tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【17】 

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950899196&owner_id=5019671 

 

mixi日記2016年10月18日から 

 

 直接的には下記の続きだろうな。 

【tobiはこうして汚れていく 】 

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955754121&owner_id=5019671 

tobiはこうして汚れていく〈2〉 

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956216571&owner_id=5019671 

 

 ちょっと拡大解釈していいなら、このテのネタはいくらでもある。エッヘン<( ̄- ̄)> 

 

 テーマサイトは下記。 

【~になります、がおかしいという考えは古い?】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9422133.html 

==============引用開始 

日常生活の中で、おかしいと感じる日本語が多々あるのですが、おかしい、おかしいとメディアやネットでも伝えられているのに使用が減る様子がありません。 

 

こちらが~になります 

 

はアナウンサーでも多用していて、日本語のプロじゃないの?と不思議に思います。 

 

話は逸れますが、先日はお釣りを受け取るときに、~円のお戻しですと言われました。お戻し、という響きが、戻す=吐くと連想してしまい、違和感を感じました。あまり言われたことのない表現でしたし。 

あなたにお金をお戻ししますという意味ではあるとは思いますが、なんとなく腑に落ちません。 

 

お間違いないでしょうか、の使い方も、先方からこちらへの確認に使われると、あなたが思ってることが間違いじゃないかの確認なのに、なぜ私の間違いじゃないかの確認になってるの?と。 

 

細かいこと気にし過ぎかもしれませんが、おかしいという考えが、言いやすいに負けているのか…おかしいと言い続ける私がすでにおかしいのか… 

 

みなさんの周りや職場では、敬語の指導の時など、こういった表現はどのように扱っていますか? 

==============引用終了 

 

【tobiクンのコメント】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

No.3 

回答者: 1311tobi 回答日時:2016/09/17 13:19 

「古い」「新しい」の問題ではないと思います。 

 元々「~になります」はフツーの日本語です。「間もなく3時になります」がおかしいと言う人はいないでしょう。 

「バイト敬語」などと呼ばれるもののほとんどは、文法的には間違っていません。それがちょっとヘンな使われ方をして、そこに噛み付く妙な論理が広まって……●ソも●ソもゴッチャになっている気がします。「こちらが~になります」もちょっとヘンですが、「(こちらが)~でございます」は丁寧すぎるためか、ほとんど使われません。 

 当方は「~になります」 「~(さ)せていただきます」 「よろしかったでしょうか」 を「濡れ衣(を着せられた可哀想な)御三家」と考えています。 

 

「~になります」に関して詳しくは下記をご参照ください。 

【42定番の質問/バイト敬語。「~になります」「~円になります」「コーヒーになります」】 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n146519 

 結論だけ引用します。 

==============引用開始 

●遠慮がちな結論 

「~になります」は文法的には間違っていない。料理をもってきたときなどに使うのは相当ヘンだと思うが、何も言う気はない。接客業の慣用句と考えればいい。 

 ただ、接客の基本を考えてほしい。これだけ「~になります」が問題視されてしまうと、たとえ正当化する論理があっても使うべきではない。よけいなトラブルの元だもん。「それはおかしい」と指摘する客を論破して何かいいことあるの? 

 どこかで読んだ気がある人は記憶力を誇っていい。下記で書いた結論をベースにしている。 

693)【バイト敬語の話──「よろしかったでしょうか?」考 3】 

(略) 

「~です」では敬度が足りないと思うなら「~でございます」でいいじゃない。それで「バカ丁寧すぎる」と言うクレーマーは相手にしなければいいだけ。 

==============引用終了 

 

 さらに詳しくは下記を。 

【引用のご作法17 「~になります」考〈1〉~〈4〉】 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1201.html 

 NHKの主張、『問題な日本語』の主張、専門的な論文……諸説飛び交っています。 

 

 

■~円のお戻しです 

「お返し」がフツーですかね。「お釣りです」のほうが素直ですかね。 

 

 

■お間違いないでしょうか 

「お間違い」か「お間違え」か、という話は長くなるのでスルーします。 

 これは「よろしかったでしょうか」の評判が悪いので出てきた表現ですかね。 

 たしかに本来は「会場をお間違えではございませんか」のように、こちらの間違いを指摘する表現の気がします。「お間違いない」は敬語としてぎこちなく感じます。 

「(こちらで)間違いございませんか」のほうが、「先方からこちらへの確認」として適切かもしれません。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

 

 これに対して「わかるかたはわかるのね」ってコメントが入った。 

==============引用開始 

No.4 

回答日時:2016/09/17 19:06 

No.1~3のどの回答も素晴らしいと思います。とくにNo.3は勉強させてもらった感じがします。 

 

ちょっと違ったことを思いつきました。 

就業人口を産業別の比率で考えると、第三次産業が増え、特に対人で会話応対する人口が増えていると思います。 「接客する人が増えている=接客する人に応対してもらう人も増えている」ということです。 そうした社会の変化は色々なことをもたらすでしょう。 ものそのもの、サービスの内容そのものが重要なのは基本的に変わりがないとしても、対人コンタクトの服装、マナー、言葉遣いがどうであるかのところに評価のウエートが高まってきているのではないかと思います。 ぶっきらぼうに「アイよ」と言ったり、「ヘイ・ハイ・ホイ」で済ましたり、無言でやったりはダメと変わってきているでしょう。他のことをやりながらとか次の作業に移りながらではなく、客個人に専念している「ふう」を装うことがクレームを受けない応対として重視されてくるようになったのでしょう。 

そうした対人応対スタイルを重視する仕事が膨大になった場合、従来の教育訓練ではカバー出来なくなって、新しい教育訓練、新しいやり方、新しい対客応対言葉を簡単、均一に普及させることになったのでしょう。 

「お代は合計2350円です」「お釣りは650円です。ご確認ください」では評判が悪くなる危険があると思えば、「2350円になります」(単品でも合計でも、消費税込みでも)「ランチセットになります」と《なります》で覚えさせた方が実用的です。助数詞を使い分けるよりも、数を言語表現からカットした方が、言い間違いで評判を落とす危険が減ります。「お戻し」「よろしかったでしょうか」がどの程度どこで使われているのかわかりませんが、場面や対象毎に適切な言葉遣いを考えるという対応を大勢に教えるのは大変ですし、自分の感性とことなると評価を下げる客がいることも考えると、少々おかしくても、一律に済ませる簡単な店員用語法を教える方が全体的にベターなのではないでしょうか。 

世の中が変われば、マスコミ用語、放送用語にも変化は出てきて不思議はないです。 

性別、年齢、地位、経歴、状況に応じて、対象に応じて言葉の使い方を変えるような方法を、多数の人に教え、そのように使い分けるように指導すれば、クレームの発生を増やしてしまうでしょう。 新しい社会に変わる中で、言葉の使用方法や習慣が変わっているのだと思います。 

==============引用終了 

 

 で、質問者の判断は……。 

 ふーん。 

 だから●●●●(約5000字削除)。 

 

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。