tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:
 下記の関連。 
1549)【ネットにあふれるデタラメ記事(敬語関連) 事例6】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948508550&owner_id=5019671 
http://ameblo.jp/kuroracco/theme-10094266508.html 

 https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9318338.htmlの続きとも言える質問で、かなり笑える資料を教えてもらった。 
【1】誤用敬語 
http://keigo.livedoor.biz/archives/292251.html 
【2】言ってはいけない日本語: 「あとで後悔しない」ための言葉の常識(PHP研究所) 
https://books.google.co.jp/books?id=q05RlG5NHjsC&pg=PA46&lpg=PA46&dq=#v=onepage&q&f=false 

 引用した人は内容を読んでいるのだろうか。 
 短いから全文を引用してみようか。 
【1】誤用敬語 
==============引用開始 
本日はご来店いただきまして、ありがとうございます 

この言い回しは、もっとも間違って使われている表現かもしれません。 

尊敬語の使い方で、迷うことが多い言い回しのひとつが、「いただく」と「くださる」の使い分けです。 

「いただく」は自分の行為に対して使う謙譲語なので、本来は相手の行為には使いません。 

「いただく」も「くださる」も、相手の行為に対する尊敬語だと勘違いしている人が多いのです。 

したがって、この場合に使うのは「くださる」の方ですので、「本日はご来店くださいまして、ありがとうございます」と言うのがベストです。 

明らかな間違いではありませんが、尊敬表現としてはおかしな点があると言うことを覚えておきましょう。 
==============引用終了 

【2】言ってはいけない日本語: 「あとで後悔しない」ための言葉の常識(PHP研究所) 
==============引用開始 
もっとも間違って使われている表現かも…… 

 尊敬語の使い方で、迷うことが多い言い回しのひとつが、「いただく」と「くださる」の使い分けである。つぎにあげる例も、じつに多くの人が耳にしているはずだ。 
 デパートのスタッフが、客に来店のお礼の挨拶をするようなケースだ。 
「本日はご来店いただきまして、ありがとうございます」 
 明らかな間違いではないが、尊敬表現としてはおかしな点があることに気づくだろうか? 
「いただく」も「くださる」も、相手の行為に対する尊敬語だと勘違いしている人が多い。ところが、「いただく」は自分の行為に対して使う謙譲語なので、本来は相手の行為には使えない。使えるのは「くださる」のほうである。 
 敬意を払うのは、当然客に対してなので、相手を主体とする尊敬語を使うほうが適切である。ここは「ご来店くださいまして、ありがとうございます」と言うのがベストである。
==============引用終了 

 先行質問で根拠にしていたサイトの話はどこに行ったのだろう。デタラメってことで引き下げたのかな。ふーん。 
 今回のに比べたら、マシかもしれないのに。 

 まず気になったのは、「もっとも間違って使われている表現」「と言うのがベストです」という特徴的な表現。 
 ちょっと注意すれば、パクリだとわかるはず。 
 どっちがやらかしているのか。常識的に考えれば、サイトのほうでしょうね。書籍がこれをやったら完全にアウトだから(サイトならセーフという意味ではない)。 
 ちなみに、書籍は2007年で、サイトは時期不明。 

 サイト側がやらかしたという前提で話を進める。 
 前にも書いたがこのテのサイトは、作り手もよくわからなし、内容も信用しないほうがいい。詳しく検証する気にもなれない。ただ、どんなにデタラメでも、パクリは次元が違う。しかもさぁ。どうせパクるなら、もっと信頼できるものにするべきでは。 
 ネットの世界は著作権に関してはなんでもアリでほぼ無法地帯。 
 下記を見ると空恐ろしくなる。 
【ネットのご作法】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-category-34.html 

 で、【ネタ元】と思われる書籍だけど……これはいわゆる言葉の雑学本。誰が書いたのかもわからない。言葉全般を扱っていて、さまざまなテーマのひとつが(ビジネス中心の)敬語。どこまで信用できるのかは不明。 
 書き手が敬語の専門家でないことは間違いないだろう。敬語の専門家なら、↑のような書き方はしない。 
●もっとも間違って使われている表現 
 そんな恐いことウカツに書けません。「かもしれない」と書いているから何を言ってもいのだろうか。個人的には、外の人に話すときに身内に「さん」を「父さん」とか「母さん」とか言うのが多いような気がしないでもない。でも統計をとってみないとそんなことはウカツに書けない。さらに言えば、統計をとったってウカツに書けない。 
●と言うのがベストです 
 言葉づかいの問題で「ベスト」なんて書く段階で……。 
 相手との関係によってはもっとクドいくらい丁寧なほうがいいかもしれない。そんなことはウカツに書けないって。 
 半可通がいい加減にデッチ上げた雑学本なら、ムヤミに断言するほうがいいかもしれないけど。 

 まぁ、「明らかな間違いではない」んだからいいか。 
 当方も「間違いとまでは言えない」という書き方はよくする。要は、「ちょっと問題はあるけど、間違いと言うほどのものではない」ってこと。「明らかな間違いではない」ってどういう意味なんだろう。よく考えると、頭部の頭痛が痛くなる。

「くださる/いただく」に関しては、加筆した。これだけ錚々たるサイトがみんな同様の結論だと、反論するには相当の勇気が必要だろう。

よくある誤用39──定番の質問。「~くださり」「~くださいまして」と「~いただき」の違い

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n141470



語学(日本語) ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。