tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【17】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950899196&owner_id=5019671 


 テーマサイトは下記。 
【「書きました」と「~と思って書きました」はどこが違いますか。】 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9522465.html 
==============引用開始 
例:「~と思い書きました」と「~と思って書きました」はどこが違いますか。 
例:美味しく食べられ、小さな楽しみがある。 

”~ます”をとってほかの動詞と繋げた文章と”~て形”で繋げた文章のとどこが違いますか、いつ使えますか。ニュアンスは違うですか。カンマを使う時と同じですか。 

よろしくお願いします。 
==============引用終了 

 まず「~と思い」の文法的解釈。 
 この「思い」は「連用形」だと思うが、この場合は「中止形」と考えるのがわかりやすい。 
https://kotobank.jp/word/%E4%B8%AD%E6%AD%A2%E6%B3%95-567481#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
ジタル大辞泉の解説 
ちゅうし‐ほう〔‐ハフ〕【中止法】 

日本語の表現法の一。「昼働き、夜学ぶ」の「働き」や、「冬暖かく、夏涼しい」の「暖かく」などのように述語となっている用言を連用形によっていったん切り、あとへ続ける方法。 
===========引用終了 

 で、「~と思い、書きました」と「~と思って書きました」の違い。 
 中止法は読点を打つほうが自然なので、勝手に打った。比較の都合上、「思って」のあとには打たない。と言うか個人的には打つ理由がないので打たないことにしている。

 中止法を使う場合は読点を打ち(これは本多読本の二大原則のひとつ)、「て」でつなぐ場合は読点を打たない。このほうが自然なはず。一般の出版物を見ても、この流儀が圧倒的に多い(はず)。 
 ちなみに「思って」は「思いて」の音便。このあたりは省略する。 

「~と思い、書きました」と「~と思って書きました」にどの程度の違いがあるか。もしかすると先行コメントが指摘するような違いがあるのかもしれない。当方は、まったく同じと考えることにしている。こんな微妙な違いにこだわっていたら、文章が書きにくくてしかたがない。同じと考えれば、前後の文脈(重言)しだいで都合のよいほうを使うことができる。 
 たとえば次のような例文を考える。 

~と思{い、/って}テレビを見るのをやめ{、/て}手紙を書きました 
 2か所の(重文の)つなぎ目を、中止法にするか「て」でつなぐか。 別に両方とも中止法にしても構わない。両方とも「て」でつなぐとさすがにヘンかな。 
 当方なら、下記のどちらかにする。似たような形が続くのを避け、少し違う形を使う。これも一種の「近接回避」だろう。 

1)~と思い、テレビを見るのをやめて手紙を書きました 
2)~と思ってテレビを見るのをやめ、手紙を書きました 
   
 どちらを選ぶのかは、この前の部分を見ないとなんとも言えない。 
 こうして見比べると、「て」でつないだ動作のほうがつながりが強いのかもしれない。そういう主張に逆らう気はないけど、同意する気はもっとない。だって、ニュアンスの違いは本当に少しだから。 

 辞書にある例文で確認する。 
「昼働き、夜学ぶ」と「昼働いて夜学ぶ」 
「冬暖かく、夏涼しい」と「冬暖かくて夏涼しい」 
 そんなにニュアンスがかわりますか?

 

 

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。