tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:


mixi日記2016年03月27日から 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951474815&owner_id=5019671

 テーマサイトは下記。 

【「スタートが切れる」はどういう意味でしょうか】 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9223693.html
==============引用開始 
日本語を勉強中の中国人です。ドキュメンタリーの番組を見ています。その中で意味がよくわからない言葉が出てしまい、教えていただけませんか。日系4世の日本旅について、ナレーションは「祖国を巡る旅、さいさきのいいスタートが切れたみたい」と言いました。「スタートが切れる」はどういう意味でしょうか。「切れる」はなくなったという意味があるようですが、ここはなぜ使われるのでしょうか。むしろ、スタートがあるという正反対の意味のような気がします。 

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。 
==============引用終了 

 非常におもしろい。 
 おそらく2つの側面がある。 

■「切る」の多義性 
「切る」のような基本的な動詞は、たいてい複数の意味をもっている。辞書の全文は末尾に。 
『大辞泉』だと〈14㋐他に先立って始める。「彼がまず口を―・った」「攻撃の火蓋(ひぶた)を―・る」〉だろうか。これはちょっと言葉足らず。「他に先立って」でないこともある。 
「口を切る」なんて言うのかな(「口切り」は言いそう。「口開け」はアリだが、「口を開ける」は別の意味……と似ている?)。「口火を切る」「(攻撃の)火蓋を切る」あたりは慣用句だろう。ちなみに「(攻撃の)火蓋を切って落とす」とかいうのは誤用。「幕を切って落とす」との混用とされる。 
 火縄銃の仕組みを考えればわかる(このあたり、自信なし)。火縄銃の火蓋は紐で結ばれている。いちいち「切って落として」いたら、拾わないと次の着火ができない。戦場でそんなことはしていられない(笑)。 
『大辞林』だと〈⑰ある動作・行動を起こす。始める。 《切》 「スタートを-・る」 「伝票を-・る」〉だろうか。これもかなりおかしい。「スタートを切る」はそのとおりだろうが、「伝票を切る」には「始める」の意味はない。これは『大辞泉』の〈13㋒伝票や小切手などを発行する。「小切手を―・る」〉だろう。ただし「切符を切る」だと〈7 券などにパンチを入れたり、その一部を離したりする。「切符を―・る」〉の意味になる。 
 つまり、どちらの辞書の記述も不十分な気がする。(←オイ!) 
「スタートを切る」は「(何かを)始める」という意味。「他に先立って」のこともあるが、「遅れてスタートを切った」「最後にスタートを切った」ってこともある。 
 その可能形が「スタート{を/が}切れる」。それで間違いではない。個人的には「スタートを切ることができる」とすることにしている。ちょっとでもまぎらわしいなら「~することができる」にすることにしているから(どのように「まぎらわしい」かは↓参照)。 

■「切れる」の意味 
 質問者が戸惑っているのは、もうひとつの側面のせいでは。 
「切る」から派生した「切れる」という動詞がある。全文は末尾に。 
 これは、「切る」の可能形の「切れる」とはちょっと違う。 
〈12㋐刃物の切れ味が鋭い。「よく―・れる刀」〉あたりは可能形とほとんど同じだが、〈12㋒頭の働きが速く、物事をてきぱきと処理する能力にすぐれる。「頭が―・れる」「―・れる男」〉はちょっと違う。 
 質問者が〈なくなったという意味〉と書いているのは、〈6㋐売れたり使いきったりして今まであった物がなくなる。「品物が―・れている」「油が―・れる」〉のことだろう。 
 これは、「切る」の可能形とは別の言葉と考えるほうがいい。 


【追記】
 

 そうか。〈4 つながっていた関係がなくなる。「縁が―・れる」「彼女とはもう―・れた」 〉も〈なくなったという意味〉だな。 

 ちなみに、この質問者は、教えて! gooと同じ質問をOKWAVEでもしている。
http://okwave.jp/qa/q9149481.html 
 質問型のマルチポストだろう。宣伝型と違って悪質なものではないが、やはりやめたほうがいい。2つの質問板で、まったく違う結論が出たとき、質問者は判断できるのだろうか。 
【マルチポストはmixiの規約に違反する迷惑行為です】 
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53711483&comm_id=4194559 



https://kotobank.jp/word/%E5%88%87%E3%82%8B-480486#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
==============引用開始 
デジタル大辞泉の解説 
き・る【切る/斬る/▽伐る/×截る/×剪る】 

[動ラ五(四)] 
1 つながっているものを断ったり、付いているものを離したりする。特に、刃物などでものを分け離す。「枝を―・る」「爪(つめ)を―・る」「二センチ角に―・る」 
2 
㋐刃物などで人を傷つけ、または、殺す。「一刀のもとに人を―・る」 
㋑鋭利なもので、からだの一部を傷つける。「ナイフで手を―・る」 
㋒切開手術をする。「盲腸を―・る」 
3 ふさがっているものや閉じてあるものを開ける。「封を―・る」 
4 遠慮なく、鋭く批判する。「芸能界を―・る」 
5 
㋐溝をほる。「ねじ山を―・る」 
㋑部屋や土間の一部を掘り下げて炉やこたつをつくる。「いろりを―・る」 
㋒謄写版のやすりの上で、鉄筆で文字を書く。「原紙を―・る」 
6 
㋐続いている物事を、そこでやめたり断ったりする。「話を―・る」「電話を―・る」 
㋑続いている人との関係をなくする。「縁を―・る」 
㋒器械を操作して電流を止める。「スイッチを―・る」「ラジオを―・る」 
㋓道や列などを横切って通る。「行列を―・って進む」 
7 券などにパンチを入れたり、その一部を離したりする。「切符を―・る」 
8 振り落としたり、したたらせたりして水分などを取り去る。「傘のしずくを―・る」「ざるに上げて水気を―・る」 
9 一面に広がっているものを分けるようにして勢いよく進む。「波を―・って走る」「肩で風を―・る」 
10 トランプ・カルタ・花札などで、札をよくまぜ合わせる。「カードをよく―・って配る」 
11 
㋐囲碁で、相手の石の連続を断つ。 
㋑将棋で、駒(こま)を交換し、手に持つ。特に、大駒を小駒と交換する。「飛車を―・る」 
12 免職・解雇・除名する。「従業員の首を―・る」 
13 物事に区切りをつける。 
㋐時期や数量を限定する。「期限を―・る」「先着一〇〇名で―・る」 
㋑ある基準の数値以下・以内にする。割る。「一〇〇メートル一〇秒を―・る」「元値を―・って売る」 
㋒伝票や小切手などを発行する。「小切手を―・る」 
14 際立った、または、思いきった行為・動作をする。 
㋐他に先立って始める。「彼がまず口を―・った」「攻撃の火蓋(ひぶた)を―・る」 
㋑威勢のいい、または、わざと目立つような口ぶり・態度をする。「たんかを―・る」「札びらを―・る」 
㋒歌舞伎や能で、強い感情を表すためにある目立つ表情・動作をする。「面(おもて)を―・る」「見得(みえ)を―・る」 
15 ハンドル・舵(かじ)などを操作して、進む方向を変える。「ハンドルを右に―・る」「カーブを―・る」 
16 卓球・テニス・ゴルフなどで、打球に特殊な回転を与えたり、その進路を曲げたりするように打つ。カットする。 
17 トランプで、切り札を出して勝負に出る。「クラブのエースで―・る」 
18 空中にきまった形を描く。「手刀―・って懸賞を受け取る」 
19 (「鑽る」とも書く)石と金属を打ち合わせたり、木と木をこすり合わせたりして発火させる。「火を―・る」 
20 (動詞の連用形に付いて) 
㋐完全に、また、最後までその行為をする。…し終える。…し尽くす。「力を出し―・る」「売り―・る」 
㋑限界にきて、これ以上の事態は考えられない状態である。すっかり…する。「疲れ―・る」「弱り―・った表情」 
㋒きっぱり…する。「引き止めるのを振り―・る」「関係を断ち―・る」 
21 物事を決定する。終える。 
22 (木を切って)つくる。 
[補説]広く一般的には「切る」を用い、人などには「斬る」、立ち木などには「伐る」、枝・葉・花などには「剪る」、布・紙などには「截る」を用いることがある。 
[可能]きれる 
[動ラ下二]「き(切)れる」の文語形。 
[下接句]大見得を切る・肩で風を切る・金片(かねびら)を切る・久離(きゅうり)を切る・九字(くじ)を切る・口を切る・口火を切る・首を切る・鯉口(こいぐち)を切る・さくを切る・札片(さつびら)を切る・自腹を切る・杓子(しゃくし)で腹を切る・十字を切る・正面を切る・白(しら)を切る・仁義を切る・堰(せき)を切る・啖呵(たんか)を切る・手を切る・泣いて馬謖(ばしょく)を斬(き)る・肉を切らせて骨を切る・腹を切る・火蓋(ひぶた)を切る・臍(へそ)の緒切ってから・棒先を切る・身を切る・見得を切る・身銭を切る・髻(もとどり)を切る・元結を切る・指を切る・連木で腹を切る 
「いまだ勝負も―・らぬに」〈今昔・二八・三五〉 
「今年はたびをも―・ってはかせい」〈和泉流狂・木六駄〉 
==============引用終了 

https://kotobank.jp/word/%E5%88%87%E3%82%8B%E3%83%BB%E6%96%AC%E3%82%8B%E3%83%BB%E4%BC%90%E3%82%8B%E3%83%BB%E5%89%AA%E3%82%8B%E3%83%BB%E6%88%AA%E3%82%8B-247244#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88 
==============引用開始 
大辞林 第三版の解説 
きる【切る・斬る・伐る・剪る・截る】 

(略)

https://kotobank.jp/word/%E5%88%87%E3%82%8C%E3%82%8B-480580#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
(略)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。