tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【16】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945401266&owner_id=5019671 

 直接的には下記の続きかもしれない。 
1188)【特定形の話 尊敬語 謙譲語I 謙譲語II 丁寧語(?) 資料編】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1928420432&owner_id=5019671 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3038.html 

 Wikipediaの記述はどこまで信用できるのか。 
 一概には言えない……が正解だろう。 
 かなりちゃんとしているものもあれば、ほぼデタラメのものもある。書き手がバラバラなんだからしかたがない面もある。 
 下記あたりはけっこうインパクトがある。 
【ヒトに由来する生薬】 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%88%E3%81%AB%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E7%94%9F%E8%96%AC 

 言葉に関するWikipediaの記述は、基本的に信用できる(意外なことに)。当方レベルが見ても間違いに気がつかないだけなのかもしれないが(泣)。 
 だが、1188)の敬語の記述には疑問を感じる。前半はわかりやすいが、問題は「不規則動詞一覧」の部分。 
【ネタ元】の「三省堂 Web Dictionary」の段階で「丁寧語」の記載がよくわからないのに、さらにわけのわからない形にかえているような……。まあ、謙譲語にしていた「ございます」を丁寧語に修正したから大目に見てやろうか。(←何様!) 

 もっとヒドい例は下記。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E8%A8%80 
==============引用開始 
重言 

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年10月) 

重言(じゅうげん、じゅうごん)は、「馬から落馬する」のように、日本語での同じ意味の語を重ねる修辞技法。二重表現、重複表現ともいう。 
「巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、重言としないことがある。ただし、同じ漢字を重ねた「悠々」などの熟語を、畳語の類義語として重言ということがある。 
一般的には好ましくない語法とされるが、意識的に用いられる場合もある。 
また、言葉の意味の変化とともに二重表現とされなくなってきた例もある。さらに「きつねうどん」のように、地域によって正誤の差がある場合もある。 
==============引用終了 

〈日本語での同じ意味の語を重ねる修辞技法〉……「日本語での」の意味がわからない。「修辞技法」なら、ウッカリではなく、意識的にやっているんだよね。当方は、ほとんどがウッカリだと思う。 
〈「巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、重言としないことがある〉……逆にこのテのものを「重言」と断じている例があるのだろうか。そんな主張をしている文献があるなら是非教えてほしい。 
〈ただし、同じ漢字を重ねた「悠々」などの熟語を、畳語の類義語として重言ということがある〉……そんな主張をしている文献があるなら是非教えてほしい。「日々」も「木々」も重言なの? まさか。 
〈一般的には好ましくない語法とされるが、意識的に用いられる場合もある〉……「好ましくない語法」なら、無意識でも意識的でも「好ましくない語法」なのでは。「強調のためにあえて使う」場合は別だと思うけど。冒頭で「修辞技法」と言ってるんだから「意識的」じゃないの? 無意識のうちに「修辞技法」を使っているのなら達人のレベルよ。 
〈言葉の意味の変化とともに二重表現とされなくなってきた例もある〉……こういうことを書くなら、具体例をあげましょうよ。下記の「二重表現の例」には「慣例上許容されているもの」として「一番最初」「過半数を超える」「○○感を感じる」などがあげられている。フーン。許容されているんだ。根拠は何? 
〈さらに「きつねうどん」のように、地域によって正誤の差がある場合もある〉……こうなると暗号に近い。 
 これを解読するのはけっこうたいへんそう。おそらく……。 
【きつねそば・たぬきうどん、なぜ大阪にはない? 】 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASJB21049_S3A220C1AA2P00/ 
==============引用開始 
 一般に関東では油揚げがのったそば・うどんを「きつね」、天かすのせを「たぬき」と呼ぶ。一方、大阪で「きつね」といえば油揚げのうどんだけを指し、「たぬき」は油揚げののったそばになる。きつねそば、たぬきうどんはあまり見かけない。 
==============引用終了 

〈大阪で「きつね」といえば油揚げのうどんだけ〉を指すから、「きつねうどん」は重言になる、という趣旨なのだろうか。関西では「きつねうどん」と言うと「それは重言。きつねで通じる」と指摘されるのだろうか。 
「動物園できつねを見た」と言ったら、「きつねうどんを見た」ってことになるのか。(←それはない) 
〈正誤の差〉ってどういう意味なのだろう。ここはまったくわからない(泣)。 

 このあとの「二重表現の例」もお歴々もなかなかスゴい。〈EBM(Evidence Based Medicine)に基づく〉には笑ってしまった。 
 転載しておくが、いちいちコメントする気にはなれない(泣)。脚注も理解できない。
==============引用開始 
【一般に好ましくないとされるもの】 

■修飾語が不要なもの 
馬から落馬[1] 
馬に乗馬/○○に乗車 
お金を入金する/お金を出金する 
水で冠水 
被害を被る 
後で後悔する/いずれ後悔する(「後で」は時制の意味で使われているが重言)[2] 
呪いの呪文[3] 
天皇の勅使 
○○に来○する(○には国名が入る) 
まだ未完成/まだ時期尚早/まだまだ未熟[2] 
今の現状 
必ず必要/必ずしも必要ではない 
引き続き継続する 
若くして夭折 
期待して待つ[2] 
余分な贅肉 
今朝の朝刊 

■被修飾語が不適なもの 
訃報を伝える/訃報を知らせる[2] 
頭痛が痛い[1] 
犯罪を犯す 
返事を返す[2] 
尽力を尽くす 
射程距離(射程の「程」は距離の意味)[4][2] 
古来より[2] 
沿岸沿い[2] 
各○○ごと[2] 
EBM(Evidence Based Medicine)に基づく 
危険が危ない 

■和製英語との重複 
思いがけないハプニング 
甘いスイーツ 
昼食のランチ 
排気ガス[2] 

【慣例上許容されているもの】 
■強調の意味を持つ重複 
一番最初/一番最後 
最後の切り札 
最後の追い込み 

■すでに使用が定着しているもの 
被害を受ける 
旅行に行く 
誤りを正す 
過半数を超える 
○○感を感じる 
そもそもの発端 
事前予約 
防犯対策 
炒飯を炒める 

■固有名詞 
サハラ砂漠 -「サハラ」はアラビア語で「砂漠」の意味。 
マスケット銃 - Musketは英語で銃であることも意味している。 
フラダンス -「フラ」はハワイ語で「ダンス」の意味。 
東大路通・西大路通・北大路通 
株式会社ノリタケカンパニーリミテド 
シティバンク銀行[5] 

脚注[編集] 
1.^ a b これらはよく用いられる冗句でもある。 
2.^ a b c d e f g h i j "慣例上許容されているもの"の"すでに使用が定着しているもの"にも分類される。 
3.^ "呪"は「のろい」とも「まじない」とも読めるのだが、この重言は主に「のろい」の場合に多用される。 
4.^ 但し慣用的に多用されており、軍事用語としても認知されている。 
5.^ 村上春樹は『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』(マガジンハウス 2012年p.197)の「今週の村上」の中で“「シティバンク銀行」って、看板を見るとつい声に出して読んでしまう僕は変だろうか?”と述懐している。 
==============引用終了 





語学(日本語) ブログランキングへ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。