グリーティングカード会社の社長をしておきながら、このレポートをいちばんさぼっていました。
結構な数のかたがたが、私のblogを読んでもいらっしゃるようなので、本業のレポートも少ししていこうと思います。

グリーティングカードサービスをしている中で、一番のトトラフィックはどのイベントでしょう?

1位;クリスマスイブ
2位;年賀(元旦)
3位;クリスマス

という具合です。

その後に、バレンタインとなるわけですが、女性から男性へのコミュニケーションなのでホワイトデーに比べるとトラフィックが多いのも理解できますよね。日本人は当日主義なんで、とにかく当日に!ということを大事にします。

また、日本人らしい用途別ランクとしては、ひな祭り、七夕、十五夜などの日本らしい季節イベントのトラフィックもかなり伸びます。

今年のバレンタインは少し弊社も違ったアクションをしてみました。
季節の挨拶をおくりましょう!という会員向けのDMを季節イベントの1週間前くらいに送るのですが、今年したことは

「Ynot女性スタッフより....」

というSubjectで男性会員に対してDM送信したのです。
普段あまり我々からのDMに対するレスはないのですが、今年のバレンタインは沢山の男性ユーザからの「ありがとう!」のお返事をいただきました。
多分とても嬉しく思っていただけたのでしょう。

コメントの中には、

世の中バレンタインといえば、チョコレートに目がいってしまい、本来のイベントの意味が薄れてしまっているけれども、メッセージこそが大事なんですよね。

というものもありました。

サービスを提供している会社からのDMってどうしても商売っ気がでてしまいがちで、それに対するユーザからのコメントなんてもらうことも少ないかと思うのですが、こんなにもウレシイ反応を数十通もいただいたのはこれまでの6年間ではじめてのことです。

DMもほんの少しの気持ちの入れ方で反応も変わるし、理解も深まるものだと改めて感じました。email marketingという言葉が一時期流行った時期がありますが、私たちこそ、この分野をもっともっと追求するとわかりやすい本質に出会えるかな。と感じています。

とうとうPC to PCのコミュニケーションの時代ではなく、mobile to mobileのコミュニケーションへと変わりました。
ワイノットの利用者もPCの利用者よりもはるかにモバイルの利用者のほうが増えました。

現在、登録者数総勢 約7,500,000人です。
この数字を「でかい!」と思うか「まだまだだね」と思うかはおまかせしますが、このかたがたが託したメッセージを私たちは大事に大事に日々扱わせていただいているインターネット上の無料の郵政公社。とでもいいましょうか。

ワイノットのクロサカでした。
AD