tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

下記の仲間。 

【将棋(と囲碁)の話 お品書き】 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1986.html 

http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=5019671&id=1932509757 


 そうか。将棋関連の話は1年以上書いてないか。その間に、羽生名人四冠は羽生三冠になった。さて年内にも反攻が始まるのだろうか。当面の興味は今月の順位戦の対局。稲葉八段が勝つようだと、このまま行ってしまうような。 

 恐れていたことが、最悪に近い形で起きてしまった。 

 さっき夕方のニュースでも報道していた。 

 たださぁ。本人は否定していて、事実関係もハッキリしないのにクロ扱いしていいのかな。 

 これで「ヌレギヌ」だったら、とんでもない話だよ。まぁ処分を下したからには、将棋連盟も確たる証拠をもっているのだろう。 

 ただ、処分はソフトを使用したからではない。〈期日の翌12日までに休場届が提出されず〉に対しての処分。 

 まぁ、11日の「聞き取り」で限りなくクロで、そういう棋士をタイトル戦に出すわけにはいかない。三浦九段も「疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」と言うから、「休場届」を出すことで話がついた。 

 それなのに「休場届」を出さないから、強制的な処分になったんだろう。もう竜王戦が始まるんだから。 

 話題になっているのは、直前の竜王相手の順位戦の戦い。三浦九段が新手(だろう)で快勝した。 

https://shogidb2.com/games/bcd93d97c3ca463688953b0267d3111f0bca0256 

 今日のコメントに下記がある。 

==============引用開始 

1手目 7六歩(77) 

ソフト不正疑惑はこの局でもあるみたいですね。 

569f1e3f7f0e49387c16726f2016-10-13 14:07 

==============引用終了 

 たしかにこの仕掛け(▲45桂)は前例が少ないのでは。人間だと、これでテになると考えるのは初級者だろう。後手が22に銀を引かなかった場合、先手がどう指すのかわからない(泣)。 

  

 それはさておき、愛読している「せんすぶろぐ」の指摘は適確。 

http://ameblo.jp/sensuanaguma/entry-12209073114.html 

http://ameblo.jp/sensuanaguma/entry-12209343679.html 


 いまやスマホのアプリ程度でプロ棋士の思考を凌駕するのだろうか。よくわからないことが多すぎるから、この段階でウカツなことは書けない。 

 一方で、棋士の間にはいろいろ言われていたらしい。下記の現役棋士のツイートはすでに削除されているようだ。 

(略) 

==============引用開始 

橋本 崇載 @shogibar84 30分 

ファンには酷な知らせと思うが、個人的にも1億%クロだと思っている。奴が除名になるかどうかは知らないけど、俺は二度と戦う気しない。以前からソフト指し、モラル、カンニング、再三警鐘を鳴らしてきたつもりだが、最悪の形になりただただ残念だ。これでも潔白を信じるという人はどうぞご自由に。 [RT(585)] 

10/13 14:18 

==============引用終了 


 とんでもない事態になりつつあることは間違いない。 

 個人的な考えは下記を書いたときとあまりかわっていない。 

【電脳の譜 6】 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2991.html 

==============引用開始 

──コンピューターは、プロ棋士がプログラムを組む人の棋力を反映する。プロ棋士がプログラムづくりに参加しない限り、プロ並みにはならない。 

 将棋ソフトが出始めた頃、森山はそんなプロ棋士の意見を読んだことがあった。書いていたのは、故人となった米中永世棋聖だったような気がしたが、記憶が定かではなかった。まだ将棋ソフトはアマチュアの何級というレベルで、プロ棋士並みの棋力をもつことなど夢物語だった。 

 そのときは「そのとおりだろうな」と思ったが、将棋ソフトが進化したいまとなっては、まったく的外れだったことが明らかになった。近年の強豪将棋ソフトの開発者のなかには、将棋のルールをよく知らない人さえいた。 

──もし万が一コンピューターに追いつかれるようなことがあったら、ルールを少しだけかえればいい。たとえば香車がひとつだけ下がれるとか。 

 その本にはそんな言葉もあったが、こちらの真偽も怪しい。人間に有利に働くのはルールをかえた直後のわずかな間で、そう時間はかからずに、将棋ソフトのほうが適確に対応できるようになる気がした。 

 ただ、将棋ソフトを開発したのは人間だ。 

 〈そのソフトに勝てなくなることが人間の負けを意味するのだろうか〉 

 と森山は思う。計算速度ではコンピューターにかなわなくても、数学者の権威は落ちない。コンピューターにはできない創意工夫ができるからだ。だが将棋ソフトは新しい定跡まで確立しようとしている。そうなるとプロ棋士の権威は落ちるのだろうか。 

 〈そんなことはない〉 

 と思いながら、将棋ファンが離れていくことも考えられた。たしかにクヨクヨ考えてもしかたがないのかもしれない。 

==============引用終了 


【ネタ元】朝日新聞 

http://www.asahi.com/articles/ASJBD6GMGJBDUCVL02R.html 

==============引用開始 

スマホで将棋ソフト使い不正か 三浦九段「ぬれぎぬ」 


 日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で、挑戦者の三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。対局中、スマートフォンなどに搭載の将棋ソフトを使って不正をした疑いもあるとして、説明を求めたという。連盟は、期日までに休場届が出されなかったため、12月31日まで公式戦の出場停止処分とした。 


 三浦九段は朝日新聞の取材に「不正はしていません。ぬれぎぬです」と話し、今後の対応は弁護士と相談中という。 


 七番勝負には挑戦者決定戦で敗れた丸山忠久九段(46)が出場し、渡辺明竜王(32)と対戦する。読売新聞社も了承しているという。同社から正式なコメントはなかった。竜王戦は将棋の七大タイトル戦の一つで、タイトル戦の挑戦者の変更は極めて異例。 


 対局中は持ち時間の範囲で対局室から出られるが、連盟によると、三浦九段は今夏以降、離席が目立っていたという。連盟側が11日の常務会で聞き取りをしたところ、対局中のスマホなどの使用を否定。「別室で休んでいただけ。疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」と話したという。期日の翌12日までに休場届が提出されず、連盟は処分を決めた。 

==============引用終了 



#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句
 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語
#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 



語学(日本語) ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。