tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【16】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945401266&owner_id=5019671 

mixi日記2011年03月日から 

 直接的には下記の続きだろうな。 
【「すべからく」の話】 
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12099055381.html 
【「すべからく」の話〈2〉】 
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12099268786.html 

 まず〈1〉から再掲する。 
==============引用開始 
 ちなみに、バトル先で「有名な誤用例」とされているもの。 
努力した者が 
全て報われる 
とは限らん 
しかし! 
成功した者は 
皆すべからく 
努力しておる!! 

 これに関する劇作家の解釈は下記。それは苦しいのでは。 
〈「すべからく努力しておる」→「ゆえにキサマも努力すべし」という文意を含んでますので、明らかな誤用とは言えないわけです。〉 
 これに関してはちょっと書いたことがあって、「誤用」としたら、版元の編集部(正確にはコンテンツ事業部?)に「この場合は〝当然〟の意味だからOK」と却下された。そうなのかなぁ。 
 ちなみに〈1分しかないラウンド間にセコンドが発する切れのいいセリフにするなら「~べし」は省けと奨めますが。〉だったかなー。試合中にこんなこと言う? 手元の資料だと試合前の鷹村にゲキを飛ばしている(それも誤用だって)。 
==============引用終了 

『はじめの一歩』(森川ジョージ)に登場する鴨川ボクシングジム会長の名言として知られている。 
 似たような言葉はあると思った。あると思ったどころではなく、どうやらマンマらしい。 

【【努力は必ず報われるのか】これを読まずに努力をするな!偉人による努力の名言9選】 
http://atarimae.biz/archives/421 
==============引用開始 
努力した者が成功するとは限らない。 
しかし、成功する者は皆努力している。 
(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン) 
==============引用終了 
〈漫画「はじめの一歩」の鴨川会長のセリフで知ったという方も多いのではないでしょうか〉とのこと。 
 下記はもっと詳しい。 

【勝ち組・金持ちの名言】 
http://finalrich.com/win/win-pickup-all-winner-effort.html 
〈また同じような言葉をはるか昔の中世の音楽家ベートーベンも残しています〉とのこと。 

 偶然の一致なんだろうか。 
 翻訳なんだから、細部の言い回しは違っていても不思議ではない。 
 ここまで似ていると……。 
 記憶の片隅にあった言葉に迫力を出そうとして「皆」を「皆すべからく」にした気がする。 
 こういう名言の類いに著作権があるか否かはわからない。たぶんないだろう。ただ、誰かの言葉を使ったら、常識的にはそのことを明記するものだろう。鴨川会長のキャラで「さる音楽家が……」とか「かのベートーヴェンが……」とか言うのが不自然なら、欄外注でもいい。それもしたくないなら、言い回しをもっとかえれば済むこと。まして「すべからく」なんて勝手に挿入しちゃダメだって。 
 ここは「当然」の意味で使っているなんて話もナシだろう。【ネタ元】を見れば明らかだよ。 
  
 ずーっと眺めているうちに、異和感が芽生えた。 
 以下はほぼインネンに近い独り言になる。 
「努力した者が全て報われる」ってなんかおかしくないか? 
 まずひっかかるのは、「者」を「全て」で受けること。「者」は「全員」「皆」くらいで受けるのでは、「あまねく」あたりは微妙。 
 まぎらわしいので「全て」を削除する。 
「努力した者が報われる」でも異和感が残る。「報われる」のは「努力」とか「苦労」では。 
 しかたがない(←オイ!)ので辞書をひいた。 

http://dic.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%80%E3%81%8F%E3%81%84%E3%82%8B&stype=prefix&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 
==============引用開始 
大辞林 第三版の解説 
むくいる【報いる・酬いる】 

( 動ア上一 ) [文] ヤ上二 むく・ゆ 
①受けた恩や払われた労力などに対して,ふさわしいお返しをする。 「恩に-・いる」 「 - ・いられることの少ない仕事」 「必ず苦を離れむ事を-・ゆべし/今昔 11」 
②仕返しする。返報する。 「一矢を-・いる」 
==============引用終了 

https://kotobank.jp/word/%E5%A0%B1%E3%81%86%E3%83%BB%E9%85%AC%E3%81%86-393672#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88 
==============引用開始 
大辞林 第三版の解説 
むくう【報う・酬う】 

( 動ワ五[ハ四] ) 
〔ヤ行上二段動詞「むくゆ」が中世頃から転じたもの〕 
①「 むくいる(報)① 」に同じ。 「苦労したのに-・われない」 
②「 むくいる(報)② 」に同じ。 「たちまちにあだを-・ふなり/宇治拾遺 3」 
③むくいとなって身にはねかえる。 「年を老(と)ると屹度-・つて参ります/真景累ヶ淵 円朝」 
[可能]むくえる 
==============引用終了 

 まず「報いる」をひいたが、考え直して「報う」でひき直した。 
 意味は似ているが、活用が違う。「報われる」は「報う」の受身だろう。「報いる」の受身は「報いられる」。ただ、なぜか「報う」はほとんど見ない。「報いられる」の受身でない形がとっさに浮かばなかったのはそのせいだろう。 
 ややこしい(泣)。 
「努力に報いる」「努力が報われる」 
「苦労に報いる」「苦労が報われる」 
 同じようでも、「恩に報いる」はアリだが「恩が報われる」はなんかヘン。 
 これが「○○した人が報われる」「報われない人」だと、ヒドく俗語っぽくなる。理由は不明。これだから微妙な日本語は嫌いだ。





語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。