど難しいことはないのだから。

私自身、知れば知るほど謎が深まる、との指摘にも首をかしげるばかり(笑)

ただ、後悔したくないから、常に想像をめぐらし、自分の信じるままに行動して生きているだけなのに。

聴いてくださった皆さん、楽しかったのかな?笑

 

 

【次週 平成28年9月14日(水) の予告】

テーマ:vol.13~vol.23までの振り返り

放送時間:17:00~17:58

討論グループ:https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

放送媒体:AIR STATION HIBIKI

周波数:FM88.2MHz

インターネット:http://listenradio.jp/

(「全国のラジオ局」→「九州・沖縄」→「AIR STATION HIBIKI」)

企画制作:よつば (https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

※前回告知させていただいたゲストの登場は、また後日放送にまわさせていただきます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。