tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:
 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【16】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945401266&owner_id=5019671 

 直接的には下記の続きだろうな。 
【チャレンジ日記──「は」と「が」】〈1〉~〈6〉 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-592.html 

 テーマサイトは下記。 
【「~がありますか?」と「~はありますか?」の違い】 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9082804.html 
==============引用開始 
お店に入って、店員に「Advilがありますか?」って聞くなんて不自然な日本語でしょうか? 

そのセリフはどうしても間違ってる気はしますが、なぜ間違ってるかちゃんと説明できず困っています。 

これは100%ミスですか?それとも、「Advilがありますか?」が正しい日本語の場合もありますか? 

ご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください。 
==============引用終了 

 こういう問題に深入りしてはいけないと思いつつ……No.9のコメント(下記)に反応してしまう。 
==============引用開始 
「は」と「が」の違いについての質問はくり返し続いています。わたし自身も回答者の一人になったことがあります。しかし、これぞ回答としてふさわしいという回答には、(自分の回答も含めてですが)お目にかかっていません。もし、そういう回答があれば、それを引用したり、更に補足するだけで回答が成り立ってしまうはずです。 
 ところで、今回の皆さんの回答を読んで、面白いことに気づきました。ひとつは、No.5の方の回答で、既に何回か目にしているのですが、 「変形生成文法」とでもいうのでしょうか、ほとんど理解不能の点が多かったのですが、今回の質問に関して 

(15) お尋ねの文としては 基本的に次のふたつの表現に分かれるかと考えます。:
  (そ) このお店ハ Advilガ ありますか? 
   
  ☆ (そ)の 《このお店ハ》は つうじょう省かれないものと思われます。中心主題が何であるかを提示しなければならないゆえ。 
 と述べられています。 

 《このお店ハ》をつけるとすれば、「このお店ハ、Advilガ ありますか?」になりやすいということです。 
 そして、このことは、ほとんど関係なく挙げられたNo.4のかたの 
   「この近くに駐車場(  )ありますか。」 
が、中国で出版されたという日本語指導の教科書では「この近くに駐車場<が>ありますか」になっている事とが、偶然にも同形になっていることです。「この近くに」は「この近くにハ」と変形する事は可能です。 
 『このお店ハ Advilガ ありますか?』 
 『この近くにハ 駐車場ガ ありますか。』 
 教科書は中国人が編集したのかどうかは知りませんが、意外に日本人的語感を持っているのではないでしょうか。 

 実はわたしも、この質問を初めて読んだときは、「Advilは」が普通だろうと思ったのですが、今は「が」かも知れないと思えてきました。しかし、どちらか断言出来るほどの見識は持ち合わせていません。 
 おそらくこれからも、「は」か「が」かという問題は続くでしょう。 
 その解決のヒントは次のようなところにあるかも知れません。 

  http://www.geocities.jp/niwasaburoo/09wa.html 
    5.3 主題化 
==============引用終了 

 末尾のリンク先の庭三郎氏のサイトは、非常に勉強になると思う。 
 以前、同じように紹介した(コメントNo.3)ところ、痛烈に批判されてしまった(No.4)。世の中にはいろいろな考え方があるようだ。 
 語気の荒いこの批判が、不当なのか正当(妥当?)なのかは関知したくない。 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9003546.html 

 で、本題は下記の話。 
  このお店ハ Advilガ ありますか? 
  この近くにハ 駐車場ガ ありますか? 

 これはかの有名な「象は鼻が長い」の話になりそう。 
 ほかに「うなぎ文」だの「こんにゃく文」だの、泥沼が待っている(泣)。 

 一般的な「ハ」と「ガ」の話に加え、当方は2つの仮説を持っている……なんて大層なものではなく、「理由はよくわからないけどなんとなくこんな傾向があるのでは……」と思っていることが2点ある。 

I 否定文は「ハ」になりやすい 
 ↑の〈4〉参照。 
 たぶん「ハの排他性」がキーワードになるが、むずかしいので考えたくない(泣)。 

II 意味がウンチャラより「近接回避」が重要では 
 ↑の〈3〉参照。 

 IIに関して、再度まとめておきたい。 
1)このお店にハ Advilハ ありますか? 
 これを原形と考える。これも「間違い」ではないが、通常は下記のほうが自然だろう。
2)このお店にハ Advilガ ありますか? 
 ハを省略してみる。  
3)このお店に Advilガ ありますか? 
4)このお店に Advilハ ありますか? 
 こうなると微妙。個人的には、4)が自然に感じるが、3)も「間違い」とは思えない。2)からの流れで考えると、2)のハを省略したものと考えるなら3)のほうが自然なのかもしれない。 
 さらに「このお店に」を省略する。 
5)Advilガ ありますか? 
6)Advilハ ありますか? 
 これが元々の質問の文。こうなると「このお店に」がなくなったせいか、5)に対する異和感が強くなる。 

 1)から2)にかわる段階でハがガになる。2)から4)にかわる段階でガがハになる。 
 それぞれの役割がコロコロかわるからだろうか。もちろん、それぞれの文で「主題がウンチャラ」「主語がナンチャラ」と分析することも可能だろう。 
 当方はそんなメンドーな話は遠慮したい。「近接回避」と考えるのが簡明では。 
 下記の場合も同様だろう。 
  この近くにハ 駐車場ガ ありますか? 

 これが下記になるとさらに混迷が深くなる。 
7)今月の26日{に/にハ/φ(、)}空室{ハ/ガ}ありますか? 
 φは無助詞を表わす。 
 7)の場合はφもありうる。当方の語感だと、下記が自然。 

今月の26日に空室ハありますか? 
今月の26日φ(、)空室ハありますか? 
今月の26日にハ空室ガありますか? 
 前の2つはハが自然に感じる。理由は、存在文の単純な疑問文はハが自然に感じるから。それ以上は考えたくない。 
 3つ目だけガが自然に感じる。理由は「近接回避」。それ以上むずかしいことは考えていません。 

 あえて避けてきたが、
Advilφ(、)ありますか
今月の26日{に/にハ/φ(、)}空室φ(、)ありますか?
 という形もありうる。
 無助詞に関してはテーマサイトのコメントNo.8参照。

■■■■■■■■■■■■■■引用開始

「無助詞」「助詞の省略」に関して補足しておきます。

 mixiで「この近くに駐車場(  )ありますか。」についてやり取りしたとき、「無助詞」の話も出ました。

「この近くに駐車場ありますか。」という文も可能でしょう。

「ハ」と「ガ」ではニュアンスが大きく違うと主張するかたは、無助詞だとどう考えるのでしょうかね。

 当方は下記のように考えています。


「この近くに駐車場ありますか。」は話し言葉的ですし、疑問文なので無助詞でも自然なのでしょう。

【学者の言葉〈1〉──無助詞文あるいは助詞の省略】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2295.html

 以下は一部の抜粋(重言)。

==============引用開始

 (15)(19)(20)あたりはたしかにφのほうが自然な気がするが、別の理由があるのでは。 

 何も考えずに思いつくことをあげていく。 

●「無助詞文」になりやすいのは話し言葉である。 

 これは大前提で、論文の冒頭に書いてある。ただ、文字で書かれている小説のセリフは話し言葉か書き言葉か、と厳密に考えると泥沼にはまる可能性が高いのでスルーする(個人的には話し言葉だと思う)。 

●「呼びかけ」(「注意喚起」と考えるほうがいいらしい)は「無助詞」になりやすい。 

●「目上の人」に対しては「無助詞文」になりにくい。 

 同じ内容でも、「親しい同格以下の人に話す場合」は「無助詞文」になることがある。言葉づかいがラフになればなるほど、その傾向が強くなる。相手が子供だと、「無助詞文」だらけになることもある。 

●「省略」(もしくは「無助詞」)が「省略」(もしくは「無助詞」)を呼ぶ傾向がある。 

●「聞き手の情報を求める文」と言うか、要するに疑問文だと「無助詞文」になる傾向が強い。 

 こういうことをどこかに書いてあるのかな。 

 あとは考えはじめると泥沼が待っている予感。 

(略)

==============引用終了

■■■■■■■■■■■■■■引用終了

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。