tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:
 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【16】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945401266&owner_id=5019671 

mixi日記2015年12月09日から 

 直接的には下記の続きだろうな。 
672)突然ですが問題です【日本語編91】──拝見いたす 拝見いたします 拝見させていただく 拝見させていただきます【解答?編】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2275.html 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1813631885&owner_id=5019671 
1365)【〈「拝+させていただきます」は誤用〉ですか?】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3211.html 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1939465805&owner_id=5019671 

 まず下記のことを確認しておく。 
1)「拝見させていただきます」は二重敬語ではない(敬語連結)。 
「見せてもらう」を「見せて→拝見させて」「もらう→いただきます」にした形。 
 正確には「見せてもらう」ではなく「見させてもらう」だと思うが、その話はパス。 
2)「拝見いたします」は二重敬語ではない(謙譲語I+謙譲語II) 
「拝見する」を「お/ご~いたします」の形にしたもの。「ご連絡いたします」などと同じ形。 
 ただし「拝見」の類いには「ご」はつかない(のが一般的)。 

「拝見させていただきます」は二重敬語ではなくてもけっこうクドいので、それなりの文脈が必要だろう。どの程度クドいと思うのかは個人の主観によるところが大きい。 
1524)【「クドい」と「誤用」はまったくの別問題 拝見させていただく】 
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12095848702.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947818378&owner_id=5019671 
「拝見いたします」で十分という考え方はできる。これは「拝見」に限ったことではなく、「~(さ)せていただきます」全般と同じこと。「~いたします」にできるなら、そうしたほうがいいことが多い。 
 さらに言うと、「拝見します」で十分という考え方もできる。このあたりはケースバイケース。 
「ご連絡させていただきます」(「ご連絡させてください」あたりも同様か) 
「ご連絡いたします」 
「ご連絡します」 
 のどれを使うのか、ということと同じ。 

 以上を踏まえたうえで……。 
 先日、おもしろいことに気がついた。 
「見せてもらう」を「拝見させていただきます」にするのはけっこうクドい。 
 では「見せてほしい」「見せてください」を敬語にするとどうなるか。 

■見せてほしい 
 前半を謙譲語にして「拝見させてほしい」はアリだろう。ただ、『敬語再入門』など複数の書籍は、どちらか一方を敬語にするなら後半を敬語にするほうが自然としている。 
「ほしい」を敬語にすると「ほしいです」(丁寧語)……小学生か。 
 敬度を上げると「ほしゅうございます」(丁寧語)。これももはや老人語では。 
 そうなると「~いただきたい」くらいだろうか。正確には「~いただきたい」は「~もらいたい」の謙譲語だけど、意味が似ているので、こうしておこう。 
 後半を謙譲語にして「見せていただきたい」。 
 両方を謙譲語にすると「拝見させていただきたい」。 
 これがクドいなら、↑の法則にあてはめて、「拝見いたしたい」にしてみる。これはこれで侍言葉のようで珍妙。下記の【「貸してください」のさまざまな言い方】にも見当たらない。あまり一般的な形ではないのだろう。 
「拝見したい」だと敬度不足じゃないかな。 
 こうなると、「拝見させていただきたい」が一番素直な気がする。 
 少しの違いだけど、「拝見させていただきます」よりずっと自然に感じる。理由はよくわからない。案外、「適切な言いかえがむずかしい」が正解かも。つまり、それだけ見聞する機会が多いってだけのことなのかもしれない。 

■見せてください 
 これは下記が参考になるだろう。ただ、ここまでグチャグチャ考えているとキリがない。 
1053)【「貸してください」のさまざまな言い方】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2879.html 

「ください」は一応尊敬語(の命令形)らしい。個人的には疑問を感じる。「ませ」をつけると少し敬度を上がる気もするが、正確には不明。以下、文末の「ませ」の話は略。 
「お見せください」まで行けば尊敬語って気がする。 
「見せて」も敬語にすると「拝見させてください」。これも↑の法則にはあてはまらない。 

 ちなみに今回の発見につながったのは下記。↑の1365)では「拝見させていただきます」は誤用と強く主張していたかたが、「拝見させていただきたい」はOKにしていて、「アレ?」と思った。やはり、印象がかなり違うのだろう。 
【お目にかけていただきたい】 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9112538.html 




語学(日本語) ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。