「よつば」での出来事の数々をレポート

グローバル時代に対応した“新しいメディアシステム”を創造するプロジェクト「よつば」のアーカイブブログ。
※現在「引越し造作」作業中!

NEW !
テーマ:

平成28年11月30日(水)17:00~17:58 放送

 

【紫藤みやおの手作り焼絵】

 

【笛田ちひろの天気予想】

ウェザーニュースの編集に参加している ハイパーマルチタレント・笛田ちひろ が、放送2日前 に天気予報と照らし合わせて 放送日の天気を予想 するコーナー。

 

≪筆者附則≫

満点。

ここまで完璧な予想はなかなか出来ない。

今回は、この一言に尽きる!

 

 

【松並木通信ピックアップ】

 

世界のニュースの中からピックアップして筆者が解説するコーナー。

 

≪テーマ≫

シンギュラリティ

 

≪放送内容≫

昨今流行りの「シンギュラリティ」について解説後、アニメやSFを題材にAIの進化がもたらす人類社会の未来を話しあった。

 

≪筆者追記≫

放送内でも述べたが、「シンギュラリティが2045年にやってくる」というのは、産業技術進化方程式に基づく計算の結果に過ぎない。

しかしながら、これがまことしやかに囁かれ、投資対象として有効になる背景とはいかなるものだろうか?

そこを探っていきたい。

筆者の私見としては、この「シンギュラリティ」が引き起こす変化こそ「情報革命の真髄」との認識が広がっているから、ではないだろうか。

人は「農業革命」によって時に支配され、「産業革命」によって従事を覚えた。さて、次は何に制約される(身をゆだねる)時代がやってくるのだろうか?

そんな考えを想起させるとき、「情報革命」のもたらす制約こそAIが人の頭脳を超える「シンギュラリティ」の先に引き起こされる、と考えることができる。

我々はいかにAIに制約される(身をゆだねる)ことになるのか?

その過程には天文学的な利益とその継続が予想され、そこを狙った投資とも言えるだろう。

だが、事はそんなに容易ではない。

まず何をもって「AIが人を超えた」と定義づけるのか?

これが定かではない。

ましてその技術進化の方向性は、そのときどきの社会情勢に影響されやすく、2045年という数字がどこまで重要視されるべきなのか?は甚だ疑問である。

そんなことよりも、まずはAIを活用して足元の問題からしっかりと解決していくほうが先決な気がしないでもない。(もちろんAIの基礎研究は進めていくべき)

ベクトルはどこでもいいし、成果を得る時期も長短あっていいが、その内容は足元の課題にシフトしたものであったほうが良い。

2045年という時期にばかりフォーカスするのではなく、日進月歩を目指したほうが結果的に生産的なのではなかろうか?

筆者としては、そのように感じるのである。

とはいえ、これは、夢のある話であり、恐怖を感じる話でもある。

その内実を「あーだ、こーだ」議論することはたいへん有意義なことであり、また楽しいことでもある。

ぜひまた数多くの方と、この話について、議論していけたらいいと考えている。

 

≪参考資料≫

http://dentsu-ho.com/articles/3260

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ai_nyumon/1024474.html

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1610/11/news038.html

 

 

【次週 平成28年12月7日(水) の予告】

テーマ:総集編③

放送時間:17:00~17:58

松並木通信GP:https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

放送制作:AIR STATION HIBIKI

周波数:FM88.2MHz

インターネット:http://listenradio.jp/

(「全国のラジオ局」→「九州・沖縄」→「AIR STATION HIBIKI」)

企画制作:よつば (https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成28年11月23日(水・祝)17:00~17:58 放送

 

【紫藤みやおの手作り焼絵】

 

【笛田ちひろの天気予想】

ウェザーニュースの編集に参加している ハイパーマルチタレント・笛田ちひろ が、放送2日前 に天気予報と照らし合わせて 放送日の天気を予想 するコーナー。

 

≪筆者附則≫

この日はヘビーリスナーの方が遊びに来ていた。

そんなヘビーリスナーに評価してもらったところによると・・・ハズレ!

残念ながら、11月全勝とはならなかった。

天気を外しても「笛田ちひろ」のトークはキレを増す。

そんな「笛田ちひろ」の話は下記にて。

 

 

【松並木通信ピックアップゲスト】

世界の方々の中から筆者がピックアップしてゲストにお呼びし、おしゃべりするコーナー。

 

≪ピックアップゲスト≫

笛田ちひろ (ハイパーマルチタレント)

with大迫しのぶ (ギラヴァンツ北九州私設応援団ギラガールズ 広報部長)

 

≪筆者追記≫

相変わらずの「笛田ちひろ」節に筆者はタジタジ!

活動PR、大相撲、そしてサッカー。

ギラガールズから大迫しのぶさんにも入ってもらったため、その話に熱がこもる。

「なぜギラヴァンツ北九州はJ3に降格してしまったのか?」

来季開幕前に、小倉駅北口(新幹線口)直結の大規模スタジアムが完成する。

このスタジアムはJ1規定を満たしており、J2で好成績をおさめても昇格できなかったこれまでとは異なり、今季はJ1昇格を賭けた戦いだったはずだ。

ところが、結果はJ1昇格どころかJ3降格!

その原因について語り合い、そしてサポーターとして出来る事、などの意見を出し合った。

戦力や試合での戦い方などは、現場や育成等、クラブ側の仕事なので、そこにサポーターは資金面の援助程度しかできない。しかしながら、いかに戦いやすい環境を築き上げるか?については、サポーターにもできることはあるはずだ。

そのひとつが「応援方式の統一」である。

現在のギラヴァンツ北九州は、観客動員数が少ないにもかかわらず、サポーター全体の一体感に欠けている。

選手たちが一体感を誘ってくれるようなパフォーマンスを魅せてくれない。クラブ側がサポーターの応援手法の方言表現にまで口を挟んでくる(「ぶちくらせ」騒動)。

そんな一体感を持ちにくい現状はあるだろう。

サポーターはあくまで「客」であるから、選手やクラブ側にサービスを提供してもらう(良い環境で良い試合を見せてもらう)のは当然なのだが、独善的にそれを求めるのは違うように思う。

「環境は与えられるものではなく、つくるものだ」

そんな言葉があるように、北九州で良質なサッカーを観戦できる環境を欲すのであれば、その環境づくりに協力するのは、「客」側であるサポーターの努力も必要であるようにも思う。

かつて北九州市は「日本最高のスポーツ都市」だった。

そんな栄光を再び取り戻すには、クラブ・サポーター一体となった取り組みが必要になるように思う。そして、そのカギとなるのは・・・と、ここから先は知りたい方のみに、こっそり教えようと思う(笑)

思えば、本日は「競輪祭決勝」!

北九州市が生んだ五輪競技・ケイリンの最高峰大会である。

「ケイリン発祥の地・北九州市小倉(北九州メディアドーム小倉競輪場)」を記念して、毎年最後のG1レースとして開催される。

この大会で集まる金額は莫大で、この歳入が北九州市を潤していることは疑いようがない。

競輪・競艇(若松)・競馬(小倉)・・・そしてギラヴァンツ北九州。

北九州市は公営ギャンブルをすべて総なめしている都市である。

そういう意味でも「スポーツで稼ぐ」という発想をもっと前面に押しだし、(ギャンブルでなければ儲からない的な発想ではなく、純粋にスポーツビジネスとしての)ビジネス設計を行っていくことが肝要なのだと思う。

そのためにもまずは、市民の中の提供側と享受側双方が一丸となって「市場」を構築していくこと。

そこから始めていくべきだと考えている。

 

 

【次週 平成28年11月30日(水) の予告】

テーマ:シンギュラリティ

放送時間:17:00~17:58

松並木通信GP:https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

放送制作:AIR STATION HIBIKI

周波数:FM88.2MHz

インターネット:http://listenradio.jp/

(「全国のラジオ局」→「九州・沖縄」→「AIR STATION HIBIKI」)

企画制作:よつば (https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成28年11月16日(水)17:00~17:58 放送

 

【笛田ちひろの天気予想】

ウェザーニュースの編集に参加している ハイパーマルチタレント・笛田ちひろ が、放送2日前 に天気予報と照らし合わせて 放送日の天気を予想 するコーナー。

 

≪筆者附則≫

ハイパーマルチタレント「笛田ちひろ」がぎっくり腰?!

そんなビッグ(?)ニュースから始まった「天気予想」。

鮨屋でのライブをこなし、さらに絶賛活躍中の「笛田ちひろ」の名調子はここに始まる。

軽やかに予想を当て、話題は活動のことや大相撲へ。

幕下・てるつよし・・・。

阪神淡路大震災の日に生誕した力士が、今場所の成績次第で関取となる可能性があるとか。

要注目である!

 

 

【松並木通信ピックアップ】

世界のニュースの中からピックアップして筆者が解説するコーナー。

 

≪テーマ≫

日本プロ野球2016

 

≪放送内容≫

今季の日本プロ野球について。

4月放送時の筆者の予想と照らし合わせながら、話を進めた。

 

≪筆者追記≫

昨季は「柳田・秋山・山田」というトリオスターで彩られた年だったが、今季は「二刀流・大谷翔平」一色の年となった。

打っては3割・20本塁打、走っては7盗塁、投げては10勝・防御率1点台。

打者としてはOPS 1.000を超え、投手としては165kmを投げる。

まさに「完全無欠」の漫画の主人公を体現したような選手に成長した大谷選手に、日本全国の野球ファンが釘付けになった。

「二刀流」に対する反対論を封じ込め、メジャーですら「二刀流」起用の議論を呼び起こすような、そんなスーパースターに成長した大谷選手。

それでもメジャーでは投手としての評価の高い大谷選手だが、筆者は大谷選手は才能的にどちらかといえば「野手向き」だと見ている。

高卒一年目に見せた外野守備力、図抜けた走力、そしてオールスターの本塁打競争を制すほどの長打力のスペックはもちろん、彼の持つ打席での対応力に惚れ惚れするからだ。

話によれば、彼は投手優先の調整・練習メニューを組んでおり、野手としてはあまり練習できていないのだそうだ。それでいてあの成績!

これはもう野手として彼が「天才」だという証左では?

なんて思うのだ。

しかしながら、その「天才」を支えているのは、彼の研究熱心さと日頃の地道な努力である。

これを上手に両立させて、試行錯誤の中で今の技量を磨いてきた。

大谷選手に学ぶことは多く、筆者もこうありたいと思っている。

大谷選手の魅せてくれる「夢」は、どこまでも現実の「努力」に即した延長線上のものに過ぎない、という点で、非常に勇気をもらうのである。

 

 

【次週 平成28年11月23日(水) の予告】

ゲスト:笛田ちひろ②

放送時間:17:00~17:58

松並木通信GP:https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

放送制作:AIR STATION HIBIKI

周波数:FM88.2MHz

インターネット:http://listenradio.jp/

(「全国のラジオ局」→「九州・沖縄」→「AIR STATION HIBIKI」)

企画制作:よつば (https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成28年11月9日(水)17:00~17:58 放送

 

【イラストレーター・紫藤みやおの焼絵グッズ】

 

【笛田ちひろの天気予想】

ウェザーニュースの編集に参加している ハイパーマルチタレント・笛田ちひろ が、放送2日前 に天気予報と照らし合わせて 放送日の天気を予想 するコーナー。

 

≪筆者附則≫

当たり前のように正答するところが、今の「笛田ちひろ」の実力なのかもしれない。

そんな「笛田ちひろ」は門司港の鮨屋でリコーダー演奏会を行った模様。

面白い!!!

そう直感した私はその写真を「笛田ちひろ」に所望したい、と思う。

やはりハイパーでマルチな「笛田ちひろ」はやることが違うんだなあ~♪

 

【松並木通信ピックアップ】

世界のニュースの中からピックアップして筆者が解説するコーナー。

 

≪テーマ≫

外国人技能実習制度

 

≪放送内容≫

厚生労働省が推進するこの制度は、発展途上国の経済発展・産業新興に資する人材を育成するため、査証等の手続きを簡略化して日本国内で働けるようにし、日本の進んだ技術・技能を習得してもらおうという制度である。

しかしながら、必ずしもこの制度が目的に即して機能しているとはいえず、この制度による弊害が常に取沙汰されている。

この問題の根幹にはいったい何があるのか?

そんなことを議論していった。

 

≪筆者追記≫

この制度には重大な欠陥がある。

それは「グローバル」な経済要請と「ローカル」の経済事情の齟齬である。

これをしっかりと翻訳して制度を適応できねば、この制度の導入は失敗してしまう。

企業単独型であれば、基本的にその翻訳作業は受け容れ企業が行う。しかしながら、団体監理型だと、それが難しくなる場合が数多く報告されている。

その結果、以下のようなことが頻発しやすのではないか?

 

・外国人技能実習生が単純労働のみに従事させられ、技能実習の機会を与えられない。

・外国人技能実習生と受け容れ団体との価値観の相違に伴うコミュニケーション障害から、協力体制を築けずに対立構図を産み出してしまう。

・技能習得が目的でなく、日本での永続的な就業が目的の実習生を受け入れてしまう。

 

こうした問題から、実習先から逃亡する外国人技能実習生が出てくるのは無理からぬことである。これを解決するには、外国人技能実習生を受け容れる前に、受け容れ側もしっかりと勉強しないといけない。

また、そもそもの問題もある。

最初から、外国人技能実習生を「安価な労働力」としか見ていない、そんな風潮もかつてはよく報告されていた。

バブル崩壊による既存の産業構造が時代遅れになってにも関わらず、いまだに日本の産業構造はバブル以前の形態を色濃く遺している。これを維持するためには「不当に安価な労働力」が不可欠である。これに外国人技能実習生がすんなりとハマるのだ。

こうして雇われた外国人技能実習生は、単純労働の技能しか手に入れられない。絶望して逃亡するのは無理からぬことだ。

こういったところもまた、外国人技能実習制度の課題なのだろう。

結局は、日本が進んだ技術・サービス・資産を有していても、その構造は旧態依然としている。そのことを証明してしまう機会こそ、外国人技能実習制度なのではないか、とすら思えてくる。

つまり、日本が先進国に相応しい社会構造に自己改革していくこと。

これがこの問題の解決には最も重要な要素なのではないか、と考えている。

 

≪参考資料≫

厚生労働省HP:http://www.jitco.or.jp/system/seido_enkakuhaikei.html

産経新聞:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000051-san-soci

 

 

【次週 平成28年11月16日(水) の予告】

テーマ:日本プロ野球2016

放送時間:17:00~17:58

松並木通信GP:https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

放送制作:AIR STATION HIBIKI

周波数:FM88.2MHz

インターネット:http://listenradio.jp/

(「全国のラジオ局」→「九州・沖縄」→「AIR STATION HIBIKI」)

企画制作:よつば (https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成28年11月2日(水)17:00~17:58 放送

 

【イラストレーター・紫藤みやおの焼絵グッズ】

 

【笛田ちひろの天気予想】

ウェザーニュースの編集に参加している ハイパーマルチタレント・笛田ちひろ が、放送2日前 に天気予報と照らし合わせて 放送日の天気を予想 するコーナー。

 

≪筆者附則≫

今年も年末。

「笛田ちひろ」がお送りする「第7回個人的アワード2016」の季節がやってきました。

「個性こそ輝き!」を地でいく「笛田ちひろ」が提供するそれぞれの“個性”を表現するコンテンツ「個人的アワード」。

もう第7回になるとは月日が経つのは早いなあ、と感じるとともに、「笛田ちひろ」の継続力にはまこと感服する次第。

継続は力なり。

これは真理であります。

 

 

【ソノダにききます】

サブパーソナリティ・園田 が 話題・情報 を持ちこみ、スタジオで深めていくコーナー。

 

テーマ:私すまい①

 

≪放送内容≫

今回、園田が取り上げたのが「居住環境」のこと。

特に、福岡県や北九州市に関する各種イメージ調査に基づいて、その各種イメージ調査に関して、実際に居住しているパーソナリティたちの実感に基づいた議論を行った。

 

≪参考資料≫

50歳から住みたい地方ランキング http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000393.000005069.html

福岡県内の買って住みたい街、借りて住みたい街 http://www.homes.co.jp/cont/press/report/report_00135/

次世代育成環境ランキング

http://j-town.net/tokyo/news/localtv/229153.html?p=all

 

≪筆者追記≫

筆者的には、北九州市は居住環境で言えば、日本屈指であると言っても過言はないように思う。

理由は、衣食住のクオリティとバリエーションが豊富で、収入が良い割に物価が安いからに他ならない。おまけに公共設備や医療福祉設備も、質・量ともに日本屈指である。ただ都市規模の割に広告業界が小さいため、そんな事実が広く伝わっていないというだけである。

懸案の治安に関しても、外国に行くよりははるかに安全なわけで、それほど目くじら立てるほどのこともない。

教育に関しては、ステータス校こそ三大大都市圏に比べて少ないものの、実地力という面で北九州は最も身に付きやすい環境であるというが実感である。公立に通って、ある程度の学力・体力・人脈が身につくところが美味しい。現に、日本の有力者に北九州都市圏出身者の多いこと(笑)

そして何よりも北九州では「最先端のサービス」を受けられることが大きい。

これは意識していないと北九州在住者も気づかない事実だが、北九州発祥のサービスは極めて多い。なぜ多いかというと、これも必然なのだが、北九州は常に「日本の20年先をリード」している社会構造を持つ都市だからである。

北九州で負けたサービスの命脈は20年程度だし、北九州で当たったサービスは20年後に日本を席巻する。そんな法則がある程度でも成り立つところに、北九州の魅力が凝縮されている。

そんな「最先端都市・北九州」に住みたい方は、ぜひご一報くださいね。

 

 

【次週 平成28年11月9日(水) の予告】

テーマ:外国人技能実習制度

放送時間:17:00~17:58

松並木通信GP:https://www.facebook.com/groups/533062996833682/

放送制作:AIR STATION HIBIKI

周波数:FM88.2MHz

インターネット:http://listenradio.jp/

(「全国のラジオ局」→「九州・沖縄」→「AIR STATION HIBIKI」)

企画制作:よつば (https://www.facebook.com/yotsuba.kurosaki/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。