tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 かねてからの疑問に関して訊いてみた。 

 例によって返信が長くなるので、日記形式にする。 


【ハの後ろは否定形になりやすい傾向はあるのでしょうか】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9181606.html 

==============引用開始 

ハとガにはいくつもの働きがあり、すべてを網羅することなどとてもできないと思います。 

 いろいろ考えるうちに、もしかするとハの後ろは否定文になりやすいのではないか、と考えるようになりました。 

 考えがまとまっていませんが、下記に入れたコメントのようなことを考えています。 

【否定形の場合でハとガの使い方】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9132229.html 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

回答者: 1311tobi 回答日時:2015/12/16 18:27 


例:「アイスが好きじゃない」はダメだけど 

例:「アイスは好きじゃない」が正しい。 


 ↑が違っているのでは。 

「アイスが好きだ」 

「アイスが好きじゃない」 

「アイスは好きだ」 

「アイスは好きじゃない」 

 どれも文脈によって成立します。 


 そのことは、先行コメントを見てもおわかりでしょう。 

 質問の本題はそういうことなのでしょうか。 


 質問者は相当日本語を勉強されているようなで、一般的な話は省略します。 

 一般的な話とは別に、〈肯定文ではガになりやすく、否定文ではハになりやすい〉という傾向はありそうです。 

 ずいぶん前から当方はこのテーマを考えています。 

 辞書はもちろん、「ハ」と「ガ」を扱った多くの論文を見ても、このことはほとんで出てきません。そういう文献があれば是非教えてほしいところです。 

 おそらく、ハの「排他性」(「とりたてのハ」の裏返しとも)に関わりますが、正確なところはまだわかりません。 


 以前あった下記のやり取りは参考になるでしょう。当方のコメントで重要なのはNo.4とNo.10です。 

【「~がありますか?」と「~はありますか?」の違い】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9082804.html 


 元になるのは下記のブログです。 

 非常に長いので↑のやり取りにない部分で重要なポイントだけ抜粋します。 

【チャレンジ日記──「ハ」と「ガ」〈2〉】 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-592.html 


 いろいろあって、仕切り直して書いたコメント[60]の一部が下記。 

==============引用開始 

 タチの悪いイタズラをしでかした犯人を捜すために先生が子供に訊く……くらいの状況を考えてください。 

先生「あのイタズラをしたのは太郎ですか、次郎ですか」 

三郎「太郎はしてません。次郎がしました」 

 ※三郎の言葉は「次郎がしました。太郎はしてません」と入れかえることも可能でしょう。 

 ※この例文だと、既出(旧情報)&初出(新情報)は無関係だと思います。「文脈のよる」とも言えない気がします。 


 さらにこれは次のような形も考えられます。 

先生「あのイタズラをしたのは太郎ですか、次郎ですか」 

太郎「ボクはしてません。次郎がしました」 

 ※太郎の言葉は「次郎がしました。ボクはしてません」と入れかえることも可能でしょう。 

 ※第三者と当人では違いがあるのかないのか不明です。とりあえずいまのところは、違いはないようです。 


 こうなると、「肯定文では〈が〉になりやすく、否定文では〈は〉になりやすい」と言えるのでは……という気がします。 

==============引用終了 


 コメント[62]以降で、興味深い話になる。 

 否定文だから「ガ」になるのではなく、〈No.1(複数犯のなかの主犯or単独犯)をマークするときに「ガ」〉になる、と考えられるらしい。 

 だから、質問が「宿題をやってこなかったのは太郎ですか、次郎ですか」という形になると「ガ」と「ハ」が逆転する。 

三郎「太郎はやってきました。次郎がやってきてません」 

太郎「ボクはやってきました。次郎がやってきてません」 

 この場合は、なぜか「次郎はやってきてません」でもさほどおかしくないのかもしれない。 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 


 参考になる文献(できれば読みやすいもの)などを教えていただければ助かります。 

 あるいはヒントになりそうな細かい話でも大歓迎です。 

==============引用終了 




 No.2への返信。 

■■■■■■■■■■■■■■引用開始 

>「否定形・否定文」とそうではないのとの区別 

 とくに悩んだことはありません。動詞などを否定する言葉がついた場合が否定文では。 

 まあ「あいつはバカだ」というのは、否定的な内容の肯定文ですが……。このあたりは、「全然」の使い方に通じるかもしれません。 

 当方は、「全然おいしい」のようにフツーの肯定文に使うのには強い異和感があります。 

「全然ダメ」「全然違う」→は否定的な肯定文なので異和感がありません。 

 ただし、下記の「内容は否定的」とは違うような。 

 これを書きはじめると横道に逸れそうなのでやめます。 


 いかはとっさの判断です。 

➀②⇒肯定文 です 

③④このコーナーは危ない。⇒肯定文(内容は否定的) 

⑤円には角がない。⇒肯定文 

⑥ちょっと味がたりない。⇒否定文 

➆塩が少なかった。⇒肯定文 

⑧あいつの挨拶はぎこちない。⇒ちょっと微妙ですが、肯定文 

⑨-1 はしたない。⇒⑧と同様 

⑨-2 そんなことをしてはだめ。⇒肯定文でしょう 

⑩あいつの意見は論外だ。⇒肯定文 

⑪済まなかった。深く謝罪する。⇒ともに肯定文 

⑫あいつに謝るのはイヤダ。⇒肯定文 

⑬妥協したり、譲歩するのには、私は反対だ。⇒肯定文 

⑭あいつが犯人に違いない。⇒これは微妙ですね。「違わない」なら否定文でしょうが、「違いない」だと……やはり否定文でしょう。 


否定が多いかということにしかならない⇒否定文 

  

 改めて考えると微妙なものもあるようです。 

 ただ、当方が出した例文は、肯定文か否定文かは明らかだと思います。 


「多い」「少ない」ということではないと思います。 

 下記のような場合に、「は」と「が」のどちらが自然か。その理由は、と考えています。「次郎{は/が}しました」は「は」もかろうじてアリかなと思います。しかし、前のほうの文は、「が」にはしにくい気がします。 


先生「あのイタズラをしたのは太郎ですか、次郎ですか」 

三郎「太郎{は/が}してません。次郎{は/が}しました」 


先生「あのイタズラをしたのは太郎ですか、次郎ですか」 

太郎「ボク{は/が}してません。次郎{は/が}しました」 

■■■■■■■■■■■■■■引用終了 



 No.5への返信。 

■■■■■■■■■■■■■■引用開始 

 以前から気になっていたテーマなので質問しました。 

 OKATさんが似たようなコメントをなさっているので、詳しくうかがいたいと考えていました。同様の発言がほかにもあった気がしますが、見失いました(泣)。 

 できれば、回答履歴を「公開」にしていただけませんか。こういうときに困ります。 

【否定形の場合でハとガの使い方】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9132229.html 

==============引用開始 

No.4 

回答者: OKAT 回答日時:2015/12/16 14:57 


(略) 


>もし誰かがこの否定形に関して理解があるとしたら説明を聞かせて頂きたいと思います 

 上記の「大辞林」の 

(4) 叙述を強める。 

 (イ) 〔動詞・形容詞の連用形,および助詞「て・で」に付いて〕 一続きの叙述の一部分を強調する。 「絶対に行き-しない」 「なるほど美しく-ある」 「少なくともわかって-いる」 「まだ書いて-いない」 「真実で-ない」 


 この用法の場合、例文にあるように「否定形」が多くなります。この場合「否定の『は』と呼ぶこともあります。しかし、「否定形」しかない、というわけではありません。 

==============引用終了 


【「では意味があい」と「は意味がない」の意味合いの違いについて】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9169746.html 

==============引用開始 

No.5 

回答者: OKAT 回答日時:2016/02/04 19:30 


自分の中でも結論が出ていないままの回答です。 

「意味がない」は「無意味だ」とほぼ同様だし、「役立たない」にしても通用するかも知れません。後に続く表現は、直前に「は」があると、否定的表現になりやすいのです。(わたしはこれを『否定の「は」』と呼んでいます)しかし、必ずしも否定限定ではなく、肯定の表現もあり得ます。 


(略) 

==============引用終了 


>「はしたない」「がんぜない」「せわしない」などの形容詞は否定ではありません 

 基本的にはそのとおりだと思います。ただ、「~ない」の形の形容詞のなかには助動詞の「~ない」由来のものが相当あり、これは否定か否か微妙な気がします。 

ex.「くだらない」「飽き足らない」「やむをえない」 

【【3】「おぼつきません」「おぼつかぬ」】 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1814.html 


 で、本題に関して。 

>「主題」の「は」ではなく 

 この主題提示ではない「ハ」の話は相当微妙で、『日本語練習帳』の言葉を借りるなら「対比」か「限度」(「強調」とほぼ同じ?)でしょう。 

【チャレンジ日記──「は」と「が」 毒抜き編 〈1〉】 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-592.html 


 たとえば↑の例文中、下記は「対比」だと思います。 

先生「あのイタズラをしたのは太郎ですか、次郎ですか」 

三郎「太郎はしてません。次郎がしました」 

 ただ、この場合、「次郎がしました」にしても間違いではないでしょうが、異和感があります。 

 質問をかえると〈「ガ」と「ハ」が逆転する〉理由も不明です。 


 青空文庫の検索は「ではある -ではあるまい」でできればよいのですが、ダメみたいです。 

 ただ、仮に「ではあるまい」ではない「ではある」が多数あったとして、それが本題にどのようにかかわるのか、当方には判断できません。 

「ではある」の「ハ」は『日本語練習帳』のいう「再問題化」でしょう。「留保」「部分否定」と考えるほうが素直なのでは。この「ハ」は本題とは違うような……。 

■■■■■■■■■■■■■■引用終了 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。