tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【17】 

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950899196&owner_id=5019671 


mixi日記2016年10月15日から 


 テーマサイトは下記。 

【外人と言う言葉は以前は外国人のうち白人系の外国人をさしていましたが、いつの間にか外国人の俗語の意味に】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9458164.html 

===========引用開始 

外人と言う言葉は以前は外国人のうち白人系の外国人をさしていましたが、いつの間にか外国人の俗語の意味になり、さらに最近では外国人を差別した用語の意味までくわわっています。 


この差別の意味は日本語が少しわかる外国人が外人は「外の人」と書くため、日本人は我々を仲間はずれにしていると思い、クレームをつけたことが原因です。 


このように、本来の日本語の意味外国人の解釈であ変化してしまう現象についてどう思いますか。 


スマホから初めての投稿でうまく入力できません。 

===========引用終了 


 うーむ。聞いたこともない説がいくつも出ている。 

1)外人と言う言葉は以前は外国人のうち白人系の外国人をさしていた 

2)いつの間にか外国人の俗語の意味になった 

3)さらに最近では外国人を差別した用語の意味までくわわっている 

 典拠があるなら是非教えてほしい。 

 あぁ、この手の説は典拠を示すのはきわめてむずかしいと思う。以前少し調べたけど何も出てこなかった。 

 でもさぁ。 


 さらに、「戦前派」のかたから、きわめて貴重なコメントが入る。 

===========引用開始 

戦前派です。 

我々のころは、外国人も、外人も、使いませんでした。 

非日本人は、全て、アメリカ人(兵)(黒人、ヒスパニック、アジア系を含めて)と呼んでいました。 

非日本人は、アメリカ人しかいなかったのですよ。(朝鮮人を別にすれば) 


その後、アメリカ人以外の、非日本人が大勢入って来るようになって、非日本人は、外人と呼ぶように 

なりました。 

その後の経緯は、おっしゃるような意味合いもあります。 


外人よりも、外国人のほうが正確でしょう。 

しかし、差別的な意味が強いかは、受け止め方の問題ですね。 


プロ野球では、外人助っ人など、敬意を持った使い方もされております。 

===========引用終了 


 基本資料?としてmixiの下記のトピもあげておく。これもよくわからない説が書かれていて、典拠を訊いたのに何も教えてもらえなかった。これじゃ単なる誹謗中傷だよ。 

【一体このどこが「外人差別」?】 

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=8873&id=68428189 

==============引用開始 

もう20年ぐらい前、全国的になんか非常に妙な、おかしな動き(運動)があった。 

それまでごく普通に、当たり前に全日本人が使っていた 「外人」 と言う言葉である。 


その妙な 「全国運動」 は要するに 「外 人」 と言う言い方は差別用語だから 「外 国 人」 と呼ぶべきだ、という驚くべき、実にバカげた運動である!  全く呆れる 「運動」 である! 

たしかこの運動の急先鋒は日本人女性で後に 「XXXXXX」 とかいう本を著した女性だったように思う。 

==============引用終了 


 ちゃんと典拠を示すことは諦めつつ、いい加減なことは承知のうえで少し書いておく。 

 現代では差別用語になる言葉があることはお許しください。 


●「外人」という言葉はいつ頃生まれた 

 おそらく、明治になってからだろう。江戸時代には「外人」とは言わなかったような。 

「異人」「紅毛(人)」「毛唐」あたりでは。「伴天連」なんて言葉もあったな。 

 当時は「外国」もどうなんだろう。「外つ国(とつくに)」あたりかなぁ。 


●「外(国)人」はアメリカ人だけか 

 これは第2次世界大戦後の一時期限定だろう。言うまでもなく進駐軍の影響がある。 

「露助」「イタ公」「チャンコロ」「チョン」「三国人」etc.……。アメリカ人以外の「外(国)人」を指す言葉も古くからある(「古くにしか」ない?)。 


●外人と言う言葉は以前は外国人のうち白人系の外国人を指していたか 

「白人系」の定義がないと……。 

 黄色人種も外(国)人だったろうし、アメリカ兵のなかには黒人だっていた。 

 下記には〈1 外国人。特に、欧米人をいう。〉とある。そういうイメージはわからなくはない。でも、あんまり信用しないほうがいいのでは。いずれにしても、「アメリカ人限定」でもないし、「白人限定」でもない。 

https://kotobank.jp/word/%E5%A4%96%E4%BA%BA-457677#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 

==============引用開始 

デジタル大辞泉の解説 

がい‐じん〔グワイ‐〕【外人】 


1 外国人。特に、欧米人をいう。 

2 仲間以外の人。他人。 

「―もなき所に兵具(ひゃうぐ)をととのへ」〈平家・一〉 

==============引用終了 


●「外人」は外国人の意味の俗語か 

 それはないだろう。むしろ「外人」のほうが古いのでは。 


●最近では外国人を差別したニュアンスがあるか 

 ここが問題。 

 まず「差別用語」とは何かという問題がある。これは、一応「差別用語」の類いと考えてよいだろう。 

『記者ハンドブック』に「差別語、不快用語」の書きかえがある。 

==============引用開始 

毛唐→外国人、○○○人 

外人、外人部隊→外国人、外国人部隊 

外人墓地→外国人墓地 

==============引用終了 


 いつ頃かな~。仮に30年くらい前にしておこうか。 

 映画では「外人部隊」と言っていたし、横浜にあったのは「外人墓地」だった。 

 外人が避けられるようになったのは……。 

 ひとつは大相撲の小錦の問題がある。横綱昇進を見送られた小錦が「これは人種差別だ」と言ったとされるのは、1992年かな。このあたりで「外人」問題が出てきたような。 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%8C%A6%E5%85%AB%E5%8D%81%E5%90%89_(6%E4%BB%A3) 


 もうひとつはきわめていい加減な記憶。野球の巨人軍がゲーリー・トマソンを入団させたのは1981年か。 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%BD%E3%83%B3 

 Wikipediaには、この選手が〈「舶来扇風機」、「三振王」、「トマ損」、「害人」(外人のもじり)などと揶揄された〉とある。つまり、この時期までは「外人」「外人選手」「外人助っ人」などの言葉も使われていた。当方の記憶ともほぼ一致する。 

  

 その後、いつの頃からか「外人」はよくない言葉になってしまった。 

 もし「外人」がダメなら「外国人」だって決して好ましくないはず。「アメリカ人」とか「ロシア人」と言うべきだろう。 

 このあたりは「論理」じゃないからなぁ。


#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句
 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語
#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 



語学(日本語) ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。