tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【16】 

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945401266&owner_id=5019671 


 テーマサイトは下記。 

【「見る・見せる・見させる」などの動詞について】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9125887.html 

==============引用開始 

1.「見る・見せる・見させる」は次のように使いますが、それぞれの場合の実際に「見る」という動作主体は誰ですか。その場合の人物は「自分(話し手)A」と「相手(聞き手)B」とします。A、Bで答えてください。 

  絵を見る(   ) 絵を見せる(   ) 絵を見させる(   ) 

  着物を着る(   )着物を着せる(   )着物を着させる(   ) 

2.また、このように三つの言い方が揃っている動詞をご存じなら、教えてください。 

   《この質問は、使役態(使役形)に関する一連の質問の一つです》 

==============引用終了 


 o( ̄ー ̄;)ゞううむ 

 やっとモロモロ片付いて原稿に集中……と考えているときに、なんという質問を(泣)。 

 昨日、出先で質問を読んで、帰り道はメモを片手にいろいろ考えてしまった。 

 どこから手をつけようか……。 

 何がなんだかわからないが、とりあえず叩き台として。 

 まず〈使役態(使役形)に関する一連の質問〉。何があったっけ。このかたが過去に質問をしているのだろうか。過去の質問が「非公開」になっているので、見当がつかない。「使役」だけって何があったっけ。受身が多かったような……。↓6)の人もそうだけど、「公開」にしてくれれば、回答の精度が上がると思うのだが。 

 ざっと思い出せた関係しそうなものを列記しておく 


1)【続「する」「させる」】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8998066.html 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3320.html 

2)【「魅せられる」はどういう活用ですか?】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8976544.html 

3)【つなげられていて】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9104361.html 

4)【「抜く」「抜かれる」vs.「抜かす」「抜かされる」】 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1032.html 

5)【よく「抜かされる」という言い方をしている人がいますが、正しいのでしょうか?】 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q107541090 


 さらに後追いのように類似の質問が出て、しかもYahoo!知恵袋にも……。頭痛が痛い。マルチポストなのか? 

6)【見せると見させるの違い】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9126510.html 

7)【外国人に「見せると見させるの違いは何ですか」と質問されましたが、どのように説明すればいいでしょうか】 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14153379029 

 ↑の類似質問への回答にあるリンクは読みごたえがある。 


8)【日本語「見る」「見せる」「見させる」の違いを説明してください。】  

http://okwave.jp/qa/q5940575.html  

9)【見せる 見させる】 

http://www014.upp.so-net.ne.jp/nbunka/11ga.htm 


 さて、本題に戻ろう。 

 まず、〈動作主体〉の話はあまり考えたくない。話がややこしくなるだけの気がする。そこは考慮しなくても、フツーの考え方をすれば自ずから(重言風)明らかなはず。 

 次に、〈三つの言い方が揃っている動詞〉。これは若干説明がいるだろう。 

「見る」の使役形が「見させる」。 

 8)9)にあるとおり、「見せる」は別の動詞と考えるほうがいい。「見る」から派生したものだとは思うけど、詳細は不明。辞書の引用は末尾に。仮に「使役風動詞」と呼んでおく。 

「見せる」は厳密には使役ではない。「見る」の使役形としても使えなくはないが、ほかの用途のほうが一般的なことは、下記の辞書を見てもわかる。これを使役形にすると「見せさせる」。 
※「厳密には使役ではない」は言いすぎか。「実質上、使役の意味合いで使われることはほとんどないだろう」くらいか。
「見せる」の使役形の「見せさせる」も実際には使われることがほとんどないだろう。
 たとえば、「(新入社員に対して)まず部下がお手本を見せる」。これを「見せる」ことを上司が命じた場合「
お手本を見せさせた」とはまず言わない。

「着せる」は「着る」の使役形として使われるが、厳密にはこれも使役ではない。ただ、これがあるので、本来の使役形の「着させる」はほとんど使われない。 

「見せる」と「見させる」の話は、「拝見させていただく」の話につながる。 

【〈「拝+させていただきます」は誤用〉ですか?】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8908533.html 


 さて、本題に戻る。 

 No.2で本格派のコメントが入った。 

 当方が電車の中で考えていたことに近い。 

 ここは重要なところなので明記しておくが、当方はここまでちゃんとは考えていなかった。半ば本能的に上一段か下一段活用&語幹1語に限ってしらみつぶしに……(泣)。 

==============引用開始 

この三つの動詞形が揃うためには以下の二つの条件を満たす必要があります。 

1.元が他動詞であること(見る、着る) 

2.「させる」が付く活用でなければならないので、上一段か下一段活用であること 

==============引用終了 


 そのあとにあげられている例が、「似る」「寝る」「浴びる」。 

 前の2つは当方も思いついた。 

 ただし……。 

■似る 

 原形が「似る」 

 使役形が「似させる」△ 

 使役風動詞は「似せる」 

「似させる」には強い異和感があった。「見させる」「着させる」はまだアリの気がするが……。 

■寝る 

 原形が「寝る」 

 使役形が「寝させる」△(まず使わない) 

 使役風動詞はパターンどおりなら「寝せる」。 

 しかし実際には「寝かす」という使役風動詞の亜種があり、その使役形の「寝かせる」が使われる。 

■浴びる 

 原形が「浴びる」 

 使役形が「浴びさせる」 

 使役風動詞は「浴びせる」 

 これには参った。当方は語幹は1音限定だと予想していた。と言うより、2音以上で探すのは実質上困難。 

 ここでやっと、これに使えそうな「ラ抜き言葉」がらみのメモを調べる。「浴びる」も一応あった(泣)。 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-96.html


 あと当方が亜種だと思うもの。 

■乗る 

 原形が「乗る」 

 使役形が「乗らせる」 

 使役風動詞は「乗せる」 

「乗る」は五段活用動詞だけど、こういうこともある。 

「乗せる」の使役形は「乗せさせる」。 


■転ぶ 

 原形が「転ぶ」 

 使役形が「転ばせる」 

 使役風動詞は「転ばす」? その使役形は「転ばさせる」。 

 一応、「転ばせる」と「転ばさせる」がある。 


■生きる 

 原形が「生きる」 

 使役形が「生きさせる」 

 使役風動詞は「生かす」。その使役形は「生かせる」。 

 はて「生かさせる」はないのだろうか。 


■出す 

 原形が「出す」 

 使役形が「出させる」 

 これだと「出せる」は原形の可能動詞?になる。 

「話す」など、原形が「す」で終わる五段活用動詞は同様。 


 どこまで行っても活路が見えない(泣)。 


https://kotobank.jp/word/%E8%A6%8B%E3%81%9B%E3%82%8B-638229#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 

==============引用開始 

デジタル大辞泉の解説 

み・せる【見せる】 


[動サ下一][文]み・す[サ下二] 

1 見えるようにする。人にわかるように示す。「人前に姿を―・せる」「定期券を―・せる」 

2 行動・態度・表情などに表して、そうであることを人にわからせる。「意地を―・せる」「関心を―・せる」「弱みを―・せる」 

3 経験させて、わからせる。「痛い目を―・せる」「憂き目を―・せる」 

4 ある状態やようすに見えるようにする。そのように見せかける。「年齢より若く―・せる」「故意を過失に―・せる」 

5 あるきざしが現れる。「景気がかげりを―・せる」 

6 診察・鑑定などをしてもらう。「子供を医者に―・せる」「茶器を目利きに―・せる」 

7 嫁がせる。結婚させる。 

8 ようすを調べさせる。検分させる。 

9 (補助動詞)動詞の連用形に助詞「て」の付いた形に接続して用いる。 

㋐実際にその行為をして、人に示す。「歌って―・せる」「おどけて―・せる」 

㋑強い決意を表す。「絶対に勝って―・せる」 

[下接句]後ろを見せる・尾を見せる・顔を見せる・白い歯を見せる・泣きを見せる・抜く手も見せず・目に物見せる・目を見せる 

「少将などいふほどの人に―・せむも」〈源・東屋〉 

「跡なきことにはあらざめりとて、人をやりて―・するに」〈徒然・五〇〉 

==============引用終了


【1208追記】
 ↓のNo.2のコメントへの「お礼」で、「脱ぐ」の話が出てきた。
6)【見せると見させるの違い】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9126510.html

 こういうふうに話が錯綜するとホントに訳がわからなくなりそ。
 その話が出るなら、やはり5)の話に戻ることになる。
「脱ぐ」は「剥ぐ」「抜く」の同類だろう。「見せる」「見させる」とはちょっと違う気がする。
5)【よく「抜かされる」という言い方をしている人がいますが、正しいのでしょうか?】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q107541090

==============引用開始
fontomanieさん
2006/2/2500:14:02

間違いではありません。
他動詞「抜かす」(サ行五段活用) の未然形に受身の助動詞「れる」がついたものです。
「抜く」と「抜かす」の関係は、他動詞:自動詞→他動詞の「Uターン」型派生です。

剥ぐ(他):剥げる(自)
剥がす(他)←剥げる(自)

溶く(他):溶ける(自)
溶かす(他)←溶ける(自)

抜く(他):抜ける(自)
抜かす(他)←抜ける(自)

ちょっとパターンは違いますが、
繋ぐ(他)→繋がる(自)
繋げる(他)←繋がる(自)
もあります。

これらの例で「剥ぐ/剥がす」「溶く/溶かす」「抜く/抜かす」「繋ぐ/繋げる」にはニュアンスの違いがあります。

自動詞:他動詞→自動詞の「Uターン」型もあります。

混じる(自):混ぜる(他)
混ざる(自)←混ぜる(他)

起きる(自)→起こす(他)
起こる(自)←起こす(他)

この場合も「混じる/混ざる」「起きる/起こる」にニュアンスの違いがあります。
==============引用終了








語学(日本語) ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。