tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【16】 

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945401266&owner_id=5019671 


 テーマサイトは下記。 

【「拝見させていただく」 という表現について】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9102326.html 

==============引用開始 

この頃、テレビ放送などでタレントや歌手など人気商売の方々が頻繁に使う言い回しで、「拝見させていただく」 とか 「拝聴させていただく」という言い方を耳にします。 正しい言い方でしょうか?  私は、少し変に聞こえるのですが。  「拝見します」 や 「拝聴します」 で十分なのではないかと思うのですが、いかがでしょうか? 

==============引用終了 


 何度か書いてきた「拝見させていただく」の話。 

 世間の評判がうかがえる。 

 そもそも質問する側が「拝見させていただく」がおかしい、という前提で訊いている。 

〈「拝見します」 や 「拝聴します」 で十分なのではないかと思う〉……そう思う人もいるだろう。 

「拝見いたします」がいいと思う人もいるだろう。 

「拝見させていただく」がいいと思う人もいるだろう。 

 要は趣味の問題。「正誤」の話とは関係ない。 

 ちなみに、当方はクドい敬語は使いたくないんで、「拝見させていただく」は原則的に使わない。でも言葉遣いが丁寧な人は使うだろう。それを批判する気は毛頭ない。 


 回答を見てみよう。 

 やはり「二重敬語」としている人が多い。もう少し勉強してからコメントしようね。 

「二重敬語」ではないから。 


 興味深いのはNo.6。二重敬語ではないと明記しているから、敬語のことを知っている人なんだろう。でも「謙譲使役」って何? 初めて聞いた。ネット検索しても、それらしいものはヒットしない。 


 で、BAにまったNo.2。リンクが張られている下記は見たことあったかなぁ。 

【視点・論点 「させていただきます症候群」】 

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/201117.html 

 これは過剰な「させていただく」に対する批判。とくに「拝見させていただく」に対する記述はない。 

 まぁ、「拝見させていただく」を過剰な「させていただく」の代表格と考えてもいいのだが。 


 調べてみたら、ずいぶん前にひいている。 

【「~させていただく」ふたたびみたびよたびごたび……〈1〉バックアップ】 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3274.html 


 この程度の原稿なら、10分くらいで書けるようだ。 

 じっくり読み返すといろいろ恥ずかしいとこがあるんだろうな(泣)。


【20151223追記】 
【謙譲使役】に関して再度検索してみた。 
約 10,600 件 
http://www.google.co.jp/search?q=%E8%AC%99%E8%AD%B2%E4%BD%BF%E5%BD%B9&ie=UTF-8&oe=UTF-8&gws_rd=cr&ei=ogR6VuizA4e2mwWrmKroCQ 

【“謙譲使役”】で再検索。 
約 85 件 
 どこまで一般的なのか微妙な感じだが、一応言うみたい。 
 論文系が並んでいるけど、何がなんだか。 
 これなら菊地康人氏の「見立て」のほうがずっとわかりやすいと考えるのは我田引水? 
「~させていただきます」の正しい使い方〈2〉 
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12105804075.html 
【読書感想文/『敬語再入門』(菊地康人/講談社学術文庫/2010年3月10日第1刷発行)】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2327.html 
==============引用開始 
 ところで、日本語には、「実際はそうでなくても、あたかも相手から恩恵や許可を得たかのように見立てて述べるのが、相手を立てることになる」という発想があります(→§4)。実際には「案内してやる」のでも、「ご案内させていただきます」と言うようなのが一例で(謙譲語I「ご案内する」に「させていただく」が続いたもの)、これは、相手を貴人に見立て、許しを得て案内させてもらう光栄に浴するという発想です。パーティーの案内を受けて「出席させていただきます」と答えたり、「本日休業させていただきます」と掲示したりするのも、パーティーの案内を“出席許可の恩恵”ととらえ、実際には自分で勝手にする休業を“お客様のお許しを得て”と捉える発想です。 
==============引用終了 





語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。