tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【18】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955992054&owner_id=5019671 

mixi日記2017年月日から 

 テーマサイトは下記。 
【この日本語おかしいですよね? 句読点の使い方など。 『この製品は、施設運営者にとって有用な、次のよう】  
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9785466.html 

===========引用開始 
この日本語おかしいですよね? 句読点の使い方など。 

『この製品は、施設運営者にとって有用な、次のような独自の機能を提供します。』 

↓直すとしたらこうですか? 

『この製品は、下記のとおり施設運営者に対応した独自の有能な機能を提供します。』 
===========引用終了 

 No.7でまともな添削例が出た。 
 ただ、なんでこんなに敬度を上げる。いじりすぎだろう。 
 当方なら下記くらいにする。 
【修正案1】 
 この製品は、以下のような独自の機能を備えているので、施設運営者にとって(きわめて)有用です。 
 これでもいじりすぎかな。「備えており、」のほうが余計な因果関係が生じなくてニュートラルなのはわかっているけど、ジジくさくてイヤ。 
 もう少し原文に近づける。 
【修正案2】 
 この製品は、次のような独自の機能を提供するので、施設運営者にとって有用です。 
 これが最低限度の修正で済ませた例では。 
 って、質問者が求めているのは添削例なのか? 
 原文の句読点の打ち方がおかしくないか、という質問でしょ。 
 これは、本多読本の限界を考えるうえで、有用な(個人的には使わないなぁ)例文の気がする。 
 本多読本方式に修飾関係を考えてみる。 
 本多読本のように「主語(的なもの)」まで修飾語にするのは異和感があるので、少しアレンジを加える。 
 原文の「主語」は「この製品は」で、「述語」は「提供します」。提供するものは「機能」で、これにかかっている修飾語(正確には「句」だろうな)がウットーしい。 

施設運営者にとって有用な 
次のような         機能 
独自の 

 になる。3つの修飾語が「機能」にかかっている。 
 3つの修飾語には明らかな長短があり、長い順につながっているので、テンは不要になる(はず)。 
 ちなみに、「この製品は、」のテンは逆順のテン。例によって「提供します」の直前に移動すればテンは不要になる。でもそんなことはしないほうがいい。理由は2つ考えられる。 
1)「この製品は、」を後に回して長い修飾語が並ぶと、なんだか不安定な文になる(「不自然」と言ってもいいかも) 
2)指示語の「この」は、通常前の文を受けている。そういう場合は、指示語を含む言葉は、できるだけ文頭近くにないと、なんだか不安定な文になる(「不自然」と言ってもいいかも) 
 と言うことで、文頭の「この製品は、」は固定する。 
 で、3つの修飾語の話に戻る。 
 本多読本の2大原則に従うと、テンは不要になる。しかし、世間にはこういうテンを打つ人が多い。 
 質問者が異和感をもっているのに、回答者のほとんどは、問題なしとしている。 
 理由は……とりあえず3つ考えられる。 
1)「次のような独自の」がひと塊に見える 
 そのため、長い修飾語が2つあるように見えるので、「長い修飾語」のテンを打ちたくなる 
2)「施設運営者にとって有用な」「次のような」と「な」で終わる修飾語が続くのでテンを打ちたくなる 
 連続するのはヘンなので、一方にテンを打つことで変化をつけ、一種の「近接回避」をしている。 
3)とくに理由はないが、なんとなくテンを打ちたくなる 
 原文を書いた人がどう考えたかは知らない。だが、同調する人は多いようだ。本多読本が口を酸っぱくして主張しようが、少しだけ内容をかえて多くの版で繰り返し主張しようが、現実はこんなもんだ。当方だって、原文をテンの打ち方だけでなんとかしようと思えば、原文と同じことをすると思う。いちばんの理由は、2)の近接回避だろうな。 
 ↑の「近接回避」に気づけば、もっとも安直な修正案が浮かぶ。 
【修正案3】 
【この製品は、施設運営者にとって有用な以下の独自の機能を提供します】 
 今度は「の」が近接している(笑)。「の」の近接は罪が軽いから許してもらえないかな。だったらこうするか。 
【修正案4】 
 この製品は、施設運営者にとって有用な以下の独自機能を提供します。 
【修正案5】 
 この製品は、施設運営者にとって有用で独自性の高い以下の機能を提供します。 
 文脈がないのでわからないが、おそらく「以下の」はいらない。だって、このあとに独自の機能の説明をするんでしょ。 
 構文をもう少しいじってよいのなら、↑の【修正案1】 【修正案2】って方法もある。そのあたりはどうにでもなる。さて、本多センセーならなんて言うんだろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。