tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

読書感想文/『日本語作文術 伝わる文章を書くために』(野内良三/中央公論新社社/2010/05/25第1刷発行) 第2稿(毒抜き編)

 某セミナーの資料として、書きはじめたのだが……。 
 あまりにも毒マミレになって、品位にかかわるので、解毒してアップし直す。 

 文章読本の類いを読むのは久しぶり。途中までは、多少引っかかりがあるとは言え、(これは「挿入句」の読点。本多読本式に考えるなら〈逆順〉)好意的に読んだ。でもなぁ。 
 結論だけ書くと、まだ本多読本を読んだことがない人は、こちらを読んだほうがいいかもしれない。巻末に「日本語語彙道場」があるぶん、こちらのほうがお得感(スーパーの特売じゃあるまいし)があるかも。ただなぁ。 
 数多の文章読本のなかでも、かなり上位にランクされる内容であることは間違いない。論理性も高いし、文章もまとも(足首の高さ程度と思われるこのハードルをクリアできていない文章読本はおそろしく多い)。構成に流れが感じられる点も貴重かも(脈絡もなく心得を羅列している文章読本も多い)。でも……。 
 ネットを検索して下記を見つけた。善良なかたは、下記を信頼すればよいだろう。 
【[書評]日本語作文術 (中公新書:野内良三)】 
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2010/09/post-d41f.html 
===========引用開始 
 それでも信奉書に近いものはあって、平凡だが二冊。「日本語の作文技術 (朝日文庫:本多勝一)」(参照)と「理科系の作文技術 (中公新書:木下是雄)」(参照)である。この二冊はすでに、実用的な文章を書く技術の解説書としてはすでに古典の部類だろう。 
 で、本書、「日本語作文術」なのだが、この二冊のエッセンスを含んでいます。なのでこっちのほうが簡便。しかも、読みやすい文章の構造について、この二冊をより合理的に実用的に考察している。私も各所でへえと思った。 
 「日本語の作文技術」だと、ある原理(特に句読点の規則)に到達するまでの思索過程がちとうるさいし、その過程を合理化するためにちょっと無理な議論もある。「理科系の作文技術」はそれ自体独自の味わいがありすぎて冗長と言えばみたいな感もある。対する本書だが、陳腐だけど普通にわかりやすい文章を書く技術に徹している分だけ利点がある。 
 じゃあ類書をまとめたものなのか? そうではない。やや意外な創見から発している。日本語の文章を外国語のように学ぶという視点である。著者は仏文学者で、また大衆的な小説の翻訳に苦慮した経験から、日本語の達文を学ぶには外国語のように学べばよいとした。なるほど。 
===========引用終了 

「日本語の文章を外国語のように学ぶ」というのは清水読本が書いていたはず。 
 まあ、1冊で過去の名著のエッセンスが味わえるのだから、やはりお買い得かも。  
 ただ、悪く言えば「本多読本の二番煎じ」ということになる。 
 別に二番煎じだから読む価値がない、などという気はない。だが、もう少し上乗せがないと、すでに本多読本を読んでいる人にはおおすすめしにくい。とくに重要性が高そうな「語順」と「句読点」に関しては、既視感があまりにも強い。 
 しかも、ほかにも類似点が多い。 
●例文が「文学的」すぎる 
●中途半端な文法の話が、作文となんの関係があるのだろう 
●なんでこんなに偉そうなの 
●そもそもこの書名は…… 
 本多読本へのあてこすりとしてやっているなら笑えるんだけど。 
 段落の話は、木下読本と何が違うのか不明。『文章読本さん江』に毒されているのは……しかたがないか。 
 いったん気になりはじめるといろいろ目について、〝何様目線〟の悪態になってしまい、こんなことを書いていると人間性を疑われかねない。「途中まで好意的」だと、反動でそういう傾向がいっそう強くなる(泣)。 
 ということで、句読点がらみのところだけ、解毒してアップする。 

【引用部】 
私の知る限り、この問題に真正面から【最初に】 取り組んだのは本多勝一である。彼は『日本語の作文技術』(朝日文庫、一九八二年)と『実践・日本語の作文技術』(朝日文庫、一九九四年)のかでこの問題を熱っぽく取り上げた。もっと柔軟に対応したらいいのにという条件はつくけれども、その意見はおおむね支持できる。以下、本多の説明に寄りかかりながら、読点の問題を見ていくことにする。 
 (P.52) 
 文中の【最初に】のカッコは引用者がつけた。原文はカッコがなく傍点がついている。
 読点の話の冒頭近くにある文章。いろいろ考えるべきことがある。  
「真正面から最初に」取り組み、信頼できる記述をしたのは本多読本だろう。問題は「次に」がいるか否か。当方が知る限り、そんなものは見当たらない。ネットで論文も見つけたが、これがお話にならない。ネットには、ほかにももんのすごい数の記述があふれている。大半が論外か本多読本のパクリ or 二番煎じ。本書は……。 
「おおむね支持できる」ということは、支持できない点もあるのだろうが、はっきりとは書かれていない。「もっと柔軟に対応したらいい」が具体的にどういうことかも書かれていない。単に当方の偏見か読解力不足だろうか。そうでないなら、単なるインネンだよ。 
「もっと柔軟に対応したらいい」が、「ムヤミに断定しないでもう少しゆるやかに考えてよいのでは」という意味なら同感。ただ、その適確な指摘だか的外れの批判だか単なるインネンだかは、本書にもそのままあてはまるのでは。 
「以下、本多の説明に寄りかかりながら」……ここが一番引っかかった。この前の「語順」に関する記述は、寄りかかっていないのだろうか。当方には同工異曲にしか見えない。本多読本と重複する部分を除いたら、何か残るのだろうか。自立は無理だろうな。それは「寄りかかる」なんてものではではなく、オンb……ぐゎ、何をするんだ。 
 好意的に見るなら、あまりにもクドくて冗長な本多読本の要旨を、多少簡潔にまとめている。意地悪く見るなら……。 

【引用部】 
 そうすると、読点の打ち方は次の三つの原則にまとめられる。 
[1] 逆順の場合に打つ(ただし抵抗なく読める場合は打たなくてもよい) 
[2] ほぼ同じ長さの大きな文の単位(語群)が連続するとき、その切れ目に打つ(ただし抵抗なく読める場合は打たなくてもよい) 
[3] 「は」はそれ自体で遠くへかかっていく力をもっているので、本来は後に読点を打つ必要はない。ただし、強調のため、あるいは読みやすさを考えて打ってもよい 
 (P.53) 
 [1][2]は、本多読本の2大原則とほぼ同様だろう。(ただし抵抗なく読める場合は打たなくてもよい)って、わざわざ繰り返して書く必要があるのだろうか。これは「原則」以前の「大前提」だろう。入れるなら全部に入れることになる。 
 問題は本多読本の2大原則以外の読点。本多読本はすべて「思想のテン」にしていて、「それはいくらなんでも」と思う。このあたりはすでに何度も書いているので省略する。 
 [3]は、言いたいことはわかるけど、同意はできない。本多読本式に「〈逆順〉なら打つ」のほうがわかりやすいのでは。もちろん(ただし抵抗なく読める場合は打たなくてもよい)んだけど。 
 このあと、「正順で書けば読点は不要」という勇ましい小見出しがあるが、内容は煮え切らない。 
【引用部】 
 読者の中には選択の余地を残す私の説明にまどろこしさや不満を感じた方もいるだろう。しかし、これはやむをえない事態なのだ。先ほど挙げた原則にいずれも「ただし書き」がついているのにはそれなりの意味がある。つまり「抵抗なく読める場合」の判断は書き手の自由裁量にゆだねられているということだ。ただ、多めか、少なめか、いったん採用した方針は途中で勝手に変更しないほうがいい。 
 自由裁量といえば、読点には「強調」のために打つ場合がある。「強調の読点」である。先ほど「なくてもいい」と説明した(2)の「左手の先が、」の読点は「強調の読点」という可能性がある。(P.55) 
 書いている内容は、ほぼそのとおりだと思う。本多読本のようにバッサリ書けるほうが異常だよ。だったら「正順で書けば読点は不要」なんて小見出しはマズいのでは。せいぜい「正順で書けば、読点は減らせる」くらいだろう。 
 そうしないと、2大原則に従って書かれた本多読本と同じことになる。あそこまで読点が少ないと、相当読みにくい。 
 だから、2大原則を踏まえた上で「思想のテン」をどう打つかが重要になる。後出の心得はここをちゃんと押さえているのに、「正順で書けば読点は不要」なんて書いたら台なしになる。 
「強調の読点」という書き方もよくわからない。「強調」ではないこともあるはずだ。それなら「思想のテン」でよいのでは。当方は「読みやすさのために打つ読点」だと考えている。このあと、本書は「読点は読者へのサービス」という小見出しに続く。どうやら「強調の読点」も、「読者へのサービス」として打つ読点の一種らしい。そりゃそうでしょうね。で、「強調の読点」って何? 
 実は本書では、これ以前に「強調の読点」らしきものが登場している。 

【引用部】 
 もちろん、これで間違いというわけではない。普通には原則[2]に従って次のように書き直したほうがすっきりする(強調ということであれば「じっと」の後に読点が必要)。(P.50) 
 この必要になる読点は、本多読本の〈逆順〉のテン。そもそも逆順のテンは、強調などの目的があって語順を逆にするときに使うものだから、当然だろう。本書の〈逆順〉はいったいなんのことなのだろう。 
 ↑にひいたP.53にも〈強調のため〉とある。これも〈逆順〉ほうが素直だろうな。本書の〈逆順〉は……以下略。 
 こういう独自の用語は、初出で解説するものなんじゃないのかね。 

【引用部】 
ただ、ここで老婆心ながら注意をうながしておけば、普段は読点の打ち方なぞいちいち意識する必要はない。文を書いていて、あるいは読み返してみて「おや、ちょっと引っかかるな」、「あれ、ちょっと変だな」と感じたときに、読点の打ち方を考えればいいのである。   
 最後に、三原則や曖昧さを避けるため以外でも、読点を打つことが多い場合を箇条書きで示しておく。読点を打つ目安にしてほしい。 
[1] 長い語群の後で──正順なので打つ必要はないのだが、打てば読みやすくはなる。たとえば長い主語だとか、「~ので」、「~したとき」、「~して」などの後で 
[2] 並列関係に置かれた名詞、動詞、形容詞の切れ目に──「喜び、悲しみ、怒り」、「巨大都市、東京」、「美しい、静かな湖」、「飲み、食い、騒ぐ」 
[3] 倒置法が使われた時──「ついにやって来た、運命の日が。」 
[4] 漢字あるいは平仮名ばかりが続いて読みづらいとき──「それは、いったい、なぜなのか分からない」、「それは一体、何故なのか分からない」(ちなみに、漢字と仮名をまぜる手もある。「それはいったい何故なのか」、「それは一体なぜなのか」 
[5] 助詞が省略されたり、感動・応答・呼びかけなどの言葉が使われたりしたとき──「」あたし、嫌よ」、「まあ、そんなとこさ」、「ああ、おどろいた」 
[6] 文全体にかかる副詞の後──たとえば「多分」、「恐らく」、「事実」、「無論」、「実際」、「ただ」など 
[7] 「…、と言う/驚く」や「……、というような」といった引用や説明を表す「と」の前で(後に打つ場合もある) 
[8] 「しかし」、「そして」、「ただし」など接続詞の後で 
 (P.59~60) 
 本多読本を別にすれば、いままで目にした読点の打ち方のなかで一番まとまっている気がする。だからこそ「正順で書けば読点は不要」って主張が余計に感じる。「正順で書けば、読点は減らせる」けど、それじゃあ読みにくい。読みやすさを考えるなら、下記の要領で「サービスの読点」を打てばいい、ってことなら大賛成だ。 
 基本的にこれでいいと思う。少しだけ補足する。 
[1] 長い語群の後で 
 いささか乱暴では。「長い主語」も条件説も複文も、この曖昧な定義ですべてカバーする気なのだろうか。 
[2] 並列関係に置かれた名詞、動詞、形容詞の切れ目に 
 フツーに列記の読点ではダメですか。「巨大都市、東京」は列記ではなく同格だろう。「美しい、静かな湖」はなくてもいいかな。あるいは中止法と考えることもできる。「美しくて静かな湖」なら、読点はないほうがいい。「飲み、食い、騒ぐ」は重文の話だろう。 
[3] 倒置法が使われた時 
 本多読本に言わせると、「逆順の典型」。それでいいと思う。とくに目安にする意味がわからない。 
[5] 助詞が省略されたり、感動・応答・呼びかけなどの言葉が使われたりしたとき 
 前半は同感。後半は、例の文部省の化石以来の伝統的な用法。これって単に字面の問題では。だとすると[4]に含まれる。「ああ驚いた」「嗚呼おどろいた」なら読点は不要になる。「ああ無情」に読点を打つか否かは趣味の問題だろう。むしろないほうが多い気がする。 
[6] 文全体にかかる副詞の後 
 本多読本式なら、逆順だろう。当方は本書を支持する。逆順とは思えないことも多いから。できれば「時を表す言葉」この仲間に入れてほしい。とっても重要だと思う。

 

 

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。